Webライティングの情報収集に役立つ媒体7選!テクニック紹介

Webライティングの情報収集に役立つ媒体7選!テクニック紹介

Webライターとしてたくさんの仕事をこなしたい…けど、

「情報収集に時間がかかってしまう」
「どうすれば短時間で質の高い記事が書けるのだろう」

と悩んでいる方がたくさんいらっしゃるでしょう。

かくいう筆者もWebライター駆け出しの頃は3,000字の記事の執筆に18時間もかけていました。
それは、正しい情報収集の方法がわからないまま執筆し、何度も書き直したためです。

しかし、現在では効率的に情報収集ができるようになり、3,000字の記事なら3時間程度で執筆できるようになりました。

この記事では、情報収集の方法や種類、テクニックやコツ、考え方などをご紹介します。

1.Webライティングで効率的に情報収集するには?

1.Webライティングで効率的に情報収集するには?
Webライターとして効率よく情報収集するには、下記の3つを心掛ける必要があります。

  • 様々な媒体から情報収集する
  • 情報収集時に情報の見方を工夫する
  • 執筆する記事の目的を明確化する

それぞれの項目について、以下で詳しく解説していきます。

2.Webライティングの情報収集に役立つ媒体7選!

2.Webライティングの情報収集に役立つ媒体7選!
現在、情報収集の方法は多岐に渡ります。
たとえば、インターネット上のサイトやテレビ・本・SNSなどが挙げられます。

本記事では、注意点も含め7個の媒体について解説していきます。

2-1.一次情報をメインに収集する

一次情報とは、企業や個人が独自に行った調査や経験に基づく情報のことです。

また、二次情報は一次情報に基づく情報で、三次情報は二次情報に基づくものです。

二次情報や三次情報と比較して、一次情報は信ぴょう性が高いので、調査時には主に一次情報を収集すべきでしょう。

2-2.「Google chrome」を利用して検索する

Google chrome」はシンプルで使いやすく、メモや翻訳、自動音声読み上げなどの拡張機能が豊富に用意されています。

また、Google chromeには「シークレットモード」が搭載されており、閲覧時の履歴を残さない機能のほかに、検索時の記事の順位がユーザー情報によってカスタマイズされない機能があります。

そのため、真の検索順位を把握することができるので、上位に表示されている記事の分析・調査で偏った情報が表示されてしまうリスクを回避できます。

2-3.「テレビ」から収集する

テレビを利用して情報収集をすることも可能です。

世の中のトレンドや経済、エンタメなどの情報を得ることができます。

しかし、知りたいキーワードについて調べるといった利用方法ができず、不特定多数に向けた情報を自分で取捨選択する必要があります。

そのため、情報収集という点においては、トレンドの把握以外では利用しづらいといえます。

2-4.「本」から収集する

書籍や専門書は、個人や企業が責任を持って販売しているため、インターネットよりも信ぴょう性の高い情報を得ることができます。

しかし購入までに時間や手間が生じる場合があり、すぐに情報を得ることはできません。
また、情報を得るために費用がかかってしまうので、頻繁に書籍でのリサーチ作業はお勧めできません。

ただ、時間も手間も費用もかけずに書籍の情報を得る方法があります。
それは、電子書籍の貸し出しを行っている図書館、または自治体の利用です。

一般社団法人「電子出版制作・流通協議会」によると、全国で電子書籍の貸し出しを行っている図書館は314箇所、自治体は324箇所となっています。

インターネットから情報が得られない場合の情報源として活用してみてはいかがでしょうか。

参考:電子図書館(電子書籍サービス)実施図書館(2022年07月01日)

2-5.「SNS」から収集する

情報収集に活用できるSNSは以下の3つです。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

SNSはテレビ以上に世の中のトレンドを知ることができます。
さらに、ユーザーのレビューや口コミの情報を得ることもできます。
そのため、SNSは説得力のある記事を執筆する際には強力な情報収集ツールとなります。

しかし、情報の信ぴょう性は低いため、情報を発信しているユーザーの選定作業や、情報の裏付け調査が必要となる点には注意が必要です。

2-6.「ラジオ」から収集する

主婦やドライバーなど、生活面において手が離せない状況が多い副業Webライターは、ラジオでの情報収集をお勧めします。

テレビと同様に、世の中のトレンドや経済、エンタメなどの情報を得ることができます。

しかしデメリットもテレビと同様で、情報収集という点においては、トレンドの把握以外では利用しづらい点が挙げられます。

2-7.実際に人に聞く

実際に現地に赴いて、写真を撮ったり取材を行って情報収集することで、独自性のある記事を書くことができます。

また、現地での情報は一次情報であるため信ぴょう性も高く、SEOにおいて評価されるため、他のどの方法よりも効果的な情報収集手段といえます。

しかし、現地に赴くとなると費用や時間もかかるうえに、必ずしも欲しい情報が得られるとも限りません。

さらに、取材する場合には事前に許可をとる必要があるため、報酬によってはコストパフォーマンスが悪い可能性がある点に注意すべきでしょう。

3.情報の収集方法を選択し環境を整える

3.情報の収集方法を選択し環境を整える
情報の収集方法を選択し環境を整えることで、効率的に情報を得ることができます。

以下で、検索時のテクニックやコツを2つ詳しく解説していきます。

3-1.リスティング広告は無視する

リスティング広告とは「検索連動型広告」とも呼ばれ、検索されたキーワードに合わせて表示される広告のことです。

リスティング広告は、個人もしくは企業が毎月広告費用を支払っているため、常に画面の上部に表示されます。
そのため、リスティング広告の内容はSEOとは関係がなく、キーワードを検索したユーザーが求めている情報と異なる場合があります。

なので、情報収集する際にはリスティング広告は考慮する必要はありません。

3-2.リサーチ用と執筆用でモニターを使い分ける

情報収集時に、リサーチ用と執筆用でモニターを使い分けて作業することで、作業効率が格段にあがり、スピーディーに情報収集と執筆ができます。

使い分ける方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • 1つのモニター内でウィンドウを2つ表示し、リサーチ用と執筆用で分けて作業する方法
  • スマートフォンで調べてPCで執筆する方法
  • デュアルモニターにして、リサーチ用と執筆用で画面を分けて作業する方法

もっとも効率的に作業できるのはデュアルモニターにする方法ですが、予算がかかってしまうというデメリットがあります。
なので、最初は1つのモニターでウィンドウを分けて作業し、仕事量が増えてきたらモニターの購入を検討するとよいでしょう。

4.執筆する記事の目的を明確化する

4.執筆する記事の目的を明確化する
記事のゴールを明確化することで、情報収集がしやすくなりリサーチ時間の短縮ができます。

また、記事の品質の向上にも繋がるので、Webライターとして意識しておくことをお勧めします。

記事の目的を明確化するにあたり、重要なポイントを4つご紹介します。

4-1.顕在ニーズ・潜在ニーズを把握する

顕在ニーズ・潜在ニーズを把握したうえで情報収集することで、SEOで評価される記事を書くことができます。

顕在ニーズとは、すでに読者が気付いているニーズのことです。
たとえば、メインキーワードが「ダイエット 方法」である場合、顕在ニーズは「痩せたい」ということになります。

また、潜在ニーズとは読者が気付いていないニーズのことです。
上記と同様に、メインキーワードが「ダイエット 方法」である場合、潜在ニーズは「自己肯定感を上げたい」「結婚したい」などが考えられます。

読者が気付いている悩みに加え、気付いていない悩みにも注目することで、より本質的な提案に繋がるような情報収集をすることができます。

4-2.関連キーワードに着目する

関連キーワードとは、メインとなるキーワードを含む複合的なキーワードのことです。

たとえば、Google chromeで「Webライター」と検索した場合、関連キーワードとして「webライター 始め方」「webライター 求人」「webライター 未経験」などが表示されます。

このような関連キーワードに着目し、ニーズを洗い出したうえで情報収集することで、効率的に欲しい情報を得ることができます。

4-3.共起語に着目する

共起語とは、メインとなるキーワードと合わせて検索される単語のことです。

関連キーワードとは異なり、メインキーワードが「Webライター」である場合、共起語として「募集」「転職」「フリー」などが挙げられます。
これらの共起語に着目し、ユーザーが本当に知りたい情報を念頭に置くことで、効率的に情報収集することができます。

4-4.読者にどのようなアクションを起こしてほしいか考える

自分が執筆した記事を読んで、読者にどのようなアクションを起こしてほしいかを考えておくことで、ゴールが具体的になります。

具体的なゴールが決まっていると、過程を組み立てる作業が簡単になり、情報収集作業も素早く行うことができます。

5.Webライティングの情報収集時の注意点

5.Webライティングの情報収集時の注意点
Webライターは、正しい情報を価値のある記事として提供する必要があります。
そのため、以下の4つには注意して作業しましょう。

5-1.コピペは厳禁

Webライターとして、情報を発信する仕事に携わっている以上は、他人の情報を無断で利用する「コピペ」はやってはいけません。
その理由は以下の通りです。

  • 「著作権の盗用」として法律で禁じられているから
  • クライアントの信頼を失うから

Webライターである前に社会人として、責任感を持って仕事に取り組みましょう。

5-2.情報を鵜吞みにしない

情報収集時に利用する媒体によっては、情報の真偽が定かでない場合があります。
そのため、全ての情報を鵜呑みにしてはなりません。

なるべく一次情報を参考にしたり、複数の記事をみて判断したり、情報の裏付け調査を行うことで正しい情報を発信するべきでしょう。

5-3.できるだけ新しい情報を参照する

古い情報は新しい情報と比較して、信ぴょう性が低い情報であるため、できるだけ新しい情報を参照するべきです。

たとえば、法律や条例が改定された場合、改定前の情報が記載されている記事はあまり参考になりません。

また、時代とともに価値観も変化していくため、古い記事は受け入れがたい情報となっている可能性も考えられます。
そのため、膨大な情報の中から信頼できる情報を選択するには、できるだけ新しい情報を参照するべきでしょう。

6.Webライティングスキルを向上させたいなら「株式会社BRIDGEA」へ

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像

「情報収集の方法はわかったけど、実践で試してみたい」
「記事を読んだだけではスキルの向上に繋がっているのかわからない」

このような思いを持っている方は、弊社「BRIDGEA」で記事の書き方を学びながら、Webライターとして働いてみませんか?

弊社「BRIDGEA」では、記事を代行して執筆するサービスを行っており、随時Webライターを募集しております。

本業として独立を目指している方も、副業としてスキルアップを目指している方も、是非この機会にご応募ください!

参考:株式会社BRIDGEA 在宅Webライター募集ページ

7.まとめ

本記事では、Webライティングする際の情報収集の方法や種類・テクニックやコツ・考え方などをご紹介しました。
Webライターとして活動していく場合には、どれも知っておいた方がよい知識やテクニックです。
しかしそれらは、活動していく中で何回も悩み、考え、改善していくことで自然と身につくものばかりです。

弊社「BRIDGEA 」で経験を積んで、知識やテクニックを身につけ、一人前のWebライターを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 副業でWebライティング(ライター)を始めてみよう!必要なものや知識と…

  2. Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

    Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

  3. Webライティングの必需ソフト16選!良質な記事を量産しよう

    Webライティングの必需ソフト16選!良質な記事を量産しよう

  4. Webライターの練習ステップ|積み重ねが高スキルライターへ!

    Webライターの練習ステップ|積み重ねが高スキルライターへ!

  5. 副業にも最適!Webライティングの魅力と仕事のポイントを伝授

    副業にも最適!Webライティングの魅力と仕事のポイントを伝授

  6. フリーランスWebライターの年収は?労働時間や収入アップ法まで提案

    フリーランスWebライターの年収は?労働時間や収入アップ法まで提案