Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

「Webライティングはどれくらいの文字単価が一般的なの?」
「今やっている案件の文字単価が低すぎ…」

こんな疑問や悩みを持っていませんか?
文字単価はWebライターの報酬を大きく左右するため、できれば高い文字単価の案件を獲得したいところですよね?

そこでこの記事では、文字単価を上げたい方に役立つ情報をまとめました。

  • 文字単価の仕組みとその他の報酬タイプ
  • 案件数が多い文字単価の価格帯
  • 文字単価を確実に上げる6ステップ

Webライティングの仕事で生計を立てたい方、副業収入を増やしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

1.文字単価はWebライティングで稼ぐための重要ポイント

1.文字単価はWebライティングで稼ぐための重要ポイント
文字単価は、Webライティングの仕事で報酬を計算する際にしばしば使われます。

Webライターにとって、文字単価は稼ぐための重要な「指標」です。
文字単価が高いか低いかにより、収入が大きく左右されるからです。

同じ文字数の記事を書くにしても、文字単価が2倍になれば報酬も2倍になります。

Webライティングで稼ぐには、いかに文字単価の高い案件を獲得できるかがカギです。

なお、クラウドソーシングサイトの一つ「ランサーズ」によると、大半の仕事は文字単価1.9円以下で募集されています。
以下は2022年9月上旬時点における、文字単価と案件数を示したデータです。

ランサーズの文字単価のデータ

出典:ランサーズ

文字単価~0.9円の案件や、1~1.9円の案件が大部分を占めていることがわかります。

Webライター初心者は~0.9円以下の案件から始めることが多いですが、Webライティングを本業にしたい方は、最低でも1円以上、可能なら2~3円以上を目指したいところです。

2.文字単価の相場で分析!Webライティングの仕事内容

Webライティングの仕事には、1文字0.1円など非常に安い文字単価で募集がかけられているものもあれば、1文字10円を超えるような超高単価の案件も存在します。

文字単価は、テーマの難しさや作業範囲など、さまざまな要素によって報酬が異なります。
また、クライアントの予算や都合により変動する可能性も高いです。

そのため、「初心者は文字単価○円以下なら獲得できる」「上級者なら文字単価○円以上は確実」など、一概には文字単価の相場を語ることはできません。

とはいえ、文字単価ごとの仕事内容について、ある程度予想を立てることはできます。
そこでここからは、文字単価ごとの大まかな特徴を見ていきましょう。

2-1.1円未満の記事

1円未満の記事は、Webライター初心者でも採用されやすい案件です。

仕事内容としては、体験談を書く記事や簡単なテーマの記事・文字数が少なめの記事など、執筆のハードルが低めのものが多いです。

1円を切る文字単価は、Webライティングの報酬としては決して高くありません。
特に0.5円を下回るような案件は、かなり低めの単価設定です。

このような案件には、中堅Webライターはあまり積極的に応募しません。
そのため競合が少なくなり、初心者でも採用されやすいです。

Webライティングを始めたばかりでスムーズに案件を獲得したい方や、比較的簡単な内容の記事を書きたい方などは、このあたりの文字単価を狙ってみるとよいでしょう。

2-2.1~3円の記事

1~3円の記事は、初心者を脱した中級ライターが狙いたい案件です。

キーワードに沿ってしっかりリサーチを行い、特定のテーマについて執筆できるWebライターが求められます。
またSEOを意識しつつ、上位表示を期待できる良質な記事を書く必要があります。
※「SEO」とは、Googleなどの検索結果で記事を上位表示させるための施策全般のこと。

案件によっては、Webライター自身が記事のキーワードを考えなければならないこともあります。
いずれにしろ、執筆のハードルは1円未満の記事と比較するとやはり高めです。

条件がよいだけあって競合が多くなり、案件獲得の難易度は上がります。
初心者はなかなか獲得しづらいでしょう。

2-3.3~5円の記事

3~5円の記事は、専門分野をもつWebライターが活躍する案件です。

記事のジャンルは、「YMYL」と呼ばれる重要性が極めて高い分野のものになるため、クライアントが求める記事の質も相当なものになるはずです。
※「YMYL」とは、医療や法律・金融など人生に大きな影響を与える分野のこと。

単に文章力があるだけでなく、その分野の知識やスキル・資格・経験なども問われる可能性が高いです。

2-4.5円以上の記事

5円以上の記事ともなると、「まず初心者では採用されない」と考えた方がよいでしょう。

3~5円の記事と同じように、専門性が求められる記事である可能性が高いです。
あるいは取材やインタビューなどプラスαの作業が求められる案件もあり、内容的に初心者には難しいでしょう。

実績が豊富な上級Webライターが活躍するレベルであり、時給換算すると1時間5,000円を超えることもありえます。

3.文字単価が高いWebライティング案件を獲得する6ステップ

3.文字単価が高いWebライティング案件を獲得する6ステップ
ここからは、文字単価が高いWebライティング案件を獲得するコツを、6ステップで解説します。

Webライティングを始めたばかりの方は、少しでも早く文字単価を上げられるよう、ぜひ参考にしてください。
※ここでは主にクラウドソーシングでの案件獲得をイメージしていますが、スキルや実績を徐々に上げて単価アップを目指すことは、SNSや記事制作代行業者での仕事についても当てはまります。

3-1.ステップ1:Webライティング力を磨く

最初に力を入れるべきなのは、Webライティング力をアップすることです。

どんな難易度の案件に応募するにしても、必ず必要なのがWebライティングの知識やスキルです。
文章力やSEOについて学習し、クライアントが満足する記事を執筆できるようにしなければなりません。

支離滅裂な文章やユーザーの検索意図を見極めていない内容を書いているならば、クライアントから契約を切られてしまう恐れがあります。

逆に読み応えがあり、美しい日本語で書けると「信頼できるWebライター」とみなしてもらえます。

初心者はまず、書籍やサイトなどでWebライティングの基礎や応用をしっかり勉強しましょう。
特に文章の型(PREP法など文章を書く順序をまとめたもの)を覚えることは重要です。

なお、下記の弊社(「株式会社BRIDGEA」)公式サイトでは、Webライティングに関する情報をブログ形式で発信しています。
学習に役立ててみてください。

参照:「株式会社BRIDGEA」公式サイト

3-2.ステップ2:ポートフォリオ用の「勝負記事」を書く

Webライティングのスキルが身についたら、ポートフォリオ用の良質な記事を3~5記事書いてみてください。
※ここでいうポートフォリオとは、クライアントに見せるためのサンプル記事のこと。

文字単価の高い案件を獲得するには、いかにクライアントへ自分をアピールできるかが大きなカギとなります。

そこで、サンプル記事のURLをプロフィールなどに記載して、クライアントが執筆スキルを確認できるようにしましょう。
書いた記事が読みやすく、中身のしっかりしたものであれば、クライアントからの信頼を得やすいはずです。

ポートフォリオ用の記事は、スーパーで食べる試食品のようなものです。
試食品を食べて美味しいことがわかると、消費者は商品を買う気が起きます。

同じようにポートフォリオ用の記事(良質であることが条件)を用意することで、案件を有利に獲得しやすくなります。

3-3.ステップ3:低単価案件でもよいので実績を積む

ここまで準備ができたら、低単価案件を含め積極的に案件に応募してみましょう。

クライアントの立場に立てばわかりますが、客観的な実績がない初心者のWebライターに大事な案件を任せるのは簡単ではありません。
YMYLなど重要性が高いジャンルであればなおさらです。

そこで初心者Webライターはまず、実績作りに励みましょう。
文字単価0.5円前後の低単価案件も含め、こなせそうな案件から始めてみてください。

どんな案件でも一生懸命こなせば、クライアントからよい評価を得られます。
クラウドソーシングであれば、実績数を積み上げ、クライアントからのポジティブなコメントも増えることで、周りへのよいアピールになります。

3-4.ステップ4:応募する案件の文字単価を徐々に上げる

実績が増えてきたら、応募する案件の文字単価を少しずつアップさせましょう。

「実力や実績が伸びてきた」と感じたら、今まで挑戦してきた文字単価よりも、少し高いところを狙ってみましょう。
※一例として、実績数が2ケタになりクライアントからよいコメントも残してもらえているなら、ステップアップのタイミングと考えてもよいでしょう。

例えば、文字単価0.5~0.9円ほどの仕事をしてきたなら、1~1.5円くらいの文字単価の案件に応募できます。

すぐに案件獲得できるわけではないかもしれませんが、めげずにどんどん応募しましょう。

同時に複数の案件に応募しても問題ありません。
仮にすべての案件を獲得できたものの対応しきれない場合は、丁重に辞退を申し入れれば大丈夫です。

3-5.ステップ5:対応可能な業務を増やす

Webライティングの仕事に慣れてきて、文字単価も1円以上のものをコンスタントにこなせるようになったら、できる作業を増やすことに努めましょう。

基本的な文章作成だけでなく、さらに多くの作業に対応できるWebライターになれば、応募できる案件が多くなり単価アップも見込めます。

また後述するように、文字単価の交渉をクライアントと行う際の材料にもなるでしょう。

例えば、以下のような作業について学んでみるようおすすめします。

WordPress(Webサイトの作成に広く使われているツール)の入稿
画像選定
キーワード選定
取材やインタビューノウハウの習得

3-6.ステップ6:継続案件の場合は単価交渉してみる

最後のステップは単価交渉です。

半年や1年など、継続して書いている案件がある場合、クライアントに対して文字単価を上げてくれるよう直接お願いできます。

交渉する際のポイントは、率直かつ丁寧にお願いし、なおかつ相手にもメリットがある提案をすることです。
また、単価の上げ幅を「+0.1~0.2円」などわずかな金額に押さえるのもカギです。

一例として、クライアントには以下のように伝えられます。

いつも大変お世話になっております。ひとつご相談したいことがあるのですが、文字単価を上げていただくことは可能でしょうか?具体的には、現在の文字単価1円を1.2円に上げていただけると幸いです。
突然のお願いをして申し訳ありません。私事ではありますが、今後Webライティングの仕事で生計を立て続ける上で、最低でも文字単価1.2円以上が必要であると感じております。〇〇様(クライアント)での案件をこの単価で継続できれば何よりですが、難しいようであれば、今後のことを改めて考える必要もあるかと存じます。
この提案を受け入れていただけるようであれば、受注可能な記事数を、現在の10記事から15記事に増やすことが可能です。一度ご検討いただけるよう、よろしくお願い申し上げます。

言葉の言い回しや提案内容などは細かく変えるとして、おおまかには上記のような文章を書けばOKです。

なお、単価交渉がうまくいきやすいタイミングとしては、以下が狙い目です。

  • 数ヵ月順調に続いて、クライアントから信頼されていることを感じたとき
  • 書いた記事の質をほめられたとき
  • 別の案件を打診されたり、現在の案件の継続を提案されたりしたとき
  • クライアントにメリットとなる作業を提案できるとき

4.Webライティングでは目先の文字単価にとらわれないことも重要

4.Webライティングでは目先の文字単価にとらわれないことも重要
Webライティングにおいて、文字単価は収入を左右する重要な要素です。
とはいえ、文字単価のことばかり考えて行動するのはよくありません。

特に初心者のWebライターは文字単価だけに注目しがちですが、安定的に仕事を得るためには、文字単価以外のポイントに注目することも重要です。

例えば、以下のような要素も仕事のしやすさや収入に影響します。

  • 文字数(1記事あたりの文字数が4,000文字以上などそれなりにあると稼ぎやすいです)
  • 記事数(依頼される記事数が多いと、同じ仕事でまとまった金額を稼げます)
  • 継続の有無(数週間で終わってしまうと、1年間に案件を何度も探す必要が生じ効率的ではありません)
  • 執筆のしやすさ(作業内容が細かすぎたり多すぎたりすれば、1記事書くのに手間がかかって稼ぎにくいです)

仮に文字単価が5円でも、1記事300文字で合計10記事しか書けない案件なら、合計15,000円しか稼げません。
それよりは文字単価が1.5円でも、1記事5,000文字で毎月20記事書ける案件の方が、安定的に働けます。

もう一点重要な点として、ライティングスキルの向上につながる案件かどうかも大事です。
「記事に関するフィードバックをもらえる案件」や「SEOの知識が求められる案件」などスキル向上に結びつくものなら、将来的な単価のアップにつなげられるからです。

案件に応募するときは、文字単価だけでなく、さまざまな要素を総合的にふまえて判断しましょう。

5.【文字単価アップ】「株式会社BRIDGEA」でWebライティングスキルを上げよう!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
高い文字単価の案件を獲得できるようになりたいWebライターのみなさま。
弊社「株式会社BRIDGEA」でWebライターとして働きませんか?

株式会社BRIDGEA」は記事制作代行業者として、数多くのクライアントから記事執筆の仕事を受注しています。

登録されたWebライターの方には、弊社から案件をお渡しします。
そのためWebライターのみなさまは、ご自身で案件に応募する必要がなく、すぐに執筆に取りかかっていただくことが可能です。

また、弊社は単に案件をお願いするだけではありません。
みなさまのWebライティングスキルをアップさせるサポートも行っています。

具体的には、以下のサポートを行います。

  • テストライティング後にWebライティングの基本&応用技術を指導
  • 練習記事によるスキル向上
  • ディレクターによる記事構成案のチェック
  • 校閲&校正チームによるフィードバック
  • Webライティングスキル向上に役立つ情報の共有 など

文字単価アップにはWebライティングスキルの向上が欠かせません。
株式会社BRIDGEA」なら、Webライティングを学びながら仕事ができるため、効率よく稼いでいただけます。

未経験者の方も含め歓迎いたします。
以下のWebライター募集ページをご確認の上、ぜひお気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

文字単価は、Webライターの収入を大きく左右します。

初心者は始め、低単価の案件しか執筆できないかもしれませんが、今回ご紹介したポイントを実践すれば、単価アップを実現できるでしょう。
ただし文字単価だけでなく、文字数や記事数など案件全体の条件を検討した上で、応募するかどうか判断してください。

Webライティングの案件はたくさんあります。

まずはWebライティングの実力と実績を伸ばし、クライアントから信頼されるWebライターになることを目指しましょう。

関連記事

  1. 主婦でもWebライターで収入を得られる?始め方・メリット・デメリット

    主婦でもWebライターで収入を得られる?始め方・メリット・デメリット

  2. 副業でWebライティング(ライター)を始めてみよう!必要なものや知識と…

  3. 「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

    「Webライター需要は低い」は間違い!将来性を示す5つの証拠とは

  4. Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

    Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

  5. Webライターの働き方は3択!それぞれの収入や必要スキルを紹介

    Webライターの働き方は3択!それぞれの収入や必要スキルを紹介

  6. 【ネットで副業】Webライティングとアフィリエイトの違いは?稼げるのはどっち?

    【ネットで副業】Webライティングとアフィリエイトの違いは?稼げるのは…