Webライターはどんな仕事?「これから始めたい」方に徹底解説

Webライターはどんな仕事?「これから始めたい」方に徹底解説

在宅ワークが可能なWebライターが最近注目を集めているので、具体的にどんな仕事をするのか気になっている方が多いのではないでしょうか?

この記事ではWebライターの仕事について、以下の点を解説しています。

  • Webライターの仕事内容
  • Webライターの収入や需要
  • Webライターに必要なモノと働き先
  • Webライターを始めるメリット

これからWebライターを目指す方が知っておくとよい情報が詰まっています。
本業や副業でWebライターを始めたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

1.Webライターはどんな仕事をするの?

1.Webライターはどんな仕事をするの?
Webライターと聞くと、多くの方は「文章を書く仕事」をイメージすることでしょう。
しかしその仕事の詳細については、漠然としたイメージしかないかもしれません。

Webライターの基本的な仕事について詳しく見て、理解を深めましょう。

1-1.Web上に公開する記事コンテンツを書く仕事

Webライターの仕事は、名前のとおり「Web上に公開する記事コンテンツのライティング(執筆)の仕事」です。

もう少し砕いていえば、「インターネットにたくさんあるWebページの文章を書く仕事」です。

みなさんもよく、インターネットでキーワードを入力して検索にかけ、上がってきたサイトの気になるWebページをクリックすることはありませんか?

クリックすると記事や動画などさまざまなコンテンツが表示されます。
今ご覧になっているこの記事もその一つですが、Webライターはそのような記事コンテンツを書くのが仕事です。

1-2.作業内容はクライアントによりさまざまある

具体的にWebライターはどのような記事コンテンツを書くのでしょうか?

代表的なのが、企業のサイトにあるブログ記事などを書く仕事です。
以下の画像のように、企業が運営するサイトで特定の商品やサービス・話題に関する記事を書きます。

発酵食品マイスターの記事の例

参考:「発酵食品マイスターW資格取得講座」より

企業サイトの記事を読むユーザーは、記事内容に動かされて商品購入やサービス登録をしたり、サイトを運営する会社についての情報を得たりします。
記事コンテンツは企業にとっていわば「営業マン」のような働きをするため、Webライターの仕事は重要なのです。

企業サイトにおける通常記事以外にも、個人のアフィリエイトブログに載せる記事の執筆・動画の台本作成・レビュー記事の作成・取材記事など、Webライターが執筆する内容はクライアントによってさまざまです。

なおWebライターが仕事を受注する経路については、クラウドソーシング記事作成代行会社を通してクライアントからの依頼を受けるのが一般的でしょう。

1-3.本業にも副業にもなる

Webライターはほかの仕事同様、本業にできる仕事です。
特定の企業に所属するWebライターとして働くこともできれば、フリーランスとして活躍することもできます。

Webライターはまた、副業としても人気が高い仕事です。
パソコンとインターネット環境さえあればリモートワークもできるほか、フリーランスであれば作業時間の都合をつけやすいため、本業と組み合わせてフレキシブルに働けます。

主婦(夫)で自宅にいることが多い方や、学生でバイトをしたい方にとっても選びやすい仕事です。

2.Webライターの収入と需要

Webライターになりたいと考えている方は、「どれくらいの収入を得られるのか」「需要があるのか」などの点についても知りたいと思われるでしょう。
将来設計を考える上で、収入や仕事の需要について把握しておくのはよいことです。

ではここからは、Webライターの収入事情と需要について見ていきましょう。

2-1.働き方別の収入目安

2-1.働き方別の収入目安
最初にWebライターの収入事情について解説します。

Webライターは本業にも副業にもなりますし、作業に費やせる時間も人によって異なります。

そこで以下の3パターンに分けて、おおまかな収入目安を示しましょう。

  • 本業で働く場合
  • 副業で働く場合
  • スキマ時間Webライターの場合(主婦・学生など)

2-1-1.本業で働く場合

本業で働く場合、主に以下の2つのパターンが考えられます。

・特定の企業に就職してWebライティングの仕事をする
・フリーランスとして自分で仕事を受注する

特定の企業に就職する場合、企業の募集要項にもよりますが、月収はおおよそ「20万~35万円くらい」でしょう。

実際の求人情報例を挙げてみます。
※「Indeed」の求人情報を参照

・【IDN HOLDINGS JAPAN株式会社】
20万~30万円

・【株式会社 JointHire Japan】
月給 25万〜33.3万円
※経験・スキルにより考慮(・昇給:年2回 ・賞与:年2回)

・【アートトレーディング株式会社】
月給25万~35万円

・【IRuniverse株式会社】
月給25万円+インセンティブ
※残業代別途全額支給

正社員Webライターの収入やキャリアアップについては、以下の記事も参照してください。
参照:正社員Webライターを目指そう!未経験からのキャリアアップ方法

フリーランスとして働く場合、月収は「15万~25万円ほど」でしょう。

フリーランスは、実力や実績によって収入が上下します。
ハイスキルのフリーランスWebライターであれば、月収30万~100万円を達成するのも夢ではありません。

一方初心者Webライターの場合、本業として取り組んでも月収6万~10万円ほどにしかならないかもしれません。
Webライティングのイロハがまったくわからないうちは、「2万〜3万円しか稼げない」こともありえます。

目標収入ないしは安定収入を得るためには、Webライティングに関する集中学習と実践、執筆スピードや報酬単価のアップなど総合的な努力が必要です。

2-1-2.副業で働く場合

副業で働く場合、作業に費やせる時間や作業効率などによって収入は大きく変わります。

一般的な副業Webライターの収入は、「1万~5万円くらい」です。

実力あるライターの中には、10万円以上稼いでいるケースもあります。

本業があるとどうしても作業に費やせる時間にリミットがありますが、執筆スピードを上げるなど工夫すれば、少ない時間でも多くの収入を得ることが可能です。

副業Webライターの収入について詳しくは、以下の記事も参考になります。
参照:副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

2-1-3.スキマ時間Webライターの場合(主婦・学生 など)

特定の仕事に従事していない主婦や学生などは、スキマ時間にWebライターとして働けます。

大まかな目安でいくと、月収で「1万~10万円前後」でしょう。

家事で忙しい主婦(夫)で毎日わずかな時間しか確保できなければ、1万~5万円しかいかないかもしれません。
一方、平日6時間などある程度まとまった時間があれば、5万~10万円ほどの収入を狙えます。

学生の場合も、収入はやはり本業の学業に取られる時間に左右されるでしょう。

いずれの場合も副業Webライター同様、執筆スピードの向上によって限られた時間を最大限に活かせます。

2-2.高スキルWebライターの需要は大きい

2-2.高スキルWebライターの需要は大きい
本業・副業・スキマ時間いずれの形態で働くとしても、すべてのWebライターにとって重要なのは「スキルアップ」です。

スキルが高いWebライターは良質な記事を書けるため、クライアントから重宝されます。

Webライターは「飽和状態」といわれることがありますが、ハイスキルのWebライターであれば「引く手あまた」です。
先述のとおり、記事コンテンツは企業にとっても個人のサイト運営者にとっても「利益」に直結するものなので、高品質の記事を書けるWebライターの需要は大きいのです。

そのため「稼げるWebライター」を目指す方は、地道にスキルを磨いていくことがポイントとなります。

具体的には、以下のような点を努力してみてください。

  • Webライティングに関するノウハウの蓄積
  • SEOに関する知識の向上
  • クラウドソーシングにおける実績の積み上げ
  • 執筆スピードのアップ
  • 案件獲得のコツの習得

3.Webライターはどんなところが魅力の仕事?

ここからは、Webライターとして働く魅力をご紹介します。

仕事に魅力を感じるポイントは人によって異なりますが、多くの方が気に入っているであろう4つの点を取り上げます。
これからWebライターになる予定の方は、ぜひモチベーションアップの材料にしてください。

3-1.場所にとらわれずに仕事できる

3-1.場所にとらわれずに仕事できる
Webライターの魅力の一つは、場所を問わず働けることです。
※正社員Webライターとして働く場合は、出社が必須のケースもあります。

フリーランスとして働く場合、クライアントとのやり取りはメールやチャットワークなどの電子形態で済ませることが多いため、働く場所を選びません。
中には海外移住してWebライティングをする方や、旅行しながら働いている方もいらっしゃいます。

リモートワークができれば通勤に時間やエネルギーが取られることもなく、ストレス軽減につながるでしょう。

3-2.特別なスキルがなくてもフリーランスとして独立できる

Webライターになるのに必要な資格や免許はありません。

パソコンとインターネット環境を揃えれば、すぐにでもWebライターになれます。

もちろん実際に仕事を受注するには、クラウドソーシングへの登録や記事作成代行会社への応募など、その他の手続きも必要です。
しかしフリーランスの仕事としては最初の敷居が低いのが特徴です。

それでいて頑張り次第ではそれなりの収入が得られるため、今後もWebライターに興味をもつ方は増える可能性が高いでしょう。

3-3.1人でできる作業が多い

3-3.1人でできる作業が多い
Webライターの仕事は、基本的に1人で完結する作業が多いです。
営業や接客など常に顧客や同僚と一緒に仕事をするのが得意でない方にとって、ストレスはぐんと少なくなるでしょう。

ただし完全に1人作業というわけではありません。

クライアントからは仕事内容に関する指示やフィードバックがありますし、記事作成会社であればディレクターや校閲・校正スタッフとのやり取りがあります。
そのため一定のビジネスマナーやコミュニケーション能力は必須です。

3-4.多くの商品やサービスに詳しくなれる

Webライターとして仕事を多く受け持つようになると、多くのテーマについて執筆する機会があります。
※特定のジャンルの記事コンテンツのみ書く場合は別です。

Webライティングの仕事は「広告」「営業」の一種でもあるため、多くのクライアントと働くと、さまざまな企業の商品やサービスについて知ることができます。

トレンドを追いかけたい方や好奇心旺盛な方にとっては、仕事を通じて知識を広げられるチャンスが多くあります。

4.Webライターの仕事に関するFAQ

まだWebライターについてあまり知らない方は、働き方についていろいろな疑問をもっていることでしょう。
そこで、多くの方が気になるであろう6つの質問に回答していきます。

4-1.Webライターの向き・不向きを教えて

4-1.Webライターの向き・不向きを教えて
Webライターは誰でも始められる仕事ですが、誰にでも向く仕事ではありません。
実際、Webライターになったものの、長続きせずにやめてしまう方は少なくありません。

Webライターに向いているのは以下のような方です。

  • 「説明がうまい」といわれる人
  • さまざまなことに興味を持つ人
  • 気になることはとことん調べる人
  • 何事にも向上心がある人
  • 相手の話に耳を傾けられる人
  • 約束をしっかり守れる人
  • ネットサーフィンやタイピングに慣れている人
  • ガジェット好きな人
  • 物事を例えるのが好きな人

一方、Webライターに向かないのは以下のような方です。

  • そもそも文章を書くのが苦手な人
  • マニュアルやルールどおりに動くのが嫌な人
  • 最初から高収入でないとダメな人
  • 「3日坊主」といわれることが多い人
  • 物事を後回しにすることが多い人
  • 集中力に欠ける人
  • 時間にルーズな人

向き・不向きについて詳しくは、以下の記事で説明しています。
参照:【実は天職!?】ライターに向いている人の9の特徴を解説!

4-2.ノルマとかあるの?

フリーランスの場合、基本的にノルマはありません。
※正社員の場合は会社の業務スケジュールに沿って動く必要があるため、一定のノルマがあるかもしれません。

フリーランスは自分で案件量をある程度調節できます。
クライアントとの契約上、納期を守りつつ一定量の仕事をこなす必要はありますが、スケジュールに縛られることはありません。

ただし一定の収入を稼ぐには案件をこなさないといけないため、ノルマはないものの計画的に受注していく必要があります。

4-3.本業と副業ならどちらでWebライターをやるとよい?

どちらがベターとは一概にいえません。
状況に合わせて選ぶ必要があります。

例としていくつかのパターンを挙げ、それぞれのパターンで考えられる選択肢をご紹介しましょう。
※いずれのパターンでも、Webライティングの知識がないことが前提です。

パターン1:現在ほかの仕事をしている
・本業として未経験者歓迎の企業へ転職する
・副業で始め、慣れてから本業にシフトする

パターン2:現在仕事がないが経済的な問題が深刻でない
・集中してWebライティングを勉強し、本業でどんどん案件をこなす

パターン3:現在無職で収入源をすぐに探す必要がある
・本業として未経験者歓迎の企業へ転職する
・ほかの仕事を本業として探し、Webライティングは副業として始める

未経験者の場合、いきなりWebライターとして大きな収入を得るのは難しいでしょう。
収入が気になる方は、未経験歓迎の企業に就職(転職)するか、副業から始めるのが現実的です。

4-4.情報商材は買った方が良い?

場合によります。

高額な情報商材には詐欺まがいのものが存在します。
Webライティングは独学でも学べるため、信頼できる個人や機関が出している商材でない限り、安易に手を出すことはおすすめしません。

プロから体系的に学びたい方は、Webライティングの初心者講座を受講するのもよい方法です。

おすすめの初心者講座については、以下の記事を参照してください。
参照:【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ!?

4-5.おすすめの入力ソフトや作業環境はある?

4-5.おすすめの入力ソフトや作業環境はある?
入力ソフトでは、「Microsoft Word」や「Googleドキュメント」が使いやすいです。
※副業で気軽に始めてみたい方は、「Kingsoft Writer」などでもOKです。

作業環境としては以下のものを推奨します。v

  • 2台のモニター(入力用とリサーチ用)
  • モバイルPC(外で作業することが多い場合)
  • 体型にあったデスクとチェア(肩こり・腰痛の予防)
  • 静かなスペース(難しければ耳栓)
  • 時計(作業効率を高めるため)

4-6.性別や年齢は関係ある?

年齢も性別も不問です。

40〜50代など転職が難しい年齢層の方でも十分活躍できます。
むしろ社会経験が豊富で知識も多い分、執筆に有利なことも少なくないでしょう。

高校生や大学生ももちろん、Webライターとして働けます。
※中学生以下は労働基準法上、難しいと考えられます 。

5.「株式会社BRIDGEA」で働きながらWebライティングの仕事を学びませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
未経験でWebライティングを始めようと思っている方。
Webライターの働き方に魅力を感じている方。

弊社「株式会社BRIDGEA」で、Webライターの仕事を学んでみませんか?

株式会社BRIDGEA」は記事作成代行会社です。
クライアントから記事執筆の仕事を受注し、在籍されているWebライターの方に仕事をアサインいたします。

といっても「単に仕事を丸投げして終わり」ではありません。
Webライターになりたい方には、最初にテストライティングやWebライティングの基礎・応用の指導を受けていただき、きちんとスタートラインに立てる状態で仕事を始めていただけます。

またWebライターとして仕事を始めた後も、随時役立つ情報を共有するほか、ディレクターや校閲・校正スタッフのサポート&フィードバックを通してスキルアップを実現します。

「初心者Webライターを卒業して早く稼げるようになりたい!」方は、ぜひ下記のWebライター募集ページよりお気軽にご応募ください!

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

「Webライターってどんな仕事なんだろう?」と考えていた方は、この記事を通して仕事内容のイメージがだいぶつかめたのではないでしょうか?

Webライターは本業・副業どちらにも向いている仕事であり、スキルを上げれば需要も多く見込めます。
また頑張りが収入に反映されやすい仕事でもあります。

ほかにも、在宅ワークが可能なことや独立して動きやすいなど、さまざまな魅力がありました。

「本業の収入だけだと少ないので、Webライターで副収入を得たい」
「子育て中で在宅時間が長いので、在宅ワークでWebライティングをしたい」

このようにWebライターへの興味がある方は、「株式会社BRIDGEA」ではじめの一歩を踏み出してみませんか?

関連記事

  1. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

  2. Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

    Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

  3. 稼げるWebライターへのロードマップ!取り組むべき7ポイントを公開

    稼げるWebライターへのロードマップ!取り組むべき7ポイントを公開

  4. Webライターに必要なものは!必須&おすすめのもの12選を公開

    Webライターに必要なものは!?必須&おすすめのもの12選を公開

  5. Webライターの1日の文字数は?効率的に少ない文字数で稼ぐ方法

    Webライターの1日の文字数は?効率的に少ない文字数で稼ぐ方法

  6. Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

    Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説