未経験者(バイト)も稼げる!Webライティングの基本知識と収入を公開

未経験者(バイト)も稼げる!Webライティングの基本知識と収入を公開

「Webライティングのバイトに興味があるけど、未経験でもできる?」

未経験から高収入のライターになられた方もあり、実際に求人情報には「未経験OK」を掲げているものが少なくありません。

Webライティングの給料は全体的に給料が高めなので、文章を書くのが好き、かつ稼ぎたい方には魅力的なバイトです。

この記事では、Webライティング未経験者を対象に、以下のポイントを解説します。

  • Webライティングバイトの基本知識
  • 未経験者のバイト収入モデル
  • 未経験者がWebライティングのバイトをするメリットとデメリット

Webライティングはパソコンとインターネット環境さえあれば誰でも始められる仕事です。
まずはWebライティングのバイト内容や収入について見ていきましょう。

1.未経験者が知るべきWebライティングバイトの基本情報

未経験者がWebライティングのバイトを始めるときは、給料や仕事内容などの基本情報をまず把握しておくことが大事です。
基本情報がわかると、働き方のイメージがわきます。

知っておくべき基本情報をいくつかご紹介します。

1-1.給料は時給制が一般的

1-1.給料は時給制が一般的
Webライティングのバイトは基本、「時給制」です。

時給相場は1,000~1,500円で、ほかのバイトと比較して比較的高めの設定です。
未経験者の場合、初めの3ヵ月ほどは研修期間で、その間時給が少し下げられるケースもあります。

就労時間については、フルタイムの職場もあれば、「3日前後」「1日4時間ほど」などパートタイムで働ける職場もあります。

1-2.基本的に学問や資格は問われない

Webライティングを始めるのに、学歴や資格は必要ありません。

WebライティングやSEO対策の知識がなくても、勤め先によっては採用してくれます。
実際、求人情報に「未経験OK」と記載されていることが多いでしょう。

年齢も不問です。
高校生も高年齢の方も、問題なく働けます。

文章を書くのが好きな方であれば、どなたでも働きやすいのがWebライティングの特徴です。

1-3.仕事内容は記事の構成や執筆

Webライティングの仕事内容は、記事の構成案作成や執筆・編集などです。

勤め先により仕事の詳細は変わりますが、自社メディアの記事を書くことが多いようです。
具体的には、指定されたキーワードにもとづいて記事の構成を作り、その構成に沿って読みやすくわかりやすい記事を書きます。

実際の求人例については、次の見出しでご紹介します。

1-4.未経験OKの求人もあるが基本は経験者優遇

1-4.未経験OKの求人もあるが基本は経験者優遇
Webライターの求人情報には、「未経験OK」と記載されているものが多くあります。

しかし、経験者が優遇されるのが一般的です。
求人情報の詳細を見ると、以下のような経験をもつ方を歓迎する旨が記載されています。

  • Webライティング経験
  • SEO対策の知識
  • WordPressの使用経験

※WordPressはWebサイト作成によく用いられるツール。

すでにWebライティングやSEO対策の知識がある方は、即戦力としてより歓迎されるといえるでしょう。

2.【未経験者OK】Webライティングバイトの求人例

2.【未経験者OK】Webライティングバイトの求人例
ここからは、未経験者OKのWebライティングのバイト求人例をご紹介します。
バイト求人数はそれほど多くありませんが、東京や大阪などの大都市では見つかりやすいでしょう。

2-1.求人例1:美容や健康関連の商品をPRする記事執筆の仕事

時給:1,200円以上(交通費別途支給)
仕事内容:美容や健康に関連するクライアントの商品をPRする記事の執筆
対象者:Webライティング経験者優遇(業界・職種未経験OK)
勤務地:東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3階
勤務期間:3ヵ月以上
最低勤務期間:週4日以上・1日5時間(土日祝日休み)

こちらの求人は平日のみの勤務で、週4日以上・1日5時間の仕事(最低週20時間)です。

広告動画のシナリオを書く仕事で、日常的に文章を書いている方が優遇されます。
しかし未経験の方には先輩のフォローがあるため、応募可能です。

2-2.求人例2:一般記事の執筆や公式LINE運用の仕事

時給:1,200~1,400円(交通費別途支給)
仕事内容:記事のライティング・公式LINEの運用・求人確認作業
対象者:SEO記事の執筆経験がある方優遇(未経験OK)
勤務地:東京都港区三田3-13-12 三田MTビル 5階
勤務期間:特になし
最低勤務期間:平日週4日以上(月1~2日程度の勤務も可能)

こちらの求人は、通常平日週4日以上のシフトが求められますが、月に数時間だけの勤務も可能です。

求人サイト「ジョブハウス」での執筆やLINE運用などがメインの仕事です。
SEO対策に精通しているWebライティング経験者が歓迎されますが、未経験者には先輩のサポートもあるため、基本的なPC入力ができれば問題ありません。

2-3.求人例3:自社メディアに掲載する新規記事執筆の仕事

時給:1,100円以上(交通費別途支給)
仕事内容:自社メディアの新規記事執筆
対象者:SEOライティングやWordPress経験者歓迎(未経験OK)
勤務地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD 5階
勤務期間:特になし
最低勤務期間:週3日以上(フレックスタイム制:コアタイムは11:00~17:00)

こちらの求人では、キーワード選定や記事構成の作成・本文執筆・画像装飾など、Webライティングのさまざまな作業を経験できます。

Webメディアの記事を監督するディレクターやプロジェクトマネージャーからのフィードバックがあるため、ノウハウと実績を着実に積み上げられるのが特徴です。

3.未経験者はWebライティングバイトで稼げる?

未経験者は、Webライティングのバイトでどれくらいの収入を得られるでしょうか?
収入相場と、具体的な収入モデルシミュレーションをご紹介します。

3-1.未経験者でも十分稼げる

3-1.未経験者でも十分稼げる
Webライティングのバイトは基本的に時給制です。

働いた時間分だけ稼げるため、安定した収入を得られます。
どれくらいの時間働くかによりますが、月に10万円以上稼ぐことも十分可能です。

フリーランスの場合、主に記事単価や文字単価など納品した記事に応じて収入が決まります。
安定性という意味では、フリーランスよりもバイトの方が働きやすいでしょう。

3-2.3パターンの収入モデルでシミュレーション

Webライティング未経験者のバイト収入を、3つの勤務パターンでシミュレーションします。
未経験者であることや研修期間がある可能性を考慮して、時給は「1,000円」で計算します。

3-2-1.週5日・6時間働く場合

週5日・6時間働く場合は、1週間あたり30時間働くことになります。
4週間で考えると、毎月120時間の労働です。

時給1,000円の場合、月収は12万円です。

3-2-2.週4日・8時間で働く場合

週4日・8時間で働く場合は、1週間あたり32時間働くことになります。
4週間で考えると、毎月128時間の労働です。

時給1,000円の場合、月収は12万8,000円です。

3-2-3.週3日・4時間で働く場合

週3日・4時間で働く場合は、1週間あたり12時間働くことになります。
4週間で考えると、毎月48時間の労働です。

時給1,000円の場合、月収は4万8,000円です。

4.未経験者がWebライティングのバイトをするメリット

4.未経験者がWebライティングのバイトをするメリット
ここからは、未経験者がWebライティングのバイトをするメリットをご紹介します。
3つのメリットをご紹介しますので、ご自分が希望する働き方や待遇と比較してみてください。

4-1.基本給与が保証されている

Webライティングのバイトは時給制であるため、働いた時間分だけ確実に稼げます。

フリーランスのWebライターの場合、記事単価や文字単価なので給料が安定しないときがあります。

4-2.給与以外の待遇もある

基本給以外に、バイトではさまざまな福利厚生が約束されています。
例えば、以下のような待遇を提示する求人があります。

  • 各種社会保険
  • 交通費規定支給
  • 昇給制度
  • 社員登用
  • 設備(ウォーターサーバー・コーヒーマシン・仮眠室・漫画・ロッカー・サークル活動など)

フリーランスは基本在宅ワークであるため、このような福利厚生はありません。

4-3.周りからのサポートを得られる

バイトの場合、勤め先の上司や先輩からのサポートを期待できます。

一方、フリーランスWebライターとしてクラウドソーシングで働く場合、自身のスキルのみで戦わなければなりません。
※記事作成代行会社の場合はサポートを期待できます。

WebライティングやSEO対策の知識がゼロの方は、サポートがないと心もとなく感じるかもしれません。

5.未経験者がWebライティングのバイトをするデメリット

5.未経験者がWebライティングのバイトをするデメリット
未経験者がWebライティングのバイトをすることにはデメリットもあります。
代表的なデメリットを3つご紹介します。

5-1.出社が求められるケースが多い(地方在住者は不利)

バイトの場合出社が求められるケースが多く、勤務地が遠いと働きにくいでしょう。

在宅OKの求人もありますが、研修中の出社や月数回の出社を余儀なくされるケースも少なくありません。
完全在宅がよい場合は、フリーランスがベストです。

以下は「求人ボックス」で「Webライター」と検索した場合の、都道府県別ヒット数です。
※雇用形態は「アルバイト・パート」かつこだわり条件を「未経験OK」に設定した場合。
※2022年8月時点

  • 全国→263件
  • 東京都→120件
  • 大阪府→34件
  • 神奈川県→13件
  • 福岡県→13件
  • 愛知県→24件

5都府県だけで204件(全体の77.5%)を占めています。
地方に住む方にとっては、通勤が難しいケースがあるでしょう。

5-2.書きたい記事のジャンルが選べない

Webライティングのバイトでは自社メディアの執筆がメインになります。
そのため、クラウドソーシングでフリーランスとして働く場合と比べ、書きたいジャンルや得意なジャンルを選ぶのは難しいでしょう。

「このジャンルならよく知っているから書けると思う」
「このテーマについてリサーチや執筆をしたい」
などの希望がある場合、バイトの仕事内容は自身の希望にそぐわないかもしれません。

5-3.スキルが身につけばフリーランスの方が稼げる

Webライティングのスキルが高い場合、バイトよりもフリーランスの方が収入が高くなる可能性があります。

フリーランスのWebライターの場合、報酬単価や作業効率が高ければ、時給換算で1,500円以上になるケースも珍しくありません。
フリーランスの収入は青天井であるため、スキルや頑張りしだいで高収入が得られます。

バイトの場合、一定の給料が保証されている反面、労働時間で収入の上限が決まってしまいます。

6.未経験でWebライティングをするならバイト?フリーランス?

6.未経験でWebライティングをするならバイト?フリーランス?
未経験者がWebライティングの仕事を行う場合、バイトとフリーランスどちらの働き方がベターでしょうか?
それぞれの働き方が向いている方をご紹介しましょう。

6-1.バイトが向いている方

バイトが向いているのは、以下のような方です。

  • 毎月安定した給料を受け取りたい方
  • 上司や先輩からWebライティングを教わりたい方
  • オンとオフを明確に区別したい方(出社するタイプの求人の場合)
  • バイトで学んだスキルを活かし、将来フリーランスとして活躍したい方
  • 接客や事務手続きなどのバイトよりもWebライティングが好きな方

6-2.フリーランスが向いている方

フリーランスが向いているのは、以下のような方です。

  • スキルが収入に反映される働き方をしたい方
  • 自由な時間で働きたい方
  • クライアントや案件などを自由に選びたい方
  • 高い営業力やライティングスキルを身につけたい方
  • Webライティングが好きな方

Webライティングの仕事をする上でご自身が重視する点を考え、よりマッチする働き方を選んでください。

7.未経験大歓迎!フリーランスWebライターになるなら「株式会社BRIDGEA」

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「未経験だけどWebライティングの仕事に興味がある」
「周りのサポートを得ながら在宅ワークでWebライティングをしたい」

このような方におすすめなのが、弊社「株式会社BRIDGEA」のWebライターです。
弊社では、フリーランスでWebライティングの仕事をしたい方を随時募集しております。

株式会社BRIDGEA」の強みは以下のとおりです。

・弊社スタッフがWebライティングを指導
弊社スタッフがWebライティングの基礎や応用を指導するほか、構成案のチェックや校正のフィードバックを共有します。

・弊社から仕事をアサイン
弊社が仕事を受注しそれぞれのライターにアサインしますので、Webライターの方自ら仕事探しをする必要がありません。

・完全在宅ワーク
PCとインターネットさえあれば、どこでも自由な場所で働いていただけます。

以下の募集ページでは、収入例やWebライターになるまでの流れをご覧になれます。
未経験の方も大歓迎です。

Webライティングに挑戦したい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

8.まとめ

Webライティングのバイトは、未経験でも始められます。
「未経験OK」の求人を探せば、大都市圏を中心にさまざまな求人情報が見つかります。

ただし経験者や即戦力になる方が優遇されるため、少しでも採用率を高めたい場合は事前にWebライティングの知識を学んでおくのが得策です。

Webライティングのバイトは、安定した収入やさまざまな福利厚生・比較的高い時給など、さまざまなメリットがある仕事です。
フリーランスと比べた場合のデメリットもありますが、Webライティングを継続的に行いたい方には、よい選択肢の一つといえます。

メリット・デメリットを天秤にかけて、ご自身のニーズに合う働き方を選んでみてください。

関連記事

  1. Webライターの仕事とは!仕事の流れ・探し方を記事作成のプロが解説

    Webライターの仕事とは!仕事の流れ・探し方を記事作成のプロが解説

  2. 「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

    「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

  3. 【未経験OK!】Webライターに必要なスキルは6つ!習得方法も解説

  4. Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

    Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

  5. Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

    Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

  6. 目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介

    目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介