Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

Webライティングをするために、特別な資格は必要ない代わりに「スキル」が求められる仕事。使っているパソコンのスキルは、使っていれば自然に使えるようになるでしょう。

しかし、Webライティングで、

  • 分かりやすい文章
  • 読んでもらえる文章

といった、文章力のスキルをアップさせるには、闇雲に執筆しているだけでは上達しないものです。

Webライターの永遠のテーマ「文章力」のスキルアップのためには、様々なテクニックを身につける必要があります。そこで今回は、Webライティングの「文章力」がスキルアップするテクニックを3つご紹介いたします。

1、Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

Webライティングでの「文章力」のスキルを身につけるのは、やはり「最後まで読んでもらえる文章」を作るため。その最後まで読んでもらえる文章を書くためには、Webライティングの基礎知識はもちろん、スキルアップのためにはテクニックを身につける必要があります。

では、どんなテクニックを身につければいいのか?ここでは、以下の3つのテクニックをおすすめします。

  1. レトリック
  2. 三段論法
  3. 独自性を持たせる

と、この3つのテクニックを身につけるだけでも、文章力のスキルアップは十分に期待できます。

2、テクニック➀ レトリック技法を使う

そもそもレトリックとは、紀元前5世紀の古代ギリシアから、以来2千数百年にわたって西洋に継承されてきた言語技術の体系。日本では、「修辞技法」と呼ばれ、文章に彩を与えてくれる技法になります。

そのレトリックの修辞技法は30以上。
ただし、Webライティンクで30すべての技法を使うわけではなく、主に2~3つの技法が用いられます。

➀比喩

比喩は、ある物を表現するとき、別の物に置き換えて表現する技法。
その比喩には、「直喩法」と「隠喩法」があり、それぞれ使い方が異なります。

直喩法:「~ような(に)」を使って、たとえるものと、たとえられるものを直接比較して示す方法。一般的に使われており、「夢のような話」なども、直喩となります。

隠喩法:「ような」などを使わずに、直接2つのものごとを結びつける方法。「氷の刃」「あの人は神様だ」といった使い方です。

Webライティングでは、例えをはっきりと示す「直喩法」を利用すると、文章にハリを与えてくれます。

➁体言止め

通常、文章は「です。」「ます。」で終りますが、体言止めは名詞(人、もの、事)で締める技法。
このように、技法。という使い方になります。

体言止めを使用すると、文章を強調する効果や、文末表現を変えることで文章の流れにアクセントがでるので、リズム感が生まれます。

➂擬態語・擬音語

表現するものを、様子を文字として書き表した擬態語や、擬音語・擬声語を用いた技法。
簡単には、「ひそひそ」、「うろうろ」、「いらいら」、「どんどん」といった使い方で、様子や音を表す表現です。

利用することで、文章の表現に具体性を持たせ、読み手にイメージされやすくなる効果が期待できます。

以上、3つのレトリック技法をWebライティングに取り入れることで、単調になりがちな記事にアクセントや臨場感を与えてくれます。

2、テクニック➁ 三段論法を理解する

三段論法とは、難しい表現で「推論」の方法の1つ。
簡単にいえば、「大前提」と「小前提」から「結論」を導き出す法則になります。
この三段論法で使われる有名な例文が、

大前提:全ての人間は死すべきものである。
小前提:ソクラテスは人間である。
結論:ゆえにソクラテスは死すべきものである。

という、1度は聞いたことがあるのでは?

この三段論法では、前提のない文章には結論はない、仮に前提がないのに結論が導き出されたら、それは説得力がないということが理解できます。

つまり、しっかりした前提に基づいて最終的に導きだした結論には、確固たる説得力が生まれます。
「三段論法」は、論理的に物事を思考するとき、または論理的な文章を作成する時に利用される法則となります。

Webライティングにおいても、しっかりした前提を設定して、その前提から出させた結論には説得力を与えてくれます。簡単なようで難しいですが、三段論法は理解しておいた方が良いでしょう。

4、テクニック➂ 独自性を持たせる

Web上には、数え切れないほどのコンテンツが存在しています。
その中で、この記事もそうですが、「新しいオリジナルのコンテンツ」というものは、皆無に等しいくらい存在していません。

世間で流行になっている商品やサービスには、同じようなコンテンツがいくつも存在し、転用だと疑われるものも少なくありません。

そのため、Webライティングにおいて、重要になるのが「自分らしさ」を強調すること。つまり、同じような内容の記事でも独自性を持たせることで、結論は同じでも、読み手には違うもののように感じてもらえます。

文章の中に、自分らしさを表現するのは、思っているよりも難しいテクニックです。経験を積む必要がありますが、作った文章を見て、自分らしさを出せるものは積極的に出していきましょう。

5、まとめ

Webライティングの文章力をスキルアップするのは、容易なことではありません。
Webライターとして働いている人は、日々の仕事をこなしながら、試行錯誤しています。

今回、レトリック、三段論法、独自性と3つのテクニックをご紹介しましたが、どれもスキルアップのためには必要なものです。

Webライティングを始めたばかりの方には、難しいものもありますが、まずはしっかり基礎知識を習得していきたいですね。

関連記事

  1. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  2. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?

  3. Webライティングはバイトでもできる!方法や収入は?

  4. webライティングのリライトの目的とポイント

    記事作成(Webライティング)でリライトする目的と作り方のポイント

  5. Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

    Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

  6. Webライティングで持っていると有利な資格とは?

    Webライティングで持っていると有利な資格とは?