Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説

Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説

「良質な記事を掲載して集客力を上げたいけれど、人材が足りていない…」

このような悩みを持っていませんか?
そのような場合におすすめなのが、「Webライターへの業務委託」です。

優秀なWebライターに記事の作成を委託すると、検索エンジンからの流入アップを期待できます。
さらにアクセス数が増えれば、ブランディングやコンバージョンの向上にもつながります。

この記事では、初めて記事執筆の業務委託をする方を対象に、以下のポイントをまとめました。

  • Webライターに業務委託をするメリットとデメリット
  • 業務委託をする主な方法とそれぞれの特徴
  • 業務委託をする6ステップ

自社メディアに掲載する良質な記事を外注したい方は、ぜひ参考にしてください。

1.Webライターに業務委託するメリット

自社メディアに掲載する記事コンテンツを、自社内ではなく外部のWebライターに業務委託することには、以下のメリットがあります。

  • 優秀なWebライターの記事には集客効果がある
  • すぐに記事作成にとりかかれる
  • コア業務に集中できる

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

1-1.優秀なWebライターの記事には集客効果がある

1-1.優秀なWebライターの記事には集客効果がある
優秀なWebライターに業務委託すると、納品される記事の質がよいため、検索エンジンにおける集客効果を期待できます。

Googleをはじめとする検索エンジンは、各キーワードにおいて有益な情報を持つ記事を上位表示させます。

文章力やリサーチ力が高いのはもちろん、SEO対策の知識もあわせ持つ上級Webライターに依頼すれば、検索結果の1ページ目に記事を表示させることも可能です。
そうすれば、より多くのユーザーからアクセスを得られるでしょう。

さらに集客効果が上がれば、サイトを訪れるユーザーに対して会社のブランディングができるほか、商品やサービスを扱っているサイトであればコンバージョンも期待できます。

優秀なWebライターに依頼すると費用はかかりますが、費用対効果が高ければ投資する価値は十分にあります。

1-2.すぐに記事作成にとりかかれる

別のメリットは、「すぐに記事作成にとりかかれること」です。

クラウドソーシングであれ記事作成代行業者であれ、Webライティングスキルの高いWebライターに業務委託すれば、すぐにでも記事作成を始めてもらえます。
レベルにもよりますが、早ければ2日以内に記事を仕上げてもらえるケースもあります。

いち早く記事を公開したい企業にとっては、非常に便利です。

自社に記事執筆ができる人材がいない場合、記事を公開するのに多くの時間がかかり、作業も複雑化するでしょう。
即戦力となる人材を新たに採用するにしても、契約手続きや社内教育などさまざまな業務が発生するため、やはり手間がかかります。

即効性を求めるなら、業務委託はよい選択肢です。

1-3.コア業務に集中できる

1-3.コア業務に集中できる
コア業務(会社にとって最重要な業務)に集中できることもメリットです。

Webライティングを業務委託すれば、自社社員の手が煩わされることがないため、ほかの重要業務に時間とエネルギーを割けます。
自社社員でないとこなせない業務があることも考えると、外部に任せられるものは任せる方が賢明です。

仮に自社に記事執筆ができる人材がいるとしても、業務委託した方がよい場合があります。
例えば、記事作成を行える人材がその作業に専念できず、ほかの業務との兼業で行う場合がそうです。

Webライティングは片手間でやって成功できるほど、ハードルが低い作業ではありません。
兼業で行うならば、十分なリサーチや企画ができず、記事のクオリティーが下がる可能性があります。
逆に、Webライティングに比重が置かれすぎて、コア業務がおろそかになるかもしれません。

このような点を踏まえると、自社社員が専従してWebライティングに取りかかれないのであれば、業務委託する方が効率的といえます。

2.Webライターに業務委託するデメリット

Webライターへの業務委託には、以下のようなデメリットがあります。

  • Webライターには当たりはずれがある
  • 自社で記事作成するより費用がかかる

それぞれの点を解説します。

2-1.Webライターには当たりはずれがある

2-1.Webライターには当たりはずれがある
Webライターのレベルはピンキリであり、納品される記事のクオリティーがさほど高くない可能性があります。

世の中には大勢の優秀なWebライターがいますが、その一方でスキルがないWebライターや、経験や実績がない初心者Webライターがいるのも事実です。

「はずれ」のWebライターに業務委託しないためには、依頼する相手を慎重に選ぶ必要があります。
また発注金額を低くしすぎると、優秀なWebライターが集まりにくくなるため、単価設定にも気を遣うべきです。

2-2.自社で記事作成するより費用がかかる

業務委託は、自社でWebライティングするよりも費用がかかる可能性があります。

委託先や記事の種類にもよりますが、1記事作るのに数万かかることもあり、ある程度余裕をもって予算を取る必要があるでしょう。

費用相場については、以下の記事をご参照ください。

参照:Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

ただし、必ずしも業務委託の方が高くつくとは限りません。
例えば、新たにWebライターを雇う場合、給料や教育費・採用活動費などが発生しますが、最終的にその人件費の方が多くなるケースもあるでしょう。

3.Webライターに業務委託する主な方法

ここからは、Webライターに業務委託する方法を解説します。

複数の方法があり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。

比較検討して、委託先を選んでください。

3-1.Indeedなどの求人サイトでの募集

3-1.Indeedなどの求人サイトでの募集
業務委託する方法の一つは、「Indeedなどの求人サイトで募集をかけること」です。

求人サイトは多くのユーザーが閲覧するため、Webライターに広く告知する上で役立ちます。

3-1-1.求人サイトで業務委託するメリット・デメリット

求人サイトで業務委託する場合のメリットとデメリットには、それぞれ以下の点が挙げられます。

メリット

  • 無料で求人募集できるサービスがある(Indeedなど)
  • 利用者が多く簡単に求人掲載できる

デメリット

  • 優秀なWebライターが応募するとは限らない
  • 無料枠での募集だと情報が埋もれがちになる

3-1-2.求人サイトでの募集がおすすめの企業

求人サイトでの募集がおすすめの企業は、以下のとおりです。

  • 無料で求人情報を掲載したい企業(Indeedの場合)
  • より多くのWebライターから応募を得たい企業

3-2.クラウドソーシングでの募集

3-2.クラウドソーシングでの募集
業務委託する別の方法は、「クラウドソーシングで募集すること」です。

クラウドソーシングで有名なサイトに「クラウドワークス」や「ランサーズ」がありますが、これらのサイトでも、多くのWebライターを見つけられます。

3-2-1.クラウドソーシングで業務委託するメリット・デメリット

クラウドソーシングで募集をかけるメリットとデメリットには、以下の点が挙げられます。

メリット

  • 複数のWebライターから選べる
  • 実績や評価を参考にできる

デメリット

  • システム手数料や登録料が発生する
  • すぐに応募が来るとは限らない(記事の種類や条件による)

3-2-2.クラウドソーシングでの募集がおすすめの企業

クラウドソーシングでWebライターに業務委託をするのが向いているのは、以下のような企業です。

  • 多くのWebライターに募集広告を見てほしい企業
  • 業務委託するWebライターを慎重に選びたい企業

3-3.記事作成代行業者への依頼

3-3.記事作成代行業者への依頼
Webライターに業務委託する別の方法は、「記事作成代行業者を利用すること」です。

記事作成代行業者とは、クライアントから記事執筆の仕事を請け負い、在籍しているWebライターに仕事をアサイン(割り当て)する業者です。

この方法の場合、クライアントはWebライターと直接契約するのではなく、代行業者と契約することになります。

3-3-1.記事作成代行会社で業務委託するメリット・デメリット

記事作成代行業者に業務委託するメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット

  • 大量の記事作成に対応してもらいやすい
  • SEO対策ができる代行業者の場合、優秀なWebライターを確保しやすい

デメリット

  • フリーランスに直接依頼するより費用がかかる可能性がある
  • 代行業者によっては品質がそれほどよくない記事を納品することもある(低単価で受注する業者など)

3-3-2.記事作成代行会社での募集がおすすめの企業

記事作成代行業者に業務委託するのがおすすめの企業は、以下のとおりです。

  • 質が保証された記事を納品してほしい企業
  • 大量の記事を発注したい企業

4.Webライターに業務委託する手順

4.Webライターに業務委託する手順
ここからは、Webライターに業務委託する手順を、以下の6ステップで見ていきましょう。

ステップ1:予算を決める
ステップ2:必要な記事数やキーワード・作業などを決定する
ステップ3:業務委託先を決める
ステップ4:テストライティングを実施する
ステップ5:Webライターと業務内容や契約についてすり合わせをする
ステップ6:納品記事のチェックとフィードバックをする

各ステップを詳しく見ていきましょう。

4-1.ステップ1:予算を決める

最初のステップは、予算決めです。

記事作成にかけられる予算をおおまかに算出しましょう。
費用は、記事数や文字数・記事の種類・委託する相手などによって変わります。

※費用決定に役立つ情報は、以下の記事で解説しています。

参照:Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

実際にかかる費用は、契約内容や予定執筆記事の増減など、後々さまざまな要素で変動する可能性があります。
ある程度柔軟に変更できるよう、予算は少し余裕をもった金額にするようおすすめします。

4-2.ステップ2:必要な記事数やキーワード・作業などを決定する

続くステップは、必要な記事数やキーワード・作業などの決定です。

契約内容を詳細なものにするため、作成したい記事の内容を具体的に決めましょう。

まず、検索結果で上位表示させたいキーワード(自社の商品やサービス・業種などに関連する語句)を洗い出します。
転職関連のメディアであれば、「転職 2回目」「転職 失敗する原因」「転職 メリット デメリット」などです。

各記事をどれくらいの文字数で書いてもらうかも考えます。
予算や各キーワードについて、上位サイトの平均文字数などを考慮して決めてもよいでしょう。

また、記事を通して訴求したい点も明確にします。
自社商品やサービスを積極的にPRするのか、特に前面に出さずに控えめにPRするのかなど、方向性を打ち出しましょう。

別の点として、Webライターに依頼したい作業内容も決めます。
キーワード選定や記事構成案の作成を任せるのか、本文執筆だけにするのか、納品方式はWordPressへの直打ちにするかWordにするかなど、詳細を決めましょう。

ほかには、文章のトンマナ(トーン&マナー) や注意事項・NG行為など、Webライターに伝えたい点をレギュレーションにまとめます。

4-3.ステップ3:業務委託先を決める

予算や依頼内容が決まったら、業務委託先の選択です。

先ほどご紹介したプラットフォーム(求人サイト・クラウドソーシング・記事作成代行業者など)から、Webライターを募集する場所を選びます。

「記事数が多ければ記事作成代行会社」「不特定多数のWebライターから選びたいなら求人サイトやクラウドソーシング」など、ニーズにあわせて判断してください。

4-4.ステップ4:テストライティングを実施する

業務委託先が決定し、依頼したいWebライターが見つかったならば、テストライティングを実施します。

テストライティングにより、該当するWebライターが自社のレギュレーションや訴求したいポイントを理解しているか、読み応えのある文章を書けそうか、把握できます。

もし、期待する質の文章を書けないことがわかった場合は、別の候補を探しましょう。

4-5.ステップ5:Webライターと業務内容や契約についてすり合わせをする

テストライティングの結果、適任のWebライターが決まった後は、業務内容や契約について話し合います。

具体的には、以下のような点を決定してください。

  • 契約期間
  • 報酬
  • 納期
  • 記事で意識すべき点(訴求ポイントや自社商材の特徴など)
  • レギュレーション

記事に含めてほしい点、含めないでほしい点などは明確にしておきましょう。
最初の打ち合わせで詳細な点を詰めておくことで、Webライターはよりクライアントの意向を汲んだ記事を書きやすくなります。

4-6.ステップ6:納品記事のチェックとフィードバックをする

記事を納品されてからは、記事のチェックとフィードバックの送信を行います。

納品された記事を見て、必要な修正や改善点などがないか分析しましょう。

気になる点をその都度Webライターに伝えることで、記事の精度が上がります。

5.コスパ重視でWebライターに業務委託するなら「株式会社BRIDGEA」

記事作成代行ProのTOP画像
自社メディア用の記事を高コスパで依頼したい担当者のみなさま。
ぜひ一度、弊社の記事執筆サービス「記事作成代行Pro」をご検討ください。

弊社は記事作成代行業者として、SEO特化型の記事を納品いたします。
これまで数々の企業様の記事を執筆してきて、さまざまなキーワードで上位表示を達成し、集客効果を上げてきました。

弊社には、以下の強みがございます。

  • 専属Webライターによる統一感のある文章
  • 心理学を応用した「ユーザーの心に響く」記事
  • 選べる5つのプランと5つのオプション
  • チーム作業による正確で精錬された記事を作成
  • 文字単価3.5~7.5円のリーズナブルな料金

SEO特化型記事の場合、費用相場はおおむね7~10円ですが、「記事作成代行Pro」では3.5~7.5円と相場よりリーズナブルです。

「費用は抑えたいけれど、質は落としたくない」

そのようなニーズにしっかりお応えします。

下記の公式サイトより詳細をご確認の上、ぜひ一度ご相談ください。

参照:「記事作成代行Pro」公式サイト

6.まとめ

自社メディアなどのサイトに公開する記事は、Webライターに業務委託して作成するとスムーズです。

自社で作成するよりも費用がかかる可能性はありますが、適任のWebライターに委託すれば、集客効果がある記事をスピーディーに書いてもらえます。
また業務委託により、自社社員がコア業務に集中できるため、仕事の能率も落とさずにすむでしょう。

どのプラットフォームでWebライターを募集するにしても、この記事でご紹介した手順を参考にできます。

質と費用のバランスを重視したい方は、ぜひ「株式会社BRIDGEA」もご検討ください。

関連記事

  1. Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

    Webライティングの執筆業務を “委託” する…

  2. 【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコツ

    【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコ…

  3. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方

  4. Webライター初心者の収入はいくら!効率的に稼ぐ13の方法

    Webライター初心者の収入はいくら!?効率的に稼ぐ13の方法

  5. Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

    Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

  6. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント