Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

「Webライターとしてもっと実力をつけたい!」

そうお考えの方は、とにかくWebライティングの練習を重ねることが大切です。

文章力は技術職のようなもので、練習によって上達します。

とはいえ「何から練習すればよいのかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、現役WebライターがWebライティングの練習方法を具体的に公開します。
Webライティングに求められる大事なポイントを押さえつつ、今日から実践できる方法を共有します。

スキルアップして稼げるようになりたい方は、ぜひ最後までお付き合いください。

1.そもそもWebライティングで練習すべきこととは?

何を練習すべきかがはっきりしていると、効率的にスキルアップできます。

最初に、Webライティングに関して練習すべき点を4つ解説します。

1-1.SEOライティングの基本

1-1.SEOライティングの基本
Webライターは必ず「SEOライティング」の練習をしましょう。

SEOライティング」とは、Webライティングの一種で、「SEO対策を意識した執筆方法」です。

SEO対策(検索エンジン最適化)」とは、「Googleの検索結果で記事を上位表示させるための工夫をすること」です。
※「上位表示」とは主に、「検索結果1ページ目に表示されること」。
※Googleは検索エンジン界で圧倒的シェアをほこるため、この記事では「検索エンジン=Google」として解説。

ユーザーは何かの語句を検索するとき、たいてい検索結果の上位にある記事を読みます。

そこでアクセスを増やしたいサイト運営者(クライアント)は、SEO対策によってなんとか記事の上位表示を達成しようとします。
その一環として、記事を書くWebライターにSEOライティングを求めるわけです。

そのためWebライターは、SEOライティングの練習をしなければなりません。

では具体的にWebライターは何をすべきでしょうか?

特に重要なのは、「記事のキーワードをしっかり調査して、ユーザーの検索意図にマッチする記事を書くこと」です。
※「キーワード」とは、クライアントが各記事に設定する語句。各記事はそれぞれのキーワードを検索するユーザーに向けて書かれます。例えば、ある記事のキーワードが「熱中症 予防」の場合、そのキーワードを検索するユーザーが「何を知りたいか」考える必要があります。

ユーザーの検索意図をよく考えずに適当な記事を書くと、上位表示されません。
なぜなら、Googleは「ユーザー第一」をモットーにしており、ユーザーに有益な記事を上位に表示させたがるからです。
検索意図が反映されていない記事は、当然「有益」とはいえないでしょう。

そのためWebライターは、クライアントから記事のキーワードをもらったらまず、「ユーザーはこのキーワードを使って何を調べたいのだろうか?」と調査しなければなりません。

ここまでの説明を図解すると、以下のとおりです。

SEOライティングについて

1-2.論理的な構成案 の企画

Webライターが練習すべき別の点は「論理的な構成案の企画」です。

キーワードに対するユーザーの検索意図を見極めたら、すぐに執筆に入るのではなく、構成案を作ります。

構成案はいわば、住宅の基本構造(土台や柱・梁・屋根など)のようなものです。

住宅を建てるときは、まず基本構造を作り上げ、それからインテリアやエクステリアを仕上げます。
同じように、記事もまず構成案(タイトルやDS・見出し階層)を最初に作り、その後本文を執筆します。

では、論理的な構成案とはどのようなものでしょうか?
簡単にいえば、説明の流れが自然で、かつ結論ファーストの構成案です。

例えば、ある記事のキーワードが「熱中症 サイン」だとしましょう。
この場合論理的な構造とは、以下のような流れの文章です。

・熱中症とは?

・熱中症のサイン

・熱中症になったときの対処法

・熱中症を予防する方法

熱中症の基本情報を押さえ、次にサインについて解説し、対処法と予防方法を筋道立てて紹介しています。
この流れだと、ユーザーはすらすらと説明を読み進められます。

しかし以下のような構造だと、論理的にはなりません。

・熱中症を予防する方法

・熱中症になったときの対処法

・熱中症のサイン

・熱中症とは?

キーワードの「サイン」についてすぐに触れていませんし、熱中症の基本情報が最後に出てきてしまって流れが不自然です。

論理的な構成案で記事を書くと、ユーザーは読みやすさを感じてくれます。

1-3.明確でさらさら読める文章の執筆

1-3.明確でさらさら読める文章の執筆
Webライターは、「明確でスムーズに読める文章」の練習もすべきです。

記事の内容が検索意図にマッチし、かつ記事の構成案が論理的であっても、本文が稚拙なら価値が半減します。
そのような記事はまるで、基本構造がしっかりしていても、インテリアとエクステリアのデザインがひどい住宅のようです。

ユーザーは読む気をなくして、サイトから離脱するでしょう。
せっかくよい情報が書かれているのに、最後まで読んでもらえなければ意味がありません。

また稚拙な文章だと、検索エンジンから内容を理解されずに、上位表示を狙えなくなる恐れもあるでしょう。
Googleは完璧でないにしろ日本語をある程度理解できるため、脈絡のない文章だとSEO対策になりません。

1-4.キャッチーで読者を引きつけるコピー・文章

ユーザーを引きつけるキャッチーな表現」の練習も重要です。

Webライターはコピーライター(魅力的な広告の文を考えるライター)とは異なりますが、Webライティングにおいてもキャッチーな表現は欠かせません。

検索結果に表示される記事タイトルがキャッチーであれば、ユーザーは思わずクリックしたくなるでしょう。
あるいは本文の随所でキャッチーな表現があると、ユーザーは楽しんで記事を読み進めてくれます。

2.Webライティングのおすすめ練習方法

ここからは、Webライティングのおすすめ練習方法をご紹介します。

練習で大事なのは、学習(基礎・応用)と実践です。

ここまでご紹介した重要ポイントについて学び、学んだことを当てはめることで、次第にスキルとして定着するでしょう。

2-1.まずは書籍やサイトでWebライティングの基礎を勉強する

2-1.まずは書籍やサイトでWebライティングの基礎を勉強する
Webライティングで最初にやるべきことは、Webライティング(SEOライティング含む)の基礎を勉強することです。

文章作成やSEO対策のイロハをまるで知らないうちに仕事を受注すると、何から始めるべきか見当がつかなかったり、そもそもクライアントからの指示がわからなかったりと、戸惑ってしまうでしょう。

基礎を知らずに執筆を始めることは、レシピを見ずに初めての料理に挑戦するようなものです。

スムーズに記事を書きたいのであれば、最初に書籍やサイトなどでWebライティングのイロハを学びましょう。

一例として、以下の記事ではWebライティングの書き方のコツをご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

参照:Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

2-1-1.勉強におすすめの書籍

Webライティングの基礎学習におすすめの書籍を2つご紹介します。

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生

Webライティング基本をしっかり身につけられる一冊。
書き方の説明とともに、例文や練習問題が盛り込まれており、学習と実践的な練習を同時に行えます。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

漫画テイストがユニークな、Webライティングについて説明する実用入門書。
ブログ記事やビジネス文書に活用できるWebライティングテクニックを楽しく学べます。

2-1-2.勉強におすすめのサイト

Webライティングの基礎学習におすすめのサイトを2つご紹介します。

SEOラボ
SEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営するサイト。
実験やデータ分析などをベースにした内容とわかりやすいイラストが学習をサポートします。

記事作成代行Pro
記事作成代行会社「株式会社BRIDGEA」が運営するサイト。
SEO情報に加えて、検索エンジンやユーザーから評価されやすいWebライティングのポイントを数多く解説しています。

2-2.さまざまなキーワードを検索&上位サイトをチェックする

Webライティングの基礎知識を一通り学んだら、キーワードを使って応用練習を行いましょう。

先述のとおり、各記事にはキーワードが設定されており、キーワードからユーザーの検索意図を読み取って構成案が作られます。

そこで具体的なキーワードを選んで、実際に検索意図を見極める練習をしてください。
具体的には以下の流れで行なえます。

  1. キーワードを1つ作ってみる(2~3つほどの語を組み合わせてみましょう)
  2. そのキーワードを検索するユーザーの検索意図を想像してみる
  3. Googleでキーワードを検索して、上位サイトとイメージした検索意図を比較する

最後に上位サイトと比較するのは、上位サイトの記事がユーザーの検索意図を反映している可能性が非常に高いからです。
※先述のとおりGoogleはユーザーに有益な記事を上位表示します。

もしイメージした検索意図が正しい場合は、上位サイトの内容もそれに準じたものになっているはずです。
検索意図の見極めに失敗しているなら、イメージしていなかった内容になっているでしょう。

この練習をさまざまなキーワードで繰り返すことで、検索意図の見極める力が養われます。

他にも上位サイトをチェックするときは、以下の点も一緒に確認しましょう。

  • タイトルにどのようなキャッチーな言葉が使われているか
  • 見出しの順序はどうなっているか
  • 本文のどのような箇所が「読みやすい」と感じるか?

上位サイトをお手本とし、よい部分は積極的に吸収して、学習につなげましょう。

2-3.受注して記事を書いてみる

2-3.受注して記事を書いてみる
基礎学習や応用練習を重ねたら、仕事を始めてみましょう。
クラウドソーシングや記事作成代行会社に登録して仕事をもらい、本番で実践練習を行います。

実際の仕事だと、緊張感をもって執筆できます。
Webライティングの感覚をつかむのに、本番での実践ほどよい方法はありません。

本番ではクライアントからのフィードバックも受け取れるため、改善すべき点を学べます。

なおクラウドソーシングにある案件の中には、クライアントが構成案まで作成してくれるケースもあります。
その場合Webライターは執筆のみを依頼されるため、少しずつ仕事に慣れたい方は応募してみるとよいでしょう。

ほかにも「初心者向け」をうたっている案件があれば、そこから始めるのも手です。

余力があれば、自分でブログサイトを開設するのも効果的です。
ブログを書いておけば、後でクラウドソーシングのプロフィールに「ポートフォリオ」として記載できます。

可能なら「WordPress」でブログサイトを開設すると、WordPressへの入稿もできるWebライターとして、プラスαのスキルも身につけられます。

3.Webライティングの練習に関するワンポイントアドバイス

ここからはWebライティングの練習時に役立つ3つのポイントをアドバイスしましょう。

適用することで、Webライターとしてのスキルアップを加速させられます。

3-1.初心者研修・講座を受けるのも役立つ

Webライティングは独学でも学べますが、その道のプロから体系的に学びたい方は「初心者研修・講座」を受けるのもおすすめです。

初心者研修・講座を受けると、効果的なWebライティングについて効率的に学べ、モチベーションが上がります。

そのほかのメリットやおすすめの研修・講座について、以下の記事で詳しく解説します。
興味のある方はぜひ参考にしてください。

参照:Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

3-2.最初から「稼ぎ」を考えすぎない

実力がついていない初心者のうちは、あまり高収入を期待してはいけません。

Webライティング初心者は、良質な記事を書くことはおろか、案件受注にすら慣れていません。
またクラウドソーシングではライバルWebライターたちも仕事を探しているため、いきなり高単価案件を獲得するのは難しいでしょう。

最初から高望みすると、現実とのギャップで挫折しかねないため、最初は実力と実績を積むことに集中しましょう。

3-3.第三者からのフィードバックを受ける

書いた記事について第三者からのフィードバックを受けて、それを以降の執筆に活かしてください。

試しに書いた記事であれ、本番の記事であれ、家族や友人に一度見てもらうのはよいことです。

自分の文章のクセや不備は、意外と自分では気づかないものです。
第三者に見てもらうことで、不特定多数のユーザーに読みやすい文章を書くためのポイントが見えてきます。

文章添削サービスを利用して、文章のプロからアドバイスをもらう方法もあります。

4.Webライティングの実践練習をしたいなら「株式会社BRIDGEA」へ!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
Webライティングを練習して「稼げるWebライター」になりたい方。

弊社「株式会社BRIDGEA」で、実践練習しながらWebライティングスキルを身につけませんか?

弊社でWebライターになると、Webライティングの学習と仕事をする機会を一度に得ることが可能です。

最初に、Webライティングに通じたディレクターが基礎・応用知識を丁寧に指導いたします。

その後本番の仕事をお任せし、学んだことを実践していただけます。
その際、記事ごとにディレクターが構成案をチェック・アドバイスし、執筆後は校正チームが修正箇所のフィードバックを共有。

継続的なサポートを通してWebライティングの実践練習ができるため、着実なスキルアップが可能です。

Webライターに関心がある方は、ぜひ以下の募集ページよりお気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

5.まとめ

Webライティングの練習では、以下の点を重視しましょう。

  • SEOライティングの基本
  • 論理的な記事構成の企画
  • 明確でさらさら読める文章の執筆
  • キャッチーで読者を引きつけるコピー・文章

その上で、書籍やサイトを使ってWebライティングの基礎を学び、上位サイトを参考に応用練習をします。
最後に、本番の仕事で実践練習を積みましょう。

最初はうまくいかないように感じるとしても、地道に練習すれば、必ずWebライティングのスキルはアップします。

関連記事

  1. 【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ⁉

    【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ!?

  2. webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

    Webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

  3. Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

    Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

  4. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  5. Webライターの経費|基礎知識と節税のポイントを徹底解説

    Webライターの経費|基礎知識と節税のポイントを徹底解説

  6. Webライターの平均年収は?収入を上げるためのスキルとは?

    Webライターの平均年収は?収入を上げるためのスキルとは?