たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

「副業でWebライティングをしたいけど、始め方がよくわからない…」

こんな悩みはありませんか?

実はWebライティングを副業で始めるのは意外と簡単。
たった3ステップで始められます。

この記事では、副業Webライティングに興味がある方向けに、以下の情報を公開します。

  • Webライティングの仕事内容
  • 副業でWebライティングができる3つのプラットフォーム
  • 副業Webライティングを始める3つのステップ

最後に、スムーズにWebライティングを始めるおすすめの方法もご紹介します。
効率的に副業Webライティングを始めたい方は、ぜひこの記事からヒントを見つけてください。

1.副業Webライティングの始め方を順番で解説

副業でWebライティングを始める手順を、以下の3ステップで見ていきましょう。

  • ステップ1:まずは作業環境を整えよう
  • ステップ2:必要なスキルを身につける
  • ステップ3:プラットフォームを選び仕事を始める

各ステップで、関係するポイントを詳細に解説していきます。

1-1.ステップ1:まずは作業環境を整えよう

1-1.ステップ1:まずは作業環境を整えよう

ステップ1は「作業環境を整備すること」です。

まずは、Webライティングの副業を始めるのに最低限必要なものや環境を整備しましょう。

準備しておくべき具体的なものをご紹介します。

1-1-1.PCとインターネット・作業スペースを用意する

Webライティングに必ず必要なのは、以下のものです。

  • PC(入力ソフトや表計算ソフトなどOffice系ソフトが使えるもの)
  • インターネット(動画をスムーズに見られる速度)
  • 作業スペース(落ち着いて仕事に取り組める静かな場所)

3番目の作業スペースについては、自宅でなくてもOKです。
コワーキングスペースやお気に入りのカフェなど、落ち着いて仕事できる場所であれば、どこでもかまいません。

ただしセキュリティの関係上、公共の場所や飲食店のフリーWi-Fiの利用はおすすめしません。
外出先で働く場合は、モバイルデータ通信など自前のインターネット環境を用意するのが最善です。

1-1-2.副業の時間をしっかり取り分ける

Webライティングにあてる時間も、しっかり「準備」しましょう。

本業がある方の場合、副業にどれだけの時間を充てられるかが収入を大きく左右します。
多くの時間を取り分けられるなら、それだけ多くの記事を執筆でき収入は増えます。
本業やプライベートに充てる時間を重視するなら、副業の時間がなくなり、ほとんど稼げません。

稼げる副業として成り立たせたいなら、時間管理をしっかり行う必要があります。

1-2.ステップ2:必要なスキルを身につける

1-2.ステップ2:必要なスキルを身につける
ステップ2は「必要なスキルを身につけること」です。

学ぶべきスキルを2つご紹介します。

1-2-1.Webライティングの基礎を学ぶ

何よりも大事なのは、Webライティングのスキルです。

具体的には、以下のスキルを高める必要があります。

  • 情報収集能力(リサーチ力)
  • 記事構成の企画力
  • ユーザーの検索意図を考える想像力
  • 読みやすい文を書く文章力

Webライティングの仕事では主に、「リサーチ→構成案の作成→執筆」の順序で記事を仕上げます。
この作業自体は素人でもできますが、説得力がある記事を書くには、それ相応のノウハウが求められます。

「おいしい」と言ってもらえる料理を作るのに、食材の特性を活かすためのさまざまな調理法を知っておく必要があるのと同じく、「読みたい」「わかりやすい」と思われる文章を書くには、いろいろなテクニックを知っておく必要があるのです。

そのため仕事を受注する前に、書籍やWebサイトなどを通してWebライティングのイロハを学んでおきましょう。

以下の記事では、「リサーチ」「記事構成の作成」「本文執筆」におけるコツを解説しています。

参照:Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

1-2-2.役立つツールの使い方を知る

Webライティングを効率的に行うには、さまざまな便利ツールの使い方を学ぶことも大切です。

ツールを使いこなすと作業効率が上がり、1記事仕上げるのにかかる時間を短縮できます。

例えば、以下のようなツールやサービスが役立つでしょう。

  • ラッコツールズ(上位サイトの見出しや関連キーワード・共起語などを一括抽出できるツール)
  • Yahoo!知恵袋(一般ユーザーの関心や悩みに触れられるサイト)
  • e-Stat(政府の統計情報を探せるサイト)
  • DeepL翻訳(外国語を自然な日本語に翻訳できるツール)

副業の場合、働ける時間が限られますが、時短作業ができれば実質収入額が上がります。

以下の記事では、Webライティングに役立つツールをさらに詳しくご紹介しています。

参照:作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

1-3.ステップ3:プラットフォームを選び仕事を始める

1-3.ステップ3:プラットフォームを選び仕事を始める
ステップ3は「仕事を受注するプラットフォーム選び」です。

プラットフォームとは、Webライティングの仕事を見つけられる場、つまりサービスのことです。
詳しくは後述しますが、主に以下の3つのプラットフォームで仕事を見つけられます。

  • クラウドソーシング
  • 記事作成代行会社
  • 企業でのアルバイト

1-3-1.初心者向けの案件を探す

プラットフォームを選んだら、可能な限り初心者向けの案件を探しましょう。
※タスク案件やその旨が記載されている案件など。

どの案件を選んでもかまいませんが、初心者向け案件から始めた方がハードルは低いでしょう。

「初心者向け」と銘打たれている場合、クライアント側が「作業に慣れていないWebライターが書く」ことを意識しています。
そのため、作業指示や記事の内容・文字数などのハードルが比較的低めです。

まずは簡単な案件をこなすことで、「慣れ」や「自信」をつけていくのはよいことです。

1-3-2.テストライティングを受ける

新しい案件に取り組む際、最初にクライアントからテストライティングを求められることがあります。

これはクライアントが担当候補のWebライターとしてのスキルを見るためです。

クライアントは良質な記事をサイトに掲載したいため、応募してきたWebライターに執筆を依頼するかどうかを、テストライティングを通して判断します。

テストライティングは、案件を継続受注できるかどうかを決める大事なプロセスです。
レギュレーション(作業指示)をよく読み、学んだWebライティングのノウハウを活かしながら執筆しましょう。

1-3-3.納期やレギュレーションを遵守して一生懸命執筆する

テストライティングに合格したら、クライアントからさらに仕事を任されます。
テストに受かったからといって慢心せず、レギュレーションと納期を遵守して、質のよい記事を書き続けてください。

Webライティングの学習も続け、読みやすい記事、説得力のある記事を量産しましょう。

そうすることでクライアントから高い評価を受け、将来的に単価アップも目指せます。

2.副業でのWebライティングを受注するためのプラットフォーム

2.副業でのWebライティングを受注するためのプラットフォーム
前述のステップ3で触れましたが、副業でWebライティングを行う際、どのプラットフォームで働くかを決める必要があります。
おおまかに分けると、以下の3つのプラットフォームがあります。

  • クラウドソーシング
  • 記事作成代行会社
  • 企業でのアルバイト

それぞれのプラットフォームの概要と向いている人を解説します。

2-1.クラウドソーシングに登録して案件を獲得する

クラウドソーシング」は、仕事を発注したい企業と仕事を受注したいフリーランスとのマッチングサービスです。
代表的なクラウドソーシングには以下のものがあります。

クラウドワークス
ランサーズ

フリーランスのWebライターは、クラウドソーシング上に掲載されたWebライティングの案件を探して応募し、企業と交渉します。

クラウドソーシングで働く場合、さまざまなジャンルや報酬単価の案件を探せます。
基本的にWebライター1人で営業するため、働き方が自由です。

その代わり、周りからのサポートはありません。
Webライティングの指導や記事の構成案チェックなどがないため、自分の実力のみで「戦う」必要があります。

クラウドソーシングは、単価や記事のジャンルをある程度自分で選びたい方向けです。

2-2.記事作成代行会社に在籍して働く

記事作成代行会社」とは、クライアントから記事作成の仕事を請け負う会社です。

記事作成代行会社は、請け負った案件を、自社に在籍ないし登録しているWebライターに割り当てます。
記事作成代行会社に在籍ないし登録していれば、自分で案件に応募する必要がなくすぐに仕事を始められるでしょう。

その代わりクラウドソーシングの場合ほど、案件を選ぶ自由度はありません。

このプラットフォームの場合、基本的にディレクターがクライアントとWebライターの間に立ち、やり取りをします。
また必要に応じて記事作成時にディレクター側からフィードバックを受けられるなど、ある程度のサポートがあります。

記事作成代行会社は、記事を会社からアサインしてほしい方や、サポートを受けたい方に便利なサービスです。

2-3.企業でアルバイトとして働く

企業でアルバイトとして働く場合、フリーランスのWebライターとは異なり時給制で働くのが一般的です。

仕事内容は主に、バイト先企業の自社メディアの記事やメールマガジンなどを執筆することです。

企業でのバイトの場合、先輩や上司からのサポートを受けられます。
また時給制であるゆえに、働いた時間分の給料が保証されます。

在宅ワークが可能なバイト求人もありますが、特定のタイミングでの出社を求められるケースも少なくありません。

企業でのアルバイトは、一定額の給料を確実に得たい方におすすめです。

以下の記事では、Webライティングのバイト求人について詳しく解説しています。

参照:求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

3.副業Webライティングの始め方に関する質問

初心者の場合、副業Webライティングの始め方について、最初いろいろな疑問が浮かぶかもしれません。

ここからは、役立つ情報をQ&A方式でご紹介します。

3-1.年齢制限はある?

3-1.年齢制限はある?
年齢制限はありません。

10代でも50〜60代でも問題ありません。
※中学生以下は法律の関係上、難しいことが予想されます。

Webライティングではさまざまなジャンルの記事を書きます。
そのため、年齢をある程度重ねた社会経験がある方の方が、活躍できることも少なくありません。

これまでの仕事で得た知識や、趣味で培ったノウハウ・スキルなどを活かすことが可能です。

3-2.スマホでも働ける?

スマホだけでも働けますが、おすすめはしません。

スマホの画面は小さくタップ入力であるため、タイピングに不向きだからです。
PCを使う方が、はるかに作業効率がよいでしょう。

できればセカンドモニターを用意すると、執筆画面とリサーチ画面に分けてスムーズに作業できます。

スマホは、外出先のスキマ時間で記事テーマの情報を収集するときに使うとよいでしょう。

3-3.どのくらいの収入が見込めるの?

3-3.どのくらいの収入が見込めるの?
働き方によりますが、初心者Webライターの場合、月に「~5万円」くらいが相場でしょう。

Webライティングの収入は、以下の3つの要素で変動します。

  • 稼働時間
  • 報酬単価(企業でのアルバイトの場合は時給)
  • 作業スピード

副業の場合、
稼働時間に制限があるため、報酬単価と作業スピードをいかにアップできるかが課題となります。

以下の記事で、副業Webライターの収入事情を詳しく解説しています。

参照:副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

3-4.資格を取得した方が有利?

Webライティングに資格は必要ありません。
ただし資格があると、基本的な知識があることをクライアントにアピールできるでしょう。

実際、WebライティングやSEO対策の資格を取得する中でさまざまな知識に触れるため、ノウハウは高められます。

そのため、先述のステップ2「Webライティングスキルを身につける」プロセスの一環として、資格取得を目指すのも悪くありません。
例えば以下のような資格を検討できるでしょう。

  • Webライティング技能検定:Webライティング技能があることを証明できる資格
  • SEO検定:SEO対策の基礎や応用を学べる資格

3-5.ブログを開設した方がよい?

3-5.ブログを開設した方がよい?
Webライティングを副業で始める上では、当面は必要ありません。
まずはWebライティングの知識を学習し、実際の仕事に慣れることが先決です。

ただし時間に余裕があるなら、ブログを運営するのもよいでしょう。

ブログでの記事公開は、Webライティングの練習になるのは確かです。
またプロフィールのPRポイントとしてブログ運営をしていることを記載すれば、クライアントへのアピールになります。

3-6.クラウドソーシングで仕事を受注するのって難しい?

クラウドソーシングには多くのライバルがいるため、案件獲得は決して簡単ではありません。

低単価案件は比較的簡単ですが、高単価案件の獲得には競争力を高めることが必要です。

Webライティングのノウハウとスキルを高めるとともに、多くの案件をこなして実績作りに励むようにしましょう。

3-7.勤務先にバレない?

うっかり口を滑らせたりしない限り、基本的に心配ないでしょう。

ただし気をつけたいのは確定申告をするときです。
※副業の所得が20万円を超えると確定申告が必要。

住民税の徴収方法を「給与から差引き」に設定すると、本業と副業の合算にもとづく住民税額が会社に知らされるため、バレる可能性があります。

この事態を防ぐには、徴収方法を「自分で納付」に設定しましょう。

なお副業すること自体は法律上問題ありません。
仮に会社が「副業禁止」を就業規定に盛り込んでいたとしてもです。

ただし本業に支障や不利益が出る場合には懲罰の対象になる恐れがあるため、ご注意ください。

4.副業Webライティングなら「株式会社BRIDGEA」で始めるのがスマート!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
副業Webライティングに興味があるみなさま。
弊社「株式会社BRIDGEA」で、Webライティングを始めてみませんか?

株式会社BRIDGEA」は記事作成代行会社です。
さまざまなクライアントから記事執筆の仕事を請け負っているため、在籍されるWebライターのみなさまには定期的に案件をお任せできます。

クラウドソーシングのように自分で営業する必要がないため、スムーズに稼ぎたい方におすすめです。
また、未経験の方には弊社スタッフが丁寧に指導を行い、その後もディレクションチェックのサポートを行います。

校閲・校正担当者も含むチーム体制で記事を仕上げるため、未経験者であっても無理なく始められます。

Webライティングしたい方、在宅副業ワークに興味がある方は、ぜひ以下の募集ページよりお気軽にお問い合わせください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

5.まとめ

Webライティングの副業の始め方は意外とシンプルです。
「作業環境を整える」「必要なスキルを身につける」「プラットフォームを選ぶ」の3ステップで始められます。

ただし一定の収入を継続して得られるようになるには、スキルアップが欠かせません。

どのプラットフォームで働くとしても、クライアントからの高評価を得るために、Webライティングの学習をコンスタントに行いましょう。

関連記事

  1. Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

    Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

  2. Webライターに経験や年齢は問われる?学生や40代から始めるメリットも解説

    Webライターに経験や年齢は問われる?学生や40代から始めるメリットも…

  3. 「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

    「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

  4. Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

    Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

  5. Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

    Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

  6. 【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

    【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ