Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説

Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説

近年はパソコンだけでできるWeb系の仕事を選ぶ人が増えてきました。
その中でも、Webライターは誰でも始めやすい仕事として人気があります。

ただ、気軽に始められる半面、仕事を継続し、稼げるようになるためには工夫すべき点もあります。
本記事では、Webライターを始める具体的なやり方、そして必要なスキルや稼ぎ方のコツについてご紹介します。

「未経験だけど、Webライターに関心がある」という方は、ぜひ参考にしてください。

1.Webライターのやり方に関する疑問①:仕事をスタートするために必要なもの

1.Webライターのやり方に関する疑問①:仕事をスタートするために必要なもの
Webライターの仕事をスタートするために必要なものは、以下の2つです。

  • パソコンとインターネット環境
  • 銀行口座

順に解説を加えていきましょう。

1-1.パソコンとインターネット環境

Webライターとして作業するために最低限必要なものは「パソコン」「インターネット環境」の2つのみです。
パソコンとインターネット環境さえあれば、Webライターはいつでもどこでも仕事できます。

ただし、記事を執筆するときはMicrosoft社のWordなど、特定の形式での提出が求められることもあります。
いろいろな案件に対応できるよう、可能であればOfficeソフトが使えるパソコンを用意しておきましょう。

また、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどGoogle社のWebサービスを使用する機会も多いため、Googleアカウントを用意しておくこともおすすめします(Googleアカウントは無料で取得できます)。

加えて、コミュニケーションツールとして、ChatworkやSlackなどのアカウントの用意を求められることもあります。
コミュニケーションツールは、取引する企業やメディアによって異なるため、取引開始時に確認しましょう。

1-2.銀行口座

1-2.銀行口座
フリーランスのWebライターが報酬を受けるためには、銀行口座が必要です。

そして、銀行口座を用意する際に注意すべき点が2点あります。

1つ目は「手数料が自己負担となる場合がある」です。

特にクラウドソーシングサイトを利用して仕事を請け負った場合、振込手数料が自己負担となる場合が多く、また手数料は銀行によって異なるため、以下の点を確認しましょう。

  • 「手数料はどちらが負担することになるのか」
  • 「手数料を安く抑えられる銀行はどこなのか」

二点目は「仕事用の銀行口座を作成しておくこと」です。

フリーランスとして年間20万円以上の収入を得た場合には確定申告を自分で行わなくてはなりません。
生活費と混同している銀行口座だと、確定申告の際に記入する項目が増えてしまい手間がかかります。

これらの点に注意して、銀行口座を用意してください。

2.Webライターのやり方に関する疑問②:必要なスキルについて

Webライターは、スキルによって得られる仕事量や報酬額が大きく変わります。
そのため、いかにスキルを高められるかは非常に重要なポイントです。

この章では、スキルを高めるためのやり方について解説します。

2-1.リサーチ力:読者にとって有益な情報を伝えるために必要

2-1.リサーチ力:読者にとって有益な情報を伝えるために必要
Webライティングでは文章力が重視されがちですが、それ以上に大切なことがあります。

それは「リサーチを徹底すること」です。

リサーチの目的は、客観的事実や統計にもとづいて文章を書き、記事の質を高めるためです。

根拠にもとづいた文章であれば、説得力が高まり「この記事は信用のおける記事だ」と、クライアントや読者から高い評価を得ることができるのです。
さらに、Googleも詳しい内容の記事を高く評価するため、検索結果で上位表示化するためにもリサーチは重要な意味をもちます。

また、執筆前にリサーチを行うことで情報の整理や方向性を定めることができ、効率よく執筆を行うこともできます。

このリサーチ力を高める方法は「クライアントや読者層を理解すること」です。

  • クライアントの事業内容や商品
  • クライアントのメイン顧客テキスト
  • クライアントのメディアや既存コンテンツ
  • 読者の知りたい情報
  • 記事を通して読者に伝えたい情報

時間がかかるかもしれませんが、少しずつ慣れていきましょう。

2-2.基本的な文章力:情報を正確に伝えるために必要

Webライターは「文章を通して価値の高い情報を提供する仕事」です。
リサーチ力も大切ですが、いくらリサーチを徹底しても、それが読者に伝わらなくては意味がありません。

そのため、良質な記事が書けるよう 基本的な文章力を身に付けておきましょう。

特に初めのうちは、以下に気を付けて執筆してください。

  • シンプルで読みやすい文章を心がける
  • 同じ語尾を続けすぎない
  • 漢字を多用しすぎない
  • 改行や行間を活用する
  • 専門用語の使用は控える

「小学校6年生にも分かる文章を作る」ことを意識すると良いかと思います。

2-3.SEOのスキル:記事が読まれるために必要

2-3.SEOのスキル:記事が読まれるために必要
検索結果で記事を上位に表示させて多くの読者に読まれるようにするには「SEOのスキル」が必須です。

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、Googleなどの検索エンジンで、検索結果の上位に表示させるマーケティング施策を意味します。

WebライターがSEOで意識すべきは「キーワード」です。

例えば「Webライターのやり方」というタイトルなのに、記事内にやり方の内容が一切記載されていなければ、読者は悩みを解決できずに離脱してしまいます。

多くの人が、検索エンジンを使って「知りたいこと、解決したいこと」検索します。

「キーワードを選定し、読者の悩みを解決できる具体的な方法が記載された記事」にすることが、Webライターとして高い評価を得るための重要なポイントです。

Webライターとして長く活動するためには、SEOのスキルも身に付けておかなくてはいけません。

初めのうちから意識し、少しずつ理解を深めていきましょう。

2-4.コミュニケーション力:クライアントの意向の理解や案件獲得のために必要

Webライターは、案件を獲得するためにも、良質な記事を書くためにも、コミュニケーション能力が必須です。

自宅で働けるWebライターは営業職のような高度なコミュニケーション力が不要だと思われがちですが、適切なコミュニケーションが取れなければ、クライアントは「この人に仕事を任せたい」とは思いません。

また、良質な記事を書くためには、クライアントの意向や要望をしっかりと把握する必要があります。

クライアントの意図を把握して、これから執筆しようとしている記事のイメージを適切に伝えるために、コミュニケーションをしっかり取りましょう。

また、在宅で仕事をするWebライターのコミュニケーションの手段の大半はチャットツールなどのテキストツールです。
Zoomや電話などでコミュニケーションを取る機会が設けられる場合もありますが、オフィスに出社する場合と比較すると対面でやりとりする機会は少なく、そのためにコミュニケーションのトラブルが起こることもあります。

だからこそ細心の注意を払いながら、丁寧にコミュニケーションを取ろうという姿勢を持って、仕事に臨みましょう。

3.Webライターのやり方に関する疑問③:収益を得るためのステップとは?

3.Webライターのやり方に関する疑問③:収益を得るためのステップとは?
Webライターとして仕事ができる準備が整ったら、仕事をして収入を得られる段階に入ります。

このとき、やり方が分からないままの状態だと、いつまで経っても実績を積めず、全く収入が得られません。
この章では、Webライターとして収入を得るための基本的なやり方を5つのステップでご紹介します。

3-1.クラウドソーシングへの登録やSNSでの情報収集を行う

よほど実績のある方でもない限り、じっと待っていても依頼が来ることはありません。
作業環境が用意できれば、自分から仕事を探しにいきましょう。

未経験者が仕事を探す方法としては、主に以下の3種類が挙げられます。

  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • SNSにてライター募集している人を探す
  • 記事作成代行会社に登録する

数多くのクラウドソーシングサイトの中で特に有名なのは「クラウドワークス」「ランサーズ」です。
クラウドソーシングに登録をする際には、プロフィールを詳しく記載して強みや経歴をアピールすることで、受注の確率を高められます。

クライアントによっては、TwitterやFacebookなどSNSでライターを募集しているところもあります。
きちんと情報収集を行い「信用できる企業かどうか」を見極める必要はありますが、貴重な情報源であるため、適度にチェックしておくことをおすすめします。

記事作成代行会社とは、ネット向けの記事を代行して制作する会社です。一般的にそれぞれの会社において専属のライターと契約して、クライアントから記事作成の依頼を請け負っています。

株式会社BRIDGEA」も、ホームページにてWebライター募集を行っています。
実績のある記事作成代行業者は、まとまった量の案件が定期的にあるため、Webライターにとっても安心して執筆できる環境といえるでしょう。

クラウドソーシングサイトやSNSをチェックする際も、ホームページをリンクさせている企業がありますので、確認できる情報はすべて確認し、信用できるクライアントかどうかをしっかりと見定めて応募しましょう。

3-2.案件に応募する

3-2.案件に応募する
自分が執筆できそうな仕事を見つけたら、早速応募してみましょう。

Webライティングの経験が少ない初心者が、応募した際に採用されやすく、実績作りやスキルアップに効果的な案件の条件は以下のとおりです。

  • 企業が募集している
  • マニュアルが用意されている
  • 文字単価が0.5円から1.0円

信頼できるクライアントからのマニュアルが整った案件に対応することで、確実にスキルを伸ばせます。

注意すべき点は、スキルアップを意識するあまり文字単価0.1円などの相場よりも大幅に単価の低い案件に応募しないことです。
あまりにも単価の低い案件は、結局マニュアルが用意されていなかったり、適切なフィードバックを受けられなかったりして、スキルアップにつながらないケースがあります。

応募した案件から採用の連絡が入ったら、契約成立の前に、クライアント側と「依頼内容」 「価格」 「納期」などの最終調整を行います。

契約内容は事前にすり合わせておかないと、後から指摘を受けて手間暇がかかってしまう恐れがあります。
不明点があれば契約前にしっかりと確認を行い、双方が納得できる条件で仕事を受けるようにしてください。

3-3.テストライティングを受ける

案件に応募したあと、特に初めての取引先であれば、受注の前にテストライティングを求められることがあります。

クライアント側もお金を払って仕事を依頼しているため、ライターのスキルを事前に把握しておかなくてはいけないからです。
そのため、内容によっては、残念ながら受注にまで結びつかない場合もあるかもしれません。

また、このテストライティングは報酬が発生しないこともあります。
テストライティングの意味合いは就職活動時の採用面接のようなものですが、課題に対して真剣に取り組むことでスキルアップにもつなげられます。

合否に関係なく相手からフィードバックをもらえる時があるので、テストライティングを通じてスキルアップを目指しましょう。

そして、無事テストライティングに合格し本格的に仕事を受注できたら、マニュアルなどルールに従って記事を作成していきましょう。

3-4.記事を執筆する

3-4.記事を執筆する
案件に採用されたら、プロのWebライターとして記事を執筆します。

  • ネット記事などの文章をそのままコピーしない
  • 取引先のルールに従って文章を作成する
  • 文責のある情報(確実性のある情報)を参考にする

Webライターの仕事は「読者に、確かな情報を分かりやすく伝えること」です。
ブロガーや作家のように、自分の個性を出して記事を作成するものではありません。

執筆時間と同様かそれ以上に、情報を調べ・精査する時間も必要となるため、この点には注意しておきましょう。

3-5.納品する

記事の作成後は取引先に納品を行いますが、提出する前に以下の点を必ず確認しておきましょう。

  • 誤字・脱字
  • 適切な表現かどうか
  • 同じ言い回しの文章になっていないか
  • 求められた内容と差異はないか

長く文章を作成していると、所々にミスや勘違いが発生することはあり得ます。
提出の前に全体を見返し、問題がないかを再度チェックしておきましょう。

問題がなければ、取引先が指定した方法で納品します。
ただし、修正対応を求められることもありますので、依頼があれば随時対応してください。

記事のクオリティが高いほど、お仕事の継続につながりやすくなりますので、最後まで気を抜かずに完成を目指してください。

4.Webライターのやり方に関する疑問④:収入が伸びないときにできる対策とは?

4.Webライターのやり方に関する疑問④:収入が伸びないときにできる対策とは?
Webライターとして仕事を始めたものの、一定のラインで収入が伸びなくなり、どのように収入を増やせばよいか分からずに疑問に感じる方もいます。

やり方次第で、収入を増やすことも十分に可能です。

この章では、収入を増やすための3つのやり方をご紹介します。

4-1.スキルを高める

まずは「自分のスキルを高めること」が大前提です。

自分自身のWebライターとしての価値を高めるための大前提は、スキルアップすることです。

スキルを高める方法はいろいろあります。

  • 書籍を購入し、勉強する
  • オンラインサロンやスクールに通う
  • 専門知識を得るために資格を取得する
  • 実績を積んで、フィードバックを受ける

それぞれ、具体的な学び方はさまざまな情報があふれているため、どのような情報を取捨選択するかも非常に重要なポイントです。

あれもこれも、といろんな所に手を出すよりも「まずは書籍で基本を身につけたら、案件を通じてスキルアップを目指す」といったように、ご自身にマッチしたやり方を探すことをおすすめします。

時には厳しい指摘を受けることもあるかもしれませんが、その意見を真摯に受け止め、今後の自分の糧にしていきましょう。

4-2.単価アップの交渉をする

4-2.単価アップの交渉をする
実績を積み重ね、スキルも身に着いてきたら、クライアントに単価アップの交渉をしてみましょう。

特に、長期継続で仕事を受けていると、ずっと同じ単価のままで継続が続いてしまうことがあります。
「単価アップをお願いして、契約が打ち切られたらどうしよう…」と不安を感じる人もいるかもしれませんが、伝えなければ現状が変化することはありません。

現状を変えたければ、勇気を出して伝えることです。

ただし、単価アップに見合う実力を備えていなければクライアントが交渉に応じてくれることはありません。
また、クライアント側にて予算が決まっていて、単価アップが困難な場合もあるため、希望を伝えるだけではなくクライアント側の状況を理解するように務めましょう。

4-3.仕事の依頼元を変更する

もし、単価アップの交渉をしても応じてもらえなかった場合、仕事の受注先を変更してみるのも一つの手段です。

仮に似た内容の仕事であっても、クライアントの規模によって単価の相場は異なります。
スタート単価の高いクライアントやスキル次第で単価アップできる制度が整っているところで執筆することで、単価を増やせる可能性もあるのです。

ただし、仕事探しはライティング業務と並行して進めてください。

契約が終了してから仕事を探していては、貴重な収入源を失うことになります。
いつ納得のいくクライアントに巡り合えるかは並分かりませんので、常に情報を収集する癖をつけておきましょう。

5.まとめ

Webライターの仕事は、未経験者でも始めやすい仕事です。
必要なものは「パソコン」「インターネット環境」だけであり、これさえ整っていれば場所や時間を選ばずに仕事に取り組めます。

ただし、長く続けていくためには、自身のスキルアップは欠かせません。
この記事内でご紹介した内容を実践し、稼げるWebライターになれるよう努力してください。

なお「株式会社BRIDGEA」では、在宅Webライターを募集しております。

当社は「記事作成代行Pro」というサイトを運営しており、SEOに特化した記事に力を入れています。

技術指導にも力を入れており、テストライティングの段階から熟練の編集担当者がWebライターとして求められる基本技術をていねいにご指導いたします。

採用後も練習記事の執筆をいくつか担当いただき、Webライターとしての基本技術を学んだ上でクライアントからいただいた案件を割り振りしております。

テストライティングや練習記事の段階からフィードバックも行いますので、未経験者でもWebライターに求められる基本技術を学ぶことが可能です。

詳細はこちらよりご確認ください。

「Webライターとして仕事をしてみたい」という方は、ぜひ株式会社BRIDGEAへご応募ください。

関連記事

  1. Webライターに適性はある?向いている人の特徴6つをご紹介!

  2. 「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

    「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

  3. 【Webライターの書き方講座】読まれる文を書く11のコツを公開!

  4. Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介

  5. Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

    Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

  6. 【未経験OK!】Webライターに必要なスキルは6つ!習得方法も解説