稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは

稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは

「Webライティングは稼げない」といわれることがありますが、本当でしょうか?

答えは、「YES」でもあり「NO」でもあります。
稼げるかどうかは、働き方や下準備によって変わるため、稼ぎ方を知ることが重要です。

順調に稼げるWebライターは、きちんとコツをつかんで働いています。

この記事では、Webライティングでの稼ぎ方について、以下の点を解説します。

  • Webライターの年収相場
  • Webライティングで稼げない理由
  • Webライティングでの効果的な稼ぎ方のコツ8選

これからWebライティングを始める方や、今なかなか稼げなくて困っている方は、この記事から巻き返しのヒントを得てください。

1. 「Webライティングは稼げない」は本当か?

Webライティングの仕事をするには、フリーランスとして働く方法と特定の企業に就職する方法があります。

就職する場合は給料制になり、基本的な収入額は変わりません。

そのためこの記事では、フリーランスWebライターの稼ぎ方にフォーカスして解説します。

1-1.Webライターの収入は幅が大きい

Webライターは、収入差が大きい職種です。

参考までに、「フリーランス協会」が発行した「フリーランス白書2019」を見ると、Webライターを含む文筆系の仕事の年収状況は以下のとおりでした。

フリーランスの収入表
出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書 2019」

200万未満 32.0%
200~400万未満 26.9%
400~600万未満 21.5%
600~800万未満 8.2%
800~1,000万未満 5.5%
1,000万以上    3.7%

200万円未満の稼ぎの方が最も多く、続いて200~400万未満、400~600万未満でした。
また少数ながら、1,000万円を超えて稼いでいる人もいます。

Webライターだけに絞ったデータではないため断定はできませんが、収入はWebライターによって大きく異なることがうかがえます。

1-2.稼げる人と稼げない人がいる

Webライターの収入は、働き方やスキルなど個人の状況により大きな差があります。

1,000万円以上の年収を稼いでいる人もいれば、頑張っても100万円しか稼げない人もいます。
中には、年収50万円に満たない人もいるでしょう。

Webライターの収入差を生み出す理由は、いろいろとあります。

例えば、作業時間がそうです。
本業でやっている人と副業でやっている人とでは、作業可能な時間が大きく異なる分、収入にもそれが反映されるでしょう。

あるいは単純に、「月に2~3万円稼げれば十分」と考え、それほど記事数を書かない人もいます。

しかし「いっぱい稼ぎたい」と思っているのに、思うような収入が得られない人がいるのも事実です。

同じような時間働いていても、稼げる人と稼げない人が分かれるのです。

2.Webライティングで稼げない理由

たくさん稼ぎたくても稼げない人がいるのはなぜでしょうか?
少なくとも、以下の5つの理由が挙げられます。

  • Webライティングのスキルが低い
  • 作業時間が短い
  • 作業の効率が悪い
  • 受注している案件の単価が低い
  • 案件獲得に時間がかかっている

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

2-1.Webライティングのスキルが低い

2-1.Webライティングのスキルが低い
Webライティングのスキルは、稼ぎに直結します。

文章のイロハやSEO対策の知識がなければ、まったく稼げません。
※SEO対策とは、検索エンジン(Googleなど)で記事を上位表示させる施策全般を指します。

これは、いたって当たり前の話です。

文章の書き方がわからなければ、何をどう書いたらよいかわからず、数百文字書くのにも時間がかかるでしょう。
またSEO対策の知識がゼロだと、キーワードや検索意図などの重要性がわからず、記事の構成案を提出してもクライアントからダメ出しばかり受けてしまうでしょう。

そのような状態では、そもそも仕事に応募するモチベーションが上がりませんし、仮に応募してもテストライティングで不合格になる恐れがあります。

案件を受注できないか、できても低単価の仕事ばかりで、とても稼げるようにはなりません。

2-2.作業時間が短い

作業時間が短いと、やはり稼げません。

副業としてお小遣いを稼ぐ程度で考えている場合は別として、本業でWebライティングをしようと思っているのなら、まとまった時間を確保しなければなりません。

稼げない人の中には、時間管理がうまくできておらず、作業時間が短いゆえに目標額に到達できない人がいるでしょう。

最初は、1記事書くのにもかなり時間がかかるものです。
「毎日5時間くらい働けば楽に収入を得られる」などと考えていては、収入は増えません。

2-3.作業の効率が悪い

2-3.作業の効率が悪い
作業効率が悪いことも、稼げない理由になります。

作業時間を十分確保していても、集中してスムーズに記事を仕上げられないため、結果的に稼げないのです。
作業効率が悪くなる要因には、以下のものが挙げられます。

  • ツールを使わずリサーチに時間がかかる
  • 上位記事を参考にせず、書くべき内容がイメージできない
  • 文章の型(フレームワーク)を知らず、少しずつしか書けない
  • 集中できる作業環境がない

稼げる人は、作業効率を上げることによって、限られた時間でも収入を伸ばせます。

2-4.受注している案件の単価が低い

Webライティングの報酬は、記事単価や文字単価で計算されることが多いですが、その単価が低すぎると稼げません。
※記事単価は、1記事書くごとに発生する報酬。
※文字単価は、1文字あたりに発生する報酬。

Webライティングの報酬は、文字単価でいうと、1文字0.1 円など極端に単価が低いものから、1文字10円を超えるものまでさまざまです。

単価が低いものほど仕事を獲得しやすいのは事実ですが、いつまでも低単価の仕事を続けていては稼げません。

2-5.案件獲得に時間がかかっている

2-5.案件獲得に時間がかかっている
なかなか案件を獲得できないために、多くの仕事ができず収入が伸びないこともあります。

世の中に、Webライターと呼ばれる人はたくさん存在します。
案件がWebライターの数と比べて少なければ、仕事に困ることはないかもしれません。

しかし実際には、ライバルWebライターとの競争に勝てず、案件獲得に至らないケースが少なくありません。

営業力がない人や実績がない人は、そもそも仕事自体思うようにできず稼げない場合があるでしょう。

3.Webライティングでの稼ぎ方のコツ8選

Webライティングで稼ぐには、これからご紹介する8つの稼ぎ方のコツを当てはめることが大切です。

慣れるまでに少々時間がかかるとしても、これらのコツを少しずつ当てはめれば、Webライターとして確実に成長できます。

3-1.Webライティングの学習を徹底的に行う

3-1.Webライティングの学習を徹底的に行う
最初のコツは、Webライティングの学習を徹底的に行うことです。

何であれ新しいことを始めるには、知識が必要です。
「何を準備すべきか」「どんなツールが必要か」「どんな用語を知っておくべきか」など、基本のノウハウが欠かせません。

Webライティングの仕事で成功するのにも同じことがいえます。
仕事に応募する前に、まずはWebライティングの知識を蓄えましょう。

「Webライティング テクニック」「Webライティング 知識」などと検索すれば、いくらでも情報が出てきます。
有名ブロガーのサイトやコンテンツ制作会社のサイトなど、信頼できるサイトから文章力やSEO対策について学んでください。

Webライティングの知識が増えれば、単に文章のイロハがわかるだけでなく、自信がつきモチベーションが上がります。

3-2.作業時間をしっかり取り分ける

作業時間をしっかり取り分けるのも大事なコツです。

1日・1週間・1ヵ月のスケジュールを決めて、Webライティングの仕事に割り当てる時間をしっかり確保しましょう。

フリーランスのWebライターは在宅ワークが可能なため、通勤時間がない分、時間は取りやすいはずです。
カレンダーやスケジュール帳などにTo Doリストを書き出して、目標記事数を書いてみましょう。

スキマ時間もカウントできます。
ほかの用事をしているときに、記事のテーマに関する動画を流したり、外出先の空き時間にスマホでテーマについて軽く調べてみたりするなど、工夫できます。

ワンポイントとして、休憩の時間もスケジュールに入れてください。

ずっとPCに向かって座り作業をしていると、目や肩・首・腰が疲れてきます。
適度な休憩を入れると、メリハリがついて長い時間集中して働きやすいです。

3-3.作業効率化の工夫をする

3-3.作業効率化の工夫をする
・作業を少しでも効率化できるよう工夫しましょう。
例えば、以下の工夫ができます。

・ツールを使う
手際よく情報をリサーチするツールや翻訳ツールなどを使うと、スピーディーに情報を集められます。

・ポモドーロテクニックで集中して作業する
※25分の作業時間と5分の休憩を交互に行いながら高い集中力で作業するテクニック。

・セカンドモニターを使う
片方のモニターでリサーチした情報を見て、片方で執筆すると作業が非常に楽です。

・ショートカットを駆使して動きを最小化する
最小限の動きでPCの操作ができると、疲れにくく作業が速くなります。

3-4.専門分野を開拓する

専門分野を開拓したり、活かしたりするのもコツです。

もし何かしらすでに詳しいジャンルがある場合は、そのテーマの記事を書ける案件を探してみましょう。

「ゲームについて詳しい」「転職経験があって詳しい」「教育業界にいたのでその分野には強い」など、得意分野がある場合は、そこから始めると早く仕事に慣れやすいでしょう。

特に専門知識がある分野がないなら、興味がある分野に力を入れることもできます。
「この分野について調べようと思っていた」「前からこの分野に詳しくなりたかった」などの分野を攻めれば、仕事とプライベート両方の役に立ちます。

ただし、医療や法律・金融など専門性が高い分野を一から学ぶのは難しいかもしれません。
そのような重要性の高いジャンルでは、相当な知識や権威性がないと上位表示できないため、もう少し専門性の低いジャンルを狙うようおすすめします。

3-5.良質なポートフォリオやPR文でプロフィールを充実させる

3-5.良質なポートフォリオやPR文でプロフィールを充実させる
良質なポートフォリオやPR文でプロフィールを充実させることも、案件獲得で重要なポイントです。
※ポートフォリオとは「作品集」のことで、これまでに書いた記事やその他Webライターに関する情報などを含みます。

応募する際に、クライアントはWebライターのプロフィールを見る可能性が高いです。

そこでプロフィール欄に、自分が書いた記事へのリンクを張ると効果的です。
記事が良質であれば、クライアントは信頼して仕事を任せたいと思うかもしれません。

得意なジャンルがあることや、資格を持っていること(有資格者の場合)などを記載するのもよいでしょう。

3-6.記事制作代行業者と契約する

記事制作代行業者と契約することも、案件を安定して獲得するコツです。
※記事制作代行業者とは、クライアントから依頼を受けて、記事を代行執筆する業者です。

記事制作代行業者に登録(在籍)するメリットには、以下の点があります。

  • 一定数の案件を任されることが多く、営業の必要がない
  • 納期をコントロールしやすい
  • 継続案件が多いためリサーチの効率化に繋がる
  • 専業としても活動できる程度の文字単価で仕事を受注できる

「自分で案件に応募するのは難しい」と感じる方は、記事制作代行業者を選ぶのもおすすめです。

3-7.SNSでも仕事探しをする

3-7.SNSでも仕事探しをする
SNSでも仕事探しをして、案件獲得のチャンスを広げるのもよい方法です。

クラウドソーシングや記事制作代行業者以外にも案件を獲得できるプラットフォームはあります。
SNSはその代表です。

SNS上には、Webライター募集の広告を出しているクライアントがいます。
Twitterで「Webライター募集」などと検索すれば、すぐに見つかります。

そのような募集広告はクラウドソーシングほどメジャーではないと考えられるため、ライバルとの競争を避けやすいでしょう。

またクラウドソーシングではシステム手数料が発生しますが、このような直接クライアントと契約する方法では手数料によって報酬が目減りすることはありません。

3-8.プラスαのスキル(WordPressやSEO対策など)を習得する

Webライティングの基礎的な学習に加えて、プラスαのスキルを習得することもコツです。

文章を書けるWebライターはたくさんいますが、プラスαのスキルがあれば差別化を図れます。

例えばWordPressの使い方を知っていると、本文執筆後に入稿作業ができる分、クライアントへのよいアピールになるでしょう。

あるいはSEO対策の広い知識(ライティングの部分だけでなく、サイト構造や外部対策なども含めた知識)を深めるなら、クライアントからより信頼されるかもしれません。

余裕が出てきたら、ぜひWordPressで自分のサイトを開設したり、SEO対策関連の資格を取得したりするなど、スキルアップについて考えてみてください。

4.Webライティングでの稼ぎ方を学びながら仕事もGET!「株式会社BRIDGEA」

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「Webライティングを体系的に学びたい」
「安定して稼げるWebライターになりたい」

このように考えているWebライターのみなさん、「株式会社BRIDGEA」で働いてみませんか?
弊社は記事制作代行業者で、登録されたWebライターの方のサポートをしております。

弊社の特徴は、「学びながらWebライティングの案件を獲得できること」です。

テストライティングを経て登録した後、Webライターの方にはWebライティングの基礎や応用を丁寧に指導いたします。
その後継続的に仕事をアサイン(割り当て)するため、ご自分で営業をかける必要はありません。

記事をお任せする際には、弊社ディレクターが構成案作りを指南するほか、納品後にフィードバックをすることで文章力の上達をサポートします。

未経験者の方も積極的に採用しております。

ぜひ以下のライター募集ページより詳細をご覧になり、お気軽にお申し込みください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

5.まとめ

Webライティングで稼げる人はたくさんいますが、逆に稼げない人もたくさんいます。

働き方やスキル・作業効率など、収入を左右する要素は多くあります。

いずれにしても、今回ご紹介した「稼ぎ方のコツ」を意識して努力することで、着実にスキルアップや収入アップを目指せるはずです。

株式会社BRIDGEA」のサポートも選択肢に入れつつ、ぜひWebライティングを楽しんでください。

関連記事

  1. Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説

    Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説

  2. 月10万は射程圏内!Webライターが着実に稼ぐための6ステップ

    月10万は射程圏内!Webライターが着実に稼ぐための6ステップ

  3. 【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

    【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

  4. Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例を公開

    Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例9選を公開

  5. 【ネットで副業】Webライティングとアフィリエイトの違いは?稼げるのはどっち?

    【ネットで副業】Webライティングとアフィリエイトの違いは?稼げるのは…

  6. Webライターが稼げるジャンルとは?狙うべき方向性を解説

    Webライターが稼げるジャンルとは?狙うべき方向性を解説