求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

Webライティングの仕事は、フリーランスだけでなくバイトとして働くことも可能です。

Webライティングは文章を書くのが好きな方や、いろいろなことを調べるのが好きな方に向いた仕事です。
大学生や副業を探している方にもぴったり。

この記事では、Webライティングのバイトについて、以下の点を解説します。

  • Webライティングの仕事内容や働き方
  • 実際のバイト求人情報
  • バイトとフリーランスでの働き方の違
  • Webライティングでの稼ぎ方

Webライティングのバイトのイロハを知りたい方、必見です。

1.Webライティングにはバイト求人もある

1.Webライティングにはバイト求人もある

Webライティングの仕事は、多くの場合プロジェクト単位で外注されています。

仕事の内容や期間は案件によって異なりますが、クラウドソーシングや記事作成代行会社をとおして、外部のWebライターに依頼するのが一般的です。

しかし企業が、バイトの雇用形態で専属のWebライターを募集しているケースもあります。
この場合、フリーランスではなく特定の企業に勤めるWebライターとして活躍することになります。

バイトとして採用された場合の一般的な条件は、以下のとおりです。

・時給制
時給相場はだいたい1,000円前後です(高いところでは1,500円など)。

・福利厚生
基本給与とは別に、福利厚生が充実している求人もあります。
例えば、募集要項の中には以下の福利厚生プランを提供している企業があります。

  • 社会保険
  • 退職金制度
  • 雇用保険
  • 介護保険
  • 労災保険
  • 非喫煙者別途15分休憩制度
  • 交通費全額支給
  • 時差出勤制度
  • 書籍購入支援制度
  • カーシェア制度
  • 昇給制度
  • 有給休暇
  • PC支給

出典:株式会社メディアエクシード

・働き方
出社するか在宅勤務になるかは雇用主によります。
基本的にはリモートワークが可能でも、打ち合わせで定期的に出社を必要とするパターンもあります。

・条件
求人ごとに異なりますが、大学生や主婦など幅広い人材が応募可能な求人が多いです。

・雇用主
一般企業が自社 メディアの専属ライターとして採用するケースが一般的です。
あるいはWeb制作会社や記事作成代行会社などが、自社のクライアントに納品する記事を書くWebライターを雇うこともあります。

・仕事内容
執筆・編集が主な仕事です。
具体的には、以下のような作業が含まれます。

  • LPのライティング
  • 自社メディアの記事作成orクライアントの記事作成
  • 校閲
  • ツールを使っての分析

2.Webライティングのバイトの時給相場は?

2.Webライティングのバイトの時給相場は?
Webライティングをバイトで行う場合、実際どれくらい稼げるのかをシミュレーションしてみましょう。
2つの条件でそれぞれシミュレーションします。

■シミュレーション1

  • 時給:1,200円
  • 労働時間:1日5時間(週3日)

週3日で働く場合、月に13日間ほど 稼働するでしょう。
そうすると、合計で65時間ほど働くことになります(5時間×13日)。

この場合、ひと月の給料は「65時間×1,200円」の計算で、7万8,000円です。

■シミュレーション2

  • 時給:1,200円(研修期間の3ヵ月間は時給1,000円)
  • 労働時間:1日3時間(週4日)

週4日で働く場合、月に18日間ほど働くことになるでしょう。
この場合、時間換算で合計54時間ほど働くことになります(3時間×18日)。
ひと月の給料は、最初の3ヵ月 間が「54時間×1,000円」の計算で5万4,000円 、4ヵ月 目以降は「54時間×1,200円」で6万4,800円です。※「最初の3ヵ月は時給1,000円」という条件があるため。

長期で働く場合は、給料とは別にボーナスが出るケースがあります。
また、特定の目標を達成することでインセンティブをもらえるケースもあります。

なお採用する企業にもよりますが、時給単価は、経験やスキルによってアップさせることが可能です。
給与アップや好条件での採用を目指すなら、Webライティングのスキルやノウハウを高めておくとよいでしょう。

Webライティングのバイト求人では「未経験者OK」としているところもありますが、やはり即戦力になる人材が厚遇される傾向にあります。

3.【求人情報】Webライティングのバイト情報を実例でご紹介

3.【求人情報】Webライティングのバイト情報を実例でご紹介
ここからは、実際に募集されている求人情報をいくつかご紹介します。

基本給与や仕事内容を見て、Webライティングのバイトのイメージをつかんでみてください。

3-1.求人情報例1

雇用主:株式会社ipe
勤務地:東京都港区南青山2丁目24番15号 青山タワービル5階
時給:1,200円~ (昇給あり・交通費全額支給)
勤務時間:9:00~19:00(週3日以上/1日5時間以上)
仕事内容:Webコンテンツの規格やライティング(SEOライティング)・編集やディレクション
経験の有無:未経験歓迎

参照:“SEOコンテンツのWebライター”, Indeed

こちらの求人では、専業・副業問わず、学生や主婦(夫)など多くの方を対象にWebライターが募集されています。
さまざまな分野の原稿を書きたい方や情報収集が好きな方などが、歓迎される人物像として記載されています。

3-2.求人情報例2

雇用主:株式会社メディアエクシード
勤務地:東京都新宿区新宿2丁目3-11 VORT新宿御苑 7F(在宅OK)
時給:1,200~1,500円(スキルによる)
勤務時間:平日10:00~19:00 (昼休憩1時間)
仕事内容:SEOライティングを中心としたセールスライティング
経験の有無:経験不問

参照:“WEBライター”, Indeed

こちらの求人では、在宅ワークが可能です(研修期間中は出社の必要あり)。
リンクから詳細な募集要項を見ると、福利厚生や保険制度・手当が充実しているのがわかります。

経験者は高い時給で始められる可能性があります。

3-3. 求人情報例3

雇用主:株式会社バルズ
勤務地:東京都港区新橋二丁目12番17号 新橋I-Nビル9階(在宅OK)
時給:1,200円(研修期間の3ヵ月 間は時給1,000円)
勤務時間:10:00~20:00の間で週2日以上・1日3時間~(月50時間程度)
仕事内容:Webライティング(詳細の記載なし)
経験の有無:未経験歓迎

参照:“ライター”, Indeed

こちらの求人では、高卒以上で長期間(半年以上)働ける方が募集されています。
基本的に自宅でリモートワークできるため、「できるだけ通勤したくない」方に便利です(月数回の出社は必須)。

3-4. 求人情報例4

雇用主:株式会社Fan
勤務地:富山県富山市二口町5-8-13(在宅応相談)
時給:1,050円 〜 1,400円
勤務時間:8:40~17:40の中で4時間/1日から勤務可
仕事内容:記事のリライト・メールマガジン作成・外部ライターとのやりとり・校正や校閲
経験の有無:未経験歓迎

参照:“WEBライター/ コンテンツ企画”, Indeed

こちらの雇用主は主に金融商品を扱っているため、お金に関するテーマに詳しい方や詳しくなりたい方に向いています。
ライティング経験(特に金融関係)が求められますが、文書を書くのが好きな未経験者であっても歓迎されます。

4.Webライティングするならバイト?フリーランス?

Webライティングの仕事をする場合、フリーランスとして働くのとバイト求人に募集するのとどちらがベターでしょうか?

結論からいえば、どちらがよいかは人により異なります。

フリーランスが適している方もいれば、バイトの方がよい方もいるでしょう。

バイトとフリーランスとの違い、およびそれぞれのメリット・デメリットを解説しますので、どちらの働き方が自身に向いているか検討してください。

4-1.バイトとフリーランスとの違い

4-1.バイトとフリーランスとの違い
バイトとフリーランスには、以下のような違いがあります。

報酬
バイト:主に時給
フリーランス:主に文字単価や記事単価

勤務地
バイト:規定のオフィス(求人によって在宅OK)
フリーランス:主に在宅

サポート
バイト:会社からのサポートを期待できる
フリーランス:クラウドソーシングでは期待できない

仕事の獲得方法
バイト:会社からのアサイン
フリーランス:クラウドソーシングでは自身で獲得(記事作成代行会社ではアサイン)

このように、バイトとフリーランスにはさまざまな違いがあります。

バイトは主に時給制であるため、与えられた課題をこなせば一定の給料が保証されています。

それに対してフリーランスは、自分で仕事を獲得してこなした分だけ稼ぐスタイルです。
作業スピードや案件の報酬単価により、給料は大きく変動します。

4-2.バイトのメリット・デメリット

続いてバイトで働く場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

両方を比較した上で、バイトが向いている方もご紹介します。

4-2-1.メリット

バイトのメリットには、以下の点が挙げられます。

  • 時給制だと決まった額の給料が保証される
  • 安定して働ける(会社から仕事をアサインされるため)
  • 「未経験OK」の求人もある

4-2-2.デメリット

バイトのデメリットには、以下の点が挙げられます。

  • 通勤に時間を取られやすい(在宅がOKでも出社が求められる可能性がある)
  • 給料が 上がりにくい(時給制で一定期間固定される可能性があるため)

4-2-3.バイトはこんな方におすすめ

バイトでWebライティングをするのが向いているのは、以下のような方です。

  • 毎月安定した給料を受け取りたい
  • 上司や先輩からWebライティングを教わりたい
  • オンとオフを明確に区別したい(出社するタイプの求人の場合)
  • 学んだスキルを活かして将来フリーランスとして活躍したい(未経験OKの求人に応募してスキルが身についてからフリーランスで働ける)
  • 接客や事務手続きなどのバイトよりもWebライティングが好き

4-3.フリーランスのメリット・デメリット

続いて、フリーランスで働く場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

両方を比較した上で、フリーランスが向いている方もご紹介します。

4-3-1.メリット

フリーランスのメリットには、以下の点が挙げられます。

  • 働き方によっては収入を増やせる(単価や作業スピードしだいでは時給換算で2,000円を超えることも可能
  • 在宅で働ける
  • 好きなテーマを選べる(クラウドソーシングの場合、Webライター自身が応募案件を決められる)

4-3-2.デメリット

フリーランスのデメリットには、以下の点が挙げられます。

  • 時給換算すると報酬が低い場合がある(単価や作業スピードしだいでは時給換算すると低時給になる恐れがある)
  • 自分で営業しないといけない
  • スキルが低いうちは応募しても採用されないことが多い(特に高単価の案件は競合が多い)

4-3-3.フリーランスはこんな方におすすめ

フリーランスでのWebライティングは、以下のような方におすすめです。

  • スキルが収入に反映される働き方をしたい
  • バイトのように決まった時間に出社するのではなく自由に働きた
  • クライアントや案件などを自由に選びたい(好きな分野や得意なジャンルで仕事したい)
  • 高い営業力やライティングスキルを身につけたい
  • Webライティングが好き

5. 【バイト・フリーランス共通】Webライティングはスキル獲得が重要!

5. 【バイト・フリーランス共通】Webライティングはスキル獲得が重要!
Webライティングの仕事をバイトで行うとしても、フリーランスで行うとしても、共通して大事な点があります。

それは、「スキル獲得」です。
スキルを獲得できれば、高単価の仕事ができるチャンスが広がるからです。

また、そもそもスキルがないと仕事に行き詰まりを感じることもあるでしょう。

現実的な話、スキルがないフリーランスは十分に稼げないでしょう。
「1万円稼げれば十分」などちょっとしたお小遣い稼ぎならまだしも、「月5~10万円は欲しい」ともなると、スキルなしではハードルが高すぎます。

バイトの場合であっても、仕事が終わらず残業をせざるを得なくなってしまったり、次のキャリアに役立てなかったりするでしょう。
バイト先の先輩や上司から仕事を教えてもらえる可能性が高いとはいえ、いつまでも「おんぶにだっこ」とはいきません。

現時点で未経験者で あるかどうかにかかわらず、継続的にWebライティングスキルを伸ばすことが大切です。

では、具体的にどのようなことをすればよいでしょうか?
スキル獲得のポイントとしては、以下の2つのポイントが挙げられます。

1.ツールを使いこなす
以下のようなツールの使い方に通じておきましょう。

  • WordやGoogleドキュメントなどの入力ツール(Officeソフトの扱いに慣れていることを募集要項に記載している案件もあり)
  • 関連キーワードを抽出できるツール
  • 上位サイトの見出しを抽出できるツール
  • コピペチェックツール
  • 文章校正ツール

Webライティングの便利なツールについては、以下の記事が参考になります。
参照:作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

2.Webライティングの基本を学ぶ
Webライティングの基本と応用知識も学びましょう。
Webライティングのイロハやテクニックについて解説した書籍やサイトは山ほどあります。

ユーザーに「読みたい」と思わせる記事の書き方や、効率よく執筆を行う方法について学ぶと、作業効率は着実にアップします。

6.未経験者も歓迎!スキルアップが可能な 「株式会社BRIDGEA」で働きませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像

「未経験なのでサポートを受けながら働けたらうれしい」
「在宅ワークができて一定の給料を稼げるWebライティングの仕事がしたい」

このようなニーズがある方におすすめしたいのが、弊社「株式会社BRIDGEA」のWebライティングのお仕事です。
弊社は記事作成代行会社で、未経験の方を含め幅広くWebライターになりたい方を募集しております。

弊社でWebライティングを行うことには、以下のようなメリットがあります。

  • 完全在宅ワーク
  • プロのスタッフがWebライティングを指導(仕事を始める前の指導や構成案チェック・フィードバック・ノウハウの共有など)
  • 弊社から仕事をアサイン(ご自身で営業する必要はありません)
  • フレキシブルな勤務時間(「1日3時間」などご自身で決めていただけます)

Webライティングを学びながら働けるため、バイト感覚で気軽に始められます。
完全在宅ワークであるため、通勤のストレスもありません。

報酬は時給制ではありませんが、頑張って働いた分だけ多く稼げます。
以下は報酬例です。

ブリジアライターの収入モデル例
在宅でWebライティングを始めたい方は、ぜひ一度下記の募集ページをご覧の上、お気軽にお問い合わせください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

7.まとめ

Webライティングの仕事はフリーランスだけでなく、バイトの求人も存在します。

バイトで働く場合、時給制であるため一定額の給料が保証されているのが大きなメリットです。
また未経験歓迎の求人も少なからずあり、先輩や上司からサポートを得られるのもうれしい点です。

ただし完全に在宅ワークがしたい方や、自分で好きなジャンルの記事を書きたい方にとっては、フリーランスの方が働きやすいかもしれません。

バイトとフリーランス双方のメリット・デメリットを比較した上で、どちらの働き方が自分に向いているか検討してみてください 。

関連記事

  1. webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

    Webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

  2. Webライティングは難しい⁈克服ポイントや向いているタイプを解説

    Webライティングは難しい⁈克服ポイントや向いているタイプを解説

  3. Webライターの平均年収は?収入を上げるためのスキルとは?

    Webライターの平均年収は?収入を上げるためのスキルとは?

  4. Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

    Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

  5. 目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介

    目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介

  6. 稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは

    稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは