Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

「Webライティングって具体的にどんな記事を書くの?」

こんな疑問はありませんか?
Webライティングの仕事で書く記事にはさまざまな種類があり、種類によって収入や難易度は変わります。

そこでこの記事では、以下の情報をわかりやすく解説します。

  • Webライティングの主な種類
  • 初心者の方におすすめのWebライティングの種類
  • 効果的なWebライティングを行う7つの秘訣

記事の最後には、初心者の方にうれしい「学んで働けるWebライティングのサービス」もご紹介。
Webライティングを始めるうえで、この記事の情報が役立てば幸いです。

1.Webライティングの種類

1.Webライティングの種類
Webライティングの種類は多岐にわたります。

代表的な種類とその特徴を、実際の案件例をとおして見ていきましょう。
※案件例はクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」を参照しています。

1-1.企業のブログ記事(SEOライティング)

企業のブログ記事(SEOライティング)は、企業のオウンドメディア(企業が運営するサイト)に公開する記事です。

記事のテーマは通常、企業の商品やサービスと関連があるテーマです。
例えば化粧品メーカーであれば、美容やファッションなどをテーマとして記事を書きます。

ユーザーに役立つ良質な記事を書き、Googleなどの検索結果で上位表示させて集客するため、SEOライティングとも呼ばれます。
※SEO(SEO対策)とは、Googleでコンテンツを上位表示させる施策のこと。
※Googleはトップシェアをほこるため、この記事では「Google=検索エンジン」として説明します。

企業のブログ記事を書くには、SEO対策のノウハウが必要です。

参照:企業のブログ記事の案件例

1-2.取材・インタビュー記事

取材・インタビュー記事は、特定の物事や人物などを対象に、取材やインタビューを行って書く記事です。

取材・インタビュー対象になるのは、何かを達成した人物や有名な店舗かもしれません。
記事のテーマに関する経験をもつ人物や、特定の商品やサービスを利用した人物である可能性もあります。

取材やインタビューはオンラインで行われることもありますが、現場に足を運ぶ場合もあり、フットワークの軽さやコミュニケーション能力が求められます。

参照:取材・インタビュー記事の案件例

1-3.セールス記事・LP作成

セールス記事・LP作成は、特定の商品やサービスをPRする記事です。
※LP(ランディングページ)とは、ユーザーがそのサイト内でアクセスする最初のページのこと。

Webサイトで公開するページの文章を書くこともあれば、ユーザーに配信するメルマガの文章を書くこともあります。
LPの場合、短めでキャッチーなフレーズや多くの画像を用いたコンテンツを制作します。

企業のブログ記事とは異なり、このタイプの記事は広告感が強めに出されるのが特徴です。
商品やサービスの魅力をしっかり把握し、それを言葉で上手に伝えるスキルが求められます。

参照:セールス記事・LP作成の案件例

1-4.レビュー・口コミ・体験談

レビュー・口コミ・体験談は、商品やサービスの感想・評価などを書くWebライティングです。

口コミサイトやショッピングサイトに、特定の商品を使ってみた感想を書くなど、比較的簡単に書けるのが特徴です。

よほど特殊な商品やサービスでない限り、だれでも気軽に書けます。

参照:レビュー・口コミ・体験談の案件例

1-5.シナリオ

シナリオは、YouTubeなどの動画サイトやゲームのシナリオに使う題材を書くWebライティングです。

クライアントから指定されたネタを元にエンタメ性のある台本を書いたり、歴史やニュースの解説を書いたりなど、それなりのリサーチ力や創造性が求められます。

参照:シナリオの案件例

1-6.アフィリエイト記事

アフィリエイト記事は、クライアントの商品やサービスをPRすることを目的に執筆される記事です。

特定の商材に関して、その魅力や利用メリットなどをわかりやすく伝え、ユーザーのアクションを呼び起こす内容を書く必要があります。

記事内には、クライアントのLPにリンクするバナー(ボタン)を張ることが多いですが、ユーザーがバナーをクリックしたり、何らかのアクション(サービス登録や資料請求など)を起こしたりすると、クライアントから報酬がもらえます。

SEO対策のスキルはもちろん、ユーザーに行動を促すキャッチーなフレーズや説得力のある文章を書くスキルが必要です。

なおアフィリエイト記事は、アフィリエイトサイトを運営するブロガーからの依頼を受けて書くケースもあれば、自分でアフィリエイトサイトを開設して記事を書くケースもあります。
前者はそのブロガーに納品して報酬をもらえば終了ですが、後者は自サイト用に書くため自身の「資産」として残ります。

参照:アフィリエイト記事の案件例 (ブロガーに記事を納品するケース)

1-7.ニュース記事

ニュース記事は、特定の出来事に関するニュースをまとめた記事です。

話題になっているニュースの詳細を書いたり、新聞やニュース番組の情報をWebサイト用にまとめたりします。

企業のブログ記事同様、情報を正確にリサーチするスキルや、わかりやすく情報を整理する力が求められます。

参照:ニュース記事の案件例

2.Webライティングの種類による収入やハードルの違い

2.Webライティングの種類による収入やハードルの違い
Webライティングの種類や案件内容により、Webライターが得られる収入や執筆ハードルの高さは異なります。

収入や執筆ハードルを左右する要素をいくつか見ていきましょう。

2-1.執筆テーマ・ジャンル

執筆テーマ・ジャンルにより、収入や執筆ハードルはピンキリです。

レビュー・口コミ・体験談など、だれでも簡単に書けるような記事は、報酬単価が安めです。

文字単価でいうと、1円未満を想定しておくとよいでしょう。

一方、企業のブログ記事やセールス記事など、多くのリサーチや文章力が求められる記事は報酬が高めです。
文字単価1円以上のものは多くあり、中には5円以上するものも珍しくありません。

2-2.難易度・専門性

難易度・専門性は、収入や書きやすさを左右する別の要素です。

法律や医療など専門性が高い記事は知識レベルが高くないと書けません。
そのテーマで書くことはできても、やはり内容が薄くなったり、間違った情報や古い情報が入ってしまったりするリスクがあるでしょう。

その分ほかの一般的なテーマと比べて、報酬は高めです。

2-3.案件ごとの特別な条件

案件ごとの特別な条件も、Webライティングの収入や作業内容に影響を与える要素です。

Webライティングの案件には、Webライターの作業がリサーチと執筆だけに限られるものもあれば、ほかの作業も求められるものがあります。
例えば取材・インタビュー記事では、取材対象とのコンタクトや段取りの準備・場合によっては出張などが必要です。

このように案件ごとにWebライターへの要求事項が異なり、それが報酬や執筆ハードルを左右するケースがあります。

3.おすすめのWebライティングの種類

ここからは、Webライティング初心者の方におすすめのWebライティングの種類を3つご紹介します。

Webライターの方の好みやスキルにより状況は異なりますが、特にこだわりがない場合、以下の情報を参考にしてください。

3-1.企業のブログ記事:案件が多く安定的な受注が見込める

3-1.企業のブログ記事:案件が多く安定的な受注が見込める
長く安定してWebライティングの仕事をしたい場合は、企業のブログ記事がおすすめです。

企業のブログ記事は、案件数が多く安定的な受注が見込めるからです。

テーマやジャンルも多岐にわたり、得意なジャンルや興味がもてるジャンルも見つけやすいでしょう。

クライアントとの信頼関係が築ければ、さまざまなテーマの案件を任せてもらえる可能性もあります。

Webライティング初心者の方にも、中級者以上の方にも、企業のブログ記事はおすすめです。

3-2.取材・インタビュー記事:単価が高い

企業のブログ案件に慣れてきたら、取材・インタビュー記事に挑戦するのもおすすめです。

取材・インタビュー記事は、文章力だけでなくコミュニケーション能力も求められるため、文字単価が高めだからです。

また、文章だけを書くWebライターよりも、取材・インタビューもこなせるWebライターの方が、ライバルに差をつけやすいでしょう。
Webライター業界には大勢のライバルライターがいるため、差別化を図ることも大切です。

3-3.アフィリエイト記事:収入の軸を増やせる

3-3.アフィリエイト記事:収入の軸を増やせる
アフィリエイト記事は、収入の軸を増やすうえでおすすめです。

先述のとおり、自サイト用のアフィリエイト記事は、自身の資産として手元に残ります。

サイトに一定のアクセスがあり、かつ記事がユーザーにとって良質な場合、ユーザーがバナーをクリックしたり遷移先のページでアクションを起こしたりする可能性は高いです。
そうなれば、中長期的に報酬が発生し続けるため、収入の軸が増えます。

フリーランスWebライターの場合、多くのWebライティングの仕事で得られる収入は単発的なものです。
中長期的な収入源も欲しいなら、企業のブログ記事とは別に、自分のアフィリエイトサイト開設に挑戦してみるのもよいでしょう。

4.Webライティングで稼ぐ7つの秘訣(企業のブログ記事の場合)

ここからは、Webライティングで稼ぐ7つの秘訣をご紹介します。

Webライティングをこれから始める方、始めたばかりの方は、ぜひ参考にしてください。

なおここでは、Webライティングで一般的な企業のブログ記事を書く場合を想定しています。

4-1.リサーチを徹底する

記事作成は主に、記事のテーマとなるキーワード関連情報のリサーチと、構成案作り(タイトルや見出しの作成など)、本文執筆から成っています。

このうち大半のエネルギーを注ぐべきなのは、リサーチと構成案作りです。
記事に含める情報と文章の流れをしっかり作り込んでおけば、執筆作業はスラスラ進みます。

本文を書く前に、まずは以下のような構成案テンプレートを使って下書きを作りましょう。

構成案テンプレートの例

4-2.ユーザー目線に立って構成を組み立てる

Webライティングで最重要ともいえるのは、ユーザーの悩みや疑問を解決できる情報を提供することです。

記事のキーワードを検索するユーザーが、どんな情報を欲しがっているのか、この点を徹底的に考えましょう。

ワンポイントとして、上位サイトがどのような情報を網羅しているかチェックすると、ユーザーニーズを把握しやすくなります。
※Googleはユーザーに有益な情報を上位表示させるため。

4-3.SEO対策の基本を押さえる

4-3.SEO対策の基本を押さえる

クライアント企業は、記事を少しでも目立つ位置に表示させたいと思っています。

そのためには、Googleが推奨する記事コンテンツを意識して記事を書かなければなりません。
例えば、タイトルや見出しの付け方・キーワードの使い方などにおいて、Googleのガイドラインに沿った書き方をします。

以下サイトにあるようなGoogleの基本指針を読むことは、SEO対策の基本中の基本です。

参照:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

4-4.文章の型に沿って書く

文章の型に沿って書くことも、大事な秘訣です。

決まった型に沿って記事を書くと、読みやすく説得力のある文章を書きやすくなります。
例として、以下のような文章の型をマスターしておくとよいでしょう。

PREP法:以下の頭文字を取った造語
Point(結論)
Reason(理由)
Example(具体例)
Point(結論)

結論と裏付けをはっきり伝えられるためポイントを理解しやすく、Webライティング全般に有効です。

CREMA法:以下の頭文字を取った造語
Conclusion(結論)
Reason(理由)
Evidence(証拠)
Method(方法)
Action(行動)

PREP法に似ていますが、「方法」の項目がある分、読者に行動を促したい場合に有効です(特にセールス記事)。

4-5.記事の前半に重要なことを記載する

記事の前半に重要なことを記載することも、非常に重要です。

ユーザーはサイトにアクセスするとき、真っ先に自身が必要な情報を探します。
そのため、記事の最初の方に情報が見つからないと、ほかのサイトへ移ってしまいます。

ユーザーを離脱させないためには、可能な限り記事前半で、ユーザーニーズを満たす情報を提供しましょう。

4-6.中学生が理解できる文章を意識する

4-6.中学生が理解できる文章を意識する

どのようなテーマの記事を書くにしても、中学生が理解できるようなわかりやすい文章を意識しましょう。

難しい言い回しや専門用語のオンパレードは、ユーザー離れを起こします。

過度にくだけた表現を使う必要はありませんが、難しい言葉や専門用語は極力避け、使う必要がある場合には説明を加えることがカギです。

4-7.時間管理を徹底する

時間管理を徹底することは、Webライティングのテクニックというより、Webライターとしての働き方のポイントです。

本業であれ副業であれ、Webライティングで稼ぐには、作業するためのまとまった時間を確保しなければなりません。
月初めあるいは週初めにスケジュールをしっかり立て、Webライティング用の時間を取り分けましょう。

また作業時間内で効率的に記事を書くには、集中して取り組む工夫が必要です。
「ポモドーロ・テクニック」などを採用して、高効率の作業をしましょう。

5.Webライティング全般のスキルが身につく!「株式会社BRIDGEA」でWebライターになりませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
Webライティング全般のスキルを身につけたい方。
株式会社BRIDGEA」でWebライターとして働いてみませんか?

弊社は、Webライティングを学びながら、働いて収入も得られる記事作成代行会社です。

未経験者には、WebライティングやSEO対策に通じたディレクターが、基本や応用を丁寧にレクチャーします。
その後、企業のブログ記事などを担当していただきますが、記事ごとにディレクターチェックや校閲・校正スタッフからのフィードバックがあるため、Webライティングスキルがしっかり伸びます。

指導やサポートはもちろん無料。
ゼロからWebライティングを学びつつ収入を得られるため、とても効率的です。

以下の募集ページに詳細をご覧のうえ、ぜひお気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

Webライティングで書く記事の種類はさまざまです。

それぞれに特徴があり、Webライターによって、書きやすさや好みは異なることでしょう。

しかし、書きたい記事にこだわりがない場合は、企業のブログ記事案件がおすすめです。
また実力がついてきたら、取材・インタビュー記事やアフィリエイト記事に挑戦するのもよいでしょう。

ご紹介した7つのコツも参考にしつつ、Webライティングのスキルアップを目指してみてください。

関連記事

  1. Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

    Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

  2. Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

    Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

  3. Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

    Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

  4. Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

    Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

  5. 【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

    【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

  6. Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説

    Webライターになる具体的なやり方とは?必要なスキルや稼ぎ方を解説