Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

リモートワークが注目される昨今、「Webライティング」に関心を持つ方は多くいらっしゃいます。

Webライティングとはどのような仕事でしょうか?
Webライティングを始めるにはどうしたらよいでしょうか?

この記事では、これからWebライティングを始めたい方を対象に、以下の点を解説しています。

  • Webライティングの仕事内容
  • Webライティングの始め方と仕事の流れ
  • 効果的なWebライティングをする15のポイント

最後に、Webライティングを学びながら執筆の仕事をするおすすめ方法も公開します。

1.Webライティングとは

Webライティング」とは、「Web上に公開する記事コンテンツを作成すること」です。

紙の書籍とは異なり、インターネットで読まれることを想定して執筆されます。

Webライティングの特徴を細かく見ていきましょう。

1-1.Webライティングで書く記事コンテンツの種類

1-1.Webライティングで書く記事コンテンツの種類

Webライティングでは、さまざまな種類の記事コンテンツが執筆されます。

以下に代表的な例を挙げましょう。

  • 企業サイトのブログ記事
  • ニュース記事
  • セールス記事
  • まとめ記事
  • 取材記事
  • アフィリエイトブログ など

記事コンテンツの種類により、執筆目的はいくぶん異なります。
しかし基本的には、「企業や商品・サービスの認知度向上」や「販売促進」など、企業や個人の利益につなげることを目的にWebライティングは行われます。

1-2.Webライティングにおいて重要なこと

1-2.Webライティングにおいて重要なこと
Webライティングにおいて重要なこととして、以下の点が挙げられます。

  • 正確な事実を記載すること(リサーチ力)
  • ユーザーのニーズに沿った記事コンテンツを作成すること
  • ユーザーに読まれる記事を執筆すること(読みやすさ+SEO対策)

Web媒体・紙媒体問わず、記事コンテンツには常に「正確な事実」が求められます。
意図的かどうかにかかわらず、事実ではない情報を流してしまうと、情報元のサイトに対する信頼が失われるからです。
今やインターネット上に膨大な情報が流れていますが、正確な事実を記載するには相応のリサーチ力が求められます。

ユーザーのニーズに沿った記事コンテンツ」も重要です。

情報そのものが正確で読みやすくても、ユーザーが欲しい情報でなければ意味がありません。
例えば「投資 種類」をキーワードとする場合、仮に記事の中身が「投資の魅力やリスク」についてのみ記載していたら、そのキーワードを検索するユーザーのニーズを満たせていないのは明らかです。

記事にはたいてい特定のキーワードが設定されますが、そのキーワード(ないしは類似語句)を検索するユーザーが何を欲しているか考えて執筆しなければなりません。

ユーザーに読まれる記事であること」も大切です。
理解しやすい日本語や読みやすい体裁でテキストを書くなら、アクセスしてきたユーザーが途中離脱する可能性が低まり、最後まで読んでもらいやすいでしょう。

また多くのユーザーに読まれるには、そもそもSERP(検索エンジンが提供する検索結果)で記事コンテンツが上位表示されなければなりません。
そのためSEOライティングを意識した記事執筆が欠かせません。
※「SEOライティング」とは「SEO対策(検索エンジン最適化)を意識したWebライティングの一種」。Webライティングの多くの案件で必要とされるスキルです。

1-3.Webライティングを仕事にする方法

Webライティングを仕事にする方法は、主に以下の3パターンです。

・Webライターを募集している企業への就職
特定の企業が出す求人情報を探します。

・クラウドソーシング
「クラウドワークス」や「ランサーズ」などの仕事マッチングサービスで仕事を探します。

・記事作成代行会社
クライアントからWebライティングの仕事を請け負う会社に在籍し、仕事を割り振ってもらいます。

2.Webライティングの流れ

ここからはWebライティングの基本的な流れを解説します。

プロのWebライターはいきなりタイピングから始めるのではなく、下準備をしてから執筆に入ります。

おおまかな順序を意識しながら、各ステップでやるべきことを覚えてください。

2-1.キーワード調査と検索意図の見極め

2-1.キーワード調査と検索意図の見極め
最初に、各記事に設定されたキーワード(「対策キーワード」とも呼ばれる)を調査します。

具体的には以下のような点を調べましょう。

  • サジェストキーワード(キーワードと一緒に検索されやすい語句)
  • 共起語(キーワードと一緒に文章内に頻繁に出現する語句)
  • そのキーワードで上位表示される記事コンテンツの内容

この作業により、キーワードを検索するユーザーの検索意図を見極め、記事の方向性を見出すことが可能です。

2-2.関連情報のリサーチと仮構成案の作成

ユーザーの検索意図が汲めたら、記事で扱うべき情報やユーザーに役立つであろう情報についてリサーチします。

集まった情報は、ユーザーが読みやすい流れになるよう論理的に整理しましょう。

以下の画像のように、見出しの階層を作り、記事の仮構成案(骨格)を仕上げます。

記事の仮構成案の例
※キーワードを「Webライティング 研修」としたケース。

2-3.クライアントによる仮構成案の確認

2-3.クライアントによる仮構成案の確認
続いて、できた仮構成案をクライアントに提出します。

追加修正すべき点がないかチェックしてもらい、要望があればそれを組み込んで、構成案を組み立て直します。

クライアントからのOKが出るまで再度提出しましょう。

2-4.執筆

2-4.執筆

仮構成案にOKが出たら執筆に入ります。

指定文字数やトンマナなどに関するクライアントからの指示を守り、読みやすく理解しやすい文章を書きましょう。
※「トンマナ(トーン&マナー)」とは、「言葉遣いや文章のテイスト(硬め・やわらかめなど)に関する決まりごと」です。クライアントごとにトンマナは異なります。

2-5.見直し

執筆が終わったら見直しを行います。

見直し作業により誤字や脱字を見つけ、より洗練された文章に仕上げます。

またコピーコンテンツチェックを行い、ほかのサイトの記事コンテンツに類似しすぎていないかをチェックしましょう。

3.効果につながるWebライティングとは?15のコツをご紹介

3.効果につながるWebライティングとは?15のコツをご紹介
ここからは、効果的なWebライティングを行うための15のコツをご紹介します。

前述のWebライティングの流れの中で、これらのコツを当てはめながら作業すると、良質な文章を書けるようになります。

3-1.1記事につき1テーマ

1記事で扱うテーマは1つに絞りましょう。

1つの記事に雑多なテーマが混ざっていると、ユーザーが混乱します。
またGoogleが何についての記事なのかを判断できません。

さらにいえば、サイト自体のテーマも特化したほうが望ましいです。
例えば、自社商品やサービスと関係のない役員のプライベートの感想などは、会社のブログには記載しない方がベターです。
ブランディングなどのために身辺雑記を記載したいときには、TwitterやFacebookなどを活用して、自社ホームページにリンクを張るようおすすめします。

3-2.構成案作成時に記事の大筋を作る

構成案を作るときに、記事の内容の大体を記載しておきましょう。

以下の画像のように、各見出しに箇条書きで執筆する内容の要点を書いておきます。

記事構成案の例

構成案を作る時点で文章の筋書き(骨格)ができていると、執筆作業のときは「肉付け」だけになりスムーズです。

3-3.論理的な構成を意識する

先述のように、構成案は階層状の見出しで作るのが一般的ですが、最初の見出しから最後の見出しまでの流れを論理的にすると読みやすい記事になります。

論理的な構成とは、簡単にいえば「結論ファースト」の構成です。
ユーザーの検索意図を満たす直接的な情報を記事の最初で扱うことにより、ユーザーを満足させられます。
逆に最初の方に間接的な情報を入れてしまうと、ユーザーは「このサイトには欲しい情報がなさそう」と判断し離脱するかもしれません。

3-4.信頼性のある情報を参照する

提供する情報やデータは、必ず信頼できるサイト(政府系サイトや公式HP・論文・有名サイトなど)から探しましょう。

検索エンジンもユーザーも情報の信頼性を重視します。

データや統計の出典を示すなどして情報の信頼性を示し、記事に説得力をもたせましょう。

3-5.読者のニーズを意識する

読者であるユーザーのニーズをしっかり踏まえた記事コンテンツは、SERPで上位表示されやすいです。

先述のように、サジェストキーワードや共起語・そのキーワードにおける上位サイトを調べて、検索意図を正確に見極めましょう。

なお「ラッコキーワード 」を使うと、これらの情報を簡単にリサーチできて便利です。

3-6.できるだけ独自情報や独自視点を入れる

Googleは独自性のある情報を好むため、可能な限り独自情報や独自視点を盛り込むと効果的です。
※Googleは検索エンジン界の圧倒的シェアをほこるため、ここでは検索エンジンの代名詞としています。

例えば体験談を入れたり、上位サイトでは触れられていないデータを盛り込んだりするとよいでしょう。

上位サイトを参考にするのは効果的ですが、同じような内容では勝てません。
独自情報で差別化を図って、競争力をつけましょう。

3-7.キャッチーでSEO対策を意識したタイトル・見出しを作成する

タイトルやDS(ディスクリプション)および見出しは、いわば記事の要約であるため、明確で端的に書きましょう。

とりわけタイトルはSERPにおいてユーザーが最初に目にする箇所であるため、「クリックしたくなるようなキャッチーなフレーズ」にすることも重要です。


:転職成功のカギは〇〇だった!失敗しない転職のイロハを解説
:【意外と簡単】初心者にもわかりやすい投資の魅力とは

クリック率が高まり読者の関心を引ければ、Googleからの評価も高まりやすくなります。

3-8.キーワードを自然な形で随所に入れる

タイトルやDS・見出しはもちろん、記事全体でキーワードを自然に入れましょう。

これは主にSEOライティングの考え方です。
キーワードを随所に入れることで、Googleに記事の内容を理解させやすくできます。

3-9.「SDS法」や「PREP法」など文章の型を意識する

「SDS法」や「PREP法」などの文章の型(フレームワーク)を意識して書くと、執筆がスムーズになります。
それぞれの型の意味は以下のとおりです。

SDS法
S(Summary:要点)
D(Details:詳細の説明)
S(Summary:要点)

PREP法
P(Point:結論)
R(Reason:理由)
E(Example:具体例)
P(Point:結論)

SDS法は、ニュース記事や取材記事など事実をシンプルに伝えるWebライティングに向いています。

PREP法は、コラム記事やPR記事・難しいテーマの記事など、事実の詳細を論理的に伝えるのに適しています。

3-10.正しい日本語を記載する

日本語の言葉や表現が正しいか確認しつつ執筆してください。

多かれ少なかれ、文章を執筆する際には書くWebライターのクセが出るものです。

口語とは異なり、文章にクセがあると読者はストレスを感じてしまいます。
また、本来の意味とは異なる形で言葉を使用している場合、読者に誤解を与える恐れもあります。
さらに、誤字や脱字はメディアの信頼性を損なうでしょう。

3-11.レギュレーションを守る

クライアントから渡されるレギュレーション(指示項目)を読んで、しっかり守りましょう。

文章の書き方に関する指示や記事内でPRすべきことに関する指示など、クライアントからの要望をしっかり記事内に反映させてください。

これによりクライアントからの信頼を得られます。

3-12.簡潔で分かりやすい文章を執筆する

流し読みしても理解できるような、シンプルな文を書きましょう。

一文一意(一文の中で説明する情報を1つだけにすること)」を心がけてください。

一文の長さは、長くても80文字くらいに抑えると読み手に負担がかかりません。

同一助詞(「の」「に」「も」「が」など)の連続や代名詞の使用をできるだけ避け、主語と述語の関係性がわかりやすくなるようにしましょう。

3-13.イラスト・図表・箇条書き・改行などにより視認性を高める

視認性を高めるために、可能な範囲で以下の要素を記事に取り入れましょう。

  • イラスト
  • 図表
  • 箇条書き
  • 適度な改行

最近はインターネットユーザーの8割以上がスマホユーザーです。

画面の小さいスマホにテキストが詰め込まれていると、読者に負担を与え、ページの離脱につながります。

これらの要素があると見た目がスマートになり、ユーザーは「わかりやすい」「読み続けよう」と感じるでしょう。

3-14.小中学生でも理解できる言葉遣いを選ぶ

文章はとにかくシンプルで、小中学生でも理解できる平易なものにしましょう。
文章が平易だと、難しいテーマについての記事でも多くのユーザーから読んでもらいやすくなります。

専門用語を使う必要がある場合は、用語解説を入れましょう。
また難しいコンセプトについて説明する場合は、例えを入れると効果的です。

3-15.【番外編】各種ツールを積極的に活用する

Webライティングには、リサーチや構成案作成・執筆などさまざまな作業が含まれます。

それらの作業をすべて手作業で行うと多くの手間がかかりますが、ツールを使うと時短作業が可能です。

早いうちからツールの使い方を覚えるなら、作業時間が短縮され、効率的な働き方ができます。

Webライティングツールについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

参照:作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

4.Webライティングを学びながら執筆可能!「株式会社BRIDGEA」で働いてみませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像

Webライティングの仕事に興味があるみなさん。
弊社「株式会社BRIDGEA」でWebライターとして働きませんか?
弊社は記事作成代行会社として、クライアントからさまざまなWebライティングの案件を受注し、在籍しているWebライターの方に仕事をアサインしております。

Webライティング初心者の方でも歓迎です。
文章やSEO対策のプロがWebライティングの基礎と応用をレクチャーしますので、学びながら執筆の仕事ができます。

弊社から仕事をお願いするため、ご自身で仕事を探していただく必要がなく、すぐに働き始めたい方にもぴったりです。

以下の募集ページより詳細をご確認の上、お気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

5.まとめ

Webライティングとは、Web上に公開する記事コンテンツを執筆することです。

今や多くの企業や個人がサイトを運営し、ブランディングや認知度向上・販売促進などさまざまな目的のために記事コンテンツを公開しています。

Webライティングの仕事に携わるWebライターは、正確性ユーザーニーズを満たすこと・読みやすさなどに留意しながら、良質な記事を執筆しなければなりません。

この記事でご紹介した15のコツを意識しながら、クライアントはもちろん検索エンジンやユーザーからも評価される記事コンテンツの作成に励んでみてください。

関連記事

  1. 【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ⁉

    【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ!?

  2. 【厳守!】Webライティングで押さえるべきルールを徹底解説

    【厳守!】Webライティングで押さえるべきルールを徹底解説

  3. 大学生はWebライティングで稼げる?収入事情と稼ぐコツを解説

    大学生はWebライティングで稼げる?収入事情と稼ぐコツを解説

  4. クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金っていくら?

  5. Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

    Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

  6. Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?

    Webライティングで稼ぐ必要なスキルとは?