Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

「Webライターとして生計を立てることは可能?」
「なかなか思うように収入を得られない」

上記のように考えていらっしゃいませんか?

本記事では、Webライターとして生計を立てるために必要なスキルや具体的な獲得案件方法について具体的にご紹介します。

Webライターに挑戦しようかと考えていらっしゃる方はもちろん、もっとステップアップしたい方もぜひ最後までお読みください。

1.Webライターとして生計を立てることは可能!

1.Webライターとして生計を立てることは可能!
Webライターとして生計を立てることは可能です。
実際に、会社を退職後、専業のWebライターとして活躍している方も珍しくありません。
その中には、未経験からWebライターになった方もいます。

具体的な例をいくつかご紹介します。

  • 2人で毎月30~40万円の報酬をコンスタントに稼いでいる夫婦
  • 未経験でWebライターとして独立し、4ヶ月目以降に毎月30万円以上稼いでいるWebライター
  • Webライティングで生活費を確保しながら、同時にライター講師やブログ収入などで貯蓄用の費用を稼いでいるWebライター

もちろん、子どもの養育費・住宅ローンの有無・住んでいる地域など、生計を立てるために必要な金額はそれぞれ異なります。
しかし、Webライターを本業として、問題なく生活している方がいることは事実です。

2.Webライターとして生計を立てるために必要なスキル

生計を立てられるWebライターになりたいのであれば、単に収入を得るだけでなく、効率的に高単価案件を獲得することを目標にしなければなりません。
そのためには、スキルアップする必要があります。
本項目では、高収入を得るWebライターとして大切なスキルをご紹介します。

2-1.SEOの知識・技術

2-1.SEOの知識・技術
Webライターとして生計を立てたいのであれば、SEOの知識と技術が必要です。

執筆したWeb記事を一人でも多くの読者に読んでもらうために効果的な方法が、SEOです。
「検索エンジン最適化」と訳されるSEOの知識はとても専門的で幅が広く、Webライターはその基本的な知識・知識を活かしたテクニックを知る必要があります。

Googleは不定期ながら頻繁にアップデートを重ねているため、常に最新のSEOを学ぶ姿勢も重要です。

SEOの知識を身につけるのは難しいことのように思えるかもしれませんが、市販の書籍やYouTube動画などで基本的なテクニックは十分学べます。
その一方でSEOに長けたライターは多くないため、十分なSEOのスキルを身につければ、高単価の案件を数多く受注できる可能性が高まるでしょう。

2-2.リサーチ力

質の高い記事を執筆するには、リサーチ力が不可欠です。

Googleは、読者の疑問・悩みを解決できるページを高く評価します。
そのために、Webライターは読者がどのような疑問を抱いており、どのような手段で問題を解決できるかを提示する必要があります。

Webライターがリサーチのために使用するのは、基本的にGoogleでのWeb検索です。
競合の記事を分析して、記事のテーマについての情報を網羅し、専門的かつ信頼性のある文章を論理的に組み立てる作業が求められます。

読者のニーズや疑問について掘り下げるためには、Yahoo!知恵袋・YouTube・Google検索結果の「関連キーワード」も参考になるでしょう。

リサーチ方法についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。
参照:「Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?」

Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

2-3.基本的な文章力

2-3.基本的な文章力
基本的な文章力も、Webライターとして続けていくために必要なスキルです。
作家や詩人のような「味のある」文章表現は必要とされていません。
誰が読んでも理解できる、わかりやすい文章と正しい日本語を書くことが求められるのです。

具体的に押さえておきたいポイントは、以下のとおりです。

  • 誤字や脱字をしない
  • 冗長な表現を多用しない
  • 助詞を正しく使用する
  • 主語と述語のねじれのない文章を記載する

通常の生活では日本語の文章を書くときに、気付かないこともあります。
しかし、Webサイトに文章を発信する者として、正しい日本語を知っておきましょう。

2-4.営業力・コミュニケーション能力

営業力・コミュニケーション能力は、記事の質を高めるためにも報酬アップを目指すためにも必要とされるスキルです。
Webライターは、自分で仕事を受注しなければなりません。
オンライン上でクライアントと直接やりとりし、自分を売り込み、平和な関係を保って交渉する必要があります。

営業力・コミュニケーション力を身につけると、報酬の引き上げにつながります。
その仕組みは、以下のとおりです。

  1. クライアントの要求や要望を正確にキャッチして、期待に応えるクオリティの記事を執筆する
  2. コミュニケーションを通じて、クライアントから新たな案件や要望を引き出す
  3. 単価交渉を含めて希望にマッチした条件を引き出す

クライアントとの関係性がWin-Winになるように意識をしながら、自分自身の報酬アップを目指しましょう。

2-5.自己管理能力

2-5.自己管理能力
Webライターの仕事を継続し、生計を立てるには自己管理能力が大切です。

例えば、下記の管理が必要です。

  • スケジュール管理:記事の納期やプライベートの予定を調整するため
  • 収入・支出の管理:Webライターとして生計を立てるため
  • 健康管理:長期的にベストな状態で仕事を続けるため

ていねいな仕事をするためには、健康管理とスケジュール管理はもちろんですが、確定申告のために収入・支出など経費に関する管理もしっかり行うことが重要です。

3.Webライターとして生計を立てるまでの3ステップ

上記でも触れたとおり、それぞれの状況や環境は異なるため、いくらの収入があると生計を立てられるとは一概にはいえません。
確実に収入を上げる方法を考えながら、計画的に努力することが大切です。

Webライターとして活動を開始して、いきなり高収入を得られる人は少ないことを思いに留め、一喜一憂せずに取り組みましょう。
本項目では、Webライターとして生計を立てる3ステップをご紹介します。

3-1.ステップ1:副業として継続的な収入を得る

3-1.ステップ1:副業として継続的な収入を得る
Webライターの仕事は軌道に乗るまでに時間がかかることもあるため、最初は副業からスタートするとよいでしょう。
報酬や仕事量が安定しないうちに今までの仕事を退職すると、焦りや不安が生じやすいためです。

初期のころは案件の獲得やプロフィールの作成などに時間を取られることも多く、高単価の案件も獲得しづらいため、徐々にWebライターとしての働き方に慣れながら感覚をつかむことをおすすめします。

副業からのWebライターの始め方については、以下の記事を参考にしてください。
参照:「たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説」

たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

3-2.ステップ2:継続案件を獲得する

2つめのステップは、継続案件を獲得する努力をすることです。
継続案件を獲得するメリットについて、下記にまとめました。

  • 営業をする必要がなくなり作業する時間が増える
  • レギュレーションや納品ルールなどの確認が不要であるため効率的に執筆を進められる
  • 毎月継続的に案件を受注できるため、精神的な安心感を得られる
  • 業界・製品についての知識・情報が蓄積され、スムーズにリサーチできる
  • クライアントとの信頼関係ができているので交渉がしやすい

熟知した内容で効率的に執筆できるなら、必然的に作業スピードが上がり、結果的に収入が増えます。
安定した収入を得るには、継続案件を増やすことが重要なポイントです。

3-3.ステップ3:高単価案件を増やす

3-3.ステップ3:高単価案件を増やす
継続案件を複数獲得して収入が安定したら、高単価案件の獲得を目指しましょう。

既存案件の単価アップを交渉しながら、同時に高単価の案件獲得も進めていく流れが一般的です。
高単価案件の特徴は、以下のとおりです。

  • 専門性が高い
  • 高度なSEOスキルを要求される
  • 大手の事業者やトレンドの業界などコンテンツの注目度が高い

いずれにしても高単価の案件は、多くのWebライターから応募が集まります。
Webライターとして採用されるためには、実績やスキルが要求されるため、段階を経て挑戦しましょう。

4.高単価Webライターになって生計を立てる案件獲得方法

高単価Webライターになって、生計を立てるためには、確実な案件獲得方法を知っていることが重要です。
実際、多くの高単価Webライターが行っている案件受注方法を、下記にまとめました。

  • クラウドソーシングの高単価案件に応募する
  • SNSを有効活用する
  • Web記事代行会社に登録する

本項目では、高単価案件の獲得方法を具体的にご紹介します。

4-1.クラウドソーシングの高単価案件に応募する

4-1.クラウドソーシングの高単価案件に応募する
1つ目の方法は、クラウドソーシングの高単価案件に応募することです。
実際にクラウドソーシングでWebライターデビューをし、徐々に実力を上げ、高単価Webライターにまで成長した方は少なくありません。

Webライターを始めるのにおすすめのクラウドソーシングは、クラウドワークスとランサーズです。

上記の2つは多くのクライアントが活動しているため、市場で多い案件の内容や求められるレベルを確認したり、自分自身の得意な業界の案件を探したりするときに特におすすめです。

無料で簡単に登録できるため、まずは気軽に登録して案件に応募するとよいでしょう。

4-2.SNSを有効活用する

SNSを有効活用し、案件を受注しているWebライターも大勢います。
SNS上に「Webライターとして記事の案件の受注について」の内容を載せておくと、興味を持ったフォロワーが連絡してくれる可能性があるからです。

今やSNSは、コミュニケーションツールだけではなく、広告用ツールとしても重要アイテムです。
Webライターだけでなく、多くの企業が広告として利用しています。
無料でかつ、どこでも操作できるメリットがあります。

積極的に利用できるSNSは、下記の通りです。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

SNSのフォロワーを増やす工夫をしつつ、効果的な宣伝に活用してみましょう。

4-3.Web記事代行会社に登録する

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
Web記事代行会社に登録することも、効果的な方法です。
積極的にWeb記事代行会社を利用するメリットを、下記にまとめました。

  • 継続的に案件を受注できる
  • ディレクターなどの担当者と継続的な関係性を構築できる
  • 自分自身のスキルを客観的に把握できる

ただし、最近では多くのWeb制作会社があり、それぞれ対応方法は異なります。
Webライターとして生計を立てていくには、報酬の面でもサポート面でも自分にあった業者を選ぶことが重要です。

株式会社BRIDGEAでは、Webライターを募集しています。

ディレクターが、構成の作り方・書き方などをていねいにサポートいたしますので、未経験者の方も心配いりません。
経験者・未経験者に関係なく「書きたい・働きたい」というやる気を重要視しており、どなたでも挑戦できます。

「Webライターに挑戦したいけれど、どこから始めたらよいか分からない」と感じていらっしゃる方は、一度テストライティングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせページは、下記の通りです。
参照:「在宅Webライター募集!」

5.まとめ

Webライターで生計を立てることは可能です。
しかし生計を立てるためには、Webライターとしてのスキルアップを続け、確実に収入を増やすステップを踏む必要があります。

コツコツと計画的に努力するなら、Webライターでの在宅ワークも夢ではなくなります。
Webライターの仕事が自分に向いているかを見極めながら、一つずつステップを進んでいきましょう。

自分がWebライターに向いているか知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参照:「Webライターに適性はある?向いている人の特徴6つをご紹介!」

Webライターに適性はある?向いている人の特徴6つをご紹介!

 

関連記事

  1. Webライターは受注の安定がカギ!!仕事安定のための方法と対策

    Webライターは受注の安定がカギ!!仕事安定のための方法と対策

  2. Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

    Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

  3. フリーランスWebライターの年収は?労働時間や収入アップ法まで提案

    フリーランスWebライターの年収は?労働時間や収入アップ法まで提案

  4. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

  5. 【2023年最新】Webライタースクール厳選5選!メリット・注意点もご紹介!

    【2023年最新】Webライタースクール厳選5選!メリット・注意点もご…

  6. Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例を公開

    Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例9選を公開