Webライティングにおける文字数の重要性|記事の質にも影響!?

Webライティングでは、文字数の重要性を理解することも重要です。
ポイントは大きく分けて以下の2つ。

  • 文字数が記事の質やSEO対策に大きく影響する
  • 希望の報酬を受けるためには文字数を満たす必要がある

しかし、
「1記事の最適な文字数は何文字?」
「Webライティングで稼ぐためには、1日にどの程度の文字数を書く必要があるの?」
といった疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、Webライティングの文字数の重要性をふまえ、評価される記事の文字数・文字数を満たせないときの対策・1日の執筆文字数目安を解説します。

Webライターとして稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.Webライティングにおいて「文字数」が重要視される理由

まずWebライティングにおいて、なぜ「文字数」が重要視されるのかについてご説明します。
文字数は検索順位を決定づける要件ではありませんが、重要な要素の一つです。

1-1.記事の評価にも影響する可能性がある

1-1.記事の評価にも影響する可能性がある
Webライティングにおいて文字数が重要視される理由の1つ目は、「文字数が記事の評価に影響する可能性があるから」です。

記事を書くうえで、必ずしも文字数が多ければいいというわけではありません。
GoogleによるとSEO対策において文字数は直接的な関係はないといわれています。

ではなぜ、文字数が多い記事が上位表示されていたり、文字数は多いほうがいいと言われたりするのでしょうか。

それは、内容がより読者の知りたいものになるよう具体的に書かれれば書かれるほど文字数が多くなり、それが優良記事だと判断されやすいからです。

競合サイトと比べた際に自分が書いた記事の内容(文字数)があまりにも少ないと、ユーザーの不安や疑問を解決できない可能性があります。

執筆する際にクライアントから指定のキーワードをもらったら、まずは競合サイトを比較して文字数を確認しましょう。
その上で同等、もしくはより役に立つ情報をプラスした文字数になるよう執筆すると、クライアントからの評価が上がる可能性があります。

1-2.収入に直接影響することが多い

Webライティングで文字数が重要視される2つ目の理由は、「収入に直接影響することが多いから」です。

Webライターの仕事をするうえで収入に影響するのは、文字数と文字単価です。

Webライティングの仕事の報酬計算は、一般的に「文字単価×文字数」となります。
たとえば文字単価1円で3000文字の記事を執筆すると、3,000円の報酬という計算です。

クライアントにより文字数の指定や文字単価は異なりますが、書く文字数が増えると必然的に収入も上がるため、文字数が重要となるのです。

Webライティングでは文字単価も重要ですが、案件の詳細を確認する際は文字数にも注目しましょう。

2.1記事あたりに必要な文字数とは?Webライティングの質に影響

Webライティングにおける文字数の重要性について理解したあとは、Webライターとして仕事を受注する際、1記事あたりどの程度の文字数を執筆すべきかの基準について解説します。

基本的には、クライアントから指定される場合とそうでない場合の2パターンです。

良質な記事を書くためのポイントと、仕事を受注する際のポイントが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

1記事あたりに必要な文字数の上限はあるのか、Webライティングの質にも影響が出るのか、についてもご説明します。

2-1.指定がある場合はレギュレーションに従う

2-1.指定がある場合はレギュレーションに従う
発注された際にクライアントから文字数を指定されたら、その文字数を満たすように執筆しましょう。

指定文字数より少ないのは評価が下がる可能性があるため、指定より多い文字数にするのが基本です。
しかし、いらない情報を足して無駄に文字数が多いのもよくありません。

クライアントの求める文字数と内容を理解し、簡潔にわかりやすい構成と文章で、文字数を満たすようにしましょう。

また執筆にあたり、クライアンが独自のレギュレーション(執筆ルール)を用意していることがあります。
その場合、必ずレギュレーションに従って記事を執筆することが大切です。

2-2.指定がない場合は競合サイトを参考にする

クライアントから文字数の指定がない場合、狙っているキーワードで上位表示されている記事の文字数を1つの目安にするといいでしょう。

文字数が直接的に検索順位に影響するわけではありませんが、ユーザーの悩みを解決するために網羅的に情報を記載しようとすると文字数が多い方が有利になるケースが多いです。

競合サイトの文字数を調べたいときには「ラッコキーワード」というツールを使用すると、指定したキーワードでの検索順位上位20記事の平均文字数を確認できます。

上位記事の平均文字数を上回ることを目標にし、記事を執筆するといいでしょう。

ただし文字数についての指定がなくとも、クライアント側が事前に想定文字数を設定している場合もあります。
特に文字単価で報酬が支払われる場合には、文字数が多くなることでクライアント側が想定している予算をオーバーするリスクがあることに注意が必要です。

仮に指定されていなくてもクライアントから案件を受注して執筆する際には、文字数の目安を事前に確認しておきましょう。

3.Webライティングで文字数に満たないときの対策と考え方

Webライティングで目標の文字数に到達しないときの対策と考え方についてご紹介します。
ただ文字数を増やすのではなく、良質な記事を執筆するためのポイントを4つにまとめました。

3-1.サジェストキーワードや共起語を活用する

3-1.サジェストキーワードや共起語を活用する
1つ目の対策は、サジェストワード(Googleなどで検索窓に特定のキーワードを入れた際、自動表示される検索候補)や共起語(上位サイトでメインのキーワードと一緒に用いられている単語)などを調べ、記事に盛り込む方法です。

これらのキーワードはメインのキーワードとの関連性が高いためユーザーニーズとも関連性が高いことが多く、入れ込むことで文字数だけでなく、優良な記事になりやすいです。

ただし違和感があるにも関わらず、無理矢理含めるのは危険。
理由として、Googleから「テクニカルなSEO対策」とみなされ、検索順位が下がる可能性があるからです。

サジェストキーワードや共起語を入れ込んだあとは、ユーザーが記事を読んだ際に自然な表現になっているか、執筆後に読み直しをしましょう。

3-2.独自視点の項目を含める

2つ目の対策は、独自視点の項目を追加執筆することです。

この方法は文字数対策になるだけでなく、他の上位記事が記載していない有益な内容を盛り込んだ独自性のある記事になるため、SEO対策にも有効となります。

目標の文字数に到達できない方は、独自視点の項目を増やしてみましょう。

3-3.ユーザーニーズを深掘りする

3-3.ユーザーニーズを深掘りする
3つ目の対策は、ユーザーニーズを深掘りすることです。

狙っているキーワードの上位記事に記載されている内容を網羅し、さらに独自視点の項目を盛り込んだとしても、文字数が満たない場合は、表面的なユーザーニーズにはない内容を盛り込むことを考えましょう。

例えば、新しく章を設定し記事を掘り下げることで、記事の質を高めながらボリュームを増やせます。

ポイントは、「ユーザーが、どのような思いでそのキーワードを検索しているのかをイメージすること」です。

イメージするのが難しい方は、自分が実際に悩んでいたことや疑問に思ったことをGoogleなどで検索した際に、どのような思いだったのか、そしてどんな記事を見て解決できたのか、その過程を思い出してみましょう。

さまざまなユーザーニーズを見つけられるようになれば、文字数を増やすのがよりスムーズになるでしょう。

3-4.クライアントに相談する

上記3つのポイントを記事に盛り込んでもクライアントが指定した文字数に到達しない場合は、一度クライアントに相談をしてみるのも1つの方法です。

その際、クライアントから執筆するうえでのアドバイスを得られることがあります。

それは全体の構成についてかもしれませんし、クライアントにしかわからない専門的な内容もかもしれません。
もらった内容を参考に、執筆を進めてみましょう。

もらったアドバイスは、同じことが起きた際、見返すために、ExcelやGoogleスプレッドシートなどに分かりやすくまとめておくと今後のライティングに活かせます。

また、案件によっては無理矢理文字数を増やさなくてもよいケースもあります。

ここで気を付けたいのは、相談のタイミングです。
納期が迫ってから「指定した文字数に到達できない」という相談をするとトラブルになることもあるため、到達しないと思った時点でできるだけ早めにクライアントに相談しましょう。

4.Webライターの1日の文字数とは?

続いては、Webライターが1日に執筆する文字数の目安についてご紹介します。
本業か副業かによって執筆できる文字数は異なりますが、Webライターの仕事が気になる方はぜひ参考にしてください。

4-1.Webライターが1日に執筆する文字数

4-1.Webライターが1日に執筆する文字数
1日に執筆する文字数は人によって異なりますが、Webライティングを本業にしたい場合10,000文字程度を目安に執筆するといいでしょう。

初心者のうちは難しいと思われるかもしれませんが、多くの専業Webライターは1時間あたり2,000文字以上のペースで執筆しています。

また記事の執筆をするにはリサーチをする時間や、執筆した記事の見直し時間も必要です。
1日8時間程度の稼働で10,000文字を執筆するには、2,000文字以上のペースが不可欠であるともいえます。

副業でライティングをされる方や主婦業をしながら執筆される方は、目標金額に応じて必要な文字数を逆算しましょう。
リサーチや見直しは通勤時間や家事の合間などのスキマ時間をうまく活用することで、限られた時間の中で効率的に稼げます。

4-2.稼ぐために必要な文字数目安

稼ぐために必要な文字数は、自分がWebライターとしてどのくらい稼ぎたいのかによって変わります。
さらに文字数だけでなく、文字単価にも注目する必要があります。

例えば、以下の2つの案件があるとします。

  • 文字単価0.1円で10,000文字の案件・・・報酬1,000円
  • 文字単価1円で10,000文字の案件・・・報酬10,000円

同じ文字数でも差は、なんと9,000円です。

Webライティングを本業にして月に22日稼働で計算してみると、0.1円の案件は月に22,000円しか稼ぐことができません。

稼ぐためには文字数も重要ですが、文字単価もかなり重要なことがわかります。
文字単価が低い場合は、違う案件を探して比較してみるとよいでしょう。

5.Webライティングのスキルを身につけて稼ぎたい方はブリジアへ!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
今よりもWebライティングのスキルを身につけたい方。
これからWebライターとして活躍したい方。

弊社「株式会社BRIDGEA」でWebライターとして働きながら、必要なWebライティングスキルを身につけませんか?
弊社では無料で、Webライティングの基礎や応用をプロから学べます。

またフリーランスのWebライターなら自分でしないといけない、案件をとるための営業をする必要がありません。
その分の時間を執筆にあてて、今よりもスキルアップすることもできます。

Webライターで駆け出しの方、Webライター未経験の方も募集中です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

6.まとめ

Webライティングにおける文字数の重要性についてご紹介しました。

ただし文字数がいくら重要だからといって、単に文字数を増やすのは得策ではありません。
ユーザーの悩みに寄り添った情報を網羅した良い記事が書けているか、SEO対策はできているか、などのポイントを踏まえて記事を執筆することが大切です。

また人によって1日に執筆できる文字数には限界があります。
無理をしすぎず、自分のペースで執筆しましょう。

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

  1. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  2. 初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

    初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

  3. 【未経験OK!】Webライターに必要なスキルは6つ!習得方法も解説

  4. Webライターの必需品とは?しっかり稼ぐために準備したいこと

    Webライターの必需品とは?しっかり稼ぐために準備したいこと

  5. Webライティングは難しい⁈克服ポイントや向いているタイプを解説

    Webライティングは難しい⁈克服ポイントや向いているタイプを解説

  6. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?