Webライティングは難しい⁈克服ポイントや向いているタイプを解説

Webライティングは難しい⁈克服ポイントや向いているタイプを解説

Webライティングは時間や場所にとらわれず仕事ができるため、非常に人気が高まっています。
すき間時間が活用できることから、本業ではなく副業として挑戦する方も増えています。

ただ初めは、「Webライティングは難しいのでは?」「私にもできるのか不安」と思っている方がいるのも事実です。
そこでこの記事では、以下の点をご紹介します。

  • Webライティングの難しいところ
  • Webライティングの際に意識しておきたいこと
  • Webライティングが向いている人

Webライティングに少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

1. 「Webライティングは難しい」といわれるポイントとは?

Webライティングは、もともと文章を書くことが得意な方にとっても「難しい」と思われがちです。
その理由として、他のライティングにはないWebライティング特有の書き方があるため、と考えられます。

この章では、多くのWebライターが「難しい」と感じたことのあるポイントをご紹介します。

1-1.Web特有の記事の書き方を理解する必要がある

1-1.Web特有の記事の書き方を理解する必要がある
Web特有の記事の書き方とは、主に以下の3点です。

  1. 結論ファースト
  2. 平易な文章(難しい単語や専門用語は使わない)
  3. クセのない文章(小説家のような個性的な言い回しが評価されることはない)

1の結論ファーストは言葉の通り、結論をできるだけ記事の冒頭に持ってくる、ということです。
インターネットで情報を検索する方の多くは、短時間で必要な情報を知りたいと思っています。
したがって必要な情報が末尾にあった場合、そこにたどり着く前に離脱する(ページを離れる)確率が高まります。

サイト運営者なら訪問者にはできるだけサイトに長くとどまり、自社の商品やサービスを知ってほしいと思うもの。
短時間での離脱を防ぐためにも結論はできるだけ冒頭に、理由などはその後に書くようにすることで必要な情報を提供できる可能性が高くなるわけです。

2の平易な文章は、さっと流し読みしても理解できるようできるだけ簡単な言葉を使うことを指します。
先ほどの結論ファーストと同様に、Web上の記事はじっくり時間をかけて読まれることがほとんどないため、流し読みや飛ばし読みでも内容が理解しやすいよう平易な文章が推奨されています。

3のクセのない文章も基本は1・2と同じです。
とにかく理解しやすく、誰が読んでも同じ意味にとらえられる(読み手によって解釈が変わらない)文章を書く必要があります。
総じて、「小学5年生でもわかる文章」などと表現されることも。
特に文章のクセは注意していても知らず知らずの間に出てしまうため、当面は十分に注意しなければなりません。

1-2.高いリサーチ力を必要とする

Webライティングにリサーチ力は欠かせません。
企業や団体などからの依頼で執筆するWebライターが、万が一誤った情報を記載してしまってはクライアントの信用にも関わります。
だからといって自分の専門分野だけ依頼を受けることは、無理ではありませんが難しいのが実情です。

したがって、あらゆるジャンルの記事をリサーチしながら執筆しますが、ご存じの通りWeb上の情報は残念ながら100%正しいとは言い切れません。
そのため、幅広いジャンルの正確な情報をリサーチで得て、自分が深く理解した上で読者に紹介することが求められます。

1-3.SEO対策の知識・技術が低いと評価されにくい

1-3.SEO対策の知識・技術が低いと評価されにくい

SEOの知識が必要とされるのも、Webライティングの大きな特徴のひとつです。
SEOとは日本語で「検索エンジン最適化」と訳され、グーグルなどの検索エンジンで検索した際に上位に表示されるための施策のこと。

検索で上位に表示されるならば、多くの方がサイトに訪れてくれ、自社の商品の購入やサービスの利用につながりやすいです。
その点から、SEOは非常に重要視されています。

特に日本では、上位をクリックする割合が諸外国と比べても高いといわれています。
<日米英CTR(クリック率)比較表>

検索順位 アメリカ イギリス 日本
1 9.13% 10.48% 13.94%
2 5.07% 6.05% 7.52%
3 3.60% 4.49% 4.68%
4 2.61% 3.15% 3.91%
5 1.95% 2.54% 2.98%
6 1.46% 1.96% 2.42%
7 1.10% 1.55% 2.06%
8 0.93% 1.32% 1.78%
9 0.75% 1.10% 1.46%
10 0.66% 0.98% 1.32%

※SEO Clarity「2021 CTR調査研究」より抜粋
ここには記載していませんが、上位20位まで見ても日本のクリック率は高い傾向にあります。

SEO対策が施された記事は、優秀な営業マンに例えられます。
時間を問わず働き続けてくれる営業マンならば、どの企業や団体も欲しいと思うでしょう。
このことからもSEO対策は非常に重要で、その知識や技術を持つWebライターが評価されるのは当然といえるかもしれません。

1-4.クライアントの意向に沿って執筆しなければならない

Webライターはひとつの企業の専属になることはまれで、多くは複数のクライアントを持つことが多いようです。
クライアントによって要望や方針などが異なるため、それぞれに対応しなければなりません。
例えば

  • レギュレーション(言い回しなどのトンマナや表記ルール)
  • 記事のテイスト
  • スケジュール感

など。

常にこれらを調整しながら、細かいことであっても要望に応えることは必須です。

2. 「難しい」とされるWebライティングで成果をあげるポイント

前章のようにWebライティングには特殊性があり、ただ上手に文章が書ければよいわけではありません。
そこでこの章では、Webライティングをする際に意識しておきたいことを5つ挙げました。

できるだけ早く成果をあげるべく、ぜひ参考にしてください。

2-1.積極的に学習する

2-1.積極的に学習する

WebライティングはPC1台あれば始められるため、ハードルが低いのも事実ですが学ぶべきことは少なくありません。
Webライティングが年々進化していることもありますし、世の中の動きが大きく、読者の行動が変化することやSEOも少しずつ変わるため、などさまざまな理由から「これで学びは終わり」ということがないからです。

どのように学ぶかは人それぞれですが、主に

  • テキストやWeb上の記事で独学
  • Webライティング講座の受講

などの方法があります。

自分に合った方法で積極的に知識を習得し、もっとスキルを高めたいという貪欲さも必要でしょう。

2-2.自分自身の記事を見直す

Web上の記事などを読んでいて、誤字脱字が気になったことがある方もいるかと思います。
そのようなことがないよう、一通り書き終わったら始めから読み返しチェックするのがおすすめ。

このチェックは、誤字脱字だけではなく

  • 内容に矛盾はないか
  • 言い回しに不自然さやレギュレーションと合わない部分はないか
  • 表記ゆれはないか

なども同時にチェックします。

また、文章に自分のクセがないかも意識することで、クセがなく読みやすい文章を執筆するスキルを身につけられます。

2-3.ツールを効果的に活用する

2-3.ツールを効果的に活用する

Web上にはさまざまなツールがあり、効果的に活用すると文章の質を保つことにつながります。

ツールには一例として、以下のものがあります。

  • 文章校正ツール:誤字脱字・レギュレーションに沿った記事を執筆できているかの確認
  • 辞書ツール:正しい用語を使用できているか否かの確認
  • 類義語チェックサイト:言い回しのバリエーションの確認

ツールを使えば100%間違いがないわけではありませんが、自分の目とツールの両方を使うことで確度が上がります。

2-4.クライアントからフィードバックをもらう

クライアントからフィードバックをもらうことも、スキルアップのためには欠かせません。
クライアントの目で見てもらうことで、自分ひとりでは気づけなかったクセなどを教えられることもあるからです。

また、Webライティングはクライアントが「自社のサイトに載せてもよい記事」と判断され始めて報酬が発生します。
決して、納品さえすればそれで終わりではありません。

2-5.ライティングチームで記事を執筆する

2-5.ライティングチームで記事を執筆する

クライアントのフィードバックと同様に、ライティングチームで執筆すると自分では気づけなかったことにも気づくチャンスを得られます。

チームとは例えば

  • Webライター
  • 校正者
  • ディレクター

です。
チームでの執筆は多くの目で見ることでより記事の完成度が高まり、自分の学びにもつながるのでおすすめです。

3. 「Webライティングが難しい」状態を克服できるのはこんなタイプ!

「Webライティングが難しい」と自信を失いがちの方や、自分には向いていないかもしれないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、多くの方が本業や副業でWebライターとして収入を得ているのも事実です。

さまざまなタイプのWebライターが存在するため、成功する方のタイプも幅広いですがこの章で紹介するタイプのひとつでも該当する方はWebライターの仕事に適している可能性があります。
ぜひ、ご自身と照らし合わせながらご覧ください。

3-1.まめにコミュニケーションが取れる

3-1.まめにコミュニケーションが取れる

Webライティングはひとりで黙々とキーボードを叩いているイメージを持つかもしれませんが、意外とまめに連絡を取り合っています。

例えば

  • 納期についての相談
  • 記事の内容についての質問
  • 来月の予定

など。

またチームでもクライアントでも、まめに連絡を取り合うことで信頼関係が構築されやすくなるメリットもあります。
仕事の依頼を引き受ける際には「わからないことは質問させていただくかもしれませんので、その際はよろしくお願いします」など付け加えておくことで、初めてのクライアントともコミュニケーションが取りやすくなります。

3-2.地道に粘り強く対応できる

Webライティングは、地道にコツコツと作業することも大切です。

Webライティングを始めたばかりの頃はすぐに高単価案件を担当することは難しく、長期的な目線で単価を上げていくように取り組んでいかなければなりません。
それは遠い道のりのように感じるかもしれませんが、粘り強く一つひとつ対応していけば到達できます。

また、まめに連絡を取り合うことも必要ですが、リサーチやライティングなどはひとりでコツコツ作業を進める必要があり、場合によっては孤独や地道さを感じるかもしれません。
そんな時には、気分転換ができるような方法をいくつか持っておくことで、また集中力を高められます。

3-3.学習意欲が高い

3-3.学習意欲が高い

Webライティングだけに限りませんが、仕事を始めても学ぶべきことはたくさんあります。
そのため、学習意欲がより高い方がWebライティングを継続しやすい傾向が。
忙しい合間を縫っての勉強は大変ですが、学んだことが報酬にもつながるのでぜひ学び続けていくことをお勧めします。

3-4.フィードバックを素直に受け止められる

クライアントからのフィードバックは、成長するためには絶対欠かせないものです。
報酬を頂きながら、勉強もさせてもらえる環境をムダにしてはいけません。
フィードバックは素直に受け止め、次のライティングに活かしましょう。

3-5.好奇心を持って案件に取り組める

3-5.好奇心を持って案件に取り組める

好奇心もWebライティングには大切な要素です。
先述した通り、Webライティングは知識が豊富ではないジャンルであっても依頼があればリサーチして理解を深め、それをライティングしていきます。
したがって好奇心がなければ、疑問を解消しようとか、もっと詳しく知りたいなどの知識欲も湧いてこない可能性があります。

しかし、それでは記事の内容も乏しくなってしまいかねません。
好奇心を持って案件に取り組むからこそ、内容が充実し多くの読者にとって有益な記事となるのです。

4.難しいからこそメリットも!Webライティングの魅力とは?

ここまでWebライティングの難しさやWebライターに向いているタイプなどをご紹介しました。

この章では、Webライティングの魅力を3つに絞ってご紹介します。
難しいところもありますが、だからこそやっていて楽しい・よかったと思えることも。

最後にWebライティングの魅力を知ってもらい、ぜひ挑戦していただけたらと思います。

4-1.スキルさえあれば仕事に困らない

4-1.スキルさえあれば仕事に困らない

Webライティングはいったんスキルを身につけてしまえば、案件がなくて困る心配がほとんどありません。
Web上のコンテンツは日々更新されており、新たな案件がどんどん追加されているからです。
初めこそ案件の獲得に苦労することもありますが、スキルが身につけばそのような苦労をすることもなくなり、高単価案件を獲得しやすくなるでしょう。

Webライティングは比較的新しい仕事でもあり、キャリアの浅い方がとても多い分野です。
そんな今だからこそ、スキルを身につけ高単価案件を獲得できるチャンスといえます。

4-2.時間・場所にとらわれずに働ける

Webライティングの人気が高い一番の理由は、時間や場所を選ばずに仕事ができるところではないでしょうか。
PCとネット環境さえあればいつでも仕事ができるため、家事の合間や本業のあとなど、すき間時間を活かして収入を得られます。
場所も、自宅やお気に入りのカフェ・コワーキングスペースなど、非常に自由度が高い働き方が可能です。

4-3.キャリアアップにつなげやすい

Webライティングは文章を書くだけ、と思われがちですがキャリアアップにもつながる要素がたくさんあります。

  • Webライティングの経験を積みWebディレクター
  • SEOの知識を深めSEOコンサルタント
  • ライティングの技術を活かしてWebライティング講師

またWebライティングの傍ら自分でサイトを運営し、PV(ページビュー:公開したページに訪れた数)など実績を積めばWebマーケターとして活躍することもできます。

5.Webライターとして実績を高めたい方は株式会社BRIDGEAがおすすめ

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像

Webライティングは難しいと感じていた方も、この記事で印象は変わりましたか?
WebライティングはPCとネット環境があれば、特別な資格は必要なく時間や場所も選ばずにできるため、副業を始めるのにもぴったりです。
もし、Webライティングに興味がある・挑戦してみたいと思ったら、すぐに始めてみませんか?

株式会社BRIDGEAでは、Webライターを募集しております。
まずは当サイトの「Webライター募集ページ」で、必要事項を入力・送信してください。
弊社では技術指導に力を入れておりますので、ライティングに自信がない方でも安心してご応募いただけます。
本業・副業は問いません。
ご応募お待ちしております。

関連記事

  1. Webライターの現実はどうなの?記事作成代行業者がリアルを解説

    Webライターの現実はどうなの?記事作成代行業者がリアルを解説

  2. Webライティングで読みやすい文章の書き方

  3. Webライターが勉強すべき5項目とは!おすすめ勉強法もご紹介

    Webライターが勉強すべき5項目とは!?おすすめ勉強法もご紹介

  4. たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

    たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

  5. Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

    Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

  6. 【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

    【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法