記事作成代行・Webライティング代行の費用相場チェック!

ライティング代行費用相場はいくらぐらい?

ビジネスシーンはWebマーケティングが主流になり、各企業・メーカーではWebサイト内にあるコンテンツの充実を図っています。しかし、その記事(コンテンツ)を作る人材の確保ができないし、新たに人を雇うのも難しい・・・

そこで今注目されているのが、記事作成代行(Webライティング代行)のサービス

ただし、記事作成代行(Webライティング代行)を依頼するにも、実際どれくらいの費用が必要になるのか?また、どこに依頼して、どんな料金形態になっているのか不透明な部分が多いですよね。そこで今回は、記事作成(Webライティング)の依頼先や、料金形態および費用相場についてご説明いたします。

▶︎目次

1、記事作成代行(Webライティング代行)の依頼の選択肢は2つ

ある企業が記事作成代行(Webライティング代行)を依頼しようとしたとき、

  • クラウドソーシング
  • 記事作成代行(Webライティング代行)専門の会社

という、2つの選択肢があります。それぞれ簡単に特徴を見ていきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、仕事の仲介をするサイト。企業などがクラウドソーシングに記事作成代行(Webライティング代行)を依頼したとき、Web上で特定の人物ではない不特定多数の誰かに仕事を発注する形態になります。

登録者が多いサイトとして、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

といったサイトには、数多くの企業や会社が仕事を発注しています。

記事作成代行(Webライティング代行)専門の会社

そのままのイメージで、記事作成(Webライティング)を専門に依頼を受けている会社。仕事の発注も細かく設定でき、その依頼内容によって「SEO」に特化したコンテンツを作成してくれます。クラウドソーシングは、何万人もの登録者に仕事を発注していますが、大半の記事作成代行会社は契約ライターが1人で担当しています。

サービスを提供している会社は多く、

といったサイトは広く知られています。以上のように、記事作成(Webライティング)を依頼しようとしたとき、どちらを選ぶのかは自由です。では、どのような料金形態になっているのか?次の項で詳しく。

2、記事作成(Webライティング)の料金形態と費用相場

実際に代行依頼したとき、どのような料金形態でどれくらいの費用がかかるのか?そこで、クラウドソーシング、記事作成(Webライティング)専門代行会社、それぞれの料金形態や代行費用をご紹介いたします。

クラウドソーシング

まず、クラウドソーシングに仕事を発注する場合、

コンペ形式:依頼に対して直接仕事を募集する形式
タスク形式:簡単な作業(タスク)を一括して依頼できる形式
プロジェクト形式:担当するライターと打合せを行いながら進める形式

と、主に3種類の形式が取られています。記事作成代行を依頼する費用に関しては、実際に仕事をする方に支払う契約金額のみが発生する仕組みになっています。基本的な仕組みとして、システム利用料は仕事をしたい人(登録者)が支払う形式になっています。

そのため、特定の相場はありません。ただし、一概には言えないものの、ライティング案件の発注した場合、文字単価0.1円~2.0円が相場です。

記事作成代行(Webライティング代行)専門の会社

代行会社に関しては、各社で料金プランなどが設定してあるので、前項でご紹介した3社のものをご紹介いたします。

◆日本Webライティング協会
検定試験を行っている「一般社団法人 日本Webライティング協会」。主に、Webサイトの内容の充実と質の向上に寄与することを目的とした事業を行っています。

記事作成代行もサービスとして実施しており、料金設定の以下のようになっています。
なお、一度の依頼が50記事以上の場合は10%割引のサービスも実施中。

  • 1,000~1,200文字:1記事あたり2,000円(50記事以上なら2,000円→1,800円)
  • 1,500~1,700文字:1記事あたり3,000円(50記事以上なら3,000円→2,700円)
  • 2,000~2,300文字:1記事あたり4,000円(50記事以上なら4,000円→3,600円)

◆K’z office
東京都豊島区に本社がある「K’z office」は、記事作成の外注に特化した会社です。
料金形態は、文字単価で設定してあり以下の通りになります。

  • キーワード記事:0.8円~(100~1,500文字が目安)
  • コンテンツ記事:1.2円~(300~4,000文字が目安)
  • メインサイト記事:1.8円~(800文字~)
  • 専門ジャンル記事:2.5円~(300文字~)

◆記事作成代行ドットコム
記事作成代行ドットコムのサービス形態は、契約ライターによる記事作成サービスが主流で、女性ライターが多い特徴があります。

記事作成の料金は2種類のみ。

  • おまかせコース:1文字1円(文字数、キーワード、禁止文字、文末表現が設定できます。)
  • こだわりコース:用途に応じて文章を執筆するため、記事内容や書き方などの細かな指定が可能。

SEO対策用のコラム全般:1文字2円~3円
専門性のある分野:1文字5円~8円
成人向けコンテンツ全般:1文字5円~
個人のブログ代筆:1文字10円~

以上3社ご紹介しましたが、料金形態もバラバラです。
単純に見れば、1文字2.0円~5.0円が相場ではないでしょうか。

「BRIDGEA(ブリジア)」は結果重視!

弊社ブリジアにおいても、記事作成(Webライティング)代行サービスを提供しています。
あくまで、検索上位表示を目標とした結果重視。

上位表示されるのに必要不可欠な5つの要素を取り入れた記事作成代行(Webライティング代行)に取り組んでいます。

  • ユーザビリティに配慮した作りとなっているか
  • ページ滞在時間が長いか
  • キーワードに関連する情報が集まっているサイトになっているか
  • 内部SEO対策がしっかり施されているか
  • タイトル、meta、discriptionの対策は施されているか

平均滞在時間をなるべく長く滞在してもらえるように最低平均3,000文字/1記事ぐらいを目安に制作いたします。

その他にも、SEO対策に特化したWEB制作を請け負っています。「サイトからの集客が少ない」「SEO対策を強化したい」などお困りの方は、「記事作成代行プロ」で内容をご確認のうえ、お気軽にお問い合わせください。
⇓⇓⇓
SEOに特化した記事なら記事作成代行プロにお任せ

3、まとめ

企業や会社にとっては新たに人材を雇用するよりも、低価格で依頼ができる記事作成(Webライティング)代行サービスはメリットが大きいはずです。

今回は、クラウドソーシング、専門の記事作成代行会社の2種類のサービス形態の相場などご紹介しました。
サイトや会社によって、料金設定が異なるのでハッキリした料金相場の算出は難しいものがあります。

でも、ある程度の金額を上げれば、ご紹介した通り以下のようにまとまります。

  • クラウドソーシング:0.1円~2.0円/文字
  • 専門の記事作成代行会社:0.8円~10円/文字

それぞれ、行っているサービスの特徴が異なるので、御社に合ったものを選ぶのが大切ですね。

関連記事

  1. Webライティングの執筆スピードを上げるには?

    Webライティングの執筆スピードを上げるには?タイピングスピードは不要…

  2. Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

    Webライティングの執筆業務を “委託” する…

  3. Webライティングは副業におすすめ!

    Webライティングは副業におすすめ!文章を書くのが好きなら未経験OK

  4. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方

  5. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント

  6. Webライティングの外注業者比較!外注する3つのメリットとは?

    記事作成を外注する3つのメリットとは?