Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

お小遣いを稼ぐために、バイトをしているという学生さんは多いものです。
中には、何時間も立ちっぱなしの仕事、慣れない接客など、思っていたよりも大変だなと実感している方もいるでしょう。

そんなバイトに嫌気がさしている方は、Webライティングでお小遣いを稼ぎませんか?

「Writing(ライティング)」を直訳すると、「書くこと、執筆、書面、文書」。
つまり、Web上に掲載するコンテンツ(記事)を執筆してお金を得る仕事です。

でも、文章を執筆するといっても、そうそう簡単にお小遣いなんか稼げないのでは?と、感じますよね。
ということで今回は、Webライティングがお小遣い稼ぎに向いている理由など簡単にご説明いたします。

1、Webライティングがお小遣い稼ぎに向いている理由

お小遣い稼ぎのためにバイトを始めるとき、履歴書までは求められないものの、最低でも面接はあります。
さらに、バイト先が近ければ徒歩や自転車で通勤できますが、遠方で電車やバスを利用するときの交通費は基本的に自腹。

しかし、Webライティングの仕事を始めるとき、面接は不要、さらに自宅の机でできるので交通費など一切かかりません。
必要なものといえば、パソコンとインターネット環境のみ。
すでにインターネットを利用している方なら、初期投資0ですぐにでも始められる手軽さがあります。

さらに、仕事をする・しないは自由。つまり、お小遣いを稼ぎたいときだけ仕事ができます。
自分の予定に合わせて空いている時間にできるので、無理なく仕事に取り組めるメリットは大きいでしょう。

現在では、学生や主婦、さらにサラリーマンの副業としても、とても人気の高い分野の職種になります。

Webライティングの仕事は、与えられたテーマに対して1,000~2,000文字の記事を作成していく仕事が一般的。
基本はインターネットなどを利用して調べたものを1つの文章にまとめていくので、学生の方は文章の構成力や国語力が鍛えられ、将来の就職などに必ず役立つはずです。

今では就活のとき、エントリーシートが広く使われているので、自分のアピールポイントをまとめるときなど、スラスラ書けるようになるのではないでしょうか。

2、おすすめのクラウドソーシングと気になる収入

まず、Webライティングでお小遣いを稼ぐためには、「クラウドソーシング」に登録しなければなりません。

クラウドソーシング?という方に説明すると、仕事を依頼する企業や会社と、仕事を探している人の間に入って仲介する役割をしているサイト。

Web上でのビジネスが主流になっている昨今、50以上のサイトがクラウドソーシングサービスを提供し、膨大な数のWebライティングの需要があります。

でも、実際50もサイトがあると、どこに登録すれば良いのか分からなくて当然。
登録するなら、やはりWebライティングの案件を多く扱っているサイトがおすすめです。

ということで、クラウドソーシングの鉄板サイトを3つご紹介いたします。

  • クラウドワークス
  • 会員数・案件数ともに日本最大級のクラウドサービス。初心者からプロ向けの案件まで幅広く揃っています。

  • ランサーズ
  • こちらも日本最大級の老舗のクラウドソーシング。大規模なサービスを展開しています。

  • サグーワークス
  • 記事作成で稼げる在宅ワークをコンセプトにしている、ライティングがメインのサイト。

Webライティングをしている人なら、名前くらいは知っていて当然という鉄板サイトです。

特徴は何といっても、登録者と取り扱っている案件数が多いこと。
各サイトには、Webライティングの書き方のコツや、所属しているWebライターの報酬ランキングトップ10なども掲載されているので、参考になる一方で、やる気がでるのではないでしょうか。

また、クラウドソーシングの登録料などは不要。
同時に複数のサイトに登録できるので、自分に合うサイトで仕事を探すことも可能です。

お小遣いは幾らくらい稼げるの?

クラウドサービスに登録しても、お小遣いが幾らくらい稼げるのか心配になりますよね。

基本的に、どのクラウドソーシングでもライティングの報酬は、「1文字=◯円」で計算されます。
仮に1文字=0.5円として1,000文字の案件を作成すれば、単純計算で500円。

登録するクラウドソーシングによりますが、お小遣い稼ぎが目的なら1文字0.2円~0.5円が相場です。
簡単な案件を1日1~2件作成するとして、月30~40件を目標に作成すれば、15,000円~20,000円程度は稼げるでしょう。

もちろん、もっと頑張れるという方は月30,000円以上稼ぐのも可能ですし、慣れてくれば少し難易度を上げて、文字単価の高い案件にもチャレンジできます。

このように、Webライティングでそれほど大きくは稼げないものの、ちょっとしたお小遣い稼ぎには最適ではないでしょうか。

3、まとめ

ちょっとしたお小遣いがほしいとき、バイトやパートをするにも通う手間はもちろん、何より気を使いますよね。
そこで、ちょっとしたお小遣い稼ぎにはWebライティングがおすすめなのです。

インターネットが繋がったパソコンをお持ちで、文章を書くのが苦にならない方ならすぐにでも始められます。
当然仕事なので、ある程度のスキルは必要になりますが、簡単な案件から取り組めるので、それほど不安になる必要はありません。

登録するクラウドソーシングで、文章の書き方のコツも紹介しているので、お小遣い稼ぎにWebライティングを始めてみてはいかがですか?

関連記事

  1. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  2. クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金っていくら?

  3. webライティングのリライトの目的とポイント

    記事作成(Webライティング)でリライトする目的と作り方のポイント

  4. Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

    Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

  5. Webライティングの初心者が覚えておきたい5つの基礎知識

  6. Webライティングとは何なのか?