【経験者が語る】Webライターの10のメリットと6つのデメリット

【経験者が語る】Webライターの10のメリットと6つのデメリット

Webライターとして働くのには、メリットとデメリットの両方があります。

Webライター経験者から語るとメリットの方が多いですが、初心者にはハードルが高いと思えるデメリットがあるのも事実です。

メリットばかりに注目して、「Webライターになれば自宅で悠々自適に高収入を得られる」と考えていると、思わぬ落とし穴にはまることも…
「息の長い」仕事にするには、メリット・デメリット両方をしっかり意識して始めなければなりません。

そこでこの記事では、Webライターになる10のメリットと6つのデメリットを公開します。
Webライター経験者の視点から解説しますので、Webライターになりたい方はぜひ参考にしてください。

1.【こんなにある!】Webライターの10のメリット

Webライターとして働くメリットには、少なくとも以下の10点が挙げられます。

  • 未経験・無資格・年齢不問で始められる
  • 働く場所を自由に選べる
  • 働く時間(帯)もある程度自由が利く
  • わずかな設備で始められる
  • 頑張りしだいで給料をすぐに上げられる
  • 副業に向いている
  • 多方面の話題に詳しくなれる
  • 文章スキルや論理的思考力が身につく
  • 成果が「見える」ので達成感がある
  • アフィリエイトによる不労所得にもつながる

それぞれのメリットを見ていきましょう。

1-1.未経験・無資格・年齢不問で始められる

1-1.未経験・無資格・年齢不問で始められる
Webライターの良いところは、「望めば誰でも始められること」です。

未経験であれ無資格であれ、学生であれ、4・50代であれ始められます。
※中学生以下については法律上難しいケースがあります。

仕事の中には経験者しか募集していないものや、特別な資格を有している方、あるいは限られた年齢層の方だけが応募できるものがあります。

Webライターになるのに特別な条件はないため、入り口が広く気軽に始めやすいです。

1-2.働く場所を自由に選べる

1-2.働く場所を自由に選べる
働く場所を自由に選べる」のも大きなメリットです。

インターネットとパソコンを使えれば稼働できるため、場所が制限されません。

自宅はもちろん、お気に入りのカフェや図書館でも働けます。

都会の喧騒を離れた地方で、Webライターとして生計を立てることも可能です。
さらには海外でWebライターとして活躍している方も少なくありません。

最近はテレワークが一層注目されるようになりましたが、Webライターはまさに時代の潮流に合った働き方といえます。

働ける場所に融通が利くと、家族との時間が増えたり、通勤のストレスから解放されたりと、大きな利点があります。

1-3.働く時間(帯)もある程度自由が利く

1-3.働く時間(帯)もある程度自由が利く
未経験・無資格・年齢不問で始められる」のもWebライターの魅力です。

「1日15分だけ」など極端なケースを除き、ある程度稼働時間に自由が利きます。

「1日2・3時間だけ働きたい」
「毎日1記事だけ書くのを日課にしたい」

このようなケースにもぴったりです。

もちろん受注する件数によっては、稼働時間をうまく調整する必要もありますが、時間の縛りは基本的にありません。

時間帯を自身でコントロールできるのもメリットです。
午前8時~午後5時といった固定時間はなく、早朝でも深夜でも好きなタイミングに働けます。

1-4.わずかな設備で始められる

1-4.わずかな設備で始められる
Webライターになる上で、特別な設備は必要ありません。
パソコンとインターネットというわずかな設備」で始められます。

多くの家庭では、インターネットをすでに使っていることでしょう。
パソコンについては、今もっていなくても比較的安価に購入できます。

セカンドハンズショップやフリマサイト・オークションサイトなどには、多少モデルが古くても、まだまだ使える中古パソコンがたくさん売られています。

わずかなイニシャルコストで始められるため、極力お金をかけずに新しいことを始めたい方に便利です。

1-5.頑張りしだいで給料をすぐに上げられる

1-5.頑張りしだいで給料をすぐに上げられる
Webライターの収入は、ある意味青天井です。
頑張りしだいで給料をすぐに上げる」ことができるからです。

月収何百万・何千万稼ぐのは難しくても、数十万円稼ぐことは夢ではありません。

もちろんWebライターだけで生計を立てたり、高収入を得たりするには、Webライターとしての実力やスキルを大きく伸ばす必要があります。
そのためには、Webライティングについての学習と、多くの案件を実際にこなすことが必要です。

初心者の場合、月収数万円稼ぐのも最初は難しいでしょう。

しかし作業に慣れ、努力を積み重ねることで、いずれは案件を多くスピーディーにこなせるようになります。
そうなれば、自然と収入が上がります。

1-6.副業に向いている

1-6.副業に向いている
先述のとおり、Webライターは時間や場所を縛られずに働ける仕事です。
そのため本業とバッティングすることがなく、「副業に向いている」といえます。

「本業の収入だけだと物足りない」
「副業を始めて老後に安心感をいだきたい」

このようなニーズをもつ方に魅力的な仕事です。

1-7.多方面の話題に詳しくなれる

1-7.多方面の話題に詳しくなれる
Webライターとして働くと「多方面の話題に詳しくなれます」。

いろいろなジャンルについて記事を書く機会があるため、豊富な話題に触れられます。
知っている話題が多いと、周りの人との会話のネタが増えるほか、今まで知らなかったジャンルの情報が増えて、純粋に「楽しい」と感じられるでしょう。

最初は「興味がない」と思える案件であっても、調査してみると「面白い」と感じることがあります。
一般常識だけでなくいろいろな世界に触れることで、好奇心が刺激されたり、新しい趣味が生まれたりするでしょう。

1-8.文章スキルや論理的思考力が身につく

1-8.文章スキルや論理的思考力が身につく
Webライターは文章を書くのがメインの仕事になるため、学習と実践を重ねるにつれて「文章スキルや論理的思考力が身につきます」。

例えば「PREP法」を習得すれば、明確で人を納得させやすい文章を書く力が養われます。
※「PREP法」とは、結論→理由→具体例→結論の順序で文章を書くテクニック。

また「ユーザーが読みやすい文章になるには、どのような構成で情報を展開すべきか」を考える習慣ができるため、筋道立てて物事を説明できるようになります。

そのような論理的思考はライティングの場面だけでなく、普段誰かと話すときにも役立ちます。

1-9.成果が「見える」ので達成感がある

1-9.成果が「見える」ので達成感がある
Webライターの仕事は、「成果が見えやすい仕事」です。

書いたWeb記事が良質だと、記事のキーワードや類似語で検索をかけたときに上位表示されます。

検索結果1ページ目(トップ10)に入らなくても、2ページ目や3ページ目など上位に近い位置にランクインすれば、「検索エンジンやユーザーから自分の記事が評価されている!」とうれしくなります。

その達成感がモチベーションアップや向上心アップにつながり、さらに記事の質に磨きがかかるかもしれません。
また自信がついて、より難易度の高い案件に挑戦しようという気持ちにもなりやすいです。

1-10.アフィリエイトによる不労所得にもつながる

1-10.アフィリエイトによる不労所得にもつながる
良質な記事を書く実力がつくと、いずれは「アフィリエイトブログなどを運営して不労所得を得られる」かもしれません。
※「アフィリエイト」とは、特定のクライアントの商材をPRして、ユーザーが購入などのアクションを起こしたときに報酬を得られる仕組み。

アフィリエイトに成功するのは簡単ではありませんが、文章スキルが高く、さまざまなジャンルに関する知識が増えていけば、人気のブロガーになれるかもしれません。

レベルの高いWebライターはユーザーが共感する文章を書くのに長けています。
ユーザーが感じる、「そうそう、そういう悩みがある」「それ(商材)があったら便利そう」などの心理状態にうまく訴えかけられるため、アフィリエイトに成功する可能性が高まるでしょう。

2.【現実的な見方も大事】Webライターの6つのデメリット

Webライターになりたい方が覚えておくべきデメリットには、以下の6つの点が挙げられます。

  • 最初は思うように稼げない可能性も…
  • 知らないテーマだと調査に時間がかかりやすい
  • すぐに案件を獲得できるとは限らない
  • 計画的に作業しないと仕事に追われる
  • ライバルが少なくない
  • 目や肩が疲れる

それぞれのデメリットについても解説します。

2-1.最初は思うように稼げない可能性も…

2-1.最初は思うように稼げない可能性も…
Webライターの最大のデメリットともいえるのは「慣れないうちは案件を多くこなせないため収入に限界があること」でしょう。

Webライティングのスキルは、一朝一夕で身につくものではありません。
早くても数ヵ月しないと、「慣れてきた」と感じることはないでしょう。

中には特別な文才やセンスがある方がいるかもしれませんが、一般的には「最初がきつい」「全然稼げない」「時給に換算したらひどかった」などの悩みを経験するものです。

しかし、すぐにはあきらめないようにしましょう。
テクニックを学んで実践し続ければ、自然とライティングスピードや質は上がり、実質時給も上がります。

以下は執筆時に意識できるテクニックの例です。

  • 「PREP法」で書く
  • 「30分でどれくらい書けるか」など時間を意識してみる
  • パソコンのショートカットキーを覚えて作業効率を上げる
  • モニターを2つ使って執筆用と調査用に分ける
  • 調査ツールを駆使する

2-2.知らないテーマだと調査に時間がかかりやすい

2-2.知らないテーマだと調査に時間がかかりやすい
詳しくない分野について書く場合は作業スピードが落ちやすい」です。

作ったことがない料理にトライするときや、行ったことのない場所に向かうときと同様、知らないテーマについて書くときは調査や考えをまとめるのに時間がかかるものです。

場合によっては、記事に設定されたキーワードそのものの意味から調べないといけないこともあるでしょう。

この点についてはWebライター初心者でなくても共通していることですが、面倒に感じるのではなく、積極的な見方をしましょう。

「執筆できるジャンルがまたひとつ増えた」
「自分の生活にも役立つ話題かもしれない」

このようにポジティブシンキングを心がけるなら、調査や執筆を楽しみやすくなるでしょう。

2-3.すぐに案件を獲得できるとは限らない

2-3.すぐに案件を獲得できるとは限らない
クラウドソーシングサイトで働く場合、「案件に応募しても獲得できる保証がありません」。
返信すらこない可能性があります。

実績がないうちは、文字単価が少ない案件を多くこなして評価を高め、クライアントから信用されやすいプロフィールに「成長させる」ようおすすめします。

別の方法は「記事作成代行会社でWebライターになること」です。
この方法だと、自身で案件に応募しなくても、ライティングの仕事をまわしてもらえます。

2-4.計画的に作業しないと仕事に追われる

2-4.計画的に作業しないと仕事に追われる
複数の案件をアサインされた場合、「スケジュール管理しないと案件がたまる一方になる」恐れがあります。

これはデメリットというより個人の問題ですが、最初のうちはどのように作業予定を立てるべきかコツがつかめない方が多いため、注意したい点です。

この場合の解決策は「時間管理のポイントを学ぶこと」です。

2-5.ライバルが少なくない

2-5.ライバルが少なくない
Webライターの世界には多くのライバルがいます」。

クラウドソーシングサイトに好条件の案件が掲載されると、多くの応募が寄せられて、結局案件獲得できない可能性があります。

自身のプロフィールが優れている場合は別として、始めたばかりでは、より優れたライターに案件を取られてしまいかねません。
一流のライターのプロフィールを見て、「自分は太刀打ちできない」と感じることもしばしばでしょう。

しかし、一流ライターもかつては初心者でした。
その点を意識して、実力アップを図りましょう。

なかなか案件を獲得できなくてもあきらめずに応募し続け、かつその間にできることを行いましょう。

例えば、条件を少し落としてより確実に獲得できそうな案件に挑戦できます。
同時に、文章力をアップさせるために書籍やサイト・動画を活用してインプットを続けることも欠かせません。

2-6.目や肩が疲れる

2-6.目や肩が疲れる
目や肩が疲れる」のも、Webライターに「あるある」のデメリットです。

仕事の性質上、長い時間パソコンとにらめっこすることになるため、目が疲れてきます。
またずっと座った姿勢でいると、肩周りの筋肉が張った状態になり、肩こりになることも。

身体が不調だと、集中力を継続することが難しくなります。

そのため、適度な休憩を取るよう心がけましょう。
アラームなどを使って、作業時間と休憩時間のメリハリをつける方法もおすすめです。

また、意外と大事なのが「姿勢」が大事です。
最初は違和感を感じるとしても、正しい姿勢で作業すると後々楽になるでしょう。

企業の中には、昇降式のデスクを導入して、デスクワークを座り姿勢や立ち姿勢でできるようにしています。
座り続けると血流が悪くなって、健康上良くありませんが、時折立つことで身体がほぐれやすくなります。

3.「BRIDGEA」なら未経験者でも安心!

「記事作成代行Pro」TOP
ここまでご紹介したメリットとデメリットについてよく考えた結果、「Webライターに挑戦してみたい」と感じる方は少なくないでしょう。

Webライターになる主な方法は、以下の2つです。

  • 「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトに登録して働く
  • 記事作成代行会社の在籍ライターになる

どちらの働き方でも、一人前のWebライターになることは可能です。

しかしもし、「案件に自分で応募するよりも自動的にアサインしてほしい」「まずはWebライティングの指導を受けたい」というニーズがあるなら、記事作成代行会社がおすすめです。

記事作成代行は、ディレクター側から案件を回してもらえるほか、Webライティングの指導を受けつつ実践できるからです。
※記事作成代行会社によって状況は異なります。

弊社「BRIDGEA」でも、積極的にWebライターの方を募集しております。
経験やライティング関連の資格・年齢は基本的に不問です。

お小遣い稼ぎの方も、本業にして生計を立てたい方も歓迎しております。
以下は働き方と収入の例です。

ブリジアの報酬例
自宅でもほかのお気に入りの場所でも、好きな時間帯で活躍していただけます。

「Webライターのメリットを味わいたい」という方は、ぜひ以下の募集ページからお気軽にご応募ください。

参照:在宅Webライター募集ページ

4.まとめ

Webライターになるメリットは数多くあります。
デメリットもありますが、やはり始めやすさや自由度を考えると、多くの方にとって魅力的な仕事といえます。

デメリットについては、解消方法も解説しました。
時間をかけて解消できる対処法もありましたが、とにかく継続して学習と実践を繰り返すことがカギです。

弊社「BRIDGEA」では、随時Webライターを募集しております。
未経験の方でも副業を探している方でも、どうぞお気軽にご相談ください。

Webライターの良さに触れるにつれ、仕事が楽しくなり、ライフスタイルをもっと充実させられるかもしれません。

関連記事

  1. Webライティングの知っておくべき6つのルール

    Webライティングの知っておくべき6つのルール

  2. Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

    Webライティングが在宅ワークで人気の理由と続ける3つのコツ

  3. Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介

  4. Webライティングとは何なのか?

  5. Webライティングで持っていると有利な資格とは?

    Webライティングで持っていると有利な資格とは?

  6. Webライターの始め方ABC!効率的な取り組み方を徹底解説

    Webライターの始め方ABC!効率的な取り組み方を徹底解説