Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

Webライティング独学で「稼ぐ」ライターに!5つの方法を解説

Webライティングの認知度が上昇しライターが増加するとともに、仕事を獲得するための競争率も高まっています。

このような状況下で初心者Webライターが高単価の案件を受注することは、決して簡単ではありません。
また、効率よく記事を作成し収益に繋げるには、ライティングのスピードも必要になります。

こうした課題の解決策の1つが、「Webライティングのスキルを高めること」です。
そしてスキルアップするために押さえておきたいのが、「独学」です。

しかしやみくもに独学をしても、すぐに「稼げるWebライター」になるのは難しいでしょう。

そこでこの記事では、「稼げるWebライター」になるための効果的な独学方法5つを具体的かつ、分かりやすく解説します。
Webライター初心者の方や、これから始めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.なぜWebライティングの独学が必要なのか?

1.なぜWebライティングの独学が必要なのか?
Webライティングの独学が必要な理由……。
それはWebライティングには「独特の手法」があるからです。

実はWebライティングには、Web上で読まれることを前提とした手法や文法の決まりがあります。
それを知らずに、「文章を書くのが好き」「昔から作文が得意だった」という理由でWebライティングを始めても、思ったより記事を読んでもらえなかった……ということが往々にしてあるのです。

さまざまな記事がインターネット上に溢れている昨今、多くの人の目に自分の記事を目に留めてもらうためには、検索でできるだけ上位に表示されることが重要です。

検索上位の記事にするには、わかりやすい日本語を使い興味を引く構成にすることに加えて、Googleにも高く評価される必要があります。つまり人に読まれる記事を作るには、「Googleのアルゴリズムに沿うこと」も重要で、これが手法の1つになります。

Googleのアルゴリズムはある程度法則が分かっているため、独学でスキルを重ねて型にのっとった記事を執筆できるようになれば、おのずと表示される順位は上がっていきます。

この型は複雑なものではありません。
だからこそWebライティングのスキルは、Webを見たりテキストを読んだりしながら、独学で身につけられます。

次の章から解説する練習方法を実践し、ぜひWebライティングのスキルを習得してください。

2.独学する前にWebライティングに必要な力を確認しよう

2.独学する前にWebライティングに必要な力を確認しよう
さっそく独学だ!と意気込んでいる方もいるかもしれませんが、まずはご自身の実力がどの程度なのかを確認してみましょう。
足りないところを補う形で独学の内容を決めていったほうが、効率的だからです。

そのためにこの章では、Webライティングの独学を始める前に押さえておきたいスキルをご紹介します。
自分はどの程度できているのか、何が足りないのかを確認しながら、読み進めてください。

2-1.文章の執筆スキル

記事を書くためには、言わずもがな文章力が必要です。
また、記事としての見やすさも考慮する必要があります。

文章作りで基礎的なスキルは主に4つ。

  • 「てにをは」を正しく使う
  • 「ら抜き言葉」を使わない
  • 同じ文末表現を連続して使わない
  • 1文を長くしすぎない

など、日本語を使う上で基本的なものが挙げられます。

記事として見やすく、飽きずに読んでもらうために必要なスキルとしては主に2つ。

  • 改行を使って見やすくする
  • 構成は基本的にPREP法を使う

などの、見た目に留意するものです。

上記に加えてWebライティングでは、次に解説する「SEO対策」がとても重要となってきます。

2-2.SEO対策のスキル

Webライティングでは、SEO対策がどれだけできるかも記事の評価に多く関係してきます。

そもそもGoogleが記事に優劣(表示順位)をつける理由は、ユーザーが悩みをすぐに解消できるようにするためです。
そのため検索エンジンがさまざまな法則を使って、知りたい内容をダイレクトに書いていると思われる記事を見極めています。

この法則に沿い、検索上位を目指すことをSEO対策と呼びます。

SEO対策のスキルには、

  • ユーザーニーズを意識してキーワードを決定する
  • タイトルや見出しのつけ方を理解する
  • 1記事には1テーマにする

などがあります。

SEO対策は奥が深く、極めるには記事作成以外にもテクニックが必要です。
また記事を評価しているGoogleクローラーの特性の把握や、Googleの考え方や動向のチェックも必須。

基本的な対策方法は上記を押さえておけば問題ありませんが、詳細が気になる方は「SEO対策 内容」などで検索しましょう。

2-3.キャッチーな文章作成のスキル

キャッチーな文章を作成できるか?といった点も、魅力ある記事を書くために必要なポイントです。

いくら有益な内容を書いていても記事の途中で少しでも読みづらいと感じた瞬間に、ユーザーは離脱します。
ユーザーが読みづらさを判断するのは最初の数行と言われており、キャッチーさで目を引いて離脱を食い止めることが大切です。

キャッチーな文章を作るためのスキルには

  • 読者に共感する
  • 悩みに訴えかける
  • 読者にメリットやベネフィットを訴求する
  • 数字を入れて具体性を出す
  • 「必見」や「徹底解説」などキャッチーな用語を使用する

など読者に寄り添い、興味を引くことが挙げられます。

…いかがでしょう。
ご自身はどの程度できていたでしょうか?

できていないことが多かった方も大丈夫!ここから独学で学んで、スキルアップしていきましょう!

3.Webライティング5つの独学方法

必要なスキルが整理できたら、自分に足りないところをしっかりと独学で学んでいきましょう!

ここからは、Webライティングをスキルアップするための5つの独学方法を具体的に解説します。

3-1.Webライティングを学べる本を読む

3-1.Webライティングを学べる本を読む

1つ目の方法は、「Webライティングを学べる本を読む」ことです。

なにはともあれ、まずはインプットを増やすことが大切です。
正攻法がわからないまま文章を書くだけでは効率が悪いため、最初に正しい知識を取り入れましょう。

Webライティングの基礎を学ぶには、Web記事より信頼性の高い書籍の利用がおすすめです。
Web記事は執筆者の独断や思いがあたかも一般論かのように語られることも多いため、より専門的な校正・校閲がされている本の活用がベスト。

Webライティングに関する本の中には、大きく分けて3種類あります。

  1. 文章の書き方に関するもの
  2. コピーライティングに関するもの
  3. SEO対策に関するもの

1冊で上記すべてを網羅している本もありますが、目次や最初の数ページを読んでレベル感と内容の濃さが自分に合っているものを選びましょう。3種類を別々の本で学ぶ場合は、①⇒③の順番に読むことをおすすめします。

どのような本を選べばいいかわからない方は、本の目次を見て以下条件が満たされているか、チェックしてみてください。

〈本を選ぶときのポイント〉

  • 文章作りのいろはを学べるかどうか
  • ユーザーニーズを満たす方法が書いてあるか
  • 検索エンジンに価値を認められる方法が解説されているか
  • 何に気をつけながら書くべきか明記してあるか

足りない知識をしっかり本で補って、実際のライティングに活かしていきましょう!

3-2.検索上位の記事を分析して参考にする

本を読んで基礎を理解したら、その知識をもとに検索上位の記事を分析してみましょう。

繰り返しになりますが、検索で上位に表示される理由は、検索エンジンとユーザーに高い評価をされているためです。
どんな検索ワードであれ、上位に出てくる記事には一貫した法則があります。
基礎固めをしたあとであれば、読者目線ではなくWebライターとしての目で記事を分析できるはずです。

これらの分析は高額なツールや特別なツールがなくてもできるため、Webライティングの独学に適しています。

分析方法としては、まずタイトルや見出しの書き方に注目しましょう。

まずは、タイトル部分。
タイトルに検索キーワードを入れると検索エンジンに評価されやすいという法則がありますが、これを元に記事中にも入れられるだけ入れるという人がいます。しかし検索キーワードあまりにも多く入れすぎると、評価が下がるという噂もあります。
上位記事はその点が適切になっていると考えられるため、どの位置に検索キーワードがあり、どれくらいの量なのか分析してみるとよいでしょう。

次は、構成の作り方に注目。
ユーザーを最後まで引きつけられる構成はどのような型なのか、複数の記事を分析すると共通点が見えてきます。

またキャッチーな言葉や、感銘を受けた言い回しなどをメモしておくとボキャブラリーが増え、より読者に好感を持たれる記事が書けるようになるでしょう。

ある程度、上位記事の型が把握できたら、真似して執筆してみましょう。
実際に書くことでアウトプットでき知識の定着に繋がるため、より早くスキルを身につけられます。

3-3.note・ポートフォリオ・ブログなどで文章を執筆する

記事の作り方を大体把握したら、いよいよ自分で記事を書いてみるフェーズです。
とはいえ、書いた記事をどこに公開すればよいか最初は迷うと思います。

記事を公開する場所には、以下のような媒体があります。

  • note
  • テンプレートが決まっているブログサービス(amebaなど)
  • 自分でデザインなども作るブログサービス(WordPressなど)

Webライティングを独学で集中的に学びたい方は、noteかテンプレートが決まっているブログサービスがおすすめ。
自分でデザインも決めるブログは執筆以外にも気にしなければならないことが多いため、効率が悪いからです。

半面、ブログでしっかり稼ぎたいという方は、最初の作り込みにある程度時間をかけてでも自分の使いやすい形にカスタマイズできるブログを作成した方がよいでしょう。

最もモチベーションを上げやすいのはnoteです。
noteは有料記事を作ることができるため、収益に繋げやすいからです。

またnoteやブログで書き溜めた記事はあとから読み直したり分析したりすることができ、それもスキルアップの独学になります。

先ほど検索上位の記事を分析する独学方法をご紹介しましたが、これは自分の記事に対しても有効です。
自分で執筆した記事でも、少し時間を空けることで読者の目で読むことができます。すると、修正すべき点がはっきり見えてくるのです。

またnoteやブログはアクセス数や人気度を分析することもできるため、好評だった記事がどのような構造をしていたか把握することで、次の執筆にも活かせるでしょう。

3-4.クラウドソーシングで仕事を受注する

3-4.クラウドソーシングで仕事を受注する
Webライティングのスキルを磨くには、数多くの記事を執筆することがなによりも独学になります。
そこで、ブログなどの自分だけで完結する記事に加えて、クラウドソーシングサイトで仕事を受注し、複数の記事を書いてみましょう。

クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」や「クラウドワークス」などでは、Webライターを募集している案件が簡単に見つかります。

またクラウドソーシングサイトを利用することには、もう1つメリットがあります。
それが「記事のフィードバックをもらえること」です。

仕事を受注すると、記事の構成~執筆はWebライターが担当することが多いですが、クライアントであるディレクターや担当者からフィードバックをもらえる場合があります。
Webサイトのプロである担当から直接フィードバックをもらえば勉強になり、テキストやWebなどからの独学以上の効果が期待できるでしょう。

一点、クラウドソーシングサイトを利用する際に注意したいことがあります。
それは、発注元が優良であるかどうかです。

クラウドソーシングには悪徳業者が紛れ込んでいることがあります。
受注する際は相手のプロフィールや評価をしっかりチェックしてから応募しましょう。
逆に、口コミに「丁寧に添削してくれた」という内容が書かれている人を選ぶと、自分では気づかなかったクセなども指摘してもらえるかもしれません。

クラウドソーシングを使って複数の案件をこなすと実績が増え、さらに高単価の仕事を得る機会が増えるメリットもあります。
文字数の少ない記事の発注もあるため、自分のスキルに合った案件を探してみましょう。

3-5.記事作成業者と専属契約をする

効率のよい独学の手法、最後のひとつは「記事作成業者と専属契約をして記事を執筆すること」です。

Webライティングでは、テキストやWebから知識を得るだけでなく、書いた記事を添削してもらうことが短期間でのスキルアップに繋がります。
しかしクラウドソーシングサイトの単発案件では、そもそもフィードバックがなかったり、人によって指示が違ったり曖昧なことも。

スキルアップのための安定した指導を受けるためには、継続的に記事作成を依頼してくれる業者と専属契約を交わし、一定のフィードバックを受けられるようにするのがおすすめです。

メディアを運営している業者であればまとまった案件を抱えていることが多いため、媒体ごとの書き方の違いを習得できる可能性もあります。また業界や1つの分野に詳しくなれるなど、単発の仕事では得られなかった知見を得ることもできるでしょう。

4.Webライティングを独学で練習すれば稼げるの?

4.Webライティングを独学で練習すれば稼げるの?
ここまでWebライティングの独学方法をご紹介してきましたが、そもそも独学で稼げるようになるのか疑問に思う方がいるかもしれません。

独学によりWebライティングに必要な力を身につけると、検索上位に出る記事が書けるようになり、受けた執筆依頼が高評価になります。すると、高単価の執筆依頼が次々と来るようになる可能性があります。

なぜなら記事の発注者は、記事を掲載し多くの人に商品を購入してもらったり、企業の認知度を上げたりすることを目的としています。商品の購入や認知度向上によって、会社の売上が上がるからです。

売上に繋げるためには多くの人の目に留まる記事、つまり検索上位の記事を書く必要がありますが、自社ではそのような記事が執筆できないため、外部のWebライターに依頼をしているのです。

売上を上げるためならある程度の投資をしてもよいと考える会社は一定数存在するため、高単価の執筆依頼が入ってくるようになります。

「求められている文章を的確に書けるようになる」→「評価が上がり執筆依頼が増える」→「安定して稼げる」
というサイクルにすることができれば、Webライターとして安定した収入が得られるでしょう。

5.まとめ

Webライティング業界で稼ぐライターになりたい方のために、独学でスキルアップできる5つの方法を解説してきました。

記事を書き始めたばかりの頃はなかなかよい構成が思いつかなかったり、文章を作るのに苦労したりすることも多々あると思います。しかし独学により必要な知識を身につけてたくさんの記事を執筆することで、だんだんと執筆力がつき、気づけばすらすらと書けるようになります。

高品質な記事を書けるようになれば、発注元からの評価があがり、そこから専属ライター契約の道も夢ではありません。
すると、収入の安定も見込めるでしょう。

まずは、「Webライティングで安定した稼ぎを得たい!」「ブログを収益化したい!」などの目標を明確にしてみましょう。
そしてその目標に向かって、ここまでご紹介してきた方法のできることから実践してみてください。

関連記事

  1. Webライターに必要なものは!必須&おすすめのもの12選を公開

    Webライターに必要なものは!?必須&おすすめのもの12選を公開

  2. 記事作成は代行業者がおすすめ!満足いく業者の選び方

  3. 月10万は射程圏内!Webライターが着実に稼ぐための6ステップ

    月10万は射程圏内!Webライターが着実に稼ぐための6ステップ

  4. 【Webライターの書き方講座】読まれる文を書く11のコツを公開!

  5. 【未経験OK!】Webライターに必要なスキルは6つ!習得方法も解説

  6. Webライターのおすすめが全てわかる!クラウドソーシングから学び方まで

    Webライターのおすすめが全てわかる!クラウドソーシングから学び方まで…