Webライターで稼ぐのは大変!?実情と儲からないときの対策を解説

Webライターで稼ぐのは大変!実情と儲からないときの対策を解説

多くの方が本業や副業としてWebライターにチャレンジする一方で、「Webライターは大変」「Webライターは儲からない」といった声もあります。

未経験や初心者のWebライターの方は、これらの意見に不安を感じることもあるでしょう。しかし、正攻法で知識や技術を身につければWebライターとして稼ぐことは可能です。

この記事では、Webライターが「大変」だといわれるポイントを解説したうえで、その対策をご紹介します。記事作成代行業者としてリアルな情報をお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

1.Webライターは最初が大変

1.Webライターは最初が大変
Webライターは初期投資が少なく、パソコンと基本的な文章スキルがあれば始めやすい仕事である分、最初の大変さに挫折してしまう人も多くいます。

はじめは低単価の案件しか取れないことや、執筆スピードやスケジュール管理に慣れず時間がかかることから、Webライターは最初が1番大変です。

しかし、慣れてくれば文字単価や執筆スピードも上がり一定の収入を得られます。
Webライターの「大変」「儲からない」という声は、初期の大変さや単価の低さに由来するものです。

初心者Webライターが「大変」に感じているポイントとその対策をすれば、辛い時期を乗り越えやすくなります。

2.多くの初心者Webライターが「大変」だと感じるポイント4選

初心者Webライターが「大変」だと感じる要因は4つ考えられます。

はじめは高単価案件が獲得できないことや、記事の執筆に時間がかかること、執筆以外にも作業があることが原因で「大変」や「思うように稼げない」と感じているのではないでしょうか。

また、Webライターはいつどれだけ仕事をするかが自身に委ねられているため、スケジュール管理が「大変」だと感じる可能性もあります。

2-1.高単価の案件を獲得できない

2-1.高単価の案件を獲得できない
初心者のうちは、Webライターの実績が乏しくクライアントへのアピールポイントが少ないため、案件の獲得に苦労します。
その結果、低単価の初心者歓迎と謳っている案件ばかりに応募することに。

しかしクラウドソーシングなどで募集されている初心者歓迎の案件だと、文字単価が0.1円のものなど、1記事数百円にしかならない案件が多く、思うように稼げません。

Webライターになるのは簡単ですが、最初の低単価の時期を乗り越える必要があります。
Webライターは「大変」「儲からない」という声はこの初期の段階から来るものではないでしょうか。

2-2.記事の執筆に時間がかかる

初心者Webライターは、高単価の案件を獲得しても予想より収入が少ないという事態に陥る可能性もあります。

なぜなら、初心者は記事の執筆に時間がかかるため、はじめは1記事に数日かかることもあるからです。
結果、1記事は高単価なのに日給もしくは時給に換算すると数千円しか稼げていないことになります。

また、高単価の案件は専門的知識や文章スキルも高いレベルを求められることが多いため、リサーチや校正に時間がかかる場合もあるでしょう。

そのため、初心者Webライターは高単価案件を獲得できても十分に稼げるとは限りません。

2-3.執筆以外にもやるべきことが多い

2-3.執筆以外にもやるべきことが多い
初心者Webライターは、執筆以外の作業に時間を取られることも稼げないといわれる原因です。

Webライターの仕事は、案件によりサイト上への投稿作業や画像の選定も含まれる場合があります。
執筆以外の作業も慣れるまで時間がかかる可能性が高いため、自身が予想していたより納品まで時間がかかることもあるでしょう。

また、初心者Webライターが早い段階から高単価の案件を得るために重要なのが、ポートフォリオ作り。
ポートフォリオとは、簡単にいうとどんな文章が書けるのか、自身のスキルを示すサンプルです。
ポートフォリオはサンプルとはいえ、クライアントに採用されるためには手を抜けません。

また、応募する案件と同じジャンルをポートフォリオとして提示するのが望ましいため、多ジャンルの案件に応募するならサンプルも何パターンか必要になります。

初心者のうちは、納品までに必要な他作業や、ポートフォリオ作りの時間も必要になるため、やるべきことが多く「大変」だと感じるのです。

2-4.自己責任でスケジュールや案件の管理をしなくてはならない

Webライターは業務委託で案件を受注することが大半なため、納期に間に合わせるためのスケジュール管理も重要です。

会社とは違い、Webライターはいつどれだけ仕事をするのかは自由で、すべてが自身の判断に委ねられています。
そのため、スケジュール管理や、どれくらいの案件を引き受けるかはすべて自己責任です。

ときには、納期に間に合わせるために夜遅くまで作業をする可能性もあります。

Webライターはスケジュール管理が自己責任であるのも、慣れるまでは「大変」と思われる要因でしょう。

3.大変な思いをすれば報われる?Webライターの平均年収は?

Webライターの年収は、働き方やライターの単価によって大きく異なるため、一概にはいえません。
フリーランス以外にも、会社に所属するライターや副業ライターなど、Webライターにはさまざまな形態があるためです。

いくつかの企業や団体がデータを公表していますが、あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

平均収入は明確ではないものの、すでに専業で活躍しているWebライターも多く、頑張り次第で十分に生計を立てられる仕事であることは間違いありません。
さらに今後の傾向として、テレワーク化が進むにつれ在宅で働けるWebライターの需要は高まっていくでしょう。

なお、Webライターの年収についての詳しい情報を知りたい方は「参照:Webライティングで得られる年収は?収入や仕事内容を徹底調査 」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

4.大変な状況を卒業!Webライターとして稼ぐ方法

4.大変な状況を卒業!Webライターとして稼ぐ方法
Webライターとして稼げるようになるには、実績を積むことやスキルを磨くことが必要です。

Webライターとして低単価でも案件を獲得すれば、その次は前回の実績をもとに今より高単価な案件に応募できます。
また、スキルを磨くためにコミュニティに所属したり、ブログを書いたり、指導してくれるクライアントを探したりするとよいでしょう。

4-1.実績を積む

Webライターとして稼ぐために重要なのが、実績を積むことです。
Webライターとしてスキルアップしていくには、以下のようなステップが考えられます。

  1. 低単価でも案件をこなす
  2. これまでの執筆実績をまとめる
  3. 実績をもとに今より単価の高い案件に応募する
  4. テストライティングを受ける

最初は低単価でも、案件をこなしていけばそれが実績になります。
実績があるとクラインアントからの信頼が生まれ、高単価案件に合格する可能性を高められます。

Webライターとして稼ぐためには、最初は低単価でも継続して執筆し、その実績を利用して高単価案件に応募するとよいでしょう。

4-2.スキルを磨く

4-2.スキルを磨く
稼げるWebライターになるためには、ライティングスキルを磨くことも重要です。

Webライターとしての報酬アップには、スキルの有無が大きく関わります。
また、スキルが高ければ継続的に案件を獲得しやすくなるため、安定的に収入を得られるのもメリットです。

前の章で、実績をもとに高単価案件に応募すると伝えました。
しかし、応募した後にテストライティングに合格しなければ案件獲得はできません。

テストライティングに合格するためにはスキルを磨くことが重要です。
この章では、3つのスキルアップ方法をご紹介します。

4-2-1.コミュニティやスクールで学ぶ

Webライターのコミュニティやスクールで学ぶのも1つの手段です。

コミュニティやスクールで学ぶメリットは、スキルアップだけでなく実践で使えるテクニックや、営業方法などの役立つスキルの情報を得られることが挙げられます。
現役のWebライターのスキルを真似できるため、実践で生きる技術を学ぶことが可能です。

また、コミュニティやスクールに入ると同時期にWebライターになった同期ともいえる存在ができるのもメリット。
お互いの状況を相談し合える、ともに切磋琢磨できる相手がいるのは、フリーランスWebライターにとっては得難いことです。

4-2-2.ブログを開設して文章を書き続ける

4-2-2.ブログを開設して文章を書き続ける
Webライターとして成長するためには、文章を書き続けることも重要です。

文章を書き続けると、ライティングスキルを身につけられる以外にも、執筆スピードの向上が見込めます。
そのため、案件以外に文章を書く場所として、ブログを開設するのもおすすめです。

ブログは初期投資が少なく済むため、コミュニティやスクールに通うよりも安価でできることが多いでしょう。

また、ブログ運営をすると企画構成やマーケティングスキルも身につくため、ライティングスキル以外のスキルも得られます。

4-2-3.指導もしてくれるクライアントを探して実践で学ぶ

Webライターは実践の中で学ぶという選択肢もあります。

制作会社などの育成がしっかりしているクライアントに応募し合格すると、実践で知識が身につきます。

執筆した内容に対してフィードバックをしっかりしてくれるクライアントに出会えると、自身の今のスキルや今後改善すべき点もわかるためおすすめです。

また、実践で学ぶと、座学で学んだときよりも学習効果が高いことがわかっています。
アメリカの研究では、座学の講義の効果が5%であるのに対し、実践は75%の学習定着率があると明らかに。

そのため、実践で学ぶと知識の定着がしやすいのもメリットです。

5.BRIDGEAでライティングの実績を積めば大変な時期を乗り越えるチャンス!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「指導もしてくれるクライアントはどこで見つければいいの?」とお悩みの人にはBRIDGEAでライティングを学ぶのがおすすめです。

BRIDGEAでは記事ごとに構成・執筆の2段階でフィードバックがもらえるため、スキルアップしやすい環境といえます。

また、営業活動をしなくても安定して案件を獲得できるため、営業やポートフォリオ作りに費やしていた時間のカットが可能に。
研修段階から文字単価1円以上で執筆できるのも、初心者Webライターには嬉しいポイントです。

さらに、明確な判断基準により単価アップできる「ライター評価制度」があるので、自身の頑張り次第では文字単価アップができて収入を増やせます。

Webライターとして思うように稼げないとお悩みの初心者Webライターの方は、ぜひBRIDGEAにご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ 

6.最初が大変!辛い時期を乗り越えてWebライターを続けよう

Webライターは最初が大変ですが、スキルアップして乗り越えれば正社員より稼げる可能性も秘めた職業です。

スキルアップする方法は、コミュニティやスクールで技術を学ぶことや、ブログを開設して文章を書き続けることなどが挙げられます。

また、育成に力を入れているクライアントを見つければ、実践を通してスキルアップも可能です。
実践でフィードバックをもらいながら成長したい方には、BRIDGEAでライティングスキルを身につけることをおすすめします。

正しくスキルを身につけて、Webライターとして稼げるようになりましょう。

関連記事

  1. 初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

    初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

  2. 稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは

    稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは

  3. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

  4. 目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介

    目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介

  5. Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説

    Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説

  6. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!