「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

「Webライターに需要はあるのかな?」
「今の仕事をやめてWebライターになりたいけど、将来性が心配…」

このような悩みを感じたことはありませんか?

Webライターという仕事が一般的になった昨今、Webライターの将来性を疑問視する人は少なくありません。
「将来性がない」「手を出さない方が良い」という声は珍しくありません。

結論からいうと、「Webライターの将来は決して暗くありません」。

この記事では、Webライターの需要が危惧される理由、そして「Webライターの需要なくならない」といえる理由を解説します。
さらに、仕事に困らないWebライターになる方法もご紹介。

これからWebライターになろうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

1.Webライターの需要が低下!?将来性を疑われる理由

最初に、「Webライターの需要はない」といわれることがある理由について解説します。
考えられる理由として、以下のような点が挙げられます。

  • Webライターの人数が仕事量に対して多い
  • 動画コンテンツが台頭している
  • 「AIに取って代わられる」とささやかれている
  • SNS検索が席巻してきている
  • 本当に良質な記事しか上位表示されなくなっている

それぞれの点を見ていきましょう。

1-1.Webライターの人数が仕事量に対して多い

1-1.Webライターの人数が仕事量に対して多い
1つ目の理由は「Webライターの人数が仕事量に対して多いこと」です。

Webライターは「誰でも気軽に始められる」ことが大きなメリットですが、その反面Webライターになる人が多くなりやすい側面があります。
また近年、政府が副業を推奨しはじめたことも、Webライターの人数を増やす一つのきっかけになっているでしょう。

いずれにしろ、限られた案件数に対してWebライター数が増えすぎると飽和状態になり、結果として仕事の取り合いが発生します。
このような「飽和状態」への懸念が、需要を心配する声につながるのでしょう。

なおWebライターのみの数字を抜粋するのは難しいですが、「クラウドワークス」のライティングカテゴリーにある案件数と、ライター数を比較しました。

下は2022年5月末時点での案件数で、10万6,166件あります。
クラウドワークスのライター仕事案件数

参照:「クラウドワークス

一方下はライター数で、10万名以上とあります。
クラウドワークスのライター総数

参照:「クラウドワークス

ライター数は「最低でも10万人以上」であるため、案件数を上回ってしまう可能性は十分あります。
案件の中には難易度が高く、応募候補にならないものも含まれていると考えれば、初心者にとってWebライター業界は必ずしも楽な道ではありません。

1-2.動画コンテンツが台頭している

2つ目の理由は「動画コンテンツが台頭していること」です。

YouTubeをはじめ、現在ではさまざまな情報を動画で見ることができます。

動画はテキストとは異なり、耳を使って情報を採り入れられる分、目で文字を追うだけでのテキストコンテンツよりも「とっつきやすい」ところがあります。

しかも動画はいわば画像の集大成であるため、文字よりもユーザーの視覚に訴え、より多くの情報を伝えることが可能です。
実際、旅行や食べ物・動物など、画像で見た方が内容を理解しやすいテーマの場合、文字より動画の方がわかりやすいと感じます。

またSEOや法律・医療など少し堅めのテーマでも、話者が動画内で声を発して説明してくれる動画だと、抑揚がある分、文字だけの情報より頭に入りやすいと感じる方も多いでしょう。

ちなみに、検索エンジントップのGoogleの検索結果には動画コンテンツが表示されるようになりました。
そしてGoogle傘下のYouTubeは第2位の検索エンジンであり、多くのユーザーがYouTubeで情報を得ています。

このように動画コンテンツには優れた要素があるゆえに、たしかに以前よりも台頭してきたといえます。
そのため、「いずれ文字が主流の記事コンテンツより、動画コンテンツが主流になるかもしれない」という予測が出てくるのは自然です。

1-3.「AIに取って代わられる」とささやかれている

1-3.「AIに取って代わられる」とささやかれている
3つ目の理由は「AIに仕事を奪われるとささやかれていること」です。

AI技術が飛躍的に進歩してきたため、「AIが今後さまざまな仕事を行えるようになる」としばしばいわれます。
これはWebライターの仕事に限った話ではなく、介護や診察・トレーディング業務など、さまざまな仕事について共通している点です。

Webライティングについていえば、キーワードを入力するだけで文章を作成してくれるサービスも開発されています。
具体的には「ELYZA Pencil」や「Articoolo」などがあります。

このような状況があると、「AIが記事を自動的に作成する時代がきて、Webライターは仕事を失う」という噂が立っても不思議ではありません。

1-4.SNS検索が席巻してきている

4つ目の理由は「SNS検索が席巻してきていること」です。
※「SNS検索」とは、「Instagram」や「Twitter」などのSNSで「#(ハッシュタグ)」を使って情報を調べる検索のこと。

SNSを使うユーザーは若者を中心にたくさんいますが、最近の傾向として、GoogleやYahoo! JAPANよりもSNS検索をメインに使うユーザーが少なくないようです。

SNSは、SEO対策や広告が飛び交うWeb検索(Googleなどでの検索)よりも、リアルな声が投稿される特徴があります。
そのため、「本音を知りたいユーザー」はWeb検索からSNS検索へとシフトしています。

以下のTwitterの口コミをご覧ください。

このような風潮があるため、Webライターの需要を危惧する声があります。

1-5.本当に良質な記事しか上位表示されなくなっている

1-5.本当に良質な記事しか上位表示されなくなっている
5つ目の理由は「本当に良質な記事しか上位表示されなくなっていること」です。

Googleの検索エンジンの性能は、どんどん高くなっています。

昔は「ブラックハットSEO」と呼ばれる悪質なテクニックで上位表示できていましたが、今や低品質な記事が上位表示されることは期待できません。

記事の質そのものに加え、ドメインパワーや被リンクなど、すぐにどうこうできない要素もランキング要素です。

未経験で成長が見られないWebライターの場合、どれだけ記事を書いたところで結果は芳しくありません。
向上心のあるWebライターでなければ、自然淘汰されるでしょう。

このような状況も、Webライターの需要が心配される要因といえます。

2.Webライターの需要は決して減らない理由

ここまで「Webライターの需要が心配される理由」について見てきました。

「Webライターに興味があったけど、やめたほうが良いのかな…」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしご安心ください。
Webライターの需要が急速になくなるようなことはありません。

そういえる証拠として、5つの点を挙げましょう。

2-1.記事コンテンツはなくならない

2-1.記事コンテンツはなくならない
1つ目の証拠は「記事コンテンツはなくならないこと」です。

動画コンテンツが台頭しているのは確かですが、読み物は基本的になくなりません。

文字は何千年も前から存在する一つの文化であり、情報を伝える基本単位です。
動画が文字よりも圧倒的に優れているなら、すべての情報はテレビやネット動画で探せば良いことになり、とっくの昔に新聞やWebサイトはなくなるはずでしょう。

しかし実際にはテキストのコンテンツは世界中で重宝され、Webサイトの数もどんどん増えてきました。

文字にあって動画にない優位点もあります。
文字は動画とは異なり、見返したり、ピンポイントで欲しい情報を検索したりするのが楽です。

また気になる部分をコピペしたりマークしたりするのも容易です。

記事コンテンツがなくならない以上、Webライターの需要もなくなりません。

2-2. SNS検索とWeb検索とは共存できる

2つ目の証拠は「SNS検索とWeb検索とは共存できること」です。

リアルな声を伝えられる点やトレンド情報に強い点は、たしかにSNS検索の優れた点です。
しかし普遍的なデータや、これまで蓄積された膨大な情報を調べる点では、GoogleなどのWeb検索が優位にあります。

また、短めで端的な情報が主流のSNS検索と比べ、Web検索では多くの情報をまとめて得やすいです。

このように、SNS検索とWeb検索とでは性質が異なる部分があるため、「SNS検索の台頭=Webライター需要の著しい減少」という構図にはなりません。

2-3.AIに人間のすべての仕事は務まらない

2-3.AIに人間のすべての仕事は務まらない
3つ目の証拠は「AIに人間のすべての仕事は務まらないこと」です。

AIテクノロジーが進歩しているのは確かですが、AIに苦手なことは数多くあります。
一部の仕事がAIに取って代わられるとしても、Webライティングについては当面心配いらないでしょう。

AIは基本的に、蓄積されたデータに基づいて予測・判断・作業を行います。
そのため、「創造性のある仕事」や「人の気持ちに共感すること」は、少しばかりできるとはいえ、苦手です。

記事作成はユーザーの検索意図を汲み取ることや、ユーザーの共感を呼ぶ文章をいわば「創造」する作業です。
この分野では、当面AIは人間に太刀打ちできないでしょう。

実際AIを利用した執筆サービスを使ってみるとわかりますが、文章表現に限界があり、とてもボリュームが多い記事を書ける実力はありません。

以下は「ELYZA Pencil」で、「副業 Webライター」をキーワードにした場合のAIによる文章です。
意味は伝わりますが、単調で「読みたい」と思える内容ではないのがわかります。

AIが書いた新聞記事

参照:「DIAMOND SIGNAL

2-4.Webライターの仕事の範囲は広い

4つ目の証拠は「Webライターの仕事の範囲は広いこと」です。

Webライターの仕事は企、業サイトのコラム記事を書くことだけではありません。
取材記事やシナリオ作成・文字起こしなどさまざまな案件があり、実に多種多様です。

その分案件数も膨大になり、常に新しい案件が追加されるため、すぐに需要がなくなることは考えられません。

2-5.記事作成のアウトソーシングが拡大する可能性がある

2-5.記事作成のアウトソーシングが拡大する可能性がある
5つ目の証拠は「記事作成のアウトソーシングが拡大する可能性があること」です。
※「アウトソーシング」とは、企業が特定の業務を社外のサービスに発注すること。

先述のとおり、現在の検索エンジンサービスでは、本当に良質な記事でなければ上位表示できません。

これまで自社社員がブログ記事を公開してきた会社があるとして、もしその担当社員がWebライティングのプロでないとしたら、なかなか上位表示を達成することは難しいでしょう。
担当社員がほかの業務との掛け持ちで、片手間的に執筆している場合はなおのことそういえます。

この点、記事を上位表示させて集客を図るには、執筆の専門家であるWebライターに外注する方が効率的です。
こうした状況も、Webライターの需要を増やす要因になりえます。

3.【結論】高スキルのWebライターに需要あり

5つの証拠からわかるように、Webライターの需要そのものがなくなることはありません。

今後Webライターになる方にも十分高収入のチャンスがあります。
副業であれ本業であれ、Webライターは将来性のある職業です。

ただし一つ、忘れてはならない条件があります。
それは高いスキルを身につけることです。

Webライター業界の需要はなくならなくても、「実力のないWebライター個人」については需要がなくなる可能性が高いです。
クライアントの企業や個人は、自サイトに良質な記事コンテンツを載せる必要があります。

低品質の記事しか書けないWebライターにはお呼びがかからず、結果的に自然淘汰されるでしょう。
安定した収入を目指すなら、腰を据えてインプット(Webライティングの学習)とアウトプット(Webライティングの実践)に取り組む必要があります。

4.需要の増減に影響されないWebライターになる方法

Webライターの需要がどれだけあるかに関わらず、高スキルのWebライターになれば、仕事に事欠くことはそうそうないでしょう。

ではどうすれば一人前のWebライターとして認めてもらえるようになるでしょうか?
意識すべきポイントとして、以下の5点を解説します。

  • スキルを地道に磨く
  • どの案件も一生懸命こなして高評価を受ける
  • 得意分野を開拓する
  • 自身のブログで結果を出す
  • カバーできる作業範囲を広げる

4-1.スキルを地道に磨く

4-1.スキルを地道に磨く
スキルを地道に磨くこと」は、基本中の基本です。

Webライティングがまったくの未経験である場合、「PREP法」など文章の基本的な型から学びましょう。
タイトルや見出しの上手な付け方や、知りたい情報を深く調査する方法など、Webライティングに関する一とおりのテクニックを学びます。

大事な点として、WebライティングやSEOの学習は継続して行いましょう。

執筆に慣れてくるとインプットを怠りがちですが、記事作成は奥が深い作業で、吸収すべきことに終わりはありません。
SEOについては頻繁に情報がアップデートされるため、最新の情報にアンテナを張っておく必要があります。

ユーザーの心に響く文章を書く方法や、商品やサービスを魅力的に紹介する方法など、常に成長を目指すことが大切です。

4-2.どの案件も一生懸命こなして高評価を受ける

初心者の場合、最初は文字単価が低い案件から始めることになるかもしれません。
そうだとしても、「どの案件も誠実にこなすこと」が大事です。

クライアントの要望を理解し、対策キーワードに基づいた網羅性の高い情報を書くようにしましょう。

一生懸命に案件をこなす姿勢はクライアントから評価されます。
「信頼できるWebライター」というイメージがつけば、長く付き合ってもらえたり、文字単価の高い案件も回してもらえたりする可能性が高まります。

4-3.得意分野を開拓する

4-3.得意分野を開拓する
得意分野を開拓すること」も大事なポイントです。

よく知っている分野や体験談を書ける分野など、充実した内容の記事を書ける分野があれば、その分野の案件を受注できる可能性が高まるからです。

「ITに強い」「薬系に強い」「法律に強い」「○○業界で働いた経験がある」など、自身の知識や経験を活かせるのは強みです。

現時点で得意分野がなくても、学習を重ねて「準エキスパート」を目指してみましょう。

4-4.自身のブログで結果を出す

自分のブログを開設して結果を出すこと」も効果的です。

「PV数が多い」とか「アフィリエイトで実績を出した」などの実績があれば、クラウドソーシングサイトなどにプロフィールを載せる際にPRポイントになります。

またブログ運営自体がアウトプットであるため、文章力を養う良い機会です。
さらに記事を読むユーザーの反応を常に意識するため、ユーザーを見据えた記事作りの練習にもなります。

4-5.カバーできる作業範囲を広げる

4-5.カバーできる作業範囲を広げる
Webライターとしてできる作業を増やすこと」も目指しましょう。

一般的な企業のブログ記事だけでなく、取材記事や翻訳記事など少し特殊な案件もこなせるようになれば、案件獲得のチャンスが増えます。

またSEOライティングなど基本的な点だけでなく、内部SEOや外部SEOのスキルを身につけるなど、より深いSEOノウハウも学んでおけます。

ほかにも以下のような知識やスキルがあると、「Webライター力」をアップできます。

  • 画像作成
  • gifデータ作成
  • LP作成
  • WordPress入稿
  • HTMLの習得

5.「BRIDGEA」で「できるWebライター」を目指しませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「1日も早くWebライターとして成長したい!」とやる気に燃えている方。
弊社「BRIDGEA」に在籍して、Webライティングの仕事をしてみませんか?

BRIDGEA」なら、未経験の方でもスムーズに仕事を始められます。
Webライティングの基礎や応用について丁寧な指導を受けていただいた上で、実際の案件をお渡しいたします。

弊社のベテラン編集者や校閲・校正チームのサポートのもと、無理のないスケジュールで臨んでいただけるため、不安がある方にもぴったりです。

また随時Webライティングに役立つ情報も共有いたします。

学びの場と実践の場両方がある環境で働くことで、Webライターとしての実力を身につけることが可能です。

まずは以下の募集ページより詳細をご覧いただき、お気軽にご応募ください。

参照:Webライター募集ページ

6.まとめ

「Webライターの需要は多くない」といわれることがありますが、これは本当でもあり、間違いでもあります。

実力がないWebライターの需要はないでしょう。
しかしスキルの高いWebライターは安定して働けます。

大切なのは、Webライティングについて学び続け、実践を重ね、Webライターとして成長し続けることです。

弊社「BRIDGEA」での指導を含め、Webライターが学習する手段はさまざまにあります。
向上心をもって取り組み、ぜひWebライターの魅力を体感してください。

関連記事

  1. 正社員Webライターを目指そう!未経験からのキャリアアップ方法

    正社員Webライターを目指そう!未経験からのキャリアアップ方法

  2. 【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開

    【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開

  3. Webライティングで求められる4つの技術

    Webライティングで求められる4つの技術

  4. Webライターはどんな仕事?「これから始めたい」方に徹底解説

    Webライターはどんな仕事?「これから始めたい」方に徹底解説

  5. Webライターの1日の文字数は?効率的に少ない文字数で稼ぐ方法

    Webライターの1日の文字数は?効率的に少ない文字数で稼ぐ方法

  6. 求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説

    求人情報あり|Webライティングのバイトは稼げるのかを徹底解説