Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

Webライティングを外注する場合に、最も気になる点の一つが費用に関することです。
記事の質・量・納期・予算などのあらゆる面で満足を得るには、適切な料金を知ることが重要になります。

この記事では、Webライティングの外注を考えている担当者の方を対象に以下の情報を掲載しています。

  • Webライティングの外注費用に関する基本情報
  • 費用の相場
  • Webライティングの費用を左右する要素
  • 適切な費用で発注するためのステップ

コストパフォーマンスのよい記事の外注方法を探している方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.Webライティングの外注費用に関する基本

Webライティングの仕事を発注する際にかかる費用ですが、相場は一概にはいえません。

かけられる予算や依頼するWebライターなど、さまざまな要素によって費用は変動するからです。

まずは、費用に関係するいくつかの基本情報を見ていきましょう。

1-1.報酬体系

外注の場合、Webライターには以下の方法で支払われるのが一般的です。

・文字単価:1文字ごとに報酬が発生するタイプ
執筆した文字をカウントして厳密に支払う場合もあれば、想定文字数で支払う場合もあります。
クライアントとWebライター双方が同意していれば、カウント方法は自由に設定可能です。

・記事単価:1記事ごとに報酬を支払うタイプ
何文字書くとしても、あくまで記事数が基準になります。

1-2.費用の決定方法

1-2.費用の決定方法
費用の決定方法は、発注者側と受注者側が自由に設定できます。

したがって、同じテーマの同じ文字数であっても、契約内容によって費用が大きく変動します。

1-3.外注先

記事執筆の外注先には、主に以下の2種類があります。

  • フリーランス
  • 記事制作代行業者

それぞれの特徴を簡単に説明しましょう。

1-3-1.フリーランス

これは、個人で活動しているフリーランスWebライターに依頼する方法です。

具体的には、クラウドソーシングサイトやSNSなどに「Webライター募集」の告知を出して募集します。
※代表的なクラウドソーシングサイトに「クラウドワークス」や「ランサーズ」があります。
※SNSは、「Wantedly」などのビジネスSNSや「Twitter」などが有名です。

応募してきたWebライターと連絡を取り、契約内容について話して合意に至ったら発注します。

クラウドソーシングサイトの場合、クライアントから特定のWebライターに仕事の依頼をするのも一般的です。

1-3-2.記事制作代行業者

記事制作代行業者とは、記事制作を専門的に行う業者で、クライアントに代わって執筆を代行します。

クライアントは記事制作代行業者の公式サイトなどから記事を発注し、代行業者は自社のWebライターに仕事をアサイン(割り当て)します。

2.Webライティングの外注費用相場(文字単価の目安)

ここからは、Webライティングの外注費用相場を見ていきましょう。
先述のように、状況によって費用は変動するため、費用相場を断定することはできません。

しかしイメージが鮮明になるよう、「大体これくらいの費用を想定するとよい」というおおまかな相場をご紹介します。

なお、この記事では文字単価を例にします。

2-1.フリーランスのWebライターに依頼する場合

2-1.フリーランスのWebライターに依頼する場合

まずは、フリーランスのWebライターに依頼する場合です。

4つの文字単価相場に分けて解説します。

文字単価の場合、費用は1文字0.1円で依頼するクライアントもいれば、10円以上を支払うクライアントもいます。
どのようなイメージで費用を設定できるか、記事のタイプを参考に見てみましょう。

2-1-1.モニター記事や体験談など誰でも書ける記事:1文字0.5円前後

モニター記事(何かの商品を利用した感想を書く記事)や、体験談を書く記事(何かの活動に参加した経験について書く記事)など、誰でも簡単に内容を書ける記事は、1文字0.5円前後で発注できます。

1文字0.5円前後は文字単価としては安い方ですが、記事を書く難易度が低いため妥当な金額です。

ベテランライターに依頼するには低すぎる単価ですが、スキルや経験値が低い初心者Webライターであれば応募が集まる可能性は大です。

2-1-2.一般的なテーマに沿って書く記事:1文字0.5~3円程度

決められたキーワードをもとに、一般的なテーマを書く記事の場合、0.5~3円程度で発注できます。

ここでいう一般的なテーマとは、趣味やスポーツ・ゲーム・転職・旅行・家電製品・ペット・恋愛・エンターテインメントなど、日常生活のさまざまなテーマを指します。

主にインターネットの情報をリサーチして執筆できる記事であれば、このあたりの相場で発注可能です。

簡単なテーマは文字単価1円未満で依頼することもできますが、リサーチ内容が多かったり、一般的ながらも少し複雑な説明が必要だったりすれば、2~3円ほどを見ておくとよいでしょう。

この費用相場の仕事を探しているのは、主に中級者以上のWebライターです。

2-1-3.専門性が高い記事やSEO記事:1文字3円以上

専門的な知識を持つWebライターでないと執筆が難しい内容の記事は、1文字3円以上は見ておくべきでしょう。

例えば、医療や健康に関するテーマ、法律的解釈に関するテーマ、経営や金融についての深いテーマなど、有資格者や免許を持っているWebライターのみ対応できる記事などです。

対応できるWebライターが多くない分、費用は高くつきます。

ただし専門的で権威性のある記事を書いてもらえるため、費用対効果も高いといえます。

2-1-4.取材・インタビュー記事:1文字5円以上

2-1-4.取材・インタビュー記事:1文字5円以上

取材やインタビューが必要な記事は、文字単価5円以上はかかるでしょう。

この種の記事の場合、Webライターは指定された相手とコンタクトを取ったり、特定の場所に出張したりする必要があります。

より多くの手間が取られるほか、ビジネスマナーやコミュニケーション能力の高さも求められる分、報酬も高めに設定しなければなりません。

2-2.記事制作代行業者に依頼する場合

続いて、記事制作代行業者に依頼する場合の費用相場を見ていきましょう。

業者によりサービス内容にかなりばらつきがありますが、品質重視の業者にフォーカスしてご紹介します。

2-2-1.一般的なWebライティングの記事:1文字7円~

記事制作代行業者の場合、1文字7円ほどが費用相場です。

会社に依頼する分、やはりフリーランスに依頼するよりも文字単価は高くなります。

ただしこの費用相場で依頼する場合、SEO対策を重視した良質な記事を書いてもらえる可能性が高く、上位表示やアクセス数で高い成果を期待できます。

実は業者によっては1文字1円を切る格安プランを提供するところもありますが、正直高い品質の記事は期待できません。

2-2-2.オプションによる追加もあり

記事制作代行業者に依頼する場合、オプションを追加できるのが一般的です。

キーワード選定やLP作成・アイキャッチの作成など、プロの業者は対応できることが多く、作業を丸投げしたいクライアントにも便利です。

ただし、依頼する項目が増えると費用も高くつきます。

3.外注先の違いによる費用面や品質面の違い

3.外注先の違いによる費用面や品質面の違い
ここまで見てきたように、Webライティングの外注先には、フリーランスと記事制作代行業者との2パターンがあります。

自社にとってどちらに依頼するのがベターか判断するには、費用や品質における両者の違いを把握しておくのが賢明です。

フリーランスと記事制作代行業者それぞれの特徴(メリット・デメリット)を比べてみましょう。

3-1.フリーランス

フリーランスに外注する場合の、費用と品質面を踏まえたメリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】

  • 記事制作代行業者よりも安く依頼できる
  • 記事を書く本人と直接やり取りができる
  • 数多くのライターの中から適切なライターを選べる

【デメリット】

  • Webライターのスキルを慎重に見極める必要がある(採用の手間がかかる)
  • システム手数料などの計算をする必要がある
  • 契約トラブルが生じやすい(記事の納品前にライターと連絡がつかなくなる、など)
  • 打ち合わせ・ミーティングなどを実施しづらい場合がある

※デメリットではありませんが、企業が個人に記事執筆を依頼する際には源泉徴収が発生します。

以上の点を踏まえると、フリーランスへの外注がおすすめなのは以下のようなケースです。

  • 予算に余裕がない場合
  • 直接ライターとやり取りしたい場合
  • 入稿や校閲、校正など作業を自社でできる場合

3-2.記事制作代行業者

記事制作代行業者への外注には、以下のような特徴があります。

【メリット】

  • 多くの記事を発注しやすい
  • ディレクターや校正者が記事をチェックするため、記事の質がある程度保証される
  • 記事制作だけでなくキーワードの選定など幅広い業務に対応できる業者が多い
  • 企業間取引ができるため、安心して依頼できる

【デメリット】
・クラウドソーシングよりも少し割高になる傾向がある
・Webライター本人とのやり取りができない場合がある

以上の点を踏まえると、記事制作代行業者への外注がすすめられるのは、以下のような場合です。

  • 質も量も重視した記事がほしい場合
  • 構成案作成や校閲・校正なども丸投げしたい場合

4.Webライティングの費用を左右する要素

ここからは、Webライティングの外注費用に関係する要素を6つご紹介します。

依頼したい内容をイメージしつつ、費用設定をする際の参考にしてください。

4-1.記事の難易度

4-1.記事の難易度
記事の難易度が上がるほど費用は高くつきます。

先述のとおり、誰にでも簡単に書ける内容なら安くなり、専門性が高く対応できるWebライターが限られる記事は高めになります。

4-2.記事数・文字数

文字単価の場合は文字数が多いほど、記事単価の場合は記事数が多いほど、支払う費用が多くなります。

「記事数は最低○記事以上、文字数は最低○文字以上」などの決まりはありません。
自社にとって必要と思われる記事数や文字数を考え、外注しましょう。

この点でアドバイスが必要な場合は、コンサルティングに対応した記事制作代行業者に相談するのも手です。

4-3.記事のジャンル

4-3.記事のジャンル
記事のジャンルによっては、ほかのジャンルよりも高い予算をかける必要があるでしょう。

例えば「YMYL(Your Money or Your Life)」と呼ばれるジャンルがそうです。
※YMYLとは、医療やお金・法律など、人生に大きな影響を与えるジャンルのこと。

検索エンジンはこのようなジャンルにおいて特に、記事の信頼性や権威性・専門性などを重視します。

文章スキルにおいても知識においても高いレベルが求められるため、対応できるWebライターが限られ、その分報酬を高く設定しなければなりません。

4-4.依頼する作業の多さ

Webライターに依頼する作業の多さも費用に関係します。

記事の構成作成と本文執筆だけなのか、それともキーワード選定や画像挿入も頼むのかなど、Webライターの負担により費用は変わります。

4-5.Webライターや記事制作代行業者の価格設定

4-5.Webライターや記事制作代行業者の価格設定
外注先が設定する作業価格も、費用に影響します。

クラウドソーシングなどでは、Webライター自身が受注する報酬単価を設定できます。
高いスキルと多くの実績をもつWebライターは、自身のブランディングができているため、安い単価では受けてくれない可能性が高いです。

また記事制作代行業者も、あらかじめ料金表を用意しており、それを基準に仕事を受け付けます。
業者により、費用設定は大きく異なります。

4-6.取材やインタビューの有無

繰り返しになりますが、取材やインタビューがあると費用がよりかかります。

通常の記事執筆であれば、Webライターは作業を1人で、かつ在宅で完結できます。
しかし取材やインタビューを交えるとなると、出張やインタビュー対象とのやり取りなど負担が増えるため、高単価の報酬を提示する必要があるでしょう。

また、出張に伴い交通費が発生する可能性もあります。

5.費用の面で納得できるWebライティング外注の手順

5.費用の面で納得できるWebライティング外注の手順
Webライティングの仕事を外注する際は、以下の手順を意識して外注先を選んでください。

各ステップを踏むことで、費用対効果の高い外注ができます。

5-1.Webライティングの予算を決定する

まずは、Webライティングの予算を決定します。

記事コンテンツの量を重視するか、質を重視して少数の記事を書いてもらうか、コンセプトを打ち出して決定してください。

量重視の場合は、文字単価1円未満でも受注者を見つけられます。
質重視(上位表示の達成希望)の場合は、5~10円は見ておくとよいでしょう。

5-2.必要な記事数の確認やキーワードの洗い出しをする

次に、自社の商品やサービス・業種などを考え、どのようなキーワードでユーザーからアクセスをもらいたいか、リストアップします。

キーワードを一通りリストアップしたら、似たようなキーワードをグループごとにまとめ、最終的に何記事ほど必要か考えます。

なおキーワード選定も外注したい場合は、対応可能なフリーランスや記事制作代行業者を見つけましょう。

5-3.費用相場を踏まえて業者やライターの目星をつける

続いて、予算や先ほどご紹介した費用相場を踏まえて、フリーランスのWebライターや記事制作代行業者を探します。

クラウドソーシングの場合、希望する費用を明確にして募集広告を出し、募集要項に依頼したい内容を記載します。
あるいはWebライター一覧から、予定している費用や作業内容にマッチするフリーランスを探して、直接依頼することも可能です。

記事制作代行業者に依頼する場合も、対応可能な作業と料金プランを見比べた上で、依頼先を決定します。

なお、業者によっては割引サービスを提供しているところもあります。

5-4.見積もり依頼をする

外注先候補が見つかったら、見積もり依頼をします。

見積もりを確認してから発注することで、あらかじめ費用が決まった状態で依頼でき安心です。

記事数や契約期間などを踏まえ、費用面の交渉もしましょう。

なお記事の質を確かめるために、テストライティングを依頼するようおすすめします。

5-5.発注する

外注先と契約内容の合意に至ったら、記事の内容や納期などを取り決めて発注をかけます。

費用は、基本的には後払いです。
※クラウドソーシングなどのプラットフォームを使用して発注をする場合には、先に仮払いをしなくてはなりません。

6.費用と質のバランス重視で外注するなら「株式会社BRIDGEA」へ!

記事作成代行ProのTOP画像

費用と質のバランス重視で外注先を探しているなら、弊社の記事執筆サービス「記事作成代行Pro」にご相談ください!

弊社は、徹底的なリサーチとWebライタースキル・SEO解析をかけ合わせた記事制作に強みがあります。
以下は、弊社のストロングポイントです。

  • SEO特化型記事で集客効果を向上
  • 専属Webライターによる統一感のある文章
  • 心理学を応用した「ユーザーの心に響く」文体
  • 選べる5つのプランと5つのオプション
  • チーム作業による正確で精錬された記事を作成

SEO特化型記事の場合、費用相場はおおむね7~10円ですが、「記事作成代行Pro」では3.5~7.5円と相場よりリーズナブルです。
安くても質は保証されており、これまでに多数の上位表示を達成しております。

以下は、弊社の料金プランです。

ブリジアの料金プラン表
ニーズに合わせて作業内容を選べるため、柔軟にご依頼いただけます。

予算にマッチする良質な記事を外注したい方は、ぜひ以下の公式サイトより詳細をご覧の上、お気軽にご相談ください。

参照:「記事作成代行Pro」公式サイト

7.まとめ

Webライティングの費用相場は一概にはいえませんが、おおむね以下のイメージをもっておけば大丈夫です。

フリーランス
モニター記事や体験談など誰でも書ける記事:1文字0.5円前後
一般的なテーマに沿って書く記事:1文字0.5~3円程度
専門性が高い記事やSEO記事:1文字3円以上
取材・インタビュー記事:1文字5円以上

記事作成代行業者
一般的なWebライティングの記事:1文字7円~

費用は、記事の難易度や記事数(文字数)・依頼内容などによって変動します。

ご紹介した手順を参考に、費用対効果が高い外注先を見つけてみてください。

関連記事

  1. 【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコツ

    【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコ…

  2. 副業Webライターの始め方を解説!収入増のコツと注意点もご紹介

    副業Webライターの始め方を解説!収入増のコツと注意点もご紹介

  3. Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

    Webライティングの執筆業務を “委託” する…

  4. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方

  5. 未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

    未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

  6. Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説

    Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説