Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

構成案」とは記事の「骨格」を成すもので、Webライティングにおいて超重要な工程です。

構成案作りに失敗すると、記事のクオリティーは必然的に下がってしまいます。
ハイクオリティーの記事を書きたい方は、構成案作りのノウハウを頭に入れなければなりません。

そこでこの記事では、構成案に関して以下の点を解説します。

  • 構成案が重要な理由
  • 構成案の全体イメージと作り方のステップ
  • 効果的な構成案を作るコツ

「スラスラ執筆できるようになりたい方」や「説得力のある記事を書きたい方」は、この記事を参考にしてください。

1.Webライティングで超重要な「構成案」とは

構成案の作り方やコツについて学ぶ前に、まずは構成案とはどのようなものかを簡単にまとめておきましょう。

構成案の意義や重要性がわかると、どのような姿勢で構成案作りに取り組むべきか、イメージがわきます。

1-1.構成案は記事の「骨格」

1-1.構成案は記事の「骨格」
構成案」とは、「記事の骨格」です。

骨が人体の形や大まかな動きを決めるのと同じように、構成案は記事の全体像を決めます。

構成案をどう作るかによって、執筆する内容は大きく左右されます。
構成案を骨格とするなら、本文執筆はさながら「肉付け」にあたるでしょう。

そのためWebライターは、構成案の作成に力を入れなければなりません。

では具体的に、どのような時間配分で構成案作りをするとよいのでしょうか?

1-2.「構成案作り8割:執筆2割」で企画する

記事作成において理想的なのは「構成案作り8割:執筆2割」の時間配分です。
※ここでいう「構成案作り」にはテーマに関する情報のリサーチも含まれます。

「執筆は2割だけなの!?」

そう驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、構成案作りに含まれる作業を見れば、執筆よりもむしろ構成案作りに多くの時間がかかることは明白です。
詳しくは後述しますが、構成案作りには以下のような要素が含まれます。

  • キーワードリサーチ
  • 検索意図の絞り込み
  • ペルソナ設定
  • タイトル選定
  • 見出しおよび筋書き作成
  • リード文作成

これらの要素をすべて決めると、ほぼ記事の内容は確定します。
構成案をしっかり作れていれば、あれこれ考えたりいろいろリサーチしながら本文を執筆したりする必要はありません。

そのようなわけで、「構成案作り8割:執筆2割」の時間配分になるのです。

例えるなら、構成案作りはラーメンのスープを作るようなものです。
ラーメンの味は、ほぼスープによって決まります。
スープがしっかりできていれば、後は麺をゆでたり、具材をトッピングしたりするだけです。

同じようにWebライティングにおいても、構成案作りに多くの時間と労力を費やす必要があります。

2.Webライティングにおける構成案の全体イメージ

2.Webライティングにおける構成案の全体イメージ
Webライティングで構成案作りをするときは、以下のような作業を行います。

・キーワードリサーチ
各記事のテーマを決めるキーワードやその関連情報を調査する作業。

・検索意図の絞り込み
ユーザーがどのような情報を探しているのかを考える作業。

・ペルソナ設定
検索意図をイメージしながら、該当情報を探しているユーザーの人物像を決める作業。

・タイトル選定
記事のタイトルを決める作業。

・見出しおよび筋書き作成
見出しの数や各見出しのタイトルと執筆内容の筋書きを作る作業。

・リード文作成
リード文(記事の最初の文章)を執筆する作業。

構成案作りはこのような作業から成っています。

構成案作りにどれくらいの時間がかかるかは、テーマの難易度や文字数によっても変わります。
専門知識の求められる内容であれば、比較的簡単なテーマの倍以上時間がかかることもあるでしょう。

また、慣れも関係します。
初心者Webライターの場合、タイトルを考えるだけで一苦労するかもしれません。

3.Webライティングの構成案作り~執筆までをステップで解説

ここからは、構成案作りから本文執筆までの流れを、以下の5ステップで解説します。

ステップ1:キーワードのリサーチ
ステップ2:検索意図の絞り込み
ステップ3:ペルソナ設定
ステップ4:タイトル・見出し・リード文などの組立
ステップ5:執筆と読み返し

各ステップの作業については前述のとおりですが、細かなポイントもあわせてご紹介しましょう。

いずれのステップにおいてもWebライティングのスキルが大きく問われるため、ぜひ参考にしてください。

3-1.キーワードのリサーチ

3-1.キーワードのリサーチ
最初のステップは「キーワードのリサーチ」です。

Webライターはまず、各記事のキーワードの「特徴」を調べなければなりません。

そのキーワードがどんな情報と結びついているか、詳細をリサーチしましょう。

具体的には以下のような点を調べます。

  • キーワードと関連性がある言葉(サジェストキーワードやGoogle検索結果ページ下部の「他のキーワード」など)
  • キーワードが出てくる記事内に頻繁に出現する言葉(共起語)
  • 各キーワードにおける上位サイトの内容

キーワードまわりの情報をしっかり集めると、次のステップである「検索意図の絞り込み」がしやすくなります。

3-2.検索意図の絞り込み

キーワードの関連情報がひととおり出揃ったら、「検索意図の絞り込み」を行いましょう。

前項のサジェストキーワードや「他のキーワード」・共起語・上位サイトの内容を、俯瞰的に見てください。
そして以下のように考えます。

「どうしてユーザーはこのキーワードを検索窓に入力したのだろう?」
「自分が同じキーワードを検索するのはどのようなときだろうか?」
「どのような情報を提供したらユーザーが喜ぶだろうか?」

記事で提供する情報が、ユーザーニーズにばっちり当てはまるものだと、ユーザーは満足するはずです。
しかし的はずれだと、ユーザーはすぐに離脱するでしょう。

記事はユーザーに読まれなければ何の意味もないため、このステップは極めて重要です。

3-3.ペルソナ設定

3-3.ペルソナ設定
続くステップは「ペルソナ設定」です。

このステップでは、記事を読むユーザーに具体的な人物像をつけます。
漠然とユーザーをとらえるのではなく、具体的な人物として描くことで、構成案作りを深掘りできます。

一例として、キーワードが「副業 Webライティング」のケースを見てみましょう。
この場合、ペルソナは以下のように設定できます。

  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 職業:一般的なサラリーマン
  • 家族形態:既婚
  • 悩み:趣味にかけるお金がない、今の仕事のみだと稼ぎが少ない
  • 目標や夢:今の給料より1.5倍ほど稼ぎたい、在宅ワークをしたい

ポイントは、「キーワードを実際に検索しそうなユーザー層」について考えながらペルソナ設定することです。
上記の例でいえば、おそらく高齢者や学生は候補にならないでしょう。

実際のユーザー層に近い人物像を描ければ、記事の内容は共感を生みやすくなります。

なお記事を読むユーザーは不特定多数なので、当然ペルソナ設定した人物像以外のユーザーが読むことも十分考えられます。

そのためペルソナ設定をするにしても、ごく一部の人物にしか当てはまらないような言葉を本文中に入れないよう気をつけましょう。

3-4.タイトル・見出し・リード文などの組立

続くステップは「タイトル・見出し・リード文の組立」です。

各作業の詳細を見ていきましょう。

3-4-1.タイトル作りのポイント

タイトルは記事の看板的存在です。
検索結果ページでユーザーが最初に目にする部分であるため、考えぬかれたフレーズにしましょう。

以下のポイントは、タイトル作りで意識したい点の例です。

  • 文字数は28文字前後を意識する
  • 本文の内容と一致させる
  • 記事のキーワードを含める
  • 記事の内容について具体的に触れる
  • 言葉遣いは簡潔にする
  • 成果を期待できる表現にする
  • 記事の対象を明確にする
  • キャッチーな表現にする
  • 数字を使って具体性を出す
  • 符号や2フレーズ化で目を引く

タイトル作りに関する詳しい情報は、以下の記事を参考にしてください。

参照:【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開 

【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開

3-4-2.見出し作りのポイント

見出しは、記事の要点であり、記事を内容ごとに区切る役割を果たします。

見出しを作る際は、以下のようなポイントを意識しましょう。

  • 見出しをむやみに使わない
  • 見出しの文字数は30文字程度までにおさめる
  • キーワードと関連語句を入れる
  • タイトルと連動させる
  • 見出しのみで「本文を読んだ気になる」ようにする
  • 簡単な言葉遣いを心がける
  • メリットを強調する
  • キャッチーな表現にする
  • 誰向けの内容か示す

また大事なポイントとして、見出しを作るときは各見出しで書く内容を筋書きでメモしておきましょう。

見出しタイトルのみ書くと、執筆段階で内容のイメージがわかず、スラスラ書けません。
構成案をクライアントに提出してから執筆に入るまで時間がかかる場合、書こうと思っていた内容を忘れてしまう恐れもあります。

筋書きを残すことで、本文執筆をスムーズに行なえるでしょう。

見出し作りに関するポイントは、以下の記事で詳しく解説しています。

参照:【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ 

【Webライティングの見出し指南】最後まで読ませるための9つのコツ

3-4-3.リード文作りのポイント

リード文は、記事にアクセスしてきたユーザーが最初に読む箇所です。

リード文の出来栄えしだいで、読み進んでくれるか離脱してしまうかが分かれるといっても過言ではありません。

最初にユーザーの関心をしっかりつかむには、以下のようなコツを意識しましょう。

  • ユーザーが抱えていそうな悩みや疑問を提起して共感を得る
  • 本文の内容を端的にまとめる
  • 記事を読むメリットを書く
  • 誰に向けての記事か示す
  • キーワードを入れる

3-5.執筆と読み返し

3-5.執筆と読み返し
最後のステップは「執筆と読み返し」です。

ここまで見てきた構成案作りのステップがしっかり行われていれば、執筆に必要な情報はほとんど揃っているはずです。
あとは見出し作りで記載した筋書きをベースに、肉付けするのみ。

以下の点に気を配りながら、読みやすい本文を書いていきましょう。

  • 一文は短めに書く(最長60~80文字程度)
  • 一文一意を心がける
  • 同じ文末表現を3回以上連続で使わない
  • 専門用語は使わないか説明を入れる
  • キーワードを随所に入れる

4.【具体例で学ぶ】Webライティング構成案の作り方

構成案作りのイメージがわいてきたでしょうか?

さらに理解を鮮明にするため、具体例を見てみましょう。

キーワードを「転職 タイミング」とすると、以下のような構成案を作れます。
※見出しについての詳細は未記載。

構成案の例
画像は一例です。

どのようなフォーマットを使って書くかは、案件により異なります。

自身で用意したフォーマットを使える可能性もありますが、クライアントから指定される可能性もあります。

いずれにしても、この記事でご紹介したステップを参考に、構成案を作ってみてください。

5.効果的な構成案を作るWebライティングのコツ

5.効果的な構成案を作るWebライティングのコツ
ここまで構成案作りのイロハを解説してきました。

最後に、良質な記事を書けるようになる効果的な構成案作りのコツをご紹介します。

5-1.構成案のフレームワークを用意する

1つ目のコツは「構成案のフレームワークを用意すること」です。

汎用的に使えるフレームワークを用意すれば、効率よく構成案作りが進みます。
※ここでいうフレームワークとは、「構成案作りの型」です。

例えば、以下のようなフレームワークを意識して構成案を作るとスムーズです。

  • PREP法…「結論→理由→具体例→結論」の流れで情報説明をするフレームワーク
  • PASONAの法則…「問題→扇動→解決策→絞り込み→アクション」を主軸に購買を促すフレームワーク
  • QUESTの法則…「絞り込み→共感→啓発→興奮→変化」の順に記事を書くフレームワーク

5-2.初心者は「構成案付き案件」から始めるのもあり

2つ目のコツは、「構成案付き案件から始めてみること」です。

これはWebライティングが初心者の方向けのコツです。

案件の中には、クライアントが構成案まで用意してWebライターが執筆だけを担当するものがあります。

構成案作りに慣れないうちは、そのような案件をこなして執筆スキルから伸ばすのもありです。
クライアントが作った構成案を見ることで、記事の組立を学ぶ機会にもなります。

5-3.上位サイトを「お手本」にする

3つ目のコツは「上位サイトをお手本にすること」です。

上位サイトはGoogleから高評価を得ているため、上位にいます。
参考にするなら、高品質の記事を書くヒントが得られるはずです。

各キーワードにおいて、上位サイトのタイトル・見出し・導入文などを観察してください。

そのまま真似するのはNGですが、構成案を作る際に、そのエッセンスを積極的に取り入れましょう。

6.構成案のFB付きでWebライティング力アップ!「株式会社BRIDGEA」でWebライターになりませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
クオリティーの高い構成案を作れるようになりたい方。

弊社「株式会社BRIDGEA」でWebライターとして働きませんか?

株式会社BRIDGEA」の特徴は、執筆の仕事をアサインするだけでなく、Webライターのスキルアップにも力を入れていること。

例えば、この記事で解説した構成案作りをサポートいたします。

Webライターの方には、弊社独自の構成案テンプレートをもとに構成案を提出していただき、その後弊社ディレクターがFB(フィードバック)を返信。
WebライティングやSEO対策のプロからFBを受けることで、構成案作りの実地訓練が可能なため、効率よくスキルアップを図れます。

実力をつけて、案件獲得のチャンスを広げたいみなさま。

ぜひ以下の募集ページより、お気軽にご相談ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

7.まとめ

Webライティングにおいて、構成案作りは作業の大半を占める重要なプロセスです。

構成案作りはおおむね全体の8割ほどの時間を使い、丁寧に仕上げましょう。

Webライティングの仕事では、クライアントに構成案を提出してから執筆に入るケースが多いです。

この記事でご紹介したポイントを踏まえ、構成案作りのスキルを伸ばしてください。

関連記事

  1. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?

  2. Webライティングで得られる年収は?収入や仕事内容を徹底調査

    Webライティングで得られる年収は?収入や仕事内容を徹底調査

  3. 【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

    【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

  4. Webライターの必需品とは?しっかり稼ぐために準備したいこと

    Webライターの必需品とは?しっかり稼ぐために準備したいこと

  5. 記事作成(Webライティング)の5つのコツ!文章力UPのテクニック!

  6. Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

    Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ