Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説

Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説

「副業をしたい」という女性や、「在宅ワークで収入を得たい」という主婦の間で注目されている仕事に、Webライターがあります。
好きな時間に好きな場所で仕事ができるというWebライターの働き方に憧れている方も多いのではないでしょうか。

しかし、「どんな仕事をするのだろう」「自分にできるだろうか……」と迷っている人もいるはず。

そこでこの記事では、Webライターの魅力や、女性Webライターとして成功するための秘訣をご紹介します。
これから女性Webライターとして稼ぐために必要な情報を、ぎゅっとまとめて解説しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

1.女性がWebライターとして働くメリットとは?

1.女性がWebライターとして働くメリットとは?
女性がWebライターとして働いた場合には、ほかの仕事にはないメリットがあります。
この章では、女性にとってのWebライターのメリットを5点ご紹介します。

1-1.ライフスタイルに合わせて働ける

女性がWebライターとして働くメリットのひとつ目は、自分のライフスタイルに合わせて働けることです。

女性の場合、結婚や出産により、ライフスタイルが大きく変わるタイミングがあります。
在宅で働けるWebライターであれば、ライフスタイルが変わるたびに仕事を辞めたり、新しい仕事を探したりする必要がありません。

また場所や時間に縛られずに働けるので、実家などの外出先でも仕事ができますし、自宅での隙間時間にも働けます。
通勤の負担がなく、人間関係によるストレスも少ないのが魅力です。

子育てが落ち着いた時期に合わせて仕事を増やしたり、忙しい時期には仕事を減らしたりもできます。
柔軟で自由な働き方ができるのは、女性がWebライターとして働くメリットといえるでしょう。

1-2.体力的な負担が少ない

1-2.体力的な負担が少ない
女性がWebライターとして働くメリットとして、体力的な負担が少ないという点が挙げられます。
デスクワークがメインのWebライターは、重い荷物を持ち運ぶこともないため、体力に自信がない女性でも働きやすいのです。

デスクワークでありがちな腰痛や肩こりなどの悩みも、適切な椅子やクッションを使ったり、こまめに休憩を取ったりすることで軽減できます。
同じデスクワークの会社員と比べても、作業環境を柔軟に整えられるWebライターのほうが、体力的な負担が少ないでしょう。

Webライターなら、子育て中のママはもちろん、シニアの女性でも無理なく働けます。

1-3.スキル次第で高い収入を得られる

スキル次第で高い収入を得られるという点も、女性がWebライターとして働くことのメリットです。

Webライターは実力主義の職種なため、専門知識が高く、高品質な記事を書ける人ほど報酬も高くなる傾向にあります。
自分の専門知識を活かして付加価値の高い記事を書くことで、より高い収入を得られるのです。

Web業界は日々進化しており、常に新たなトレンドやライティングスキルを学び続ける必要があります。
「どうしたらもっと効率よく仕事ができるのか」「ユーザーの満足度を高めるにはどうしたらいいのか」と考えながら仕事をすることで、効果的にスキルを高められるでしょう。

スキルが身に付き、Webライターとしての評価が高まれば、収入アップにつながります。
また高い評価を受けることで、より多くの仕事の依頼が来る可能性もあります。

Webライターは、自分の能力次第で収入アップできる、魅力的な職種といえるでしょう。

1-4.未経験から始められる

1-4.未経験から始められる
未経験者からでも仕事を始めやすいことも、女性がWebライターとして働くメリットとして挙げられます。
Webライターになるために特別な資格や学歴は必要ないため、転職や復職を検討している女性もチャレンジしやすいでしょう。

「初心者OK」とする案件も多く、募集しているジャンルが多岐に渡るため、自分が興味のあるジャンルや得意分野に挑戦できます。自分のスキルや知識を活かしながら、新しい分野にもチャレンジできるため、スキルアップの機会も豊富です。

Webライターの仕事は、ネット環境とパソコンがあれば始められるため、初期投資も少なくて済みます。
働き始めるための敷居が低いので、未経験者も始めやすいのです。

未経験から始めたとしても、継続的に仕事をこなしてスキルを磨くことで、クライアントからの評価や収入も向上します。

1-5.将来的にも活かせるスキルが身につく

女性がWebライターとして働くことで、将来的にも活かせるスキルが身につきます。
Webライターとして働くことで習得できるスキルの一例は以下の通りです。

  • コミュニケーション力
  • 情報収集力
  • 分析力
  • 自己マネージメント力
  • 想像力や独創性
  • マーケティングスキル
  • SEOの知識

こういったスキルを身につけることで、Webライターとしてのキャリアの幅を広げることにつながるでしょう。
経験や実績を積むことで、将来的にフリーランスとして独立することもできます。

2.女性Webライターの働き方

2.女性Webライターの働き方
Webライターの働き方は、大きく分けてフリーランスと会社員との2種類です。
それぞれメリットとデメリットがあるため、特徴を理解したうえで自分に合った働き方を目指すとよいでしょう。

2-1.フリーランスとして働く

女性Webライターの働き方として、フリーランスとして働く方法があります。
フリーランスは、特定の企業に属さず、個人で業務を請け負う働き方です。

フリーランスとして働くメリットは、労働時間や休みを自分で決められるので、自由な働き方ができることです。
家庭や趣味など、自分のライフスタイルに合わせて働けます。

一方でデメリットは、自分で仕事を獲得しなければならない点です。
仕事を獲得するために、自己PRや営業活動も必要になります。
正社員のような福利厚生が得られない点を不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

会社員よりも自由度が高い反面、実力が問われるのがフリーランスとしての働き方です。

2-2.企業の正社員として働く

2-2.企業の正社員として働く
企業の正社員として働く方法も、女性Webライターの働き方のひとつです。

正社員としてWebライターを募集している企業はたくさんありますが、働き方は企業によって異なります。
企業によって、会社に出勤して働くケースもあれば、完全在宅で働けるケースもあるでしょう。

正社員として働くメリットは、社会保険や福利厚生が充実していることです。
また仕事の量がある程度決まっているため、収入が比較的安定していることもメリットとして挙げられます。

デメリットは、ライティング以外の業務を行う可能性もあることです。
企業によっては、編集業務や企画立案など、幅広い業務を担当することが求められることがあるでしょう。
勤務時間や休日は、会社の規定によって定められているため、フリーランスに比べて働き方の自由度は低くなります。

3.女性Webライターはどれだけ稼げるの?

女性Webライターが、どのくらい稼げるのかというのは、気になるポイントではないでしょうか。
ここでは、大手クラウドソーシングサイトのクラウドワークスと、記事の執筆代行を請け負っている株式会社ブリジアを例にご紹介します。

まずは、クラウドワークスの報酬相場です。
クラウドワークスが運営しているメディア「クラウドソーシングTimes」では、Webライターの記事単価について以下のように記載してあります。

専門知識が不要な記事の作成は1文字1円前後から、専門的な知識が必要な記事は難易度に応じて1文字2~5円程度が平均的な発注金額です。初心者のライターであれば1文字0.5円程度、ベテランライターであれば実績によって3円以上の高単価が設定されるケースもあります。

引用:クラウドソーシングTimes「クラウドワークスでの相場」

たとえば文字単価が0.5円で5,000文字の記事であれば、1記事2,500円の報酬です。
文字単価別に、1ヶ月に仕上げた記事数ごとの報酬を確認しましょう。

10記事/月 20記事/月 30記事/月 40記事/月
文字単価0.5円 25,000円 50,000円 75,000円 100,000円
文字単価1円 50,000円 100,000円 150,000円 200,000円
文字単価2円 100,000円 200,000円 300,000円 400,000円

クラウドワークスの利用にはシステム利用手数料がかかるため、実際に受け取るのは手数料を差し引いた金額になります。

続いて、記事執筆代行の株式会社ブリジアの報酬例を見ていきましょう。
株式会社ブリジアの報酬例は以下の通りです。

10記事/月 20記事/月 30記事/月 40記事/月
50,000円 100,000円 150,000円 200,000円

上記はあくまで目安の金額です。
実際の報酬額は、ライティング経験や実績、執筆するジャンルによって変わるものだと考えましょう。

4.女性Webライターとして成功するための秘訣

4.女性Webライターとして成功するための秘訣
女性Webライターとして成功するには、3つの秘訣があることを覚えておきましょう。

  • 仕事とプライベートを切り分ける
  • 得意な分野を極める
  • 人間関係を大切にする

それぞれのポイントについて解説します。

4-1.仕事とプライベートを切り分ける

女性Webライターとして成功するためには、仕事とプライベートの切り分けが重要です。
特に在宅で働く場合、「家族の生活音が気になって仕事に身が入らない」「プライベートの時間もつい仕事を続けてしまう」といったことになりがちです。

しかしこのような状況は、作業効率が悪くなり、ストレスもたまる原因となります。

仕事とプライベートをしっかり区切ることで、効率的な時間管理ができるとともに、ワークライフバランスを維持することも可能です。
そのためには、作業時間を明確に決めて、家族とのコミュニケーションも大切にしましょう。

休息や趣味の時間を大切にしてリフレッシュすることで、次の仕事にも集中しやすくなります。

4-2.得意な分野を極める

4-2.得意な分野を極める
得意分野を極めることも、女性Webライターの成功に欠かせません。
Webライターの仕事では、幅広いジャンルを手掛けるよりも、特定のジャンルの専門性を高める方が効果的に稼げます。

新たなジャンルに挑戦すること自体は悪くありません。
しかし新しいジャンルの記事を書くにあたり、一から情報をリサーチしなければならないため、時間がかかり効率が下がります。

一方で、特定のジャンルを極めることで、リサーチにかける時間を短縮できるため、作業効率を高めることが可能です。
専門性の高いWebライターの需要は高く、仕事の安定や収入アップにもつながるでしょう。

Webライターには、「浅く広い知識」よりも「狭くても深い知識」が求められる傾向にあります。

4-3.人間関係を大切にする

Webライターとして活動するのであれば、人間関係を大切にすることが重要です。
一人で作業することの多いWebライターですが、クライアントとの信頼関係を築くことは重要だと考えましょう。

クライアントとの信頼関係を築くことで、スムーズに仕事を進められるとともに、Webライターとしての評価が高まります。どれほどライティングスキルが高くても、納期に間に合わなかったり、レスポンスが遅かったりすると、クライアントに不信感を与えることになりかねません。

また人間関係が良好なライターであれば、口コミや紹介による仕事獲得につながることがあります。
女性Webライターとして成功するためには、人間関係を大切にして、クライアントとの信頼関係を築くように心がけましょう。

5.女性がWebライターで稼ぐための注意点

5.女性がWebライターで稼ぐための注意点
女性がWebライターで稼ぐために、気を付けるべきポイントについても確認しましょう。
主な注意点は以下の通りです。

  • 育児や教育などの身近なテーマは意外と稼ぎづらい
  • 論理力と感情に訴える力との両方が求められる
  • 必要最小限のPCスキルが必要になる
  • 稼ぐためには意欲が欠かせない

5-1.育児や教育などの身近なテーマは意外と稼ぎづらい

育児や教育などのテーマは稼ぎにくいことがあります。
女性が取り組みやすい育児や教育などのテーマは、競争率が高く、案件の獲得が難しいのです。

稼ぐために高単価案件を狙うのであれば、専門的な知識や経験が求められるでしょう。
一般常識があればできる仕事もありますが、単価は低い傾向にあります。

女性Webライターが稼ぐためには、競争率が高いテーマではなく、専門性の高いテーマに取り組む方がよいでしょう。
専門知識を身につけ、その分野で独自の価値を提供することで、高単価の案件を獲得できるようになります。

身近なテーマは取り組みやすいと思われがちですが、稼ぎにくい可能性があると覚えておくべきです。

5-2.論理力と感情に訴える力との両方が求められる

5-2.論理力と感情に訴える力との両方が求められる
Webライターとして稼ぐためには、論理力と感情に訴える力の両方が求められます。

論理力は、伝えたい情報をユーザーに分かりやすく説明する力で、提供する情報に説得力を持たせるために必要です。
一方で感情に訴える力とは、ユーザーの興味を引いて共感を得るために必要で、リピーターの獲得につながります。

どちらか一つの能力だけが優れていても、Webライターとして稼ぐのは難しいでしょう。
記事のジャンルやターゲット層によって、どちらを重視するかは変わりますが、バランスが重要です。

たとえば専門的な内容の記事では、情報を正確に分わかりやすく伝えるために論理力が求められます。
一方、エンターテイメント性の強い記事では、感情に訴える力を重視して、ユーザーに楽しんでもらうことが大切です。

女性Webライターが稼ぐためには、論理力と感情に訴える力の両方を磨き、記事にバランスよく取り入れる必要があります。

5-3.必要最小限のPCスキルが必要になる

女性Webライターとして働くためには、最小限のパソコンスキルが必要です。

Webライターが行なう作業の多くはパソコンを使います。

  • 文章作成
  • 情報のリサーチ
  • クライアントとのやり取り

これらの作業には、パソコンスキルが欠かせません。

文書作成では、WordやExcelなどのソフトや、メモ帳などのテキストエディタを使うことがあります。
これらのソフトを使いこなして作業効率をあげることで、より多くの仕事をこなせるようになるでしょう。

情報のリサーチでは、効率よく情報を検索する方法や、情報の信ぴょう性を見極めるネットリテラシーも必要です。
これにより、正確で質の高い記事を書けるようになります。

クライアントとのやり取りでは、メールやチャットツールを使う必要があります。
こうしたツールに慣れておくと、仕事がスムーズに進むでしょう。

一つひとつのスキルはそれほど難しいものではありませんが、まったくパソコンに触ったことがないという場合は、最低限のスキルとして身に付けておく必要があります。

5-4.稼ぐためには意欲が欠かせない

5-4.稼ぐためには意欲が欠かせない
稼ぐためには「スキルアップをしたい」「情報や技術を積極的に学んで、最新のSEOに対応した記事を執筆したい」といった意欲が欠かせません。

Webライターは、納品した記事がクライアントの売上・集客・ブランディングに役立ってはじめて高く評価されます。

そのためには知識やスキルが不可欠です。
しかも、Web業界は流れが速いため、少し前までのセオリーがわずかな期間で通用しなくなることもあります。

効率よく必要な知識やスキルを身につけるには、その道のプロに指導してもらうのがおすすめです。
たとえば、記事執筆代行を請け負っている「株式会社BRIDGEA」では、ディレクターや校正者によるフィードバックが受けられます。

実践的なスキルを学びながら記事を執筆できるので、継続的に仕事を受注できる力が身につくのです。

6.まとめ

Webライターは、「副業をしたい」という女性や、「在宅ワークで収入を得たい」という主婦に人気の仕事です。
結婚や出産により生活環境が変わっても、自分のライフスタイルに合わせて働けます。

ただし、楽に稼げる仕事ではありません。
長期的に安定した収入を得るためには、正しいWebライティングスキルを習得しなければなりません。

Webライターとしての知識や技術を磨くことで、自分の市場価値を高められます。
これから女性Webライターとして働きたいと考えているのであれば、株式会社ブリジアのような企業で学ぶのがおすすめです。
株式会社BRIDGEAは、1記事ごとにフィードバックをおこなっており、最新のSEOの知識もその都度共有しながらコンテンツの作成を進めているので、意欲のある方には最適なライティングチームの一つです。

実際に「株式会社BRIDGEA」には主婦業と両立しながら執筆している女性ライターや専業で活躍している女性ライターが多数在籍しています。

経験を問わず応募できるので、Webライターを目指すのであれば、一度問い合わせてみることをおすすめします。

株式会社ブリジアのWebライター募集はこちら

関連記事

  1. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  2. 【Webライターの書き方講座】読まれる文を書く11のコツを公開!

  3. Webライターのおすすめが全てわかる!クラウドソーシングから学び方まで

    Webライターのおすすめが全てわかる!クラウドソーシングから学び方まで…

  4. Webライターに経験や年齢は問われる?学生や40代から始めるメリットも解説

    Webライターに経験や年齢は問われる?学生や40代から始めるメリットも…

  5. 稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは

    稼ぎ方を指南!Webライティングで効果的に稼ぐ8つのコツとは

  6. 副業でWebライティング(ライター)を始めてみよう!必要なものや知識と…