Webマーケティングの注目業種!Webライティングとは?

39.Webマーケティングの注目業種!Webライティングとは?

Webマーケティングの重要施策の一つに、「Webライティング」があります。
Webライティングの仕事内容は主に、Webサイトで公開する記事を書くことです。

この記事ではWebライティングにフォーカスを当てて、以下の情報をまとめました。

  • WebマーケティングとWebライティングの関係
  • Webマーケティングの中でWebライティングがおすすめの理由
  • Webマーケティング効果があるWebライティングを行うポイント
  • WebライティングがWebマーケティングの入り口として適している理由

最後に、Webライティングを学びながら収入を得られるサービスもご紹介。
Webライティングの仕事をこれから始めたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.WebライティングはWebマーケティングの仕事の一つ

Webライティング」は、Webマーケティングの仕事の一つです。

Webマーケティング」とは「マーケティング」の一種で、主に「インターネットを利用したマーケティング」を意味します。
※「マーケティング」とは、「商品やサービスが売れる仕組みをつくること」。テレビCMや商品の販売サイトなど、企業が自社の商材を売るために講じる施策全般を指します。

WebマーケティングにおけるWebライティングの立ち位置について、具体的に見ていきましょう。

1-1.WebマーケティングとWebライティングの関係

WebマーケティングとWebライティングの関係を理解するうえで欠かせないのが、「コンテンツマーケティング」の概念です。

コンテンツマーケティングが何かを理解すると、Webライティングのイメージがよりはっきりします。

1-1-1.Webマーケティングにおけるコンテンツマーケティング

Webマーケティングは、前述のとおり「インターネットを利用したマーケティング」ですが、具体的には以下の手法がしばしば用いられます。

  • Web広告(リスティング広告やディスプレイ広告など)
  • コンテンツマーケティング

Web広告とは、インターネット上のあちこちで表示される、商品やサービスを前面に出した動画やバナー・テキストです。
チラシやCM・看板など、ふだんから見聞きするさまざまな広告の「インターネットバージョン」と考えればよいでしょう。

一方「コンテンツマーケティング」とは、「ユーザー(消費者)に役立つコンテンツ(記事や動画など)を配信して集客する施策」です。

それぞれの関係をおおまかに図解すると、以下のようになります。

Webマーケティングについての表
広告とは異なり、コンテンツマーケティングでは商品やサービスをあまり前面に出しません。
ユーザーに有益な情報を提供することが第一であり、商品やサービスのPRは後から自然と行うのが特徴です。

1-1-2.コンテンツマーケティングにおけるWebマーケティングの位置付け

Webライティングは主に、コンテンツマーケティングの施策の一つです。

コンテンツマーケティングで使われるコンテンツの中に、テキストコンテンツ(記事やSNSの投稿など)がありますが、それを書くのがWebライティングです。

Webライティングの代表例は、企業のブログ記事でしょう。
企業のブログ記事では、特定のテーマに関してユーザー向けの情報豊かな記事を書きます。
そしてその記事をきっかけに、ユーザーに企業や商品・サービスのことを自然と知ってもらいます。

このように、ユーザーに役立つ情報をテキストコンテンツとして提供し、集客するのがWebライティングの基本的な仕事です。

なおWebライティングには、Web広告の文章を書くことも含まれるため、すべてのWebライティングがコンテンツマーケティングではありません。

ただし最近は、広告感の強いコンテンツよりも、自然な形で集客できるコンテンツマーケティングが注目されている傾向があることから、ここではコンテンツマーケティングとしてのWebライティングにフォーカスしています。

1-2.Webライティングの仕事内容

1-2.Webライティングの仕事内容
前述のとおり、Webライティングで最も一般的な仕事は企業のブログ記事を書く仕事ですが、ほかにもコンテンツマーケティングとWeb広告両方を含め、以下のようなものがあります。

  • SNSでの投稿(例:Twitterの公式アカウントでのツイート)
  • LP(ランディングページ)作成
  • 取材記事やインタビュー記事の執筆
  • レビュー記事の執筆
  • アフィリエイト記事の執筆
  • セールス記事の作成
  • YouTubeなどの動画コンテンツのシナリオ作成 など

またこれらの仕事をする際に、情報のリサーチや記事のテーマの選定・ターゲットの選定・取材・インタビュー・データ分析などさまざまな業務も行います。

1-3.Webライターとして働く方法

Webライターとして働く方法は、主に以下の2パターンです。

  • 特定の企業に就職する
  • フリーランスのWebライターになる

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1-3-1.Webライターを募集している会社に勤める

1-3-1.Webライターを募集している会社に勤める

Webライターを募集している会社に勤める方法は、以下のとおりです。

  1. 求人サイト(Indeedなど)やビジネスSNS(Wantedlyなど)で求人情報を探す
  2. 募集要項を確認する
  3. 求人に応募する

募集形態は、アルバイトや正社員が一般的です。

就職する場合、報酬は基本的に時給制や月給制です。

仕事内容としては、その会社のオウンドメディアに公開するコンテンツの執筆や編集などがあります。

1-3-2.フリーランスのWebライターになる

フリーランスのWebライターの場合、主に以下の2パターンの働き方があります。

  1. クラウドソーシングサイト(クラウドワークスなど)やSNSなどでWebライティングの仕事を探す
  2. 記事制作代行会社に登録して案件を請ける

1の場合、自身で営業して仕事を契約します。
仕事内容や報酬などを選べる自由度が高いのが特徴です。

2の場合、記事制作代行会社がクライアントから請ける仕事をアサイン(割り当て)します。
自身で営業をかける必要がないため、初心者の方に働きやすいタイプです。

2.Webマーケティングの中でWebライティングが始めやすい4つの理由

Webマーケティングには、Webライティングのほかにも多くの仕事が含まれますが、専門知識がない方でも比較的始めやすいのがWebライティングです。

そういえる4つの理由をご紹介します。

2-1.資格や免許なしで働ける

Webライティングを始めるのに資格や免許は必要ありません。

PCとインターネットがあればすぐにでも仕事を始められるため、手軽さがあります。

もちろん、Webライティングの知識がまったくないと安定して稼げないため、学習は必要です。

しかし、始めやすさに関してはハードルが低いです。

2-2.時間や場所の制限がない

2-2.時間や場所の制限がない
フリーランスとして働く場合、時間や場所の制限なく働けるのも、Webライティングの魅力です。

納期は発生するものの、仕事量や1日の稼働時間は自身で決められます。

また先述のとおり、PCとインターネットがあれば働けるため、自宅でもカフェでもどこでも好きな場所で働けます。

プライベートを確保しやすく、人間関係のわずらわしさも少ないのが、フリーランスWebライターのメリットです。

2-3.副業にしやすい

Webライティングは、副業にしやすい仕事です。
これは特に、フリーランスとして働く場合に当てはまります。

時間や場所に制限がなければ、本業に抵触せずに働く時間を見つけられますし、通勤の手間もかかりません。

「1日2~3時間だけ働く」「週末だけ働く」など、フレキシブルな働き方ができます。

Webライティングを副業で始める方法については、以下の記事を参照してください。

参照:たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

2-4.頑張りしだいで収入を伸ばせる

2-4.頑張りしだいで収入を伸ばせる
頑張りしだいで収入が伸びやすいのもメリットです。

この点も特にフリーランスに当てはまりますが、案件をこなした分だけ報酬がもらえるため、作業スピードや報酬単価・稼働時間によっては月20万円以上稼ぐのも現実的です。

3.Webマーケティング効果のあるWebライティングを行うポイント

ここからは、Webマーケティング効果のあるWebライティングを行うポイントを4つご紹介します。

これらのポイントを押さえて執筆すると、結果の出やすい記事コンテンツに仕上げられます。

3-1.ユーザーの悩みを解決する情報を書く

3-1.ユーザーの悩みを解決する情報を書く
Webライティングで重要なポイントの一つは、「ユーザーの悩みを解決する情報を書くこと」です。

コンテンツマーケティングとしてのWebライティングでは、先述のとおり、ユーザーに役立つ情報を提供することが第一目的です。
そのためには、ユーザーの悩みや疑問を解決できる情報について書かなければなりません。

例えば「電気代 節約」と検索するユーザーがいるなら、電気代を節約する方法について有意義なアドバイスを載せた記事を書く必要があるでしょう。
書くべき内容はクライアントの業種により異なりますが、共通して大事なのは「ユーザーファースト」であることです。

そのようなコンテンツはユーザーに熟読されやすく、リピーターを増やすことにもつながります。

なおニュース記事やインタビュー記事・Web広告など、特にユーザーの悩み解決を目的としないコンテンツであれば、この限りではありません。

3-2.検索エンジンのガイドラインに沿って執筆する

検索エンジンのガイドラインに沿って執筆する」ことも、Webマーケティング効果を上げます。
※検索エンジン界ではGoogleのシェアが圧倒的なため、この記事では「Google=検索エンジン」として話を進めます。

Webサイト用の記事コンテンツを書く場合、Googleが望む方法で記事を書くことが大事です。
そうすることで、その記事コンテンツは検索結果で上位表示されやすいからです。
※上位表示とは、検索結果1ページ目など目立つ場所に表示されること。

このように、Googleのガイドラインに沿いつつ、上位表示を目指してコンテンツを作ることを「SEO対策」と呼びます。
またSEO対策の中でも、執筆する情報をGoogleが推奨する仕方で書くことを「コンテンツSEO」と呼びます。

3-3.競合との差別化を意識したコンテンツにする

3-3.競合との差別化を意識したコンテンツにする
競合との差別化を意識したコンテンツにすること」も、Webマーケティングで重要です。

インターネット上には情報があふれかえっており、似通った情報も多くあります。
実際、調べ物をしていていくつかのサイトを見たときに、「ほとんど同じ情報をさっきも見た」と感じたことがある方は少なくないでしょう。

ほかのコンテンツと似たような情報ばかり書いても、ユーザーには有益ではありません。
また、Googleも独自性のないコンテンツを好みません。

そのため、競合サイトとの差別化を意識したコンテンツを書くよう心がけましょう。
例えば上位サイトにはないデータを含めたり、独特の切り口から情報を扱ったりなど、さまざまな工夫ができます。

3-4.すらすら読めるわかりやすい文体で書く

すらすら読めるわかりやすい文体で書く」と、ユーザーにとって良質なコンテンツになります。

最も重要なのは内容ですが、読みやすさも大事です。

どれほど有益な情報が書いてあっても、専門用語だらけの文章や長々しい文章だと、ユーザーは離脱する恐れがあります。

可能な限りやさしい言い回しを意識し、専門用語には説明を加えましょう。
文章全体をパッと見たときに「読みやすい」と感じてもらえるよう、箇条書きや文字装飾・改行なども適宜入れると効果的です。

4.Webライティングの知識がWebマーケティングスキル獲得につながる!

4.Webライティングの知識がWebマーケティングスキル獲得につながる!
「将来Webマーケティングの仕事を広くやっていきたい」と考えている場合、まずはWebライティングから始めてみるのもよい手です。

Webライティングについて学んで実践すると、Webマーケターに必要なスキルの獲得につながるからです。

具体的にどのようなメリットがあるか見ていきましょう。

4-1.検索ニーズやターゲットについて意識できる

Webライティングを実践すると、検索ニーズやターゲットについて意識できるようになります。

先ほど強調したように、コンテンツマーケティングとしてのWebライティングでは、常にユーザーのニーズを大切にします。

そのためWebライティングを重ねるにつれ、特定のキーワードを検索している人がどのような情報を求めているか、その情報は誰にとって需要が大きいかなど、ユーザー目線に立って考える習慣が身につくでしょう。

Webマーケティングではユーザー(消費者)の動向に対する洞察力が求められるため、これは役立つスキルです。

4-2.Googleのアルゴリズムや検索順位についての理解が深まる

Googleのアルゴリズムや検索順位についての理解が深まるのも、Webライティングに期待できるメリットです。
※ここでいう「アルゴリズム」とは、「コンテンツの評価や検索結果の順位を決定する計算方法」を指しています。

Webマーケティングでは、集客手段としてWebサイトを多用します。
Webサイトの集客効果を高める最も効果的な方法は、Googleの検索結果でコンテンツを上位表示することです。

Webライティングをしていると、Googleのガイドラインやアルゴリズムの変更に関する知識が蓄積されます。
そのため、将来的に自然検索(ユーザーがキーワードを検索して情報を調べる検索方法:Google検索など)を利用したWebマーケティングをするうえで役立つでしょう。

4-3.SEO対策関連の分析に慣れられる

Webライティングの仕事をすると、SEO対策関連の分析に慣れられます。

前項と関係しますが、WebライティングではSEO対策を意識して執筆する場面が非常に多いです。
具体的には、キーワードの分析や競合サイトの分析・ユーザーの検索意図の分析などを行います。

このような分析プロセスは、WebライティングにかぎらずWebマーケティングで行われるものです。

データを分析する力をWebライティングで身につければ、Webマーケティングのスキルの下地も身につけられるでしょう。

5.Webライティングを学びながら稼ぎたいなら「株式会社BRIDGEA」へ

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
Webライティングをこれから始めたい方。
株式会社BRIDGEA」で、学んで働きながらスキルを身につけてみませんか?

弊社でWebライター登録をすると、プロのディレクターからWebライティングやSEO対策などの指導を受けながら、執筆の仕事をすることが可能です。
初心者の方でも、フィードバックやミーティングなどをとおして実力を伸ばしていけるため、着実にWebライティングのスキルがアップします。

執筆するのは主に企業のブログ記事であるため、将来特定の企業にWebライターとして就職するうえでも、フリーランスWebライターとして仕事の幅を広げるうえでも役立つこと間違いなしです。

以下の募集ページにて、詳細をご覧いただけます。
どうぞお気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

Webライティングは、Webマーケティングの仕事の一つです。
中でも、コンテンツマーケティングの施策として行われるのが一般的です。

Webマーケティングの中では始めやすい仕事であるとともに、Webマーケティングに必要なスキルを養える仕事でもあります。

Webマーケティングに関心がある方は、まずWebライティングのノウハウとスキルを高めることから始めてみるのはいかがでしょうか?

関連記事

  1. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

  2. 【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

    【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

  3. Webライティングにおける文字数の重要性|記事の質にも影響!?

  4. Webライティングの基本として知っておきたい5つのポイント

  5. Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

    Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

  6. Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説

    Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説