Webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

特別な資格を必要とせず、在宅での仕事も可能なwebライター。
未経験から始められ、時間や場所に縛られない働き方ができることから、主婦やフリーランス、副業を求める人々から注目を集めています。

  • 本当に未経験から始められるの?
  • webライターとして仕事をするには何から始めればいいの?

そんな不安を抱える方もいるのではないでしょうか。
今回は、未経験からwebライターを目指す方に役立つ、webライターの始め方とおすすめのライティングスキルの磨き方について解説していきます。

ライティング初心者の技術指導にも力を入れているBRIDGEAが解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.webライターは未経験から始められる?

webライターは、未経験から始めることができます。

webライターの仕事は、web上の文章を作成することです。
「文章を書くこと」は、誰でも経験のあること。

web上の文章というと、専門的な知識が必要なのではと思われる方もいるかもしれません。
しかし、webライターになるのに、特別な資格は必要ありません。
資格なく、未経験から誰でも挑戦することができる、それが注目されている理由の一つでもあるのです。

始める際のハードルが低いことから、副業としての人気も高いwebライター。
資格は必要ありませんが、ライターとして成長していくためには、SEOの知識といったライティングスキルを磨く必要があります。
スキルを磨くことで、新たな仕事の獲得や報酬アップにつなげることができるのです。

2.未経験から始めるwebライターの気になる報酬は?

未経験から始めることができるのは、webライターの魅力の一つです。
ただ、「簡単に始められるのはいいけれど、まったくの初心者がいったいいくら稼げるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?
せっかくwebライターとしての道を歩み始めたのに、収入に結びつかなければ、モチベーションも落ちてしまいますよね。

他のさまざまな職種と同じように、はじめは思うように収入に結びつかないと感じることがあるかもしれません。
では、稼げるwebライターになるには何が必要なのか?
それは「ライティングスキル」です。
スキルを磨きながら経験を重ね、クライアントやユーザーの求める記事を書けるようになることが、報酬アップにつながります。

ここからはwebライター未経験者の報酬のスタートはどのくらいか、報酬アップを狙うには何を意識すればよいのかを解説していきます。

2-1.未経験者歓迎の案件は文字単価0.1円~

未経験からwebライターを始めるには、3つの方法が考えられます。(詳しくは5章で解説)

  • クラウドソーシングサイトに登録
  • 求人サイトで未経験者歓迎案件を探す
  • 記事作成代行業者に応募

このうち無料で登録でき、未経験者が応募できる案件が多くそろっているクラウドソーシングサイトの場合を例に見ていきましょう。

クラウドソーシングサイトでは、「初心者」「経験あり」「プロ」など、クライアントが求めるレベル別に案件を探すことができます。
初心者から応募できる案件は、文字単価0.1円~。
ブログ記事の作成などの案件では、添削指導付きという条件で0.1円を下回る場合もあります。

未経験歓迎・初心者OKの案件は、書きやすいテーマであったり、記事を量産することをクライアント側が目的としていたりするため、まとまった金額を稼ぐのが難しい側面があります。
ただ、ここでさまざまなテーマでの執筆を重ね、パソコンでの文章作成に慣れていくことは、未経験者から経験者へランクアップするための実績となります。
経験ありの案件に応募できるようになれば、文字単価0.5~1.0円、さらにその上を目指すことも可能です。

文字単価の低い未経験者歓迎案件も、積み重ねることで次へのステップとなるため、決して無駄にはなりません!
稼げるライターを目指すために、執筆経験を積み未経験から抜け出すことで、報酬アップの道が開けるのです。

2-2.経験や専門知識を活かして単価UPを目指そう

未経験から始めて執筆経験を重ね、ある程度ライティングに慣れてきたら、徐々に単価の高い案件に挑戦していきましょう。

未経験歓迎案件で取り組んださまざまなテーマは、応募の際に執筆経験のあるジャンルとしてアピールできます。
募集しているジャンルの執筆経験があれば、採用されやすくなることも。
また、医療系など専門知識を持つ人にしか書けない記事は、単価が高く設定されている場合があります。
資格や専門知識を持っている方は、それを活かせる案件に積極的に応募しましょう。

執筆経験を重ねることは、未経験から抜け出して単価UPを目指すために重要な要素の一つ。
しかし、webライターとしてさらに稼いでいくためにもっとも大切なこと、それはスキルアップです!
数をこなすことで身につくものはたくさんありますが、クライアントやユーザーから信頼され求められるwebライターになるには、ライティングスキルを磨くことが不可欠。

磨き上げたスキルは、フリーランスのwebライターとして十分に稼いでいける最強の武器になるのです。

3.webライター未経験者におすすめ!ライティングスキルの磨き方5選

webライターの仕事は、ユーザーの求める情報をわかりやすく伝え、悩みの解決や新たな気づきにつながる記事を書くことです。
特別な資格は必要ありませんが、ただがむしゃらに文章を書く経験を重ねるだけでは、必要とされるライターにはなれません。
質の良い記事を書くためには、ライティングスキルを磨くことが大切なのです!

未経験からwebライターを始める方におすすめのライティングスキルの磨き方は全部で5つ。

  • クラウドソーシングサイトでライティング指導付き案件に応募
  • 記事執筆・修正対応の経験を重ねる
  • ライティング関連のサイトや書籍から学ぶ
  • ブログやSNSでの情報発信
  • ライティングスクールやオンラインサロンに入会

未経験・初心者の方も取り組みやすい方法をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

3-1.クラウドソーシングサイトでライティング指導付き案件に応募

未経験者歓迎案件の項目でもお伝えしましたが、クラウドソーシングサイトでは、添削やライティング指導を受けながら執筆できる案件がいくつかあります。
仕事として受けながらライティングの基礎知識を学べるため、パソコンに慣れていない方や、webライティング未経験者にとって取り組みやすい案件です。

ただ、クライアントによっては注意が必要。
フィードバックや指導がもらえないこと、クライアントの指導力や実績が未知数な場合もあります。
また単価があまりにも安く、4,000文字100円、20,000文字1,000円といった案件も。

募集内容を見極めたうえで、あくまで初心者のうちの経験と考えましょう。

3-2.記事執筆・修正対応の経験を重ねる

未経験から始めるwebライターにとって、記事の執筆経験はもっとも大切です。
はじめのうちは、誰もが慣れないことばかり。

  • パソコンツールの使い方
  • 記事の構成の組み立て方
  • キーワードの含め方
  • 正しい言葉づかい

普段使っている言葉でさえ、正しく使うのは難しいと気づかされることもあります。

そして、執筆以上に重要なのが修正対応です。
修正依頼には、自分に欠けているwebライターとしてのスキルが詰まっています。
webライティングのプロから受ける指導は、ライティングスキルを確実に磨く近道なのです。

BRIDGEAでは、webライターとしての活躍を目指す方々を応援するため、未経験者への技術指導に力を入れています。
修正対応は、成長するチャンス。
「こんなにも直されて自分には能力がない」と落ち込まず、一緒にスキルを磨いていきましょう。

3-3.ライティング関連のサイトや書籍から学ぶ

ライティングスキルは、動画サイトや書籍で学ぶこともできます。

  • webライターに興味はあるけれど、仕事に応募する自信がない
  • 難しそうだけれど、自分にもできるだろうか
  • 始める前に予備知識をつけてから挑戦したい

という方は、無料の動画でwebライティングについて知ることから始めてみるのもよいかもしれません。

動画や書籍の中には、現役でwebライターとして活躍されている方の発信も多くあります。
SEO対策や、読みやすい記事の構成の作り方などがわかりやすく解説されているため、ライティングスキルを磨くうえでも参考になるでしょう。

ただし、SEO対策などは検索上位に上がる条件などが変わっていく場合があります。
参考にする動画や書籍は、なるべく新しいものを選ぶのがおすすめです。

3-4.ブログやSNSでの情報発信

文章を書くことや、パソコンの扱いにとにかく慣れたいという方には、ブログやSNSでの情報発信がおすすめ。
webライターとして仕事を受けていくためには、ある程度の長文を書くことに慣れる必要があります。
そのためには、普段から文章を作成するのに慣れておくのも大切です。

自分の思ったことや意見をそのまま文章にできるブログやSNSは、ストレスなく文章作成を習慣にできる便利なツール。
そして、読んでくれるフォロワーのことを考えながら書くのは、webライティングにおける「クライアントやユーザーの求める記事を書く」ということにもつながります。

また、ブログやSNSはwebライターの発信や情報交換の場にもなっているため、ライティングスキルを磨くための情報を得られることも。
記事執筆の息抜きに利用したり、フォロワーに向けての発信を習慣化したりして、日常の中で文章に触れる時間をなるべく多く作るために、ブログなどのツールもぜひ利用してみてください。

3-5.ライティングスクールやオンラインサロンに入会

  • 自分でスキルを磨く自信がない
  • 通信などでしっかり勉強してから始めたい

そんな方には、ライティングスクールやオンラインサロンに入会するという方法もあります。

現在、webライティングについて学べるオンライン上のスクールや通信講座は多数あります。
web関連の仕事を専門とするスクールであったり、資格講座を運営する会社のものであったりと、選択肢もさまざま。
初心者向けや、ある程度のパソコンスキルがある方向けなど、習熟度により選べます。
執筆経験を重ねながら学んでいくより、先にある程度学んでから実践に入りたいという方は、自分に合うスクールを選んで受講するのも一つの手。

ただ、未経験者にも丁寧な指導を行っているクライアントや業者もあります。
実際にライティングを経験してみて、やはり学ぶことに集中してから挑戦したいと思った場合に、スクールなどに通うことを検討されるのもよいかもしれません。

4.ライティング案件GET!webライター未経験者が押さえておきたいポイントとは?

スキルを磨きながら執筆経験を重ねていくためには、webライティングの案件を獲得する必要があります。
応募しても採用されないことが続けば、やる気があっても、仕事にも経験にも結び付きません。

ライティング案件GETのために押さえておきたいのが、こちらの5つのポイントです!

  • これまでの経験・職歴をアピールする
  • webライティングスキルを磨く
  • プロフィール・ポートフォリオを充実させる
  • 執筆実績を積み重ねる
  • クライアントとの信頼構築を意識する

未経験者だけでなく、webライターとして常に意識しておきたいポイントですので、丁寧に解説していきます。

4-1.これまでの経験・職歴をアピールする

ライティング案件に応募する際にまず大切なのが、応募文で経験や職歴をアピールすること。
クライアントが、応募してきたライターがどのような人物なのかを把握するには、応募文を見るしかありません。
つまり、応募文の内容で、その後の面接→採用へと進むかどうかが分かれるのです。

応募文では、自分のwebライターとしての経歴や実績、執筆したジャンルを箇条書きでわかりやすく伝えるのがポイント。
またライター以外の仕事の経験も記載し、豊富な経験を執筆に活かせることをアピールするのも忘れずに行います。

応募文に記載するべき経験・職歴はこちら。

  • ライター歴
  • 今までの執筆数
  • 今まで執筆してきたジャンル
  • 検索上位にあがった経験があるか(あればジャンルと記事数)
  • 執筆した記事のURL
  • 現在の本業
  • 経験した職種
  • 専門的知識・資格
  • 対応可能な業務(レビュー記事・インタビュー・リライト経験など)

職歴だけでなく、子育てや資格取得を目指して勉強に取り組んだ経験もアピールポイントの一つです。
自分の持ち味としてアピールできるポイントを、もれなく簡潔に伝えるようにしましょう。

4-2.webライティングスキルを磨く

案件を獲得するためには、webライティングスキルを磨く必要があります。
なぜなら応募後、テストライティングを経て採用という流れが一般的だからです。

ライティングスキルの中でも特に押さえておきたいのが、SEOの知識。
SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語で「検索エンジン最適化」と訳されます。

普段何かをweb上で検索するとき、出てきた結果のうち、いくつのサイトを開きますか?
実はほとんどのユーザーが検索結果の1~2ページまでしか見ておらず、3ページ以降はほとんど読まれることがないのです。

検索上位に表示されるためにはユーザーの目線に立ち、ユーザーの目的にあった記事を執筆し、検索エンジンに正しく評価される必要があります。
それがSEO対策であり、webライターに求められるスキルなのです。

検索エンジンに質と量のバランスが取れた記事だと評価されるためには、専門性の高さやタイトルの最適化といった対策が必要になります。
クライアントが求めるのは、ユーザーの目にとまり、悩みを解決するのに役立つ記事の執筆ができるwebライターです。
BRIDGEAでもSEO対策にもっとも力を入れており、専属ライターが手掛けた記事で検索結果上位を多数獲得しています。

4-3.プロフィール・ポートフォリオを充実させる

webライターとして案件に応募する際は、プロフィールとポートフォリオを充実させましょう。
プロフィールは、「経歴・職歴をアピールする」の項目で解説した内容のほか、応募した理由などを含めた自己アピール。
ポートフォリオは、自分が今まで執筆してきた記事を集めた作品集です。

自分はどういう経歴を持っていて、この案件に対してどういった思いで応募しているか、自分の強みやどんな文章が書けるのかをクライアントに示すために、プロフィールとポートフォリオは丁寧に作ることを意識しましょう。

経歴・職歴のほか、プロフィールに記載するとよい項目はこちらです。

  • 応募した動機
  • ライターを始めたきっかけ
  • この案件で自分のどういった強みを活かせるか
  • 得意なジャンル
  • 稼働できる時間(週○時間、1日○時間など)
  • 使えるツール(WordPress、Word)

webライターとしてのプロフィールですので、応募の文章もわかりやすく正しい言葉遣いで書くことが大切です。

ポートフォリオは、応募文の中に執筆してきた記事のURLを貼り付けるほか、noteを使って作成する方法もあります。
あらかじめnoteに一つの記事としてプロフィールとともに載せておくことで、見た目も美しく整理されたポートフォリオを提示できるため、ある程度執筆経験を重ねたところで作成し、更新しながら応募の際に使用するとよいでしょう。

4-4.執筆実績を積み重ねる

執筆実績を積み重ねることは、案件獲得の際の重要なポイントです。

  • さまざまなジャンルの記事を数多く執筆してきた
  • 特に○○のジャンルには精通している
  • 資格を活かした専門的な記事を執筆
  • 執筆した記事が検索上位に表示された

このような執筆実績を持つwebライターは、クライアントから重宝され、採用されやすくなります。

多くのジャンルの執筆経験は、webライターとして仕事の幅を広げていくために大切な要素。
専門外の分野であっても、記事執筆を重ねることで、多くのクライアントやユーザーが今求めている情報に敏感になることができます。
また、知らないことを徹底的に調べてまとめる過程で身につく情報収集能力は、ライターとして大切なスキル。
色々な記事に挑戦することが、webライターとしてのスキルを上げてくれるのです。

もしも専門知識や特別な資格を持っているなら、資格がある人にしか書けない記事の執筆チャンス。
専門家でなければ書けない、信頼性の高い記事を執筆できるというのは大きな強みです。
その分野での執筆実績を重ね、応募の際もしっかりアピールしましょう。

多くのジャンルの記事を執筆したこと、専門性の高い記事を執筆できることはプロフィールでのアピールポイントにできますし、検索上位に表示された記事があれば、スキルの高いWebライターとして採用の確率も上がります。

4-5.クライアントとの信頼構築を意識する

クライアントとの良好な関係性において成り立つwebライターの仕事では、信頼構築を意識することも大切です。

  • コミュニケーションをこまめにとる
  • 納期を守る
  • 誤字脱字に注意する
  • レギュレーションに沿って執筆する

ライティングスキルはもちろん大切ですが、はじめての仕事から次の案件につなげていくためには、クライアントに好印象を与えることも重要な要素。
クライアントとの信頼構築により、多くの案件を受注することができ、スキルアップにつながります。
高い評価を得られれば、クライアントからの紹介など、さらなる案件獲得につながるケースもあるのです。

5.在宅ワーク可能!未経験からのWebライターの始め方3選

パソコンを使える環境が整ってさえいれば、在宅ワークも可能なwebライター。
自由な働き方が魅力のwebライターを未経験から始める方法には、以下の3つがあります。

  • クラウドソーシングサイトに無料登録
  • 求人サイトで未経験者歓迎の仕事を探す
  • 記事作成代行業者に応募する

未経験者から始められるのか不安という方も、未経験者OKの案件の多さに安心されるはず。
これからwebライターに挑戦する方は、まずこの3つの方法からチェックしてください。

5-1.クラウドソーシングサイトに無料登録

webライターの始め方としてもっとも簡単なのは、クラウドソーシングサイトに登録して案件を探すこと。
ライター案件の多いサイトとしては、以下のものが挙げられます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ
  • シュフティ
  • サグーワークス

未経験者や初心者OKの案件を検索して探すことができ、案件の数も常に充実しています。
誰でも無料で登録でき難易度も幅広いことから、webライター未経験者も抵抗なく始められるのが特徴です。

ただし、初心者や未経験者向けの案件は、採用のハードルが低い分、単価も安い傾向にあります。
クラウドソーシングサイトを利用する際は、執筆経験を重ね、経験者を募集する案件に応募する力を早めに身につけ、webライターとして自信を持って案件獲得をしていくことが大切です。

5-2.求人サイトで未経験者歓迎の仕事を探す

「webライター 募集 未経験」などと検索すれば、求人サイトで未経験者歓迎の仕事を探すことができます。
大手の求人サイトのほとんどでwebライターの募集が掲載されており、業務委託や派遣など、業務形態もさまざまです。

求人サイトのライティング案件の場合、面接会場が指定されていたり、勤務地の記載があったりするものもあるため、完全在宅での仕事が可能かどうかを確認する必要があります。
また、業務内容も大まかに書かれていることが多く、未経験者歓迎とはいえ不安が残る場合も。

応募の際には在宅ワーク可能かどうか、未経験者歓迎のwebライティングの内容など、質問できる場合は質問を、そうでない場合は面接でしっかり確認することが大切です。

5-3.記事作成代行業者に応募する

webライターを未経験から始める方法、3つ目は記事作成代行業者への応募です。
記事作成代行業者とは、企業のホームページや商品紹介の記事作成を請け負う会社。
企業からの依頼を受け、商品や取り組みがより多くのユーザーに認知されるよう、専属ライターがSEOに強い記事作成を行います。

SEOに強い記事というと、未経験者にはハードルが高く感じるかもしれません。
しかし、SEOで上位表示される記事が書けるということは、多くのユーザーのニーズに応える質の良い記事作成ができるということ。
これからwebライターとして活動していくうえで、必ず身につけておきたいスキルなのです。

BRIDGEAには、検索1位の実績を持つ専属ライターが多数在籍しています。
SEO対策の丁寧な技術指導を行っていますので、未経験の方も安心してご応募ください。

6.まとめ

未経験から誰でも始められるwebライターの仕事。
自由な働き方ができ、特別な資格が必要ないことから、フリーランスや主婦、副業を探す方などさまざまな方面から注目されています。
ただ、いつまでも未経験・初心者では、収入UPにつながらず、モチベーションが下がるばかり。
webライターとして成長し、より報酬の高い仕事を獲得していくためには、ライティングスキルを磨くことが不可欠なのです!

これからWebライターを目指す方、興味をお持ちの方は、ご紹介したwebライターに必要なスキル、ライティングスキルの磨き方を参考に、勇気をもってwebライターとしての一歩を踏み出してください。

BRIDGEAでは、自由な働き方を求めるwebライターを募集中。
初心者でも安心の技術指導で、企業から信頼されるライターの育成に力を入れています。
ご興味のある方はぜひ、BRIDGEAホームページ「お問い合わせフォーム」に必要事項を記入のうえご応募ください。

関連記事

  1. Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

    Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

  2. Webライティングとは何なのか?

  3. Webライティングの知っておくべき6つのルール

    Webライティングの知っておくべき6つのルール

  4. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

  5. Webライティングの練習とは?文章力がUPする練習法

  6. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!