Webライターが稼げるジャンルとは?狙うべき方向性を解説

Webライターが稼げるジャンルとは?狙うべき方向性を解説

Webライターが執筆する記事のジャンルは多岐にわたります。

どのジャンルを選ぶかはライター次第ですが、「稼ぎやすいジャンル」や「書きやすいジャンル」が存在するのをご存知でしょうか。

この記事では、Webライターの執筆ジャンルについて幅広く解説します。

また稼ぎやすいジャンルの特徴と具体例7選も伝授。
さらに初心者Webライターへのおすすめとして、書きやすいジャンルの特徴4選もご紹介します。

「どんな方向性で執筆を始めるか迷っている」方、必見です。

1.Webライターが執筆するジャンルは多種多様

Webライターの仕事について、漠然としたイメージを持つ方は少なくないでしょう。

「何かしら記事コンテンツを書くのはわかるけど、執筆の具体的なジャンルは頭に浮かばない」という方は多いのではないでしょうか?

実のところ、Webライターの仕事は幅広く、執筆する内容は多岐にわたります。

ではまずWebライターが扱う記事のジャンルについて、基本情報を押さえておきましょう。

1-1.恋愛から金融まであらゆる情報が対象になる

1-1.恋愛から金融まであらゆる情報が対象になる
Webライターの扱うジャンルは幅広く、非常に専門的なものもあれば大衆的なテーマもあります。
具体例をいくつか挙げてみましょう。

  • 恋愛
  • 人間関係
  • 健康や美容
  • 医療
  • 法律
  • IT関連
  • 食事
  • 転職
  • 金融や経済
  • 音楽
  • エンターテインメント
  • 住宅関連
  • スポーツ
  • ゲーム
  • 政治
  • 宗教

すべてのジャンルをここで取り上げられないほど、Web上で扱われているジャンルは多種多様です。

1-2.Web記事は大きく分けて3種類

Webライターが執筆する記事のジャンルはさまざまですが、ターゲットで大別すると以下の3タイプに分けられます。

  • BtoB(法人対法人)記事
  • BtoC(法人対個人)記事
  • CtoC(個人対個人)記事

それぞれのタイプの特徴を解説します。

1-2-1.BtoB(法人対法人)記事

1-2-1.BtoB(法人対法人)記事
BtoB(法人対法人)記事」は「Business to Business記事」の略で、企業間取引における記事コンテンツのことです。

企業間取引の具体例には、産業機械や人材採用サービスなどの法人向けサービスがあります。

このタイプの記事は、卸売業者や元請け業者・下請け業者など、企業向けにサービスを展開している企業から依頼を受けて執筆します。

企業の担当者を読者として想定する分、比較的堅めでロジカルな文章が好まれるでしょう。

BtoB(法人対法人)記事は専門知識やスキルを要するケースが多い反面、単価も高めです。

1-2-2.BtoC(法人対個人)記事

BtoC(法人対個人)記事」は「Business to Consumer(またはCustomer)記事」の略で、企業と消費者間の取引における記事コンテンツを指します。

企業・消費者間取引の具体例としては、小売業・各種保険サービス・サブスクリプションサービスなどが挙げられます。

このタイプの記事は、一般消費者向けの商品やサービスを展開する企業から依頼を受けて執筆するのが特徴です。

企業の看板を背負うと同時に個人の読者に情報を届ける必要があるため、ロジカルでありながらも親しみを感じられる文章が好まれます。

ジャンルにもよりますが、このタイプでは専門知識がさほど必要とされない記事コンテンツも少なくありません。
そのため記事コンテンツによって報酬に差があります。

1-2-3.CtoC(個人対個人)記事

1-2-3.CtoC(個人対個人)記事
CtoC(個人対個人)記事」は「Consumer to Consumer(またはCustomer to Customer)記事」の略で、個人間取引における記事コンテンツです。

個人間取引の代表例はフリマサービスやオークションサービスなどですが、個人が一般のネットユーザーを対象に運用するアフィリエイトサイトやブログサイトなども含まれます。

このタイプの記事は、個人のサイトオーナーからアフィリエイトサイトやブログサイトなどの記事作成代行の依頼を受けて執筆します。

アフィリエイトサイトについていえば、ウォーターサーバーや仮想通貨など高額商材に関連した案件が多く見られるのが特徴です。

2.Webライターが稼ぎやすいジャンルのポイントは専門性とニーズ

Webライターとして安定した収入を得るには、稼ぎやすいジャンルを狙う必要があります。

先述のとおり記事コンテンツのジャンルは多岐にわたりますが、報酬単価は一律ではありません。

報酬単価の高いジャンルないしは案件に特化して仕事を行うと、より多く稼げます。

ではどのようなジャンルが稼ぎやすいのでしょうか?

ポイントは「専門性が高いこと」と「ニーズが高いこと」です。

それぞれの要素について見ていきましょう。

2-1.特徴1:専門性が高いジャンル

2-1.特徴1:専門性が高いジャンル
専門性が高いジャンル」は、多くの知識が求められます。

そのため対応できるWebライターが限られ、報酬単価が高くなります。

例えば、医師や弁護士などの特定の資格保持者でなければ書けない記事や、外国語の文献を読まなければ書けない記事は、誰もが簡単に執筆できるわけではありません。

あるいは、特別なスキルや知識を必要としないものの高度なリサーチ力が要求される記事(企業向けのサービスやニッチな業界の商品・サービスなど)についても、対応可能なWebライターが比較的少数です。

最終的な報酬はクライアント次第ではあるものの、このような案件は稼ぎやすいでしょう。

SEOライティングのスキルや文章力が高いほど、これら高単価案件を受注しやすいでしょう。

2-2.特徴2:需要が高いジャンル

需要が高いジャンル」も、稼ぎやすい案件の重要なポイントです。

需要が高いということは、それだけ企業や個人が商品やサービスを求めているということです。

リターンが多く見込めるところにはクライアントが集まりやすく、記事コンテンツの需要が高まり、案件数は必然的に多くなります。

案件数が多ければ仕事の絶対量が増えやすいため、稼ぎやすいでしょう。

とはいえ、需要が大きくても単価が安い商材では収益性が上がりません。
例えばスナック菓子やペットボトル飲料などの日用品の場合、よほどの販売数量がないと記事の受注が入らないでしょう。

一方、不動産など高額商品の案件は収益性が高いため、記事の依頼があり、広告費用(記事の報酬)も高くなります。

3.Webライターが稼ぎやすいジャンル7選

ここからは、Webライターが稼ぎやすいジャンルの具体例として、以下の7ジャンルをご紹介します。

  • お金系(投資や保険など)
  • 医療系
  • 法律系
  • 職探し系(転職・副業など)
  • 美容系
  • マーケティング系
  • IT・通信系

3-1.お金系(投資や保険など)

3-1.お金系(投資や保険など)
投資や保険・クレジットカードなどの金融商品は、専門知識が求められる上に需要も収益性も高いため、稼ぎやすいです。

さらにお金系のジャンルは、検索エンジントップの「Google」でいう「YMYLジャンル」です。
※「YMYLジャンル」とは、人生に大きな影響を与えやすく重要度の高いジャンル。

このジャンルでの上位表示には、とりわけ専門的で信頼できる良質な記事コンテンツであることが求められます。

ファイナンシャルプランナーや金融関連企業の経験者など専門家が活躍するジャンルだけあって、高単価が狙えます。

3-2.医療系

医療系ジャンルも専門性が高く、かつすべての人に需要がある分野であるため高単価です。
健康に関連するため、こちらもYMYLジャンルに含まれます。

この分野は医師や薬剤師・看護師など医療のスペシャリストが重宝されます。
無資格・未経験ライターの素人知識では太刀打ちできません。

3-3.法律系

3-3.法律系
法律系もYMYLジャンルで、やはり専門性が極めて高いジャンルです。
また法律に関する知識はすべての人にとって需要が高い分野でもあります。

素人では手が出しにくいジャンルであり、信頼性や権威性も求められるため、単価が高くなります。

3-4.職探し系(転職・副業など)

転職や副業など職探しに関係したジャンルは、生活に密着したジャンルです。

仕事は人生の中で多くの時間やエネルギーを注ぐ分野であるほか、生計を支える手段であることから、お金と深い結びつきをもちます。

したがってYMYLジャンルに含まれ、需要や収益性も高いでしょう。

その反面それほど専門知識が求められるわけではなく、どのWebライターにも比較的書きやすいジャンルです。

3-5.美容系

3-5.美容系
美容は男女問わず多くの人が関心を持つ分野です。
当然需要は高く、案件数に事欠きません。

また関連商品が次々と発売され、化粧品やサプリに関するLPも多くあります。

アフィリエイト案件でも「収益性が高い」とされるジャンルですが、比較的だれにでも書きやすく狙い目です。

3-6.マーケティング系

マーケティング系はBtoB記事になり、法人の担当者を対象にする記事である分、専門性が高くなり稼ぎやすいです。

どの企業にとってもマーケティングは企業活動の根幹です。
そのため、業務効率化や経営戦略サポートなどのサービスを提供する商材の案件は需要が高いでしょう。

3-7.IT・通信系

3-7.IT・通信系
ITや通信に関連するジャンルの記事は、専門用語が飛び交う専門性が高い分野です。

またプログラミングが学校の必修科目になったり、社会の至るところでデジタルテクノロジーが進化したりと、ニーズが急速に高まっているジャンルでもあります。

IT系企業の経験者やプログラミングのノウハウを持つ方が活躍しやすい分野です。

4.初心者Webライターは書きやすいジャンルから始めよう

初心者Webライターの場合、専門知識が求められる案件や、相当なリサーチ力・文章力が求められる案件にいきなりトライするのはハードルが高いでしょう。

おすすめなのは、「書きやすいジャンルから始めること」です。

その理由と具体的なジャンル例をご紹介します。

4-1.書きやすいジャンルだと「筆が乗りやすい」

4-1.書きやすいジャンルだと「筆が乗りやすい」
初心者は執筆自体に慣れていません。

検索意図の見極めや見出しの組立はおろか、リード文の執筆にも手こずるかもしれません。

この点、書きやすいジャンルから始めると作業が進みやすいでしょう。
慣れていないことに変わりはなくても、ゼロから調査が必要なジャンルよりだいぶスムーズなはずです。

4-2.書きやすいジャンルの特徴4選

書きやすいジャンルの特徴として、以下の4つの点を取り上げます。

  • 自分の知識が豊富なジャンル
  • 体験したことのあるジャンル
  • 興味やニーズがあるジャンル
  • 情報が豊富なジャンル

これからWebライターを目指していて「少しでも多く稼ぎたい」と考えている方は、これらの特徴に当てはまるジャンルから始めてみてください。

4-2-1.自分の知識が豊富なジャンル

4-2-1.自分の知識が豊富なジャンル
よく知っているジャンル」だと執筆がスムーズです。

「金融については大学で専攻したので、専門用語や仕組みなどを知っている」
「旅行会社に勤めていたので、お得に旅行する方法ならまかせて!」
「趣味でDIYに詳しくなり、いろいろな技術を知っている」

このようにすでに持っている知識を活かせると、リサーチが容易で筆が進みやすいでしょう。

4-2-2.体験したことのあるジャンル

知識を活かせるジャンルと似ていますが、「体験したことのあるジャンル」も狙い目です。

インターネットで得られる情報と比べて、体験者の情報はより詳細でリアルです。

「プログラミングスクールに通っていたので、学習内容やスクールの雰囲気などに詳しい」
「脱毛クリニックやエステサロンに通っていたので、体験者としてリアルな声が届けられる」

このように体験者は商品やサービスに関する「気づき」や「主観」をもてるため、執筆が進みやすいでしょう。

テーマについて客観的な記事を書けるWebライターは多くても、体験談を書けるWebライターはそこまで多くいません。
希少性がある分、案件獲得のチャンスも自然と広がります。

4-2-3.興味やニーズがあるジャンル

4-2-3.興味やニーズがあるジャンル
興味やニーズがあるジャンル」は、「Webライターがモチベーションを高く保ちやすく、リサーチを深く広く行いやすい」という意味で書きやすいジャンルといえます。

具体的には以下のようなジャンルが当てはまります。

  • これから調べたいと思っていたジャンル
  • 好きでよく調べるジャンル
  • 必要に応じて調査が必要なジャンル

4-2-4.情報が豊富なジャンル

情報が豊富なジャンル」は、リサーチしやすいため書きやすいでしょう。

内容がニッチ過ぎると、「どこを探してもわずかな情報しか見つからない」場合があります。

例えば「日本で生産されている西洋野菜の収穫量やニーズ・価格についての記事」の依頼があったとします。
テーマが非常に絞られているため、ゼロではないにしても情報を見つけにくいでしょう。

その分野のエキスパートや体験があるならまだしも知見のないジャンルでは筆が進まず、ボリューム感のある記事には仕上がりません。

一方、ネットや書籍・論文・動画などさまざまなメディアに情報が転がっているジャンルなら、リサーチも執筆も進みやすいでしょう。

5.安定したWebライターになるためのコツ

「稼ぎやすいジャンル」や「書きやすいジャンル」についてまとめました。

ここで、安定した収入を得られるWebライターになるためのコツをまとめておきましょう。

基本的な文章力やWebライティング&SEOの知識があることを前提にすると、以下の3つのコツを意識したWebライター活動をするようおすすめします。

  • 得意ジャンルがあると稼ぎやすい
  • プラスαのスキルを身につける
  • 稼ぎやすいジャンルにこだわり過ぎない

それぞれのコツについて解説します。

5-1.得意ジャンルがあると稼ぎやすい

特定のジャンルに関する知識やスキルが豊富だと、より専門的で網羅的な記事を書けます。

可能なら、仕事で身につけた知識や学生時代の知見などを活かせるジャンルを探してみましょう。

自身の得意ジャンルが、それなりに案件豊富でかつライバルがあまりいないなら、効率的に稼げるチャンスがあります。

5-2.プラスαのスキルを身につける

単に読みやすい文章を書けるだけでなく、プラスαのスキルがあると、ほかのWebライターとの差別化を図れます。
例えば以下のようなスキルを学んでみるのはいかがでしょうか?

  • SEOスキル(SEOライティングだけでなく内部対策や外部対策も含む)
  • WordPressの操作(投稿ができること)
  • 競合分析ツールやキーワード選定ツールに詳しくなる
  • 取材スキル
  • 外国語の習得(英文記事の作成が可能など)

5-3.稼ぎやすいジャンルにこだわり過ぎない

先ほどご紹介したような「稼ぎやすいジャンル」は、高単価という意味で魅力的です。

しかし執筆のハードルが高めであることや稼ぎたいWebライターが多く集まることを考えると、必ずしもベストな選択肢とは限りません。

ライバルたちがその道のプロ(ファイナンシャルプランナーや弁護士・元看護士・宅建有資格者など)であれば、案件獲得への道はかなり険しいでしょう。

すでに知見がある場合は別ですが、そうでないなら自身の強みを活かせるジャンルで勝負する方が堅実です。

6.まずはWebライティングに必須の知識を「BRIDGEA」で学ぼう

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
稼ぎやすいジャンルも含め、Webライターとして良質な記事が書けるようになるには、「Webライティングの基礎と応用のインプット(学習)」、そして「学んだことのアウトプット(実践)」が欠かせません。

ではインプット&アウトプットを効率的に行うにはどうしたら良いでしょうか?

良い方法の一つは、プロの指導を受けつつ実際の案件をこなして実力をつけることです。
つまり「学び」と「仕事」を同時並行的に進めていくことです。

弊社「BRIDGEA」には、そのような環境があります。

経験の有無を問わずWebライターを募集しており、WebライティングやSEOのプロチームが、単価の安定したBtoBやBtoCの記事を執筆できるスキルをレクチャーいたします。
※指導はすべて無料です。

その上で、実際の案件をアサインいたします。
プロの編集者や校閲・校正者の協力のもとに作業していただくため、初心者の方でも心配ありません。

「教えてもらいながら働きたい」方。
ぜひ下記のWebライター募集ページをご覧になり、お気軽にご相談ください。

参照:Webライター募集ページ

7.まとめ

Webライターが執筆する記事のジャンルは非常に幅広いです。

専門性や需要・収益性が高いジャンルは、一般的に報酬が高い傾向にあります。

高単価案件は初心者Webライター参入の障壁が高いですが、Webライティングスキルを底上げすることで、いずれ「稼げるWebライター」の一人になれるでしょう。

まずはWebライティングの基礎・応用学習を進め、書きやすいジャンルで実践を重ねてみましょう。

関連記事

  1. Webライターで稼ぐのは大変!実情と儲からないときの対策を解説

    Webライターで稼ぐのは大変!?実情と儲からないときの対策を解説

  2. Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

    Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

  3. Webライティングで求められる4つの技術

    Webライティングで求められる4つの技術

  4. 【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

    【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

  5. Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

    Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

  6. Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説

    Webライターは女性におすすめ!仕事のメリットや働き方を解説