Webライターの現実はどうなの?記事作成代行業者がリアルを解説

Webライターの現実はどうなの?記事作成代行業者がリアルを解説

Webライターを始めたいと考えている方は、現実のリアルな情報を知りたいと思われていませんか?

「Webライターの収入は実際どのくらい?」
「現実としてWebライターは、自宅や家事や育児の合間に稼げるの?」

インターネット上では、Webライターについて「やめとけ」というものや「月収100万円稼いだ」など両極端な情報があふれているため、信頼できる情報がなくて困っている方も多いことでしょう。

そこで、この記事では記事作成代行会社である「株式会社BRIDGEA」がWebライターの現実をわかりやすく解説します。
ぜひ参考にしてください。

1.Webライターの現実|どのくらい稼げるの?

1.Webライターの現実|どのくらい稼げるの?
初心者WebライターやWebライターを志している方の多くが、収入面の現実を心配しています。

「初心者だと、どれくらい稼げるのだろう?」
「安定した収入を得られるのだろう?」

上記のように、生計を立てられるようになるかと不安になるのも、もっともなことです。
この項目では、実際にWebライターとして活動する場合の、収入の目安について具体的にご紹介します。

1-1.文字単価はどのくらい?

Webライターの報酬は、文字単位で計算するケースが多いです。
当然ですが、1文字あたりの単価が高くなればなるほど、報酬も多くなります。

クラウドソーシングを利用して仕事をすると仮定した場合、単価の相場は下記の通りです。

  • 初心者:1文字あたり0.3〜0.7円
  • 中級者〜:1文字あたり1円以上
  • 上級者:1文字3円以上

文字単価とスキルが完全に比例するわけではないため、あくまでも上記の数字は目安です。

とはいえ、Webライターとして生計と立てたいのであれば、1文字1円以上の単価で稼げることを目指しましょう。

最初は、1文字1円以下の仕事から受注しはじめることが多いでしょう。
単価の低い仕事をしながら経験を積むことで、効率よく作業するコツや、クオリティのよい記事を書くポイントを学べます。
そして、文字単価の高い仕事を受注することを目標にしてレベルアップしましょう。

1-2.安定して稼げるの?

1-2.安定して稼げるの?
初心者ライターが、安定して稼ぐことは可能です。
ただ、簡単なことではありません。

安定して稼げるようになるためには、クライアントから信用されるライターになり、高単価の案件を継続して受注する必要があります。
Webライターとしてある程度の経歴がある方は、経験や実績を武器にできるため、収入が安定しやすいでしょう。

ライターとしての経験がなくても、不動産・医療系・金融機関の事情に詳しい方は、専門知識を活かせる案件を探すことで、単価の高い仕事を受注できます。
全くの未経験の場合、ライティングのコツを習得し、できるだけ早くクオリティの高い記事を書けるようになりましょう。

基本的なライティングスキルが高まれば専門分野の依頼がない時期でも、安定して仕事を受注できます。
幅広くクオリティの高い記事を執筆できるライターは、専門分野以外の案件でも高単価の仕事を受注できるでしょう。

Webライターの具体的な収入額については、下記の記事を参考にしてください。

参照:「Webライターで得られる年収は?収入や仕事内容を徹底調査

Webライティングで得られる年収は?収入や仕事内容を徹底調査

2.Webライターの現実|自由に働けるの?

Webライターは、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるメリットがあります。
自分の事情で作業する場所・時間帯などを選べるため、小さなお子さんがいらっしゃる方や、フリーランススタイルで働きたいと考えている方にも人気です。

「どこででも働ける」「自由に働ける」というキャッチフレーズを見て「本当だろうか?」と、気になっている方もいらっしゃるでしょう。
そこで、本項目では、本当に自由に働けるのかについてWebライターの現実をご紹介します。

2-1.PCとインターネットがあれば働ける?

2-1.PCとインターネットがあれば働ける?
Webライターは、PC(パソコン)と、インターネットがあれば仕事ができます。
すでに家にパソコンがある場合、仕事を開始するために、いろいろなものを投資する必要はありません。

自宅でパソコンを使ってできる仕事の中にはWebデザイナーや動画編集などの仕事もありますが、これらの仕事はスタートするときに機器やソフトの購入が必要です。
また、資格が必須の職業や職種もあります。

PCとインターネットさえあれば始められるWebライターは、気軽にスタートできる仕事です。

2-2.家事や育児と両立できるの?

Webライターの仕事は、家事や育児と両立できます。

子供が小さいと、急に熱を出したり・保育園・幼稚園の行事があったりと自分のペースで仕事をするのは難しいと感じることも多いでしょう。
それに子供の成長は、あっという間です。

大切な時期に、子供の成長をそばで見守りたい・片時も逃したくないと感じている親は少なくありません。

多くのWebライターは子供が寝ている間・保育園(幼稚園)に行っている間に作業をしたり、夫婦で協力し合って子育てしたりと工夫しながら仕事をしています。
子どもとの時間を確保しやすく、行事や急病の対応にも柔軟に対応しやすい仕事です。

しかし、家庭と仕事の両立をしやすい反面、プライベートと仕事のオン・オフをきちんと分けるのが難しく思う方も少なくありません。
Webライターの仕事は、家事や育児と両立しながらメリハリをつけて取り組むとよいでしょう。

2-3.どこでも仕事できるの?

2-3.どこでも仕事できるの?
パソコンをネットにつなげると、どこにいてもWebライターの仕事をすることは可能です。
上記の項目でもご紹介したとおり、WebライターはPCとインターネットがあれば仕事ができます。

世界中でインターネット環境が整っている昨今では、以下の働き方も実現可能です。

  • 海外移住をして物価の安い国でライティングをしながら生活
  • 憧れの田舎暮らし
  • カフェやコワーキングでのノマドワーク
  • オフィスに出社しないで自宅での仕事

上記のように、自分の状況やその時の気分に合わせて働く場所を選べるのは、Webライターならではのメリットであるといえるでしょう。

3.厳しい現実に負けない!稼げるライターになる方法とは?

Webライターは、安定して稼げるようになるとメリットの方が大きくなりますが、初心者ライターは、安定するまでにはある程度大変な思いを経験するのが現実です。
そして、稼げるライターになるには、できるだけ早く安定して仕事を受注することが不可欠です。

高単価の記事を、効率的に稼げるようになるためには、いくつかのポイントを押さえてWebライターの仕事に取り組むとよいでしょう。
本項目では、厳しい現実に負けずに、稼げるライターになるためのコツやポイントをご紹介します。

3-1.スキルを習得する

3-1.スキルを習得する
Webライターに必要なスキルを、できるだけ早く習得する必要があります。
クオリティの高い記事を書くテクニックを持っていると、結果として単価の高い案件を複数受注でき、収入が上がるでしょう。

例えば、Webライターとして必要なスキルは、次の通りです。

  • 構成案を作るスキル
  • 基本的な文章力
  • SEO対策に関する知識

多くのクライアントは、SEO対策に関する知識を持っているWebライターを求めています。
SEOに強い記事を書くなら、Google検索で上位に上がりやすくなり、記事がより多くの人の目に触れる機会を増やせるからです。

SEO対策を基に構成案を作り、読みやすい文章を書くことを意識するなら、よりクオリティの高い記事を書けるようになるでしょう。
WebライターはアップデートされるSEOの情報にめざとくあり、最新の情報を勉強する必要があります。

また、ツールを使いこなすことも、効率的に記事を書いたりミスを減らしたりするテクニックです。
積極的に校正ツールを取り入れて、ミスタイプを減らしましょう。

SEOについては、下記の記事を参考にしてください。

参照:「Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例9選を公開

Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例9選を公開

3-2.営業力を身につける

Webライターとして高単価の仕事を獲得するためには、営業力も必要です。
自分のよいところをアピールすることにより、クライアントから信頼され、案件を発注してもらえます。

実際に仕事を受注するときは、サイトへ直接売り込んだり、クラウドソーシングを利用して案件に応募したりします。
自己PR・これまでの経歴・アピールポイント・仕事への意欲・応募した理由などを分かりやすく伝えましょう。

クライアントから「この人と仕事をしてみたい」「一度話を聞いてみたい」と感じてもらえる文章を書く必要があります。
分かりやすく・読みやすい文章・魅力的な文章を心がけてください。
ポートフォリオを用意しておくのもよいでしょう。

3-3.継続案件を受注する

3-3.継続案件を受注する
案件を獲得する際は、継続案件を狙うことを目標にしましょう。
継続案件を受注するなら、ある程度月々の収入のめどが立てやすくなります。

また、継続案件は、同じジャンルの案件がまとまっていることが多く、効率よくリサーチと執筆をこなせます。
さらに営業の時間を執筆に回せるので、作業に集中でき、スキルアップのスピードが速くなるでしょう。

結果的に、より収入を得られ、ライターとしてのレベルもアップします。

4.稼げるライターになりたいなら株式会社BRIDGEAがおすすめ

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
できるだけ早く、一人前のライターとして仕事をこなせるようになりたい場合、Web記事代行会社に登録して仕事をするのがおすすめです。
Web記事代行会社では、いくつかのサイト記事を同時に担当していることが多く案件も豊富です。
記事案件を回してもらえるため、営業の必要がなく、記事の執筆に専念できます。

例えば、「株式会社BRIDGEA」では、初心者・経験者に関係なく、ライターを募集しています。

社長・ディレクターを中心に、ライター全員が質の高い記事を書けるようになるために必要な情報提供・サポートを積極的に行っているため初心者でも安心です。
独学で学ぶのに比べて、「株式会社BRIDGEA」で作業した方が、Webライターとしての必要な知識や技術がより早く身につきます。

クライアントや読者に満足してもらえるライターになるための、スキルアップを目指せる場所です。
株式会社BRIDGEA」に応募してみたい方は、下記の応募欄を参考にしてください。

参照:「株式会社BRIDGEA」の在宅ライター募集

5.まとめ

初心者がWebライターとして安定して稼げるようになることは、簡単ではないのが現実です。
しかし、安定して稼ぐためのスキルやコツを身につけ、実際に仕事が軌道に乗ってくるとメリットの方が大きくなります。

パソコンとネット環境さえあれば、いつどこにいても仕事ができるため、旅行をしたり、家庭を中心にしたりしながら仕事を続けることも可能です。
実際に安定した収入を得ているWebライターの多くは、ライフスタイルに合わせた働き方ができることが、最大の魅力だと感じています。

安定して稼げるようになるために、ただがむしゃらに働くのではなく、ライターとしてのスキルアップを目指して着実に努力することが大切です。
意識的に高単価の継続案件を受注したり、Web代行会社に登録したりして、効率的に仕事をすることも考慮しましょう。

関連記事

  1. 【2023年最新】Webライタースクール厳選5選!メリット・注意点もご紹介!

    【2023年最新】Webライタースクール厳選5選!メリット・注意点もご…

  2. Webライターに適性はある?向いている人の特徴6つをご紹介!

  3. 【Webライターの書き方講座】読まれる文を書く11のコツを公開!

  4. 稼げるWebライターへのロードマップ!取り組むべき7ポイントを公開

    稼げるWebライターへのロードマップ!取り組むべき7ポイントを公開

  5. Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

    Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

  6. Webライティングを勉強する簡単な3つの方法

    Webライティングを勉強する簡単な3つの方法