Webライターに経験や年齢は問われる?学生や40代から始めるメリットも解説

Webライターに経験や年齢は問われる?学生や40代から始めるメリットも解説

「Webライターになりたいけど、年齢的に難しいのでは?」

このように考えて、一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Webライターは、きれいに書ける文章の型を整えて、責任を持って仕事ができる人であれば、年齢に関係なく始められる職業です。

本記事ではWebライターが年齢に関係ない理由や、40代以上の方や学生さんが未経験から始めるメリット、注意したいポイント、Webライターの始め方についてご紹介しています。
年齢が不安要素で、なかなか挑戦できない方は、ぜひ参考にしてください。

1.Webライターに年齢が関係ない4つの理由

1.Webライターに年齢が関係ない4つの理由
Webライターは年齢に関係なく、何歳からでも挑戦できます。

Webライターを始めるにあたって、40代・50代の方や社会経験の少ない学生の方は難しいのでは、と心配する必要はありません。
本項目では、Webライターに年齢制限がない理由を4つご紹介します。

1-1.年齢よりもコミュニケーション能力が必要である

Webライターには、コミュニケーション能力が必要とされます。

特にフリーランスとしてWebライターをする場合は、仕事の受注・納品・修正依頼の対応などをすべて自分自身でおこなわなくてはなりません。
また、良質な記事を執筆するためには、クライアントからの要望を的確に受け取り、正しく文章に記載する力が必要とされます。

これらの一連の業務に必要となるのは、コミュニケーション能力です。
コミュニケーション能力は年齢に関係なく身につけられる能力ですが、どの年代でも意識してスキルを習得する必要があります。

1-2.実際に学生や主婦など幅広い年齢層が活躍している

1-2.実際に学生や主婦など幅広い年齢層が活躍している
実際にさまざまな年代のWebライターが活躍している事実も、Webライターが年齢に関係なくできる仕事であることを示しています。

Webライターが執筆する内容は多種多様であり、ライターも読者も年齢層や属性などはさまざまです。

読者層に近い年齢のWebライターは、クライアントから重宝される傾向があります。
ライター目線で考えた場合も、価値観や経験が合致する案件の方がイメージしやすく、質の高い記事を執筆しやすいでしょう。
自身と読者層とが近い内容の場合には、記事の質を高めやすいです。

Webライターは、スキルさえあれば社会経験などに関係なくできる仕事であるため、一概に「若いから」「年齢が高いから」といった理由で仕事を依頼されないことはありません。

したがって、学生・主婦・シニア層など幅広い年齢層の方がWebライターとして活躍できるといえます。

1-3.仕事を受注するときには「実体験」が重要視されやすい

Webライターが記事を執筆する際に大きな強みとなるのが、「実体験」です。

多くの情報がインターネット上に氾濫する現代だからこそ、実務や生活の中で経験したことはとても希少性が高いためです。
例えば、クライアントがコールセンターについての記事作成を依頼した際に、ライター募集に複数の応募があった場合は、コールセンターで働いた経験のあるライターが優先して採用されるでしょう。

たとえ、Webライターとしての経験が浅かったとしても、職歴や趣味などがWebライターのアピール要素になるのです。

2.【未経験】40代以上からWebライターを始めるメリット

2.【未経験】40代以上からWebライターを始めるメリット
一般的には、40代以上は転職で不利になりますが、Webライターの場合は年齢がメリットになることもあります。
この章では、40代以上のWebライターがなぜメリットがあるのかについて、2点解説します。

2-1.人生経験が豊富になる

40代以上のWebライターは、20代や30代に比べて人生で多くの経験値を積んでいます。

例えば、ビジネス系の場合であれば40代の場合は管理職としてマネジメント経験がある方が多いです。
日常生活においては、介護や子どもの受験など、20代や30代には知らなかったことを経験している方が多いでしょう。

さらには、人生でさまざまな経験を積んだ分、自分自身で体験していないことであっても想像を働かせやすいこともあります。

これらの経験がライティング力の土台となり、クライアントからの高評価や継続的な受注につながります。

2-2.退職を心配する必要がない

2-2.退職を心配する必要がない
業界全体で優秀なWebライターは不足しているため、スキルさえあれば継続的に仕事を受注できます。

仮に、継続的な案件の依頼があるクライアントとの契約が途切れることになっても、すぐに新たなクライアントを見つけられるでしょう。

一方で、転職は一般的に年齢が高いほど不利になるため、企業に勤めている方は「今の仕事を辞めることになったらどうしよう」「もしも会社が倒産したら、次の仕事が見つかるだろうか?」などの不安が拭えないかもしれません。

フリーランスは「不安定」と考えられがちですが、スキルのあるWebライターは安定的に仕事を受けられます。

3.【未経験】学生がWebライターを始めるメリット

年齢が若く、社会経験も豊富でない学生は、フリーランスのWebライターになることに対して不安を抱かれるかもしれません。
「社会人経験をしっかりと積んでからWebライターを目指した方がよいのでは?」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、学生のWebライターにもメリットがあります。
この章では、年齢の若い未経験の学生がWebライターに挑戦するメリットを解説します。

3-1.学業と仕事を両立させやすい

3-1.学業と仕事を両立させやすい
Webライターの仕事は、学業と両立しやすい仕事です。

なぜなら、パソコンとインターネット環境さえあれば、場所を選ばずに働けるためです。
特別な機器・装置や資格なども必要なく、一定の文章力とリサーチ力があれば誰でも無理なくWebライターとして働けます。

学生のアルバイトに関しては、コロナ禍の影響で店舗の営業時間が縮小されたり人員が削減されたりするなど、その影響は多岐にわたりました。
学生の場合には、知識や経験が必要とされる仕事に就くのは困難でしょう。

Webライターは、学業と平行して進められる仕事としても、少ない資金でスタートできる仕事としても魅力的です。

3-2.若いうちから独立しやすい

若いうちから独立しやすいことも、Webライターのメリットです。

SNSを上手に使いこなして条件のよい高単価案件を取得するコツをいち早く身につけ、またたく間に高収入を得ることも少なくありません。
学生のうちに作業を始め、実力をつけた方がそのままフリーランスのスタイルで働いている方も多いのは魅力的といえます。

学生の時期は新しい仕事やスキルを習得しやすく、ライティングに関する基本的な知識やルールも覚えやすいのはメリットでしょう。

フリーランスのWebライターがどの程度収入を得られるかについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
参照:「フリーランスはWebライティングで稼げる?7つのコツを公開

フリーランスはWebライティングで稼げる?7つのコツを公開

3-3.年功序列ではなく実力をみてもらえる

3-3.年功序列ではなく実力をみてもらえる
Webライターは実力主義であり、スキルさえあれば年齢や経験に関係なく収入がアップしやすいです。

多くの日本の企業で会社員として働く場合には、勤続年数や年齢が給与額に影響しやすいですが、Webライターとしては「若いから稼げない」ことを心配することはありません。

Webライターが高額の報酬を得るために必要なスキルは、文章力・SEOに関する知識・セールスライティングのスキルなど、いずれも市販の書籍・インターネット上の情報・実務を通じた経験などから身につけられるものです。

「高額な報酬を得たい」「少ない労働時間で効率よく稼ぎたい」
と考える方にもWebライターの仕事はおすすめです。

4.年齢に関係なくWebライター挑戦前に必要な心がまえ

Webライターを仕事にする以上は、年齢に関係なく意識しておくべきポイントがあります。

一般的な常識や考え方を捨てて取り組むなら、挫折せずに続けやすくなるでしょう。

本項目では、Webライターに挑戦する前の心がまえについてご紹介します。

4-1.年下の仲間に追い抜かれることがある

4-1.年下の仲間に追い抜かれることがある
自分よりも若い年齢・経験の浅いライターに追い抜かれることは、Webライターに限らずどの仕事でもよくあることです。

Webライターの場合は、報酬や仕事の依頼数などによって、クライアントからの評価が数字として現れやすいため、焦りや不安を感じる方がいらっしゃるかもしれません。
特にTwitterやYouTubeなどで情報を発信している方のなかには、高額の収入をアピールされている方もいるため、比較をすると心配に感じることがあるでしょう。

しかし、結論として重要なことは、ほかのWebライターと比較することではなく、自分自身が希望通りの収入を得られているか否か?スキルを高められているか否か?の2点です。
スキルや習得のスピードは人それぞれであることを理解して、着実なステップアップを心がけましょう。

4-2.年下からの指摘を素直に聞き入れる必要がある

Webライティングは業界自体がまだ生まれて間もないこともあり、20代や30代の方がチームのリーダーやディレクターを務めていることも少なくありません。

そのため、参加するチームによっては年下の担当者の指示やフィードバックを受けて記事を執筆しなくてはならない場面もあるでしょう。

このとき、重要なことは相手が年下であろうとも、素直に指摘を受け止めることです。
ときには相手に対して「失礼だ」と感じることもあるかもしれませんが、Webライターとしてスキルを磨くには指摘やフィードバックを受け入れて改善し続ける姿勢が求められます。

Webライターとして成長するためにも円滑なコミュニケーションを築くためにも、相手の年齢は気にせずに仕事に取り組みましょう。

4-3.始めは収入が安定しないことがある

4-3.始めは収入が安定しないことがある
始めは収入が安定しない可能性も、考慮しておいた方がよいでしょう。
Webライターを始めたばかりの頃は、高単価案件を受注しにくいのに加え、1記事を書き上がるのに時間がかかることも多いからです。

「こんな調子なら、バイトの時給より安いのでは……」と諦めたくなることもあるでしょう。
始めは収入が低くても、コツコツと努力し、高単価の案件が獲得できるようになると安定してきます。

Webライターで稼ぐのが大変と感じる方は、下記の記事を参考になさってください。

参照:「Webライターで稼ぐのは大変!?実情と儲からないときの対策を解説

Webライターで稼ぐのは大変!実情と儲からないときの対策を解説

4-4.経験の少なさから指摘をされることもある

学生でWebライターを始めた場合、経験の少なさから指摘を受けることも考えられます。
例えば、年上の方やクライアントと連絡を取る際に敬語の使い方を注意されたり、メールの送り方について言及されたりすることもあり得ます。

社会人としての挨拶やメールのやりとりは、一般企業に就職した際に学びますが、Webライターとして働くのであれば自分で学ぶ必要があるのです。

しかし「実力があるのは自分の方なのに……」と考えて、相手の指摘を無視していては成長しません。
社会勉強をさせてもらっていると思って、謙虚な気持ちで受け入れる姿勢が大切です。

5.年齢に関係なくWebライターを始めるためのポイント

5.年齢に関係なくWebライターを始めるためのポイント
多くのWebライターは、いろいろな方法を駆使して上手に仕事を受注しています。
本項目では、多くの人が実際にWebライターを始めている方法を4つご紹介します。
自分に挑戦できそうな方法から試してみましょう。

5-1.SNSを始める

TwitterやInstagramなどのSNSを使って、上手に仕事につなげているWebライターは大勢います。
フォロワーを増やし、宣伝するなら、仕事の依頼を受ける可能性があるからです。

同じ世代や、Webライター同士とのつながりも持てるため、お互いに励まし合えるメリットもあります。

5-2.ブログを始める

5-2.ブログを始める
自分のブログを開設して収入につなげているWebライターも少なくありません。
例えば、募集案件に応募する際に、ブログをポートフォリオとして使い、クライアントにアピールできます。

ブログを読んだ人が「ぜひうちのサイトで執筆を頼みたい」と、仕事の依頼をすることもあるのです。
実際に、ブログがきっかけで、1つのサイトを任されるWebライターになった方もいます。

5-3.クラウドソーシングに登録する

多くのWebライターは、クラウドソーシングに登録し仕事をしています。
クラウドソーシングとは、登録者が、サイトを通して仕事を依頼・受注するシステムで、多くの企業がクラウドソーシングを利用して仕事を受注しています。

特に、クラウドワークス・ランサーズは日本の大手クラウドソーシングで、ライティング案件も多いです。
未経験者や経験者など、さまざまなスキルのWebライターがクラウドソーシングを利用し高収入を得ているのです。

5-4.Webライティング代行会社に登録する

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
Webライティング代行会社に登録して、活動しているライターも少なくありません。
実力のあるライターは積極的に案件を回してもらえるので、安定した収入を得やすくなります。

Webライティング代行会社である「株式会社BRIDGEA」は、Webライターを募集しています。
責任感のある仕事をするために、ていねいなサポートもあるので、未経験者でも安心です。

Webライターを目指している方は、考慮してみるのはいかがでしょうか?

参照:株式会社BRIDGEAのWebライター募集サイト

6.まとめ

Webライターの業界は、年齢ではなく実力を重視されます。
若くても、社会経験を積んできたとしても、自分の技術を磨く努力をすることが大切です。

得意分野や経験を武器にして活動するなら、高収入を獲得できる可能性も少なくありません。
何歳であったとしても向上心や謙虚な気持ちを保ち、スキルアップをする努力をすることが大切です。
Webライターとして、自分らしく活動できる場所をみつけましょう。

関連記事

  1. 初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

    初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

  2. Webライターに必要なものは!必須&おすすめのもの12選を公開

    Webライターに必要なものは!?必須&おすすめのもの12選を公開

  3. Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

    Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

  4. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  5. Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

    Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

  6. たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

    たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説