Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

Webライターは飽和しているの?専門業者がリアルな現状と対策を解説

「Webライターは飽和している」と言われることがあります。
確かに、コロナ禍や働き方の変化などによりWebライターの人数は急増しました。
クラウドソーシングで案件を応募しようとした際に、ライバルの多さに驚かれた方もいらっしゃることでしょう。

しかし、発注者側から見ると、スキルの高いWebライターは飽和しているどころかむしろ不足しています。
スキルの高いWebライターは大量の案件を受注できる反面、スキル不足の場合には仕事が得られないというのが現状です。

この記事では、Webライターが飽和しているといわれる現状での仕事の取り方や対策を解説します。

1.【データから解説】Webライターの飽和問題は大きな誤解

1.【データから解説】Webライターの飽和問題は大きな誤解
「Webライターは飽和している」といわれますが、Webライターは不足しています。
実際に、多くのコンテンツ作成業者では担当ライターが足りない状況です。

確か現在に、クラウドソーシング最大手の「クラウドワークス」には約4万名のWebライターが登録しています。
ただし、このなかにはWebライターを始めたばかりの初心者が多く含まれており、企業のブログ記事を執筆できるレベルに達しているライターはそのなかのごく一部です。

Webライターのレベル分布についての詳細なデータはありませんが、Webライティング業界においては大半の業者がWebライター不足で困っています。

2.Webライターの将来性|いつか飽和する日は来る?

Webライターは不足しているとお伝えしましたが、将来的には飽和状態になる可能性があります。
その大きな要因の一つがAI技術の台頭です。

AIライターは文字通り、AI(人口知能)が自動で文章を作成するサービスです。

海外では徐々に個人向けツールが登場しているほか、日本でも一部の大手企業ではAIによるライティングツールが試験導入されています。
AIライターの技術が今後さらに進歩すれば、いずれWebライターの作業を全てAIが行うようになる日が来るかもしれません。
ただし、現段階ではAIライターの技術は未成熟であり、Webライティングの全てを代替できる状況にはありません。

またAIが人間に取って代わるという話は、Webライターに限らずったことではなく、他の業種でも同様です。
将来的にはさまざまな職種の仕事をAIが行うようになると予測されています。

たとえAIが台頭しようと、Webライターとしての経験は決して無駄にはなりません。

Webライターは文章力だけでなく、Webやマーケティングの知識も身につけることができます。
これらはWebマーケターやWebディレクターなどライター以外の職種にも活かせるスキルです。

3.「飽和」状態のWebライターの中で勝ち抜くために必要なスキル

3.「飽和」状態のWebライターの中で勝ち抜くために必要なスキル
「飽和」しているといわれるWebライターとして、希少価値を発揮して安定的に受注を得るためには、スキルを磨く必要があります。
しかし、実績の乏しい初心者のWebライターは、どのようなスキルを身につければよいのかイメージしづらいのではないでしょうか?

この章では、Webライターとして長く活躍するために役立つスキルを紹介します。

3-1.リサーチ力

Webライターに求められるスキルの一つ目はリサーチ力です。
すなわち情報収集能力は、Webライターが身に付けるべき基本スキルです。
記事コンテンツを構成するネタ=情報に対するリサーチ力がなければ、良質な記事を作成できません。

Web・雑誌・書籍・取材などさまざまな情報入手経路がありますが、Webライターの主流なリサーチ方法はWeb検索です。
記事によっては紙媒体や取材が必要になるケースもありますが、Webライティングに用いる情報の多くはインターネットで得られます。

Web検索をする際に特に強く意識しなくてはならないのは情報の信頼性と鮮度です。

  • 公的な機関など信頼性の高い媒体からの情報を参考にする
  • Googleの「期間検索」の機能を利用する

具体的には上記の対応を取ることで、Webでのリサーチの正確性が高まります。

3-2.ライティング力

3-2.ライティング力
ライティング力もWebライターの基本スキルです。
ただし、誰にも真似できないオンリーワンの文章を書く必要はありません。
大切なのは、ターゲットに設定した読者に確実に読んでもらえる文章を心がけることです。

例えば、以下のようなポイントに注意してください。

  • やさしい言葉を使う
  • クセのない文章にする
  • 結論を最初に述べる
  • クリックしたくなるタイトルや見出しをつける

Googleは独自性の高い記事を評価して上位表示する傾向があるため、オリジナリティを追求することは大事です。

さらに重要なのは、読者の悩みや課題を解決するための文章を書くことです。
いくら情報の質が高くても文章が分かりづらかったり、クセがあったりすると伝わらないため、読者が求める情報が確実に伝わるような文章作成を心がけましょう。

3-3.SEO対策の知識

SEO対策とは、作成した記事をGoogleやYahooの検索結果の上位に表示するための施策です。
SEO対策としてWebライターが執筆の際に意識しておきたい点は以下のとおりです。

  • キーワードを意識したタイトル・見出しをつける
  • 論理的な文章構成を考える
  • 独自性と専門性の高い記事を作成する

ポイントは、しっかりとターゲットを絞って記事や見出しを作り、ターゲットの検索意図(悩みや課題)を解決する情報を提供することです。
その結果検索サイトの評価が高まり、ページを上位表示しやすくなります。

SEO対策のスキルをもっているWebライターは、飽和状態の中でも案件を継続受注できる可能性が高まります

3-4.構成力

3-4.構成力
構成力は、記事の組み立てを考えるスキルです。
記事内のコンテンツをどのような流れで読者に読ませるのか?という「順序」(目録)を考案します。
構成が適切であれば、「読まれる記事」をつくることができ、SEO評価が上がって、検索結果上位に記事を表示させやすくなります。

Webライティングの構成を考える際は、以下のポイントに気を付けましょう。

  • キーワードの検索意図に沿って見出しを設定する
  • 結論となるコンテンツを最初に持ってくる
  • 競合サイトと比較する

Webライティングにおける構成のポイントは、「読者にとってわかりやすい」「購買や問い合わせなどの行動につながりやすい」設定にすることです。
「ライターにとって優れた記事」ではなく、常に読者目線で構成を考えるようにしましょう。

4.「飽和」で埋もれないWebライターのスキルを身につける方法

Webライターが飽和しても埋もれないためのスキルを身に付ける方法をご紹介します。

具体的な方法は、次のとおりです。

  • 書籍で学ぶ
  • 動画コンテンツで学ぶ
  • オンラインサロンやスクールで学ぶ
  • SNSやWebから最新の情報を得る

それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

4-1.書籍で学ぶ

4-1.書籍で学ぶ
書籍は構成がよく練られているため、ライティングのスキルを体系的に学びたい方におすすめです。

ライティングの基礎知識から、読みやすい文章を書くためのテクニック、タイトル・キャッチコピーの付け方、SEOの知識まで幅広いテーマで出版されています。

書籍で学ぶメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

  • 体系的に学べる
  • 信頼性の高い情報を得られる

デメリット

  • 購入費用がかかる
  • 情報が古い可能性がある

最近は個人でも気軽に電子書籍を出版できるようになったため、全ての書籍で情報の信頼性が高いとは限りません。
内容の正確性が担保されているかどうか、しっかり確認する必要があります。

4-2.動画コンテンツで学ぶ

YouTubeやニコニコ動画、TikTokなど、動画共有サイトを通じてWebライターのスキルを学ぶこともできます。
動画は見るだけでいいので、学ぶ方法としては最もアプローチしやすいかもしれません。

動画コンテンツで学ぶメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

  • わかりやすい
  • 気軽に受講できる(好きな時間・場所で学べる)

デメリット
・情報の取捨選択が必要になる

  • 情報の取捨選択が必要になる

動画コンテンツは自分の都合に合わせて学べるのが大きな利点です。

しかし、同じテーマでも動画によって主張が異なっている場合があるため、正しい情報のみを吸収できるよう、コンテンツに対する比較・分析・検証が必要です。

4-3.オンラインサロンやスクールで学ぶ

4-3.オンラインサロンやスクールで学ぶ
オンラインサロンやスクールは、Web上の会員制コミュニティやリアルな教室で講座を受講してスキルを学ぶ方法です。

以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 体系的に学べる
  • 疑問や不安を質問したり相談したりできる
  • 同じ志の仲間に会える

デメリット

  • 運営者によっては不誠実なことがある
  • サロンやスクールの比較が必要になる
  • 受講料が高額な場合がある

どこで受講しても同じ効果が得られるとは限らないため、どんなスキルをどこまで学べるのか、事前に授業内容をチェックしておかなければなりません。

4-4.SNSやWebから最新の情報を得る

今や情報収集方法の主流となったSNSやWebメディアも、Webライターのスキルが学べる有効な手段です。

SNSやWebには以下のメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 最新の情報を得られる
  • 生の情報を得られる

デメリット

  • 情報の真否を自分で判断しなくてはならない
  • 知識の土台がないと情報を生かせない

SNSやWebはリアルタイムの情報に簡単にアクセスできるのが利点ですが、情報は玉石混交です。
信頼に足る情報もありますが、そうでないもの、真偽不明なものも少なくありません。
そのため、提供されている情報の精度の高さを見分けることが大切です。

5.Webライターの仕事は飽和していない|受注のプラットフォーム

5.Webライターの仕事は飽和していない|受注のプラットフォーム
現在、Webライターの募集はさまざまなプラットフォームを通じて行われています。
募集が行われているということは「飽和していない」ということです。

具体的には以下のような媒体で仕事を受注できます。

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • 記事作成代行業者

この章ではプラットフォームごとのメリット/デメリットをご紹介します。

5-1.クラウドソーシング

クラウドソーシングは、企業がインターネットを通じて仕事を依頼する仕組みです。
「クラウドワークス」や「ランサーズ」が代表的ですが、他にもさまざまなクラウドソーシングサイトがあります。

メリット

  • 案件を見つけやすい
  • ネット上で仕事が完結する
  • 報酬トラブルを回避しやすい

デメリット

  • 手数料が発生する
  • 単価の低い案件が多い
  • 継続するのが難しい

数多くの事業者からの募集案件をワンストップで確認できるクラウドソーシング。
仕事を見つけやすいのが利点ですが、一方で、手数料が発生することや、低単価&単発案件が多いため、仕事を継続するのは簡単ではありません。

5-2.SNS

5-2.SNS
SNSは情報収集ツールとしてだけなく、案件の受注プラットフォームとしても活用されています。
プロフィールやポートフォリオを充実させることで、自分で案件を探さなくても、発注者から直接依頼を受けることも可能です。

メリット

  • 宣伝効果が高い
  • 直接オファーが来ることもある
  • 条件交渉がしやすい

デメリット

  • SNS運用のノウハウがいる
  • 連絡が多すぎて処理が大変になることもある

利用者の多いSNSは、「自分を売り込む」最適な宣伝ツールです。
ただし、上手く運用できなければ成果を上げることはできません。
宣伝効果を高めるためのSNS運用ノウハウが必要になります。

5-3.記事作成代行業者

記事作成代行業者は、Webライティングを専門に請け負っている企業です。
ライターとして登録し契約できた場合、継続して仕事を受注できる可能性があります。

メリット

  • 手数料がかからない
  • 継続案件を受注しやすい
  • 仕事をしながらスキルを向上できる

デメリット

  • 執筆ジャンルを選べない
  • 一定レベルのスキルが求められる

記事作成代行業者の中には、契約ライターを育成するための研修制度や技術指導を行っている企業もあります。

BRIDGEAもその一つです。
BRIDGEAでは、ライターに仕事を発注するだけでなく、Webライターとしての基本技術や応用技術の指導も行っています。

この場合、ライターは仕事をしながらスキルを身に付けられるため、着実に成長しながら稼ぎたい方には最適な環境です。
Webライターのスキルを身に付けながら稼ぎたい方は、ぜひBRIDGEAのライター募集ページをチェックしてみましょう

参照:BRIDGEAのライター募集ページ

6.まとめ

Webライター人口は増えていますが、飽和状態にあると考えるのは早計です。
クライアントが求める質の高い記事がつくれるWebライターは、むしろ不足しています。

しかし、それだけで安心はできません。
Webライターを長く続けるためには、一定レベルのスキルを身に付けなければなりません。
飽和状態に関係なく、スキルがなければWebライターを続けるのは難しいからです。

リサーチ力、ライティング力、SEO対策の知識、構成力……。
こうした基本的なスキルを身に付けブラッシュアップしていくことで、クライアントに信頼され、継続依頼をもらうことができます。

関連記事

  1. リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?

    リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?…

  2. Webライターが勉強すべき5項目とは!おすすめ勉強法もご紹介

    Webライターが勉強すべき5項目とは!?おすすめ勉強法もご紹介

  3. 【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

    【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

  4. フリーランスはWebライティングで稼げる?7つのコツを公開

    フリーランスはWebライティングで稼げる?7つのコツを公開

  5. Webライティングスキルがアップする!おすすめの資格13選

    Webライティングスキルがアップする!おすすめの資格13選

  6. Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

    Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!