Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

在宅ワークといえば、副業で様々なことをして収入を得ている人は数多くいます。

その在宅ワークで今、注目されているのが「Webライティング」
簡潔にいえば、「文章を書いて収入を得る」という分野の職種になります。

でも、「文章を書く」といっても、作文や日記を書くわけではないので、始めるにも最初は不安や疑問がある方は多いもの。いざ意気込んで始めても続けられるのか不安・・・という方も少なくありません。

そこで今回は、在宅ワークとして「Webライティング」が人気の理由や、続けていくコツをご紹介いたします。

在宅ワークでWebライティングが人気の理由とは?

Webライティングが人気の理由?話は簡単、在宅でできるからです。

在宅ワークでWebライティングをするメリット

サラリーマンの副業、主婦や学生の方はパートやアルバイト、それが自宅でできるメリットは大きいでしょう。
自宅でなくても、今では民間の公共施設でもWi-Fi環境が整えられているので、喫茶店やファミレスでも、やろうと思えば仕事ができます。

もちろん、通常のバイトやパートのように、◯時~◯時までといった拘束時間がない。つまり、家事の合間など、空いている時間帯を利用して仕事ができることも大きなメリットです。

また、必要なものと言えば、インターネットが接続されたパソコン1台。
さらに特別な資格や免許が必要ないので、表現は悪いですが、誰でも簡単に始められるのも人気の理由ではないでしょうか。

Webライティングの仕事は需要が多い

仕事をするにも、当然仕事が無ければ意味がありません。

在宅でWebライティングの仕事を始めるには、まずは「クラウドソーシング」に登録する必要があります。
クラウドソーシングを簡単にいえば、仕事をしたい人と仕事を依頼する人を仲介する役割をしているサイトです。

クラウドソーシングの鉄板サイトといえば、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス
  • Bizseek

など、他にもおよそ50近くのサイトがクラウドソーシングサービスを行っています。

そのサイトを見れば一目瞭然ですが、とくかくWebライティングの需要が多いことが分かります。
例えば、大手の「クラウドワークス」を見ると、簡単なものから難しいものまで難易度は異なりますが、約4,000もの案件があります。

なぜ需要は多いのか?

なぜこんなに案件が多いのか?疑問が浮かんできますね。
その理由は、現代がWeb社会だからです。

多くの企業や会社、メーカーは、ほとんど自社のWebサイトを運営しています。
そのサイトを作るためにはコンテンツ(記事)が必要。しかし、そのコンテンツを作成する人を別に雇うことはではない。

つまり、クラウドソーシングやWebライティングの代行会社に依頼して、自社のコンテンツを作成してくれる人を探す必要があるわけです。

このように、この世からインターネットが無くなることがない限り、Webライティングの需要もなくなることはありません。

BRIDGEA(ブリジア)も記事を代行執筆しいたします!

弊社ブリジアでも記事の執筆代行サービスを提供しています。

もちろん、最終目標は「検索上位表示」
綿密な情報分析を行い、上位表示されるのに必要不可欠な5つの要素を取り入れ、SEO対策に特化したWEBライティングを低価格で提供しています。

「サイトからの集客が少ない」「SEO対策を強化したい」など、様々なご要望にお応えしております。

「Webライティング制作代行」をご確認いただき、代行の依頼でお困りなら、お気軽にお問い合わせ下さい。

2、在宅ワークでWebライティングを続けていく3つのコツ

在宅ワークでWebライティングを続けていく3つのコツ
Webライティングのメリットは理解できても、いざ在宅ワークを始めて長続きしないと意味がありません。

基本的に、登録したクラウドソーシングから仕事を探して、Webライティングの仕事に取り組みます。
最初の内は興味本位でできても、次第に文章を考えて書いていくのが億劫になって、長続きしない人は実際多いもの。

そこで、在宅ワークでWebライティングを続けていくコツを3つご紹介いたします。

コツその➀ 自分が決めた時間に集中する

在宅ワークとしてWebライティングを続けるには、自分で時間を決めて、その時間は集中して仕事に取り組むようにしましょう。

主婦の方なら、家事をしながら仕事をしている方もいますが、ながら作業は効率が悪くなります。
1つの記事を執筆している最中に別の用事をすると、まず今までの文章の流れが分からなくなってしまいます。

いわゆる「メリハリ」をつけて、家事の時は家事、Webライティングの時は執筆に集中する方が効率は上がります。
拘束時間ではないものの、自分で2時間なら2時間と、しっかり時間を決めて執筆するのが続けるためのコツです。

コツ➁ 目標を立てる

在宅ワークなので、すべてが自由。通常のバイトやパートのように、誰の目も気にすることはないので、仕事をやる・やらないも自由です。
基本的にWebライティングは作って幾らの「成果報酬」。頑張れば見返りも大きいですが、やらなければ当然収入は0ですね。

そのため、最初の内は慣れないと無理かもしれませんが、例えば、今月の目標30件、または目標50,000円、など明確な目標を設定しておくのも続けるコツではないでしょうか。

人間だれしも、目標が無いと頑張れないものです。

コツ➂ 最初から難しいものをしない

説明している通り、Webライティングを始めるにあたって、クラウドソーシングに登録して仕事を探します。
扱っている案件も、難易度が簡単な0.1円~0.5円から、難易度が上がる1.5~2.0円の案件まであります。

そこで、文字単価に惹かれていきなり難しい案件からしてしまうと、まず続きません。途中で必ず挫折してしまいます。
そのため、最初の内は文字単価が安くても、簡単なものから始めて、慣れてくるに従って難易度を上げていくのも続けていくコツです。

BRIDGEA(ブリジア)でもWebライターを募集中!

また、話は逸れますが、弊社ブリジアでもWebライターを絶賛募集中!
もちろん、「在宅ワーク」での募集となっています。

ご紹介している通り、Webライティングはパソコンとネット環境さえあれば、都会や田舎と場所に関係なく挑戦できる仕事。
ブリジアでは、より柔軟な発想を持つライター志望の方を募集しています。

収入例として、(最低単価1文字=0.75円)
10記事/月:22,500円
30記事/月:67,500円
60記事/月:135,000円
90記事/月:202,500円

というように、自分の計画した時間で、目標を設定して取り組んでいただけます。

Webライティングに興味がある方は、「Webライター募集!」をご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。
ブリジアはWebライターを募集致します。

3、まとめ

在宅ワークでWebライティングが人気の理由は分かりましたか?

在宅でできることや、インターネットが繋がったパソコン1台あれば始められる手軽さ
さらに、自分の好きな時間で仕事ができるメリットは大きいですね。

もちろん、続かなければ意味がないので、時間と目標を設定すること、さらに、簡単なテーマから取り組むのがコツです。頑張った分の見返りは大きな職種なので、継続していれば大きな成果が得られるのではないでしょうか。

関連記事

  1. Webライティングの基本として知っておきたい5つのポイント

  2. Webライティングが上達する簡単な5つのコツ

    記事作成のコツ!Webライティング5つの文章力UPのテクニック!

  3. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  4. Webライティングを勉強する簡単な3つの方法

    Webライティングを勉強する簡単な3つの方法

  5. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?

  6. Webライティングとは何なのか?