作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

「Webライティングの作業効率をもっと高めたい!」
「もっと簡単で正確にリサーチや執筆ができるようになりたい」

このようなニーズをもっている方は、Webライター用ツールを駆使してみましょう。
Webライター用ツールを使うと、時短で作業できるほか、より読みやすい文章を書けるようになります。

この記事では、Webライティングに役立つツールについて、以下の点を解説します。

  • Webライターがツールを使うべき理由
  • 目的別のおすすめWebライター用ツール19選
  • ツールの使用より重要なポイント

Webライターとしてステップアップしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.Webライターがツールを使うべき理由

Webライターとして効率的に作業をしたいのであれば、「必ず」ツールを使うべきです。

そういえる理由として、以下の3つの点が挙げられます。

  • ユーザーの検索意図を正確につかみやすい
  • 時短作業ができる
  • 正確で表現豊かな文章を書ける

1-1.ユーザーの検索意図を正確につかみやすい

1-1.ユーザーの検索意図を明確につかみやすい
ツールを使うと、各キーワードにおけるユーザーの検索意図を把握するのが容易になります。

例えば、ツールの「ラッコキーワード」を使うと、各キーワードにおける上位サイトの情報をスピーディーに抽出できます。

抽出した情報の内、見出しや共起語を確認すると、そのキーワードを検索するユーザーがどのような情報を探しているか客観的に判断することが可能です。
※上位にいるということは、検索エンジンが「それらのサイトはユーザーの欲しい情報を提供している」と判断している証拠であるため有用です。

1-2.時短作業ができる

Webライターが行う作業の中には、機械的な作業も含まれます。
それらの作業は手作業でやるよりも、ツールを使って行う方が時短になります。

例えば、あるキーワードにおける共起語を手作業で分析するのは、かなり骨の折れる仕事です。
サジェストキーワードを集めたり、上位サイトの見出しを抽出したりするのにも時間がかかります。

ツールを使えば一気に作業が終わるため、記事構成の作成や執筆などに時間を回せます。

1-3.正確で表現豊かな文章を書ける

1-3.正確で表現豊かな文章を書ける
ツールの中には、文章の校正作業をサポートするツールがあります。
それらのツールを使えば、誤字や脱字をスピーディーに発見できます。

また、さまざまな日本語表現を教えてくれるツールもあり、表現にバリエーションを持たせたいときに便利です。

2.作業効率UP!Webライターにおすすめのツール19選

Webライターが作業効率を高めるのに役立つツールは数多くあります。

すぐに使える19の便利ツールをご紹介します。

2-1.キーワード選定・調査に役立つツール4選

最初に、「キーワード選定や調査に役立つツール」をご紹介します。

2-1-1.キーワード選定に便利な「Ubersuggest」

UbersuggestのTOP画像

参照:Ubersuggest

Ubersuggest」は、SEO対策や競合分析などさまざまなキーワード分析ができるツールです。

キーワードに関する情報が豊富で、上位表示達成可能なキーワードを効果的に見つけられます。

2-1-2.キーワードの関連語を簡単にチェック!「ラッコキーワード(Googleサジェスト)」

ラッコキーワードのTOP画像

参照:ラッコキーワード(Googleサジェスト)

ラッコキーワード(Googleサジェスト)」は、Google検索におけるサジェストキーワードを一括取得できるツールです。

サジェストキーワードを表示するだけでなく、それぞれのサジェストキーワードのサジェストを検索したり、Googleでの検索結果を表示させたりすることもできます。

キーワードの候補を探すためのツールとして非常に便利です。

2-1-3.直感的に関連語句がわかる「ちえのわ!」

ちえのわ!のTOP画像

参照:ちえのわ!

ちえのわ!」は、キーワードを入力すると関連語句を樹形図のように表示してくれるツールです。

箇条書きされるよりも直感的に語句の関連性がわかり、キーワード選定や検索意図の理解に役立ちます。

2-1-4.キーワードの共起語を分析!「ラッコキーワード(共起語)」

ラッコキーワード(共起語)のTOP画像

参照:ラッコキーワード(共起語)

ラッコキーワード(共起語)」は、特定のキーワードの共起語を取得できるツールです。

上位20サイトの共起語の数を、「ページ全体」「タイトル」「見出し」「出現サイト数」など詳細な項目に分けて表示してくれます。

キーワードに沿った見出し内容をイメージするのに重宝します。

2-2.リサーチをサポートするツール6選

続いて、「リサーチをサポートするツール」をご紹介します。

2-2-1.上位サイトを一括参照!「ラッコキーワード(見出し抽出)」

ラッコキーワード(見出し抽出)のTOP画像

参照:ラッコキーワード(見出し抽出)

ラッコキーワード(見出し抽出)」は、検索したキーワードにおける上位20サイトの見出しを抽出できるツールです。

hタグごとに階層で見出しを表示してくれるため、上位サイトがキーワードについてどのような情報を提供しているのかが一目瞭然です。

一つひとつ上位サイトにアクセスするよりも、はるかに高速なリサーチができます。

2-2-2.ユーザーの興味や関心を発見!「Yahoo!知恵袋」

Yahoo!知恵袋のTOP画像

参照:Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋」は、特定のキーワードに関するユーザーの関心やリアルな声を調べるのに便利です。

調べたいキーワードを検索すると、そのキーワードに関連した興味深い質問や回答がたくさん出てきます。

独自性の高い記事コンテンツを書くのに優れた調査ツールです。

2-2-3.政府の統計情報を探せる「e-Stat」

e-StatのTOP画像

参照:e-Stat

e-Stat」は、政府の統計データを調査するのに役立つツールです。

労働や商業・経済・司法・国際など、全部で17の分野にわたる統計データを探せます。

主要指標のグラフ表示や時系列表示・地図上表示などが可能で、信頼できる一次情報を探す上で秀逸です。

2-2-4.豊富な調査データを横断的に探せる「調査のチカラ」

調査のチカラのTOP画像

参照:調査のチカラ

調査のチカラ」は、調査データを横断的に検索できる検索エンジンです。

インターネット上に公開されている膨大なデータを集約し、タグやリンクによって関連データをつなげているため、スピーディーに役立つ情報を参照できます。

1ヵ月に1,000件超のペースで新規調査データが加えられており、テーマを深掘りしたい方におすすめです。

2-2-5.簡単に学術論文を検索可能!「Google Scholar」

google scholarのTOP画像

参照:Google Scholar

Google Scholar」は、簡単に学術論文を検索できるGoogle公式ツールです。

調べたいキーワードに関する世界中の論文や書籍・要約などを一瞬で検索でき、テーマに関する深い考察を得られます。

2-2-6.外国語を自然な日本語に翻訳できる「DeepL翻訳」

DeepL翻訳ツールのTOP画像

参照:DeepL翻訳ツール

DeepL翻訳」はGoogle翻訳よりも精度が高い翻訳ツールです。

最先端AI技術による機械翻訳が可能で、外国語で執筆された記事を読む際にも言語の壁をさほど感じさせません。

より多くのソースから貴重な情報を得てライバルに差をつけたい方は、ぜひ使用をおすすめします。

2-3.執筆に便利なツール4選

「執筆に便利なツール」4選を見ていきましょう。

2-3-1.入力ソフトの王道「Microsoft Word」

Microsoft WordのTOP画像

参照:Microsoft Word

Microsoft Word」は、王道の入力用ツールです。

Webライティングの案件では、WordとGoogleドキュメントでの納品が基本となるため、使い方に慣れておくようおすすめします。

またMicrosoft Wordには誤字や脱字などを見つけられるスペルチェック機能や、変更履歴を残しつつ文章を訂正できる添削機能があり、文章の精度を高めるのに便利です。

2-3-2.音声入力とクラウド機能が魅力の「Googleドキュメント」

googleドキュメントのTOP画像

参照:Googleドキュメント

Googleドキュメント」は、Microsoft Wordと同じく入力用ツールですが、優れた音声入力を備えています。

マイクをオンにして話すだけでタイピングしてくれるため、手が疲れたときに重宝します。
また言語認識精度が高く、入力作業が手でのタイピングより往々にして速いため、時短作業をしたい場合にも便利です。

さらにGoogleアカウントを使えば、パソコンやモバイル端末でファイルを簡単に共有できるため、複数端末を使って執筆したいときにも役立ちます。

2-3-3.優れた文字変換機能を持つ「Google 日本語入力 」

google日本語入力のTOP画像

参照:Google日本語入力

Google 日本語入力」は、Google公式の日本語IMEです。

ユーザーの使用履歴をもとに頻繁に使う語句を記憶してくれたり、優れた予測変換でタイピングの手間を簡略化してくれたりなど、効率的なタイピングをサポートしてくれます。

2-3-4.スクリーンショットを撮るなら「Gyazo」

GyazoのTOP画像

参照:Gyazo

Gyazo」は、簡単にスクリーンショットを撮影できるツールです。

静止画・動画撮影が可能で、撮影と同時に該当のイメージがアップロード&URLコピーされます。

Webライティングの仕事ではスクリーンショットを撮る機会が多いですが、Gyazoなら画像ファイルを相手に添付せずに共有できるため、インストールしておくようおすすめします。

2-4.校正・コピペチェックに役立つツール2選

「校正・コピペチェックに役立つツール」を2つご紹介します。

2-4-1.日本語ミスを発見してくれる「Enno」

EnnoのTOP画像

参照:Enno

Enno」は、日本語文章のエラーをチェックできるツールです。

スペースエラーや誤字脱字・文字化けなどを一瞬で見つけてくれるため、タイピングミスを修正したいときの強い味方です。

2-4-2.コピペを防ぐ「CopyContentDetector」

Copy Content DetectorのTOP画像

参照:CopyContentDetector

CopyContentDetector」は、執筆した文章とほかの記事との類似度・一致率などを3段階で判定してくれるツールです。

ほかのコンテンツと酷似してコピペが疑われると面倒ですが、あらかじめこのツールでチェックするとトラブルを防ぎやすくなります。

2-5.PC操作を楽にするツール3選

「PC操作を楽にするツール」として、Google Chromeの拡張機能を3つご紹介します。

2-5-1.検索結果ページでの操作が楽になる「Google検索キーボードショートカット」

google検索キーボードショートカットのTOP画像

参照:Google検索キーボードショートカット

Google検索キーボードショートカット」は、検索結果ページでの操作性を高めるツールです。

マウスではなく、カーソルキーをはじめキーボードのキーでページ移動や各ページへのアクセスができるため、最小限の手の動きで検索結果を参照できます。

2-5-2.特定サイトで効率的に語句を探せる「Search the current site」

Search the current siteのTOP画像

参照:Search the current site

Search the current site」は、現在開いているページのサイト上で特定の語句を検索できるツールです。

サイト内検索機能がないサイトでも検索できるため、お気に入りのサイトで特定の話題を見つけたい場合に重宝します。

2-5-3.プレビュー付きの検索結果が見られる!「SearchPreview」

Search previewのTOP画像参照:SearchPreview

SearchPreview」は、検索結果にプレビューをつけられるツールです。

多くのページをリサーチしていると、何度も同じページにアクセスしてしまうことがありますが、このツールを使うと重複アクセスを防げます。

3.Webライター用ツールに関するQ&A

ここからは、Webライター用ツールに関する役立つQ&Aをご紹介します。

ツール選びをしている方は、参考にしてください。

3-1.無料ツールでも使える?

無料ツールでも十分使えます。

ここまでご紹介してきたツールはいずれも基本機能が無料ですが、十分なパフォーマンスをしてくれます。

もちろん有料ツールは無料のそれより機能性に優れていますが、当面の必要がなければ無料ツールで十分です。

あるいは、最初に無料ツールを使って使い方に慣れておき、いずれWebライティング業が軌道にのってきたら、有料ツールに切り替えるのもよいでしょう。

3-2.AI文章作成ツールってどうなの?

AI文章作成ツールとは、キーワードやリード文を入力すると、自動的に文章を作成してくれるツールです。

はっきりいって現時点では使い物になりません。

文章作成は非常に高度な作業であり、現在の技術では、何千文字もの文章をAIが人間並みに書くのは不可能です。

以下は、「Webライター」「ツール」をキーワードにした場合の作文の一例です。

AIの書いた作文例

参照:文章執筆AI ELYZAPencil(イライザペンシル)

このように、表現がつたなかったり不自然だったりします。

3-3.WordPressの使い方は覚えておいた方がよい?

覚えておくと有利です。

クラウドソーシングで案件を探していると、WordPressでの納品を指定される案件が少なくありません。

クライアントとしては、執筆作業のみこなせるWebライターよりも、WordPressへの入稿やキーワード選定などマルチな作業ができるWebライターの方が重宝できます。

スキルアップを目指す上でも、WordPressの勉強はおすすめです。

4.【ツールはあくまで「補助輪」】!Webライターはまず文章スキルUPを!

4.【ツールはあくまで「補助輪」】!Webライターはまず文章スキルUPを!

Webライターにとって、ツールの活用は作業効率アップに極めて重要です。

この記事でご紹介したツールをはじめ、今後もさまざまなツールについて学ぶようおすすめします。

とはいえ、ツールはあくまで「補助輪」的存在であることは覚えておきましょう。

最も重要なのは文章スキルです。

データ抽出など機械的な作業ではツールが活躍しますが、ユーザーニーズについて考えたり自然でわかりやすい文章を書いたりといった作業には、人間の文章スキルが欠かせません。

初心者Webライターはまず、文章作成のイロハやコツを学び、少しずつスキルを伸ばすことを第一目標とすべきです。

5.文章力アップなら学びと実践が同時にできる「株式会社BRIDGEA」へ!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
文章スキルを伸ばす方法には、さまざまなものがあります。
例えば、Webライティングの教材を読み込んだり、初心者Webライター講座を受講したりできるでしょう。

しかし、インプット(学習)だけでは不十分です。
知識を深めるとともに、実際の仕事をこなしてアウトプット(実践)することも欠かせません。

学んだことを実践することで、文章テクニックや論理的思考力が身につきやすいからです。

株式会社BRIDGEA」は、そのように学びと実践を同時に行える記事作成代行会社です。

登録されるWebライターの方には、単に仕事をアサインするのではなく、Webライティングの基礎と応用を無料で指導いたします。
文章作成とSEO対策のプロが指導するため、未経験の方でも仕事を始めるのに必要なテクニックをしっかり習得していただけます。

インプット&アウトプットを繰り返すことで、着実に文章スキルを伸ばしていただけるでしょう。

スキマ時間で働きたい方も、本業として長時間働きたい方も歓迎いたします。

以下の募集ページより詳細をご確認の上、お気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

Webライターが作業効率を高める上で、ツールの活用は不可欠です。

データ抽出や文章校正など、手作業ですべてを行うのが難しいプロセスでも、ツールを使うことで時短かつスムーズな作業が可能です。

ご紹介したツールはいずれも機能性に富んだ有能ツールのため、どうぞ積極的に活用なさってください。

同時に、ツールの活用だけでなく文章スキルアップにも取り組みましょう。

株式会社BRIDGEA」も全力でWebライターのみなさんをサポートいたします。

関連記事

  1. 【初心者向け】Webライティングの始め方~稼ぐ方法を解説

  2. Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

    Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

  3. Webライターの現実はどうなの?記事作成代行業者がリアルを解説

    Webライターの現実はどうなの?記事作成代行業者がリアルを解説

  4. Webライターのおすすめが全てわかる!クラウドソーシングから学び方まで

    Webライターのおすすめが全てわかる!クラウドソーシングから学び方まで…

  5. Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

    Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

  6. Webライターが勉強すべき5項目とは!おすすめ勉強法もご紹介

    Webライターが勉強すべき5項目とは!?おすすめ勉強法もご紹介