Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

Webライティングに早く慣れるには、記事の書き方をしっかりマスターすることが大切です。

フィーリングで書いているだけでは、記事の構成案作りも、テキストの執筆もうまくいきません。

この記事ではWebライティングをこれから始める方・始めたばかりの方を対象に、記事の書き方のコツを伝授します。

リサーチ・構成案作り・本文執筆など各項目に分けて具体的に解説します。

Webライティングのスキルを高めたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.Webライティングの書き方で大前提となること

最初に、Webライティングの書き方において必ず押さえるべき点を3つ解説します。

どのような記事に取り組むにしても、これら3点を意識して執筆してください。

1-1.基本は「リサーチ→構成案作り→本文」

Webライティングは通常、「リサーチ→構成案作り→本文執筆」の順で行われます。
※案件によってはリサーチの前に「キーワード選定」をする場合もあります。

いきなり本文執筆から入ると、何から書いたらよいのかわからなくなり「筆が止まる」ため、必ずリサーチと構成案作りの過程を経てから行いましょう。

1-2.いつも「ユーザー満足度」を中心に考える

記事はユーザーのために執筆されるべきであり、「ユーザー満足度」を考えた内容にすべきです。

具体的には、記事の中身は「ユーザーが知りたい情報」を中心に書かれているべきです。
また、誰が読んでもわかりやすく信頼できるような書き方でなければなりません。

そうすることで、ユーザーはサイト全体に対して好感を抱き、ひいてはサイト運営者の活動や商材についてもよい印象をもつでしょう。

さらに「ユーザー満足度」を重視した記事は、Googleの検索結果で上位表示されやすいです。
これはGoogleが「ユーザー第一主義」をモットーにしているからですが、上位表示を実現できれば高い集客効果が生まれます。

1-3.クライアントのレギュレーションを常に頭に入れておく

クライアントレギュレーション(指示)を遵守すること」も大前提です。

記事内の表現や訴求点・文字数など、クライアントが記事作成に関して指示することは必ず守りましょう。

レギュレーションを守らないと、Webライターとして信頼をなくしてしまいます。

2.Webライティングの書き方のコツ4選【リサーチ編】

2.Webライティングの書き方のコツ4選【リサーチ編】

ここからはWebライティングの書き方のコツを具体的にご紹介します。

まずは「リサーチのコツ」を4つ挙げたいと思います。

2-1.キーワードの上位サイトから参考情報を得る

どのような内容の記事を書くか考えるときは、各キーワードを検索したときに上位表示されているサイトを参考にしましょう。

先述のとおり、上位サイトは「ユーザーが知りたい情報を提供している」とGoogleから判断されています。

そのため上位サイトの中身を分析することで、ユーザーの検索意図や、執筆するとユーザー満足度を高める情報についてヒントをもらえます。

2-2.悩み系サイトやSNSでユーザーの「生の声」もひろう

「Yahoo!知恵袋」や「Twitter」などでキーワードを検索し、そのキーワードに関してユーザーがどのようなことを話題にしているかリサーチしましょう。

このようなコンテンツでは、特定の企業や個人の意見ではなく、不特定多数のユーザーのリアルな声を聞けます。

チェックすると、記事に含めると面白そうな情報をよく見つけられます。

2-3.キーワードの関連語句もまとめて調査する

キーワードだけでなく、サジェストキーワードや共起語も探しましょう。

サジェストキーワード:キーワードと一緒に検索されやすい語句
共起語:キーワードと一緒にコンテンツで頻出する語句

これらの語句は、キーワードのいわば「家族」です。
どのような語句が一緒に使われやすいか調べると、キーワードと関連の深い情報を把握しやすいです。

2-4.信頼できる情報源で使えるデータを探す

提供する情報は必ず信頼できる情報源から探しましょう。

例えば、政府系サイトや企業の公式サイト・医師や弁護士などその道のエキスパートの意見が見られるサイトなどです。

情報元が信頼できると、ユーザーは安心して記事を読めます。

3.Webライティングの書き方のコツ13選【構成案編】

続いて「構成案作りのコツ」を挙げます。

記事の骨格である構成案を上手に作れると、その後の執筆がスムーズに進みます。

3-1.タイトル作りの5つのコツ

3-1.タイトル作りの5つのコツ
最初にタイトルを決めるときのコツを5つご紹介します。

タイトルは記事の「顔」であり、ユーザーが検索結果で最初に目にする箇所であるため非常に重要です。

3-1-1.前半にキーワードを入れる

記事のキーワードはタイトルの前半部分に入れましょう。

前半にあると、ユーザーがタイトルを見たときにすぐキーワードに気づくため、クリックしてもらいやすくなります。

またキーワードを入れることはSEO対策でもあります。
キーワードを含めることで、Googleに記事の内容を伝えやすいからです。

3-1-2.28文字前後で記載する

タイトルの長さは28文字前後がベストです。
長いタイトルにしても検索結果にすべて表示されず、途中から「…」になってしまいます。

30文字オーバーになってもかまいませんが、強調したい点は28文字前後以内に書きましょう。

もう一点覚えておくとよい点は、タイトルを2フレーズに分けてリズム感を出すことです。
この記事のタイトルもそうですが、【】や感嘆符(!)・疑問符(?)などで2つに区切ると、読んだときのリズム感がよくユーザーをひきつけやすいです。

3-1-3.記事を読むメリットやわかることを書く

タイトルには、可能な限り記事を読むメリットや解説している点について書きましょう。

そうすることで、ユーザーは記事の中身に興味をもつからです。

「〇〇がわかる!」「〇〇を簡単にする方法」など、「役立ちそう」と思わせるフレーズを用いましょう。

3-1-4.キャッチーなワードを使用する

キャッチーなワードも使用しましょう。

ユーザーが思わずクリックしたくなるからです。
例えば、「必見」「徹底解説」「【実例あり】」「〇〇だけが知っている」などのワードを使えます。

ただし中身の情報がタイトルに「名前負け」すると、逆にユーザーから不信感をもたれるため、煽りすぎないようにしましょう。

3-1-5.数字を入れて説得力を上げる

可能な範囲で数字を入れると、説得力が増します。

この記事でも「27のコツ」とありますが、「5選」や「3つのカギ」など具体的な数字があると、読み手は具体性を感じてクリックしたくなるものです。

3-2.DS(ディスクリプション)作りの5つのコツ

3-2.DS(ディスクリプション)作りの5つのコツ
続いてDS(ディスクリプション)作りのコツをご紹介しましょう。
※以下「DS」。

DSは記事の要約文の役割を果たし、タイトル下部(「スニペット」と呼ばれる領域)に表示されます。
※スニペットにはDSが表示されることもあれば、Googleが自動作成した文が表示されることもあります。

3-2-1.前半にキーワードを入れる

タイトル同様、前半にキーワードを入れてください。

ユーザーが検索したキーワードは、下の画像のように、スニペットに表示される文(DSかGoogleが作成した文)で太字表示されます。

スニペットに表示される文の例

そのため前半の方にキーワードがあると、DSが表示されたときにユーザーが、「探している情報があるかも」と感じやすいです。

3-2-2.スマートフォン向け約50文字/PC向け約100~120文字でまとめる

文字数は、スマホ向けに約50文字、PC向けに約100~120文字にまとめましょう。

タイトルと同じく、検索結果で表示される文字数に限界があるからです。
※表示文字数はスマホとPCで異なります。

特に重要なことは、約50文字以内に入れるよう工夫してください。
今や多くのユーザーがスマホ検索で情報を調べるからです。

3-2-3.タイトルでまとめられなかったことを書く

タイトルの28文字でまとめきれなかったことを補足的に書いてください。

DSはタイトルの真下に表示されますが、ユーザーはタイトルとDSの両方に目をやる可能性が高いです。
DSによって記事の内容をもう少し補足するなら、ユーザーの関心を引きやすくなります。

3-2-4.記事を読むメリットを書く

タイトル同様、DSにも記事を読むメリットを書きましょう。

記事内に有益な情報があるとわかれば、ユーザーをよりクリックへと誘導できます。

3-2-5.誰に向けての記事が明確にする

記事を読む対象を明確にすると、それに該当するユーザーに読む気を起こさせます。

例えば、「初心者向け」「〇〇に悩んでいる方」「〇〇について知りたい方」などの表現を使えます。

3-3.見出し作りの3つのコツ

記事構成案の例
構成案の大部分を占めるのが「見出し」です。

見出し作りを丁寧にすると執筆の工程が楽になるため、ご紹介するコツをぜひ習得してください。

3-3-1.キーワードとサジェストワードを意識する

見出しには自然な形でキーワードを入れてください。

基本的な入れ方としては、小見出し(h2タグで書く箇所)には「キーワード」、小小見出し以降(h3タグやh4タグの箇所)にはサジェストワードを入れます。

見出しにキーワードが入るとGoogleに記事の内容を伝えやすいほか、ユーザーも記事の構造を理解しやすくなります。

3-3-2.論理的な階層構造にする

以下の画像のように、見出しは階層構造にして作りましょう。

階層構造の見出し例
特に大切な要点を小見出し(h2タグ)に分け、各小見出しに包含される情報は、その下に小小見出し(h3タグ)や小小小見出し(h4タグ)として作ります。

また見出しは、読んでいて順序に違和感がない論理的な流れで作りましょう。

3-3-3.見出しのみで内容を想像できるようにする

よい見出しは、読んだだけで中身を想像できるような見出しです。

見出しはそのまま目次になることが多いですが、ユーザーの中には最初に目次をさらっと見て、読みたい内容かどうか確認する人がいます。
キーワードを含む端的な表現で見出しを作っておけば、ユーザーは本文を読む前から記事をおおまかに理解できます。

4.Webライティングの書き方のコツ10選【本文執筆編】

最後に「本文を執筆するときのコツ」を挙げていきます。

タイピングの手が止まりがちな方も、ご紹介する10のコツを当てはめるなら執筆が楽になります。

4-1.導入文作りの2つのコツ

4-1.導入文作りの2つのコツ
導入文」は、サイトにアクセスしてきたユーザーが最初に読む部分です。

導入文が考え抜かれていると、ユーザーに読む気を起こさせ、離脱するのを防げます。

意識すべき2つのコツをご紹介しましょう。

4-1-1.共感できる文章にする

導入文で、ユーザーに共感していることを示す表現を入れましょう。

例えば、「〇〇と感じたことはないでしょうか?」「〇〇に悩んでいませんか?」などの表現を使えます。

このような表現を見ると、ユーザーは「この記事は自分の悩みや疑問を解決してくれそう」と思い、最後まで読む気になりやすいです。

4-1-2.記事で扱うポイントやメリットを示す

これから読む本文で扱われるポイントやメリットを要約して盛り込みましょう。

そうすることでユーザーは、自分の求めている情報を本文で得られそうか判断できます。

検索意図をしっかり反映した記事に仕上がっていれば、導入文に書かれる記事の要約はユーザーの関心を引くでしょう。

4-2.本文作りの8つのコツ

4-2.本文作りの8つのコツ
最後に「本文作りのコツ」を8つご紹介します。

適用すれば、文章がグンと読みやすくなるため、ぜひ覚えてください。

4-2-1.とにかく「結論ファースト」を心がける

各見出しの本文を書き始めるときは、必ず結論や要点を最初に書きましょう。

ユーザーは早く大切な点を知りたいからです。

まわりくどい説明から始めてなかなか結論をいわないと、ユーザーはサイトから離脱してしまいます。

4-2-2.難しい言葉を使わない

専門用語や日常で使わない言葉はできるだけ避けましょう。

難しい言葉がいくつも使われると、ユーザーは読む気をなくします。

目指すのは「小中学生でも理解できるような文章」です。

4-2-3.箇条書きや図表で視認性を高める

箇条書きや図表を使える場面では積極的に使いましょう。

テキストがだらだらと続くと読みにくいですが、箇条書きで関係する項目を記載すると、見た目がすっきりして理解しやすいです。

また図表も視認性を高めるのに効果的で、記事の見栄えをよくします。

4-2-4.複雑な考えは例えで説明する

説明する内容が複雑な場合は、例えを使うと効果的です。

誰もが知っていそうな身近なものに例えると、ユーザーは頭の中でイメージを描けるため理解が進みます。

4-2-5.表記ゆれに注意する

執筆中および執筆後の見直しでは、表記ゆれにご注意ください。
※「表記ゆれ」とは、「税込み」「税込」など、同じ意味の言葉が異なる表記で書かれること。

表記ゆれが目立つと、ユーザーが違和感を抱いてしまいます。

また記事のキーワードが表記ゆれすると(「メリット」と「利点」など)、Googleが記事内容を理解する上で問題が生じ、上位表示から遠のいてしまう恐れもあります。

4-2-6.一文が長くならないようにする

一文はできるだけ短めに書き終えましょう。

長い文章は読みにくくユーザーに負担を与えるほか、内容が不明確になりやすいからです。

長くても80文字以内くらいにとどめてください。

4-2-7.代名詞は多用しない

「これ」「それ」「そのこと」「これら」などの代名詞を多用してはいけません。

代名詞だと主語や目的語がわかりにくくなり、文章の理解を難しくするからです。

いくらか使用するにしても、文脈上何について説明しているのかがわかる状況で用いましょう。

4-2-8.最終チェック(校正・コピペチェック)で文章ミスを減らす

執筆が完了したら、校正を行い文章の精度を高めてください。

長文を書くと誤字や脱字が出てくるものです。
また、表記ゆれや同じ説明の繰り返しをしてしまうこともあります。

コピペチェックも大切です。

知らずしらずのうちにライバルサイトの記事と表現が酷似してしまうこともあるため、ツールを使って問題ないか確かめましょう。

5.Webライティングの書き方をプロがレクチャー!「株式会社BRIDGEA」で働きませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
早く初心者を脱して、Webライターとして活躍できるようになりたい方。

弊社「株式会社BRIDGEA」で、Webライティングの書き方のイロハを学びませんか?

弊社は記事作成代行会社で、Webライティングに興味がある方を随時募集しております。
WebライティングやSEO対策に通じたディレクターがWebライターの方を丁寧に指導し、Webライティングのスタートラインに立てるようサポートいたします。

Webライターの方には実際の案件も請け負っていただけるため、いち早く実践の場につくことが可能です。

ぜひ以下の募集ページから詳細をご確認の上、お気軽にご相談ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

この記事では、Webライティングの書き方のコツをご紹介しました。

解説した27のコツはいずれも、すぐに実践できるものばかりです。
これらのコツを意識するかどうかで記事のクオリティーは大きく変わるため、ぜひ何度も復習しながら執筆に取り組んでみてください。

関連記事

  1. Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

    Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

  2. Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

    Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

  3. 正社員Webライターを目指そう!未経験からのキャリアアップ方法

    正社員Webライターを目指そう!未経験からのキャリアアップ方法

  4. Webライティングスキルがアップする!おすすめの資格13選

    Webライティングスキルがアップする!おすすめの資格13選

  5. Webライターの働き方は3択!それぞれの収入や必要スキルを紹介

    Webライターの働き方は3択!それぞれの収入や必要スキルを紹介

  6. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!