【初心者必見】Webライターになるための知識やスキルを解説

【初心者必見】Webライターになるための知識やスキルを解説

「Webライターになるための必要な知識ってなんだろう?」

このようにWebライターに興味はあるけど、専門知識がなくて不安という人もいるのではないでしょうか。

Webライターとして稼ぐためには、基本的な文章力や、SEOの知識、リサーチのやり方など知識やスキルが必要になってきます。

この記事では、Webライターになるための必要な知識やスキルを解説します。
これからWebライターとして稼いでみたい人はぜひ、参考にしてください。

1.Webライターが絶対に押さえておきたい4つの知識

1.Webライターが絶対に押さえておきたい4つの知識
Webライターに必要な知識やスキルは多岐にわたりますが、なかでも重点的に押さえておきたい項目が4点あります。

この章では、Webライターに必要とされる知識のなかで特に重要な項目をご紹介します。

1-1.基本的な文章力

Webライターにとって重要スキルである文章力ですが、その土台となるのは、正しくわかりやすい文章を執筆する基礎知識です。

企業のブログやメディアサイトは、正確な情報を誰が読んでも「わかりやすい」と感じられるように伝える必要があります。

基本的な文章力は、具体的には以下の要素に分解されます。

  • 正しい文法
  • 説得力や納得感のある文章構成
  • 平易な言葉での簡潔な表現
  • クセのない文章

投稿するメディアのターゲット層によっても異なりますが、一般的にWebライターの執筆する文章は中学生が読んでも内容を理解できる文章が望ましいといわれています。

パソコン1台あれば誰でもなれるWebライターだからこそ、基本的な文章力は重要な要素です。

まず1つ目に押さえておきたいのが、「基本的な文章力」の知識です。

1-2.リサーチのやり方

1-2.リサーチのやり方
正確な文章を執筆するためにも、記事の内容に説得力をもたせるためにも、リサーチ方法に関する知識は不可欠です。

一般的にWebライターは、Googleなどのインターネット検索やツールを活用して情報をリサーチします。
質の高いコンテンツを執筆するための大きなポイントは、リサーチの正確性・効率・深さです。

リサーチの一連の流れは、以下のとおりです。

  • 指定されたキーワードでの現在のトップ10記事を確認
  • 各項目についての官公庁のサイトや大手企業などの信頼性の高いサイトから情報を確認
  • Google検索結果の「サジェストワード」や「他の人はこちらも検索」から読者の検索意図を確認
  • SNSやYahoo!知恵袋などの情報から一般ユーザーの心情やトレンドを確認

注意すべき点は、投稿するメディアやクライアントの要望に応じて参照すべきWebサイトを調整することです。
現在では網羅性と信頼性の高い記事が検索エンジンから高く評価されるため、競合サイトよりも上位に表示されやすい記事を作成するためにもリサーチ方法に関する知識が求められます。

1-3.SEOの知識

一人でも多くの方に記事を読んでいただくために必要とされるのが、SEOに関する知識です。

SEOとは「検索エンジン最適化」と訳されていますが、Webマーケティングにおいては「コンテンツを上位表示させるための施策」という意味で主に用いられています。

Webの記事は、検索ユーザーの目にとまる必要があるため、想定した検索キーワードに対して上位10位以内(できるだけ3位以内)を目指します。

SEOの知識は専門的で多岐にわたりますが、Webライターが特に押さえておきたいのは以下の項目です。

  • キーワードを意識したタイトル・見出しづくり
  • キーワードや読者の検索意図に沿った記事制作
  • E-E-A-T(経験、専門性、権威性、信頼性)を押さえた記事制作

これらのWebライターに必要な知識は、書籍やスクールなどで体系的に学習できます。
また、最新のSEOのトレンドや重点的に学びたいポイントについてはYouTube動画やSNSなども参考になるでしょう。

1-4.コピーライティングに関する知識

1-4.コピーライティングに関する知識
コピーライティングとは、読者の心理を理解し、読者に行動をうながすような文章、または技術のことを意味します。

コピーライティングの知識があれば、読者に対して商品やサービスの訴求がしやすくなり、売上アップにつながったり、問い合わせを増やしたりできます。

Webライターで文字単価を上げたい人や、文章で成果報酬を上げたい人は、コピーライティングの知識を習得することは必要です。
読者の行動を促して、クライアントの集客や売上に貢献できる記事を執筆するためにも、コピーライティングの知識を学びましょう。

2.Webライターが知識を習得しないリスク

Webライターの知識が不足している場合のリスクは、仕事を継続的に受注できず、収入が安定しないことです。

Webライターは、多くの読者に読まれサービスの訴求やブランドイメージの向上につながる文章を執筆できない場合、価値を発揮できません。

クライアントである企業やメディアの売上に貢献できない結果、継続的に受注を受けられなくなります。
実績を積み重ねられないことにより、新規案件の獲得にも苦労するでしょう。

また、チャットGPTを初めとしたAI技術の進化もWebライターにとっては大きな脅威となっています。
2023年段階では活用法に課題はあるものの、うまく利用すればAIはWebライターに匹敵する文章の生成が可能です。
SEOや十分なリサーチに基づいた文章を執筆できないWebライターは、AIに取って代わられる可能性があります。

Webライターとして将来的に活躍するためには、必要とされる知識やスキルをしっかりと身につけましょう。

3.Webライターが知識を習得する方法

3.Webライターが知識を習得する方法
Webライターに必要な知識を習得する方法は、さまざまです。情報があふれているなかで、どのように学習を進めていけばよいのか迷う方も少なくありません。

この章では、Webライターが知識を習得するための基本的な3つの方法をご紹介します。

3-1.書籍で学ぶ

Webライターに必要な知識について、基本を体系的に学ぶには、書籍がおすすめです。

書籍を利用した学び方のメリット・デメリットは、以下のとおりです。

メリット デメリット
・安価で学べる
・体系的に学習できる
・実績の確かな著者の技術やノウハウを学べる
・個別の疑問や悩みの答えが解消できない場合がある
・情報が最新でない場合がある
・発展的かつ専門的な学びを得られる書籍の数が少ない

上記のメリット・デメリットをふまえると、書籍での学習は「これからWebライターを始めようとしている方」「Webライターを始めたばかりの方」におすすめです。

特におすすめの書籍を3点ご紹介します。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」 唐木元
ニュースメディア「ナタリー」で新人教育を担当する著者によるWebライティング本です。
「完読させる文章=優れた文章」として、そのために必要な知識・スキルを解説しています。

沈黙のWebライティング」 松尾茂起
漫画パートと解説パートで、SEOライティングを実践的に解説したWebライティングのベストセラーです。
SEOで上位を狙うためのノウハウに加え、売上や集客につながるライティング知識を学べます。

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生」 福田多美子 坂田美知子 加藤由紀子
正しくわかりやすく文章を書くことはもちろん、構成やキャッチコピーのことまで触れています。
現役で活躍中の9名のWebライターのインタビューを掲載しています。

現状の知識・スキルのレベルに合わせて書籍を選びましょう。

3-2.Webサイトで学ぶ

3-2.Webサイトで学ぶ
Webライターに必要な知識は、Webライティング関連のサイトにも掲載されています。

Webサイトでの学習のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット デメリット
・無料で学べる
・課題や知りたいことにフォーカスして学べる
・最新の情報を学べる
・情報の信ぴょう性を判断する必要がある
・体系的な学習になりづらい
・高額な商材の広告として記載されている場合がある

メリット・デメリットをふまえると、Webサイトでの学習は、書籍で土台の知識を習得した方に適した学び方です。
また、ノウハウ以外にもモチベーション・働き方のコツ・おすすめツールなどをまとめたWebサイトもあり、特定のニーズや悩みがある方にもおすすめです。

3-3.動画で学ぶ

近年、YouTubeなどの動画学習による知識習得が、主流になりつつあります。

動画学習は、無料で学べるタイプのものと有料のオンライン講座のものと大きく2つに分かれます。
メリットとデメリットをまとめた表は、以下のとおりです。

メリット デメリット
・動画で動きが見えるため、わかりやすい
・最新の情報を学べる
・移動中や家事の合間などにも学べる
・内容に対して時間の効率が悪くなる場合がある
・体系的な学習になりづらい

特に最新のニュースを知りたい方や、有益なチャンネルが決まっている方は、お気に入りのチャンネルを登録することからスタートするとよいでしょう。

4.Webライター初心者からの「知識」に関する質問

4.Webライター初心者からの「知識」に関する質問
この章では、Webライター初心者の方からの「知識」に関する質問とその回答を記載します。
3つのポイントをご紹介します。

4-1.専門知識はありませんが、それでもWebライターとして稼げますか?

特定の業界や職業に関しての専門知識がなくても、Webライターとして稼げます。

確かに、高単価の案件の獲得や安定的な継続案件の受注のために、医療・法律・IT技術などの専門技術は有効です。
ただし、専門ライターは専門家に匹敵するほどの知識と技術を活用する力が要求されるため、専門ライターとして必要とされるほどの知識を0から身につけるのは大変なことです。

もしも、SEOや基本的な文章力などの知識をマスターしていない場合には、先にWebライターとして必要な知識の習得を優先することをおすすめします。
Webライターとして必要な知識がある場合は、Webライターとして十分な収入を得られる可能性が高いです。

4-2.Webライターの知識はいったん習得すれば将来的にずっと使えるものですか?

4-2.Webライターの知識はいったん習得すれば将来的にずっと使えるものですか?
テクノロジーの進化によってWebライターが淘汰され、知識が不要なものとなるのでは?と不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

AIをはじめとしたテクノロジーが今後どのように進化するかについては明確ではないものの、Webライターに必要な知識が将来的に不要になる可能性は低いです。

Webライターとして必要な機能は多岐にわたります。

  • SEOに関する知識
  • 文章力やコピーライティングに関する知識
  • リサーチやマーケティング分析に関する知識

Webライターに必要な知識は、営業やマーケティングと多くの部分で重なっています。
営業の知識が将来的にも必要とされる見込みが高いのと同様、Webライターの知識もすぐに不要なものとはならないでしょう。

4-3.Webライターの知識を習得する講座の案内がありましたが、受講すべきでしょうか?

Webライターの知識習得の講座の良し悪しは、個別に判断する必要があります。

特に、講習費用が高額なセミナーに関しては、費用に見合うものもあればそうでないものもあるため、慎重に判断しなくてはなりません。

Webライティング講座は一概に良し悪しを判断しづらいため、注意が必要です。
どのWebライター講座がよいかは、人によって必要としている知識や求めるスキルによって異なるため、一概にはいえません。

また、Webライティング講座はまとまった費用がかかる点にも注意が必要です。

記事作成代行業者である「株式会社BRIDGEA」では、知識習得やスキルアップを目指す方のサポートをしています。
最新のSEOに基づくWebライティングの知識が得られることに加えて、専任の教育担当者や校正者によるフィードバックを受けられる仕組みが整っています。

Webライティングの知識を身につけたい方はライター募集からテストライティングを受講可能です。

参照:株式会社BRIDGEAのWebライター募集サイト

5.まとめ

Webライターとして活躍するには文章力やSEOなどの知識が必要不可欠です。

日進月歩で技術革新が進むWeb業界ではあるものの、土台となる知識は定まっているため、土台固めのためにもしっかりと知識を習得しましょう。

知識習得のためには、書籍・Webサイト・動画などの方法があります。
書籍などで土台となる基本知識を押さえた後にWebや動画で最新の情報を得るのが効率のよい知識習得方法です。

記事作成代行業者である「株式会社BRIDGEA」では、知識やスキルを学びながら将来的にも長くWebライターとして活躍できる仕組みを整えています。
Webライターとして活躍をしたい方は、気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

    【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

  2. 大学生はWebライティングで稼げる?収入事情と稼ぐコツを解説

    大学生はWebライティングで稼げる?収入事情と稼ぐコツを解説

  3. 主婦でもWebライターで収入を得られる?始め方・メリット・デメリット

    主婦でもWebライターで収入を得られる?始め方・メリット・デメリット

  4. Webライティングで求められる4つの技術

    Webライティングで求められる4つの技術

  5. Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

    Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

  6. Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説

    Webライティングとは?仕事の手順と役立つ15のコツを解説