【実は天職!?】ライターに向いている人の9の特徴を解説!

【実は天職!】ライターに向いている人の9の特徴を解説!

「自分は文章を書くのが好きなのでライターを仕事にしたいけど、向いているかわからない…」
「文章力に自信はないけど、ライターになれるか知りたい…」

こんな不安や疑問をおもちの人はいらっしゃいませんか?

ライターは未経験で、しかも自宅で始められる魅力的な仕事ですが、向き不向きがあるのも事実です。

「興味はあるけど自分に合っているか知りたい」という方のために、この記事では「ライターに向いている人の12の特徴」をご紹介します。

もし複数の項目に当てはまるようなら、ライターはあなたにとっての「天職」かもしれません。

また「ライターに向いていない人の特徴」と、「向いている人になるための5つのコツ」も一挙公開。

文章力に自信がある人もそうでない人も、ぜひこの記事を参考にしてください!

1.Webライターに向いている人の9の特徴

ライターに向いている人の9の特徴は以下のとおりです。

  • 「説明がうまい」といわれる人
  • さまざまなことに興味を持つ人
  • 気になることはとことん調べる人
  • 何事にも向上心がある人
  • 相手の話に耳を傾けられる人
  • 約束をしっかり守れる人
  • ネットサーフィンやタイピングに慣れている人
  • ガジェット好きな人
  • 物事を例えるのが好きな人

それぞれの特徴を解説します。

1-1.「説明がうまい」といわれる人

1-1.「説明がうまい」といわれる人
Web記事の多くは、言葉の意味や人物・出来事に関する解説など、特定のことについての説明文です。
ユーザーは気になる言葉を検索にかけて、その言葉に関連した情報をわかりやすく説明しているサイトを好んで閲覧します。

そのため「説明がうまいねといわれる人」は、Webライターに向いています。

特定のテーマについて書いたサイトはさまざまにありますが、すべてがわかりやすく説明しているわけではありません。
専門的なデータや資料を扱っていても、文章が難解だとユーザーはサイトから離れます。

普段から物事を上手に説明できる人は、ライティングにおいてもそのスキルを発揮しやすいでしょう。

1-2.さまざまなことに興味を持つ人

1-2.さまざまなことに興味を持つ人
「さまざまなことに興味を持つ人」は、多岐にわたるジャンルに関心を持ちます。

Webライターの仕事をしていると、実にさまざまな案件に出会います。
仮に、あるWebライターがIT系の話題以外にまったく興味を持てないなら、健康に関する案件がきたときにモチベーションが上がらないでしょう。

モチベーションが低いと、調査にかける時間や労力も中途半端になり、結果クオリティーの低い記事を書きかねません。
ジャンルを問わず意欲的に物事を調べられる人は、対応できる案件のバリエーションが増えます。

1-3.気になることはとことん調べる人

1-3.気になることはとことん調べる人
「気になることをとことん調べる人」もWebライター向きです。

このようなタイプの人は、表面的な情報だけを得て満足しません。
伝え聞いた話ではなく一次情報を探そうとしたり、関連する話題にも調査範囲を広げたりします。

その結果、特定のテーマに関して網羅性や専門性の高い記事を書くようになるため、良質なコンテンツを生み出しやすいです。

1-4.何事にも向上心がある人

1-4.何事にも向上心がある人
「何事にも向上心がある人」は、Webライティングのノウハウやスキルをもっと高めようとします。

そのため、より良い文章を書くことや、より詳しい情報を文章に載せることに力を注ぎます。
文章力に関する勉強を怠らず、学んだことをすぐに実践に活かそうとするはずです。

また文字単価の高い案件、つまり少しハードルが高い案件にも果敢に挑戦するでしょう。

その結果、収入アップを達成しやすく、それがモチベーションアップにつながって、良い循環が生まれます。

1-5.相手の話に耳を傾けられる人

1-5.相手の話に耳を傾けられる人
「相手の話に耳を傾ける人」もWebライターに向いています。
※ここでいう「耳を傾ける」とは、送られてきた文書によく目を通すことも意味します。

その理由は、クライアントの要望に注意を払うからです。

「どのようなトンナマ(文章の雰囲気)で書いてほしいか」「どのようなアングルからクライアントの商品やサービスを訴求すべきか」といった点について、相手側の意見をしっかり受け止めます。
納品後にクライアントから送られてくるフィードバックもきちんと考慮します。

このようなWebライターは、クライアントが期待する成果物を納品しやすく、評価が高まりやすいでしょう。

また記事作成代行会社に在籍していて、定期ミーティングがある場合は、話される内容に傾聴します。
そのため建設的なWebライティングノウハウを吸収しやすく、結果的にWebライターとして成長します。

1-6.約束をしっかり守れる人

1-6.約束をしっかり守れる人
「約束をしっかり守れる人」であることも、Webライターに大切なポイントです。

記事作成の案件には、大抵納期があります。
約束を守る人は、指定された納期に間に合うようスケジュールを立てるため、クライアントからの信頼を得ます。

また納期に間に合うだけでなく、余裕をもってタスクをこなそうとするため、時間に追われて中途半端な記事を書くことはしません。

どれだけ良質な記事を書く人でも、納期をふつうに過ぎてしまうようでは、社会的な信頼を勝ち得ません。
悪い評価がつけば、今後の案件獲得にも悪影響となるでしょう。

1-7.ネットサーフィンやタイピングに慣れている人

1-7.ネットサーフィンやタイピングに慣れている人
「ネットサーフィンをすることに慣れている人」は、ネット上で情報を探す習慣がついているため、調査力に優れています。
※ここでいう「ネットサーフィン」とは、娯楽の範疇でネットを使う人ではなく、調べ物をする人のことを指します。

記事を書くには、多くの調査が求められるため、この点でストレスなく調査を行えるでしょう。

また「タイピングに慣れている人」は、考えていることをすぐに文字に起こせるため、スピーディーに仕事が終わります。
作業効率が良いと、時給換算した場合の収入額も相対的に高くなるでしょう。

1-8.ガジェット好きな人

1-8.ガジェット好きな人
「ガジェット好きな人」は、執筆をサポートするアプリや、パソコン周辺機器・サービスの利用などにすぐ精通します。
※「ガジェット」とは、便利な小物やソフトなどのこと。

そのため調査や文章の構成・執筆・校正などの作業を効率的に行えます。

例えば、記事に盛り込めそうな内容を探すツールを使い、調査をスムーズにすませるでしょう。
あるいはパソコンのショートカットキーを使ったり、セカンドモニターを増設して、執筆作業を高速化したりするかもしれません。

1-9.物事を例えるのが好きな人

1-9.物事を例えるのが好きな人
「物事を例えるのが好きな人」も、Webライターの適正に合っています。

先述の「説明がうまい人」にリンクする点ですが、説明をわかりやすくする大きなポイントの一つは、物事を例えることです。
複雑なことを説明するときに、すでにユーザーが知っていそうなことに結びつけて例えると一気に理解が進みます。

例えば「コンテンツSEO」について説明するのに、「例えるなら、ラーメン屋が料理の味をより良くしてお客さんの胃袋をつかむようなもの」などと例え付きで説明した方が、イメージがわきやすいでしょう。

テーマが複雑なほど、例えを使う意義は大きくなります。

2.Webライターに向いていない人の7つの特徴

ここからは、Webライターに向いていない人の7つの特徴をご紹介します。

  • そもそも文章を書くのが苦手な人
  • マニュアルやルールどおりに動くのが嫌な人
  • 最初から高収入でないとダメな人
  • 「3日坊主」といわれることが多い人
  • 物事を後回しにすることが多い人
  • 集中力に欠けている人
  • 時間にルーズな人

それぞれのタイプの特徴を見ていきましょう。

2-1.そもそも文章を書くのが苦手な人

2-1.そもそも文章を書くのが苦手な人
「そもそも文章を書くのが苦手な人」は、Webライターになりたいと思うこと自体が、ハードルの高いことでしょう。

また、アイデアはあっても文字に起こすのに抵抗があったり、言葉の言い回しを過度に気にして書けなかったりします。

そうであれば、仕事として文章を書くのにプレッシャーを感じてしまうかもしれません。
あるいは単純に「面倒」と感じて、長続きしない恐れがあります。

2-2.マニュアルやルールどおりに動くのが嫌な人

2-2.マニュアルやルールどおりに動くのが嫌な人
「マニュアルやルールどおりに動くのが嫌な人」は、クライアントからの要望にじっくり目を通さず、自分の好きなとおりに執筆してしまう恐れがあります。

「指図されるのは嫌だ」と自分を主張しすぎるなら、遅かれ早かれトラブルになるでしょう。

納品した記事に対して大量の修正フィードバックがきて、後々面倒な修正作業に追われるかもしれません。
あるいはクライアントからの信用を失い、案件そのものが打ち切りになる可能性があります。

2-3.最初から高収入でないとダメな人

2-3.最初から高収入でないとダメな人
執筆の仕事は、慣れるまで低収入になるのが一般的です。
「案件にかかった時間と報酬を計算したら300円だった」というケースも珍しくありません。

中にはセンスが良くて最初からまずまずの収入を得る人がいるかもしれませんが、初心者は稼ぎにくいのが実情です。

そのため「最初から絶対高収入の仕事が良い人」は、すぐに挫折する可能性があります。

2-4.「3日坊主」といわれることが多い人

2-4.「3日坊主」といわれることが多い人
「3日坊主といわれることが多い人」は、始めてもすぐに飽きてしまいます。

「在宅で始めやすい」との理由でWebライターデビューをしたものの、モチベーションが続かず、しばらくするとデスクに向かうのが面倒だと感じるでしょう。

これまで特別な理由もなく職を転々と変えてきた人は、このようなリスクがあるといえます。

2-5.物事を後回しにすることが多い人

2-5.物事を後回しにすることが多い人
先述のとおり、記事作成には納期があります。

「物事を後回しにすることが多い人」は、時間に追われて複数の案件をためてしまい、納期に間に合わなくなる恐れがあります。

仮に間に合ったとしても、最後の最後になってがむしゃらに作業するため、記事の質が自然と低品質になりやすいです。

2-6.集中力に欠けている人

2-6.集中力に欠けている人
「集中力に欠けている人」は、じっくりと作業に臨めません。

少し調査や執筆をしては別のことを始めたり、「休憩した方が効率が上がる」などと言い訳して中断したりするでしょう。

作業が中途半端にストップすると、記事構成を考えているときに見出しの順序が論理的にならなかったり、さっき説明したことを忘れて不必要に同じことを書いたりしやすいです。

あるいは、前後の文脈がおかしな文章になるかもしれません。

2-7.時間にルーズな人

2-7.時間にルーズな人
「時間にルーズな人」は、余裕をもったスケジュール管理ができません。

優先順位をつけて1日の活動を計画しないため、納期遅れのリスクをかかえてしまうでしょう。

行うべきほかの活動にも影響が出てしまい、結果的にWebライターを続けるのが難しくなるかもしれません。

3.「記事がすぐに書けない=向いてない」ではない

3.「記事がすぐに書けない=向いてない」ではない

ライターとしてデビューして間もないころは、なかなか思うように記事が書けないかもしれません。

1記事書くのに多くの時間がかかってしまったり、記事構成を練るだけでかなりのエネルギーが求められたりすることも。

しかし、それは必ずしもライターに向いていないことのサインとは限りません。
単純な「慣れの問題」ということもあります。

スポーツでも勉強でも、最初のうちは思うようにできないものです。

そのため最初の1・2ヵ月で挫折するのではなく、継続してください。
最低でも3ヵ月は続けるようおすすめします。

その間にWebライティングの学習を行って、すぐに実際の案件でアウトプットすれば、徐々にスキルは上がっていきます。

4.一人前のWebライターになるためのポイント

ここからは、一人前のWebライターになるための5ポイントを解説します。

  • WEBライティングの勉強をする
  • 有名なWEBライターの記事を何度も読む
  • 数をこなす
  • 誰かに記事をチェックしてもらう
  • 作業に没頭するには環境づくりも大事

すぐに実践できるものばかりですので、ぜひ参考にしてください。

4-1.ライティングの勉強をする

4-1.ライティングの勉強をする
1つ目のポイントは「ライティングの勉強をすること」です。

文字を書くことは日常生活で当たり前のように行われますが、ネットで公開する記事を書くにはテクニックが必要です。

良質な記事を書くには、ユーザーの検索意図を見極める力や、論理的な見出しを構成する力、流し読みしても理解できる平易な文章を書く力などが求められます。

Webライティングについて扱った書籍やWebサイト・動画などを駆使して、ライティングの基礎と応用をインプットしましょう。

4-2.有名なライターの記事を何度も読む

4-2.有名なライターの記事を何度も読む
2つ目に「有名なライターの記事を何度も読むこと」です。

すでに一流のWebライターとして仕事をこなしている人の記事は、非常に参考になります。

内容の網羅性や専門性はもちろん、キャッチーなタイトルや見出し・ユーザーの共感を呼ぶ導入文・サラッと読める本文など、「読みたい」と思える要素にあふれています。

どのような記事の書き方をしているか、テクニックを「盗む」つもりで読み返しましょう。
現在取り組んでいる案件がある場合、そのジャンルに関して有名メディアで執筆している人を選ぶのも手です。

例えば「All About」では執筆者が顔出しで紹介されていますが、その時点でレベルの高いライターであると思われるので、参考になるでしょう。

4-3.数をこなす

4-3.数をこなす
3つ目に「数をこなすこと」です。

「習うより慣れろ」ではありませんが、文章は書けば書くほど慣れるものです。

もちろん、がむしゃらに書けば慣れるわけではありません。
前項で説明したように、Webライティングの学習を前提としたうえで、実践を重ねる必要があります。

インプット(学習)とアウトプット(実践)の両方を行うことが大切です。

4-4.誰かに記事をチェックしてもらう

4-4.誰かに記事をチェックしてもらう
4つ目に「誰かに記事をチェックしてもらうこと」です。

家族であれ友人であれ、第三者に記事を読んでもらうと、自分自身では気付かない「粗」を指摘してもらえます。

例えば文章のねじれや文末表現の単調さや、説明の内容がイマイチわかりにくいことが判明するかもしれません。

フランクに感想を聞いてみて、読みやすいかどうか、改善点がないかどうかを尋ねてみましょう。
文章の変なくせが見つかったら、早めに改善することで成長スピードが上がります。

4-5.作業に没頭するには環境づくりも大事

4-5.作業に没頭するには環境づくりも大事
最後に「適切な環境づくり」です。

「集中力が続かない」と感じる場合は、環境を見直すのも一計です。
具体的には、以下のような環境が望ましいでしょう。

  • 静かな部屋
  • 整理整頓されたデスク
  • 座りやすいイス
  • 良い姿勢で座ること
  • 適度な机の高さ
  • 首に負担がかからないモニターの高さ
  • 適度な休憩

「家だと集中できないけど図書館だと集中できる」と感じる人は、環境に問題がある可能性が高いです。
自宅をオフィスにするつもりで、一度徹底的にベストな環境について考えてみてください。

5.【経験不問!】ライターになるなら「BRIDGEA」!

5.【経験不問!】ライターになるなら「BRIDGEA」!
「Webライターに向いている」と思っている方。
「それほど思わないけどWebライターに本気で取り組みたい」と考えている方。

弊社BRIDGEAで在宅Webライターを目指してみませんか?

弊社では、未経験の方でも積極的にWebライターとして募集しております。
「これって何なの?」「この情報を伝えたい!」といった好奇心や「さらに読みやすい文章を届けたい」という向上心がある方なら、現在の資格や知識は問いません。

応募方法は非常にシンプルで、下記のWebライター募集ページから必要事項を入力していただき送信するのみです。
参照:在宅Webライター募集ページ

テストライティングや技術指導・練習を経て、必要なスキルを得てから仕事を始めていただけます。
案件開始後も、ミーティングなどを通して役立つノウハウを共有いたします。

「自分は向いているのかな…」と不安な方。
テストライティングをしてみたら、「意外と文章を書くのって楽しいかも」と思えるかもしれません。

ぜひお気軽に「BRIDGEA」までご相談ください。

6.まとめ

Webライターとして働き始めることは、誰にでも可能です。
しかし向き不向きがあるのも事実です。

思うように収入を継続して得られるようになるには、この記事で紹介したような適性がないと難しいでしょう。

とはいえ、現時点ですべての適性を備えていないといけないわけではありません。
向上心があって物事に真面目に取り組める人は、少しずつ適性を伸ばしていけます。

最初はみな苦労しますが、適切な指導を受けて実践の機会を多くもつことで、一人前の「稼げる」ライターを目指せるでしょう。

関連記事

  1. Webライティングの初心者が覚えておきたい5つの基礎知識

  2. Webライティングの基本として知っておきたい5つのポイント

  3. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

  4. 【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ⁉

    【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ!?

  5. Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

    Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

  6. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?