Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

Webライティング案件に応募するとき、クライアントから課されることが多いテストライティング。

「なかなか合格できずに困っている…」

そんな方はいませんか?

この記事では、悩めるテストライティング難民の方のために、役立つ以下の情報をまとめました。

  • テストライティングの採用側のチェックポイント
  • テストライティングに受かるコツ10選
  • 受けない方がよいテストライティング

テストは、継続的なWebライティングの募集の際に実施されます。

記事作成代行業者ならではの視点で解説しているので、Webライティングで安定的に稼げるようになりたい方はぜひ参考にしてください。

1.Webライティングにおける「テストライティング」とは

テストライティングに受かる方法について説明する前に、まずはテストライティングの基本情報として以下の点を解説します。

  • テストライティングの趣旨・目的
  • テストライティングの難易度

1-1.テストライティングの趣旨・目的

1-1.テストライティングの趣旨・目的
テストライティングの趣旨・目的ですが、基本的には「Webライターの実力を測るため」に行われます。

クライアントは、できるだけ集客効果の高い記事コンテンツを作成してほしいため、実力のあるWebライターに仕事を依頼したいと考えます。

しかし、仕事に応募するWebライターの実力はピンキリです。
そのためテストライティングをとおして、希望する質や内容のWebライティングをしてくれるかを測ろうとします。

とはいえ単に合否判定だけではなく、以下のニュアンスでも行われます。

・継続的な契約を前提として実施する
長期の案件の場合、クライアントは長く付き合っていけるWebライターかを総合的に判断するためにテストする可能性があります。

・採用後の文字単価の目安となる
採用直後の単価は規定で決まっていても、テスト段階で良質な記事を提出することにより、印象がアップして査定の際に有利に働く可能性があります。
※メディアによる。

このようにテストライティングには、合否以外の目的でも実施されます。

なおテストライティングは、クラウドソーシングやSNS・求人サイト・記事制作代行会社など、さまざまなプラットフォームで行われます。

1-2.テストライティングの難易度

テストライティングの難易度は、メディアの方向性や競争率などによって左右されるため、一概にはいえません。

ただし一般的な傾向として、単価の高い案件ほど難易度は上がります。
文字単価が高いと、当然ライバルのWebライターが大勢応募するため、狭き門になるからです。

いくらからが高単価案件か断定できませんが、だいたい文字単価1円以上ともなると、ライバルが増えてくることが予想されます。

Webライティング初心者の場合、まだスキルが不十分であるゆえに良質な文章を書けず、テストライティングに受からない可能性が高くなってしまいます。
また実績が少ないゆえに、クライアントから注目されにくい可能性もあるでしょう。

2.採用側はテストライティングでココを見る!重要ポイント

テストライティングを受ける前の心構えとして、採用側がどのような点を評価するのか知っておくのは役立ちます。

弊社「株式会社BRIDGEA」でもテストライティングを実施しておりますが、採用側ならではの視点で、評価ポイントをご紹介しましょう。

2-1.コミュニケーション力

2-1.コミュニケーション力
まず大事なポイントが「コミュニケーション力」です。

クライアントは、応募してきたWebライターが、記事作成に関するこちら側の意図や要望をしっかり認識しているかを重視します。
例えば以下のような点を観察するはずです。

  • 依頼した記事のテーマを理解して執筆できるか否か
  • 納期を守ることができるか
  • 執筆に関する指示(レギュレーション)に沿って執筆するか
  • 過去の執筆記事の提示やこれまでの経歴の確認を求める場合、的確に回答できているか
  • レスポンスが早いか

テストライティングは通常、継続的な案件を目標としています。

仮に優れた文章を書くWebライターであっても、「指示や納期を守らない」「レスポンスが遅い」などの問題があれば、採用確率は低くなるでしょう。

2-2.基本の文章力

基本の文章力」も、採用側が注目するポイントです。

情報自体が正しく有益でも、読みにくい文章の記事はユーザーから嫌われます。

クライアントは文章全体をチェックして、Webライターが理解しやすい記事を書けるか見極めます。
例えば以下のような点をチェックするでしょう。

  • 一文が長すぎないか
  • 文末表現が単調でないか(「です」「ます」が連続して続くなど)
  • 難読語や専門用語が多くないか
  • 適度に改行が行われているか

2-3.Webライティングのスキル

2-3.Webライティングのスキル
Webライティングのスキル」もテストライティングで評価されるポイントです。

ここでいうWebライティングのスキルとは、以下のような点を指します。

・SEO対策(検索エンジン最適化)に関するノウハウやスキル
タイトルや見出しの作り方・キーワードの使用など、Googleが推奨する方法で記事を書くかどうか。
※圧倒的なシェアを踏まえ、この記事では「Google=検索エンジン」として解説しています。

・セールスライティング力
商品やサービスの魅力を的確に伝えて、ユーザーに「欲しい」と感じさせる文章を書けるか。

・キャッチーな文章を作成できているか
ユーザーを惹きつけ、「読みたい」と思わせる楽しい文章を書けるか。

3.Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

ここからは、テストライティングに受かるコツ10選を、以下の2パターンに分けてご紹介します。

  • クライアントとのやり取りにおけるコツ5選
  • 記事作成時のコツ5選

「なかなか受からなくて困っている」という方は、各ポイントを当てはめて合格率アップを目指してください。

3-1.クライアントとのやり取りのコツ5選

まずは、クライアントとのやり取りのコツ5選をご紹介します。

クライアントからの印象をよくすれば、自然と採用されやすくなります。

3-1-1.レスポンスはスピーディーかつ丁寧に行う

クライアントとやり取りする際は、とにかくレスポンスを早めに行いましょう。
レスポンスが遅いと、「急ぎのときに連絡が取れないかもしれない」「納期を守らないかもしれない」などのマイナスの印象を与えかねません。

また言葉遣いは丁寧に行うよう心がけましょう。
過度にうやうやしい表現をする必要はありませんが、基本的な敬語はもちろん、感謝の言葉や気遣いの言葉を伝えると、「長く付き合いたいWebライター」と見てもらえる可能性が高まるはずです。

3-1-2.レギュレーションを守る

クライアントが記事作成に関して指示すること(レギュレーション)は、必ず守りましょう。

レギュレーションには、以下のような点が含まれていることがあります。

  • トンマナ(硬めの文章・やわらかめの文章など)
  • 文末表現(「です・ます調」など)
  • NG表現
  • 数字や記号の表記
  • 漢字のひらき(ひらがな表記する漢字)
  • 一文の長さ
  • 改行
  • 文字装飾 など

細かい内容も含め、しっかりレギュレーションに従って書くと、評価されやすいです。

3-1-3.不明点はすぐに確認する

記事の内容やレギュレーションなどについてわからないことがあれば、すぐに確認しましょう。

わからないまま放置して書き進めるのはNGです。

もし誤った認識で記事を書いてしまうと、クライアントは「こちらの意向をくんでいない」と判断する恐れがあります。

一方、不明点をきちんと尋ねると、「勝手な判断を下さず、きちんと指示を仰ぐ常識人」と見てもらえるでしょう。

なお不明点を尋ねる際は、明確かつ整理された文章で尋ねることで、相手への気遣いを示せます。

3-1-4.途中段階の確認を依頼する

テストライティングの記事を書くときは、途中段階で一度記事の構成案を確認してくれるよう依頼しましょう。

記事作成は一般的に、与えられたキーワードをリサーチして構成案を作成→クライアントチェック→本文執筆の流れで行うのが理想的です。

構成案がチェックされないまま本文執筆を進めると、クライアントが意図していたのとは異なる方向性で執筆することになりかねません。

そのため構成案を作成したら、クライアントに内容を確認してもらい、必要な指示を仰ぐようにしましょう。

クライアントによっては、いちいち確認をしてくれない可能性もありますが、しっかりフィードバックをくれることもあります。

方向性を確認しつつ執筆を進めれば、テストライティングに合格する確率を高められるはずです。

また別のメリットとして、「しっかりコミュニケーションが取れる」との印象を与えられます。

3-1-5.納期に余裕をもって提出する

納期に余裕をもってテスト記事を提出することも大切です。

納期を守ることは基本中の基本で、必ず行うべきことです。

しかしクライアントの印象をさらによくするために、できるだけ早く提出するようおすすめします。

指定される納期にもよりますが、可能なら納期の前日には提出するとよいでしょう。

また状況が許せば、「○日までに完了できます」とこちらから提案すると、「やる気があるWebライター」と思ってもらいやすいはずです。

3-2.記事作成時のコツ5選

3-2.記事作成時のコツ5選
続いて、記事作成時のコツ5選をご紹介します。

「これら5つのコツを守れば文章のクオリティーが上がる」と呼べる点をまとめました。

3-2-1.キーワードに込められた必要情報を読み解く

記事作成にあたってクライアントから渡されるキーワードを、徹底的にリサーチしましょう。

そのキーワードについてクライアントが書いてほしいであろう情報(検索ユーザーが求める情報でもある)をしっかり読み解くなら、クライアントから信頼されます。

リサーチ方法はさまざまですが、例えばキーワードを検索して上位サイトの内容を調べるのはよい方法です。
上位サイトはGoogleから「ユーザーニーズを把握しているサイト」と認識されているため、ヒントになるからです。

3-2-2.PREP法を意識して書く

PREP法を意識して書くと、結論と裏付けが明確に伝わるわかりやすい文章になります。

PREP法とは、以下の頭文字を取った造語です。

Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

この型はWebライティング全般に有効な型であり、結論ファーストになるため、ユーザー好みの説得力がある文章を書くうえで役立ちます。

3-2-3.可能な限り言い切りの表現を使う

できるだけ、以下のような言い切り表現を使った文章を書きましょう。

  • ~がおすすめです
  • ~しなければなりません
  • ~は事実です(確実です)

「~かもしれません」「~と思います」などのあいまいな表現を多用すると、説得力のない文章になります。
またクライアントからリサーチ不足を連想される恐れもあります。

断定できない内容は別として、極力言い切り表現を心がけましょう。

3-2-4.規定文字数を少し上回るくらいのボリュームで仕上げる

クライアントから文字数を指定された場合、少し文字数が多くなるくらいのボリュームを心がけましょう。
例えば規定文字数が5,000文字なら、5,000~5,300文字くらいです。

あまりにオーバーすると「文章をまとめられないWebライター」と思われるためよくありませんが、多少オーバーするくらいは問題ありません。

規定文字数に達しないか規定文字数ぴったりだと、リサーチ不足を疑われたり、最低限の仕事しかしないと思われたりする恐れがあります。

3-2-5.執筆後に重ねて見直しをする

執筆が終わったら、何度も重ねて見直してください。

誤字脱字・重複表現・文章のねじれなどが多いと、マイナスの印象を与えてしまいます。

執筆している最中は違和感を覚えなくても、読み返すと理解しにくい文章であることに気づく場合は少なくありません。

文章校正ツールなども使い、万全の状態で記事を提出しましょう。

3-3.番外編:テストライティングを有利にするうえで行いたい2つの準備

3-3.番外編:テストライティングを有利にするうえで行いたい2つの準備
最後に「番外編」として、テストライティングを有利にするうえで意識したいポイントを2点ご紹介します。

番外編①:ブログやポートフォリオを用意する
ブログを運営しているWebライターは、SEO対策やサイト運営のノウハウを知っていると思われやすいため、クライアントの目にとまりやすいです。
アクセスをそれなりに集めているWebライターであれば、なおさら評価が高くなるでしょう。

また、ポートフォリオ(過去に書いた記事をまとめたものなど)を用意しておくと、どのような記事を書くのかが伝わりアピールになります。

これらの準備をしておくと、場合によっては「テストライティングは必要なし」と判断してもらえるかもしれません。

番外編②:プロフィールや自己PRでもクライアントにアピールする
プロフィールや応募する際の自己PRメッセージでは、できるだけ具体的な内容を書いてください。
例えば、単に「釣り好きです」と書くより、「週末はいつも川か海へ釣りにいきます。ガレージは釣り道具であふれています。」と書くほうが、釣り関連の記事案件に応募するときクライアントにアピールできるでしょう。

あるいは「新しい情報は、とことんわかるまでリサーチし続けるのが信条です」などと書いてあると、向上心のあるWebライターと思ってもらえるはずです。

テストライティングの記事だけでなく、このようにほかの部分でもクライアントへのアピールができるよう工夫しましょう。

4.こんなテストライティングは避けよう!Webライティングの落とし穴

テストライティングが求められる案件の中には、時折、あまり契約をおすすめできないものがあります。

避けたほうがよい案件例(クライアント例)をいくつかご紹介します。

  • テストなのに文字数や記事数が異常に多いケース
  • テスト以外の要求をしてくるケース(アカウントフォローやサービス登録など)
  • テストの費用を要求してくるケース
  • テスト後に高額なライティングスクールを紹介されるケース
  • 「テスト」と偽って執筆記事をそのままメディアに掲載するケース

このようなケースが見受けられた場合は、あまり良心的なクライアントでない可能性が高いため、関わらない方が賢明です。

5.未経験者OK!Webライティングの指導を受けるなら「株式会社BRIDGEA」へ!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「Webライティング未経験なのでテストライティングが不安…」
「Webライティングのスキルを学べるところで働きたい」

このようなニーズがあるみなさま。
弊社「株式会社BRIDGEA」でWebライターになりませんか?

弊社は、未経験者を含め在宅Webライターを広く募集しております。
Webライターとして登録された方には、弊社スタッフが丁寧にWebライティングの基礎・応用を指導いたします。
Webライターとしてデビュー後も、都度フィードバックや役立つ情報の共有が行われるため、安心して執筆を続けることが可能です。

テストライティングからWebライターデビューまでの流れは、下記の募集ページで解説しています。
詳細をご覧のうえ、ぜひ積極的にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

Webライティングで実施されるテストライティングは、Webライターの実力試しをはじめ、さまざまな目的で行われます。

多くの案件を獲得できるようになりたい方は、この記事でご紹介した「採用側の評価ポイント」や「10のコツ」を参考に、ぜひ合格率を高める工夫をしてみてください。

関連記事

  1. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  2. Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

    Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

  3. Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

    Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

  4. Webライターに適性はある?向いている人の特徴6つをご紹介!

  5. 副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

    副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

  6. Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説

    Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説