Webライターの始め方ABC!効率的な取り組み方を徹底解説

Webライターの始め方ABC!効率的な取り組み方を徹底解説

Webライターとしてデビューするには、大きく分けて以下の2つの方法があります。

  • クラウドソーシングサイトで登録して案件を受注する
  • 記事作成代行会社のライターとして働く

この記事では、これら2つの方法におけるWebライティングの始め方を解説します。

【この記事がおすすめの方】
・Webライターの基本を知りたい方
・収入やスキルをアップする方法を知っておきたい方
・Webライティングの学習に役立つ本やサイトを知りたい方

1.Webライターとは?

Webライター」とは、「Web上で公開される記事コンテンツを書く人」です。

新聞の場合、記事を書く人を「新聞記者」などと呼びますが、Webライターはいわば「ネット上の記者」といえるでしょう。

記事コンテンツと一口にいっても、その内容は多岐に渡ります。
商品やサービスについて書いた記事や、ホットな話題について書いた記事、医療や法律の専門分野に関する記事など、多種多様な情報について書きます。

趣味で個人ブログを書く人も、広い意味ではWebライターといえます。
しかし一般的には、「Webライター=商業目的のライティングをする人」というイメージでとらえておけば大丈夫です。

なおWebライターになるのに必要な資格は特にありません。
少し乱暴な言い方をすると、「私はWebライターです」と名乗れば、誰でもWebライターになれます。

1-1.Webライターになるメリット

1-1.Webライターになるメリット
Webライターになるメリットはさまざまです。
ざっと挙げると、以下のようなメリットがあります。

  • 自宅でもカフェでもどこでも仕事できる
  • 副業として収入源になる
  • 自由な時間に働ける
  • ライティングの実力が身につく
  • 検索エンジンやユーザーからの良い反応があったときにうれしい
  • うまい仕組みを作れば放っておいても報酬が入る場合もある(アフィリエイトなど)

このようにいろいろなメリットがあります。
「思ったよりもメリットが多くて驚いた」という方も少なくないでしょう。

Webライティングは、最近注目されだしたテレワークにもマッチしますし、働き方の自由度が高い点でも大きな利点があります。
通勤せずに働きたい方や、旅しながら働きたい方、子育て中で固定時間では働けない方などに向いている職業です。

ただしデメリットもあります。

例えば「思ったよりも文章がうまく書けない」「慣れるまでは実質的な給料が低いことがある」といった点です。
ただし慣れれば楽しくやりがいを感じられる仕事ですし、作業スピードが向上すれば効率のよい収入源になります。

文章作成がもともと得意な方や好きな方はもちろん、集中して仕事できる方にとっては良い選択肢です。

Webライターのメリット・デメリットについてより詳しくは、以下の記事も参照してください。

参照:「【経験者が語る】Webライターの10のメリットと6つのデメリット

1-2.Webライターに必要な環境

1-2.Webライターに必要な環境
Webライターとして働くのに必要なものはわずかです。

  • パソコン(ないしはWordなど文章ソフトが使えるデバイス)
  • インターネット
  • 仕事を受ける窓口(クラウドソーシングへの登録や記事作成代行会社への在籍など)

ふだんパソコンでインターネットを使う方であれば、最初の2つは簡単にクリアできるでしょう。

3つ目の「仕事を受ける窓口」ですが、これは最初の作業だけ終えればすみます。
クラウドソーシングでライター登録をし、記事作成代行会社でライターとして採用してもらえれば、後は仕事をその都度受けるのみです。

それぞれのケースの働き方については後述します。

「意外と簡単に始められるんだ」と感じた方も多いでしょう。
Webライターデビューするのに特別な機械やサブスクリプションサービスへの登録、あるいはマニュアル購入は必要ありません。

あとは各自が必要に応じて、便利なパソコン周辺機器や役立つライティングツールなど、都合が良いように環境を整えれば大丈夫です。

1-3.Webライターとして働ける場所

Webライターとして働ける場所は、主に以下の場所です。

  • Webライターを募集している特定の企業
  • クラウドソーシングサイト(「クラウドワークス」「ランサーズ」など)
  • 記事作成代行会社(「記事作成代行Pro」や「サグーワークス」など)

業種業態を問わず、特定の企業のIT部門やWebマーケティング部門などがWebライターを募集している場合は、そこに就職すればOKです。
この場合は、主に採用先の会社の案件のみを扱うことになるでしょう。

一方、クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社で働く場合、不特定多数の企業・個人の案件を担当することになります。

例えば「クラウドワークス」にWebライター登録をすると、執筆を頼みたいさまざまなクライアント(企業・個人)から受注します。
記事作成代行会社の場合は、その会社が受注する案件のいずれかを担当することになるでしょう。

特定の企業に就職するケースは、あまりメジャーではありません。
どちらかというと、気軽に始められるのはクラウドソーシングサイトや記事作成代行会社でライター登録する方法です。
特定の企業への就職だと、時間や働ける場所が固定される可能性があるからです。

1-3-1.クラウドソーシングサイトのメリット

クラウドソーシングサイトでWebライターとして働くメリットには、以下のようなものがあります。

  • 単価の異なる案件に自由に応募できる
  • 選べる案件の量とバリエーションが豊富
  • 受注条件を比較的自由に設定できる
  • 実績や実力をアピールしやすい

それぞれのメリットを解説します。

最初の「単価の異なる案件に自由に応募できる」という点ですが、クラウドソーシングサイトの「ライティング」の報酬は多種多様です。

「ランサーズ」を例にして実例を見てみましょう。
「ライティング」カテゴリーの仕事を見ると、以下の画像のように異なる文字単価の案件がリストアップされています。

異なる文字単価の案件がリストアップ

参照:「ランサーズ

1記事の文字数によって最終的な報酬額は変わりますが、応募した案件に合格した場合、さまざまな報酬額の仕事に応募できます。
※「報酬形態」は「固定報酬」や「時間単価」など案件により異なります。

実力や実績が伴えば、応募案件に合格する可能性が高まるでしょう。
より高い報酬に申し込めば、収入アップも夢ではありません。

選べる案件の量やバリエーションも豊富」です。
「クラウドワークス」を例にすると、「記事・Webコンテンツ作成」のカテゴリーには、2022年5月時点で47,000件以上の仕事がヒットしました(下の画像参照)。

クラウドワークスのライター仕事数

参照:「クラウドワークス

自分が好きなテーマや得意なジャンルのWebライティングなら、作業へのモチベーションも上がります。

Webライターが自分で案件に応募する代わりに、クライアントから直接依頼を受けることも可能です。
そのようなケースでは、ライター側がプロフィールに「受注条件を比較的自由に設定できる」ため、望む報酬を受けやすいです。

「ランサーズ」の登録ライターを例にすると、画像のケースでは、あるライターが料金表を以下のように設定しています。

「ランサーズ」の登録ライターの料金例

参照:「ランサーズ

直接依頼されるには相応の実績や実力が必要ですが、それらを備えている場合は高報酬の仕事をこなせるようになります。

実績や実力をアピールしやすい」という点についてですが、クラウドソーシングサイトではプロフィールで自身のスキルや得意分野などについて自由にアピールできます。

例えば、「ココナラ」のあるライターのプロフィールは以下のような感じです。
※画像例はプロフィールの一部
「ココナラ」のあるライターのプロフィール例

参照:「ココナラ

うそや誇張表現はNGですが、相談や依頼を受ける可能性を高めるために積極的にPRをすれば、案件獲得のチャンスが広がります。

1-3-2.記事作成代行会社のメリット

1-3-2.記事作成代行会社のメリット
記事作成代行会社でWebライターとして働くメリットには、以下の点が挙げられます。

  • 自分自身で交渉しなくても記事を受注できる
  • 業者によってはライティング技術を教えてもらえる
  • ディレクターや校閲&校正の担当者がいて安心

それぞれのメリットを簡単に説明しましょう。

自分自身で交渉しなくても記事を受注できる」のは、特に大きなメリットです。
記事作成代行会社に登録・在籍すると、その会社からさまざまな案件の執筆を依頼されます。

クラウドソーシングサイトのように自分から応募したり、クライアントからの直接依頼を受けて交渉したりする必要がないため、効率的に仕事を受けられます。

業者によってはライティング技術を教えてもらえる」のも利点です。

Webライターとしてデビューしたばかりだと、どのようなことを意識して執筆したら良いのか、右も左もわからないかもしれません。
この点、ミーティングや個人指導などをとおしてライティングスキルやノウハウを教えてもらえると、おおまかなやり方を把握できます。

弊社「BRIDGEA」のWebライターの仕事では、ライターの方に基本・応用技術を丁寧にレクチャーするほか、ミーティングをとおして、重要な執筆事項を随時共有しております。
このようなレッスンがあると、Webライターとして自信を持って作業できます。

信頼できる記事作成代行会社には、「ディレクターや校閲&校正の担当者がいて安心」です。

Webライターが自分一人ですべての作業を行う場合、構成案の作成や執筆作業・各種チェック(校閲や校正)などを網羅しなければなりません。
慣れればこなせなくはありませんが、第三者のチェックが入ることで、構成案や文章の質は向上します。

構成案に入れるべき情報があれば提案を受けられますし、誤字脱字や情報の誤記載などがあれば指摘してもらえます。
これにより、公開する記事が検索結果で良い結果を出しやすいほか、ライティングノウハウに関する勉強にもなるでしょう。

ここまでの情報を見て、クラウドソーシングサイトにも記事作成代行会社のどちらでWebライターを始めたら良いか迷う」と感じた方は少なくないでしょう。
おおまかには、それぞれ以下のようなタイプに分けられます。

【クラウドソーシングサイトが向いているWebライター】
・単価設定や応募案件に自由度を求める方
・現在のライティングスキルにある程度自信がある方

【記事作成代行会社が向いているWebライター】
・自分でクライアントと交渉するのが苦手な方
・ライティング技術を教えてほしい方
・ディレクターや校閲&校正者と「チーム」で動きたい方

なお弊社「BRIDGEA」では、プロのディレクターと校閲・校正者がWebライターと協力して記事を仕上げています。
「まずは周りからバックアップを受けながらいろいろ進めたい」という方は、ぜひ一度弊社のWebライター募集ページをご覧ください。

参照:Webライター募集ページ

2.Webライターの始め方:クラウドソーシングサイトの場合

2.Webライターの始め方:クラウドソーシングサイトの場合
クラウドソーシングサイトでWebライターとして働き始める方法を、「ランサーズ」を例にご紹介します。

  1. ランサーズの公式サイトで「会員登録(無料)」をする
  2. 自己紹介やビジネス経験・資格・スキル・ポートフォリオ・本人確認などの項目を入力する(任意)
  3. 気になる案件に応募するかクライアントからの指名を待つ

なおランサーズには、登録情報や実績などに基づくライターのランク制度があります。
ランクが高いほど好条件の案件が舞い込んできたり、応募で有利になったりします。

募集案件の中には一定の条件を満たしていないと応募できないこともあります。
そのため、可能な限り自身のプロフィール情報を充実させ、さまざまな案件に挑戦してランクを上げましょう。

各クラウドソーシングサイトにより登録方法やサービスの詳細は異なりますが、大まかには「会員登録」→「プロフィールなどの入力」→「案件探し」の流れです。

3. Webライターの始め方:記事作成代行会社の場合

3. Webライターの始め方:記事作成代行会社の場合

続いて、記事作成代行会社でWebライターとして働き始める方法をご紹介します。
記事作成代行会社の例として、手前味噌ながら「記事作成代行Pro」の採用フローで解説します。

  1. Webライター募集ページより問い合わせ
  2. テストライティング(2,000~3,000文字)
  3. 採点
  4. 技術指導(基本技術指導)
  5. 練習記事の執筆
  6. フィードバック(応用技術指導)
  7. クライアント案件の依頼

ステップ2のテストライティングでは、弊社が指定するタイトルやキーワードをもとに記事を執筆していただきます。

その後、現時点でのライティングスキルを採点した上で、技術指導が行われます。
そして練習記事を経て応用技術も学んでいただき、準備が整ってから実際の案件に入っていただく流れです。

イメージとしては、「問い合わせ」→「準備」→「仕事始め」という感じです。
クラウドソーシングサイトとは異なり1人ですべてを始めるわけではなく、会社としてフォローさせていただきます。

4.Webライターの始め方に関するよくある質問

ここまでWebライターに関する基本情報を解説しました。

ここからは、Webライターの始め方に関してよくある質問をいくつか抜粋して回答いたします。
具体的には以下の質問を取り上げます。

  • 高校生や大学生でもWebライターになれる?
  • 収入はどれくらい?
  • 取っておいた方がよい資格はある?

それぞれの質問を見てみましょう。

4-1.高校生や大学生でもWebライターになれる?

4-1.高校生や大学生でもWebライターになれる?
高校生や大学生でもWebライターになることは可能です。

未成年でもWebライターとして働くことは可能で、資格も求められません。
※中学生に関しては後述情報を参照してください。

高校生や大学生がWebライターになるメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 学費や交友費の足しになる
  • 自宅で安全に働ける
  • 働く時間をコントロールして学業に専念しやすい
  • 学生単価にならい

外で働くとなると、通勤に時間がかかったり、固定時間で働く必要があったりします。
その場合親としては安全面や学業のための時間が心配になるかもしれませんが、自宅で働けるWebライターであれば、時間調整がしやすく安全面でも優れています。

給料面でも「孤高性だから」という理由で単価が下がることはありません。
実力や稼働時間に伴う報酬を手にできます。

ただし注意点として、学生の本分はやはり学業です。
より多くの給料を稼ごうとして働き過ぎないよう、稼働時間はある程度調整しましょう。

最近の若い人はパソコン操作などITリテラシーが高いため、全般的にWebライターは向いているといえます。

なお中学生に関してですが、注意点があります。

労働基準法によると「満15歳になってから最初の3月31日が終了するタイミングまで」雇用できません。
そのため法律的にWebライターとして働くのは厳しいでしょう。

ただし子供でも働ける例外ケースがあります(労働基準法第56条第2項)。
特別な家庭事情がある場合は、市役所や学校などに相談してみるようおすすめします。

4-2.収入はどれくらい?

4-2.収入はどれくらい?
Webライターの収入はピンキリです。

フリーランス協会の「フリーランス白書2019」によると、ライターを含む文筆系フリーランスの収入は以下のとおりです。

200万円未満…32.0%
200~400万円未満…26.9%
400~600万円未満…21.5%
600~800万円未満…8.2%
800~1,000万円未満…5.5%
1,000~1,200万円未満…2.3%
1,200~1,500万円未満…0.0%
1,500~2,000万円未満…0.9%
2,000万円以上…0.5%

約8割が年収600万円以下で、最も多いのは200万円未満、続いて200~400万円未満という結果です。

フリーランス白書の資料

出典:“フリーランス白書2019”, フリーランス協会

文筆系にはイラストレーターや編集者・翻訳・通訳なども含まれており、Webライターのみの指標ではありません。

おおむね300万円前後を平均年収とイメージできますが、稼働時間によって収入は大きく異なります。
わずかなスキマ時間だけで働く場合、月収は数千円~2万円程度ということもあります。
一方、集中して多くの時間働けば、20~30万円働くことも可能です。

収入はWebライターとしての実力や実績に伴う稼働単価でも変わります。
駆け出しのWebライターだと、最初のうちは文字単価が0.3~0.5円/文字など、低単価から始まるかもしれません。
一方エキスパートになると10円/文字という場合もあります。

4-3.取っておいた方がよい資格はある?

4-3.取っておいた方がよい資格はある?
先述のとおり、Webライターになるのに資格は不要です。
しかし取得しておくことで、作業や待遇面で有利に働く可能性がある資格は存在します。

例えば以下のような資格です。

・日本語検定1級
「日本語検定」は、「日本語検定委員会」主催の検定です。
1~7級があり、1級は最上級です(社会人上級レベル)。

漢字や表記・敬語・語意・語彙・文法などの分野で総合的な日本語能力を図るもので、表現力や伝達力・正しい日本語を使うスキルなどが向上します。
正しく美しい日本語をマスターすることで、読みやすく人を惹きつける文章が書けるWebライターになれます。

・文章読解・作成能力検定
「文章読解・作成能力検定」は、「日本漢字能力検定協会」が主催する検定です。
取得により、文章におけるコミュニケーション力や論理的思考力などを高められます。

Web上に公開する記事は、不特定多数のユーザーにとって読みやすく、筋が通ったものでなければなりません。
論理的な考えられた文章を書ける能力を培うことで、ユーザーが「読みたい」と思える文章を書きやすくなります。

・Webライティング技能検定
「Webライティング技能検定」は、「日本クラウドソーシング検定協会」が主催する検定です。
検定の目的は、ライティングの基礎やビジネスマナーなどの習得です。

取得すると「ランサーズ」や「サグーワークス」などのサイトで合格者特典を受けられます。

・Webライティング能力検定1級
「Webライティング能力検定」は、「日本WEBライティング協会」主催の検定です。
1~3級まであり、日本語やWebライティング基礎・コピーとメールライティング・SEO・法律や倫理などについて学べます。

1級取得者は、協会から優先的に仕事を紹介してもらえます。

・SEO検定と認定SEOコンサルタント
「SEO検定」は、「全日本SEO協会」が主催する検定です。

取得により、「SEO(検索エンジン最適化)」に関する総合的なノウハウをマスターできます。
SEO検定は1~4級まであり、合格することに加えて課題提出と認定審査に合格することで、「SEOコンサルタント」になれます。

Googleなどの検索エンジンを通じた集客のために記事を書く場合、WebライターはSEOを意識した記事作りをしなければなりません。
SEOの知識とスキルを資格によってアピールすることで、案件獲得がより容易になると期待できます。

資格を取得してからWebライターデビューをしても良いですが、まずは働き始めて、同時並行的に資格を取るのもおすすめです。資格取得の過程でライティング技術を体系的に学ぶと、仕事も楽しくなります。

5.Webライターとしてのスキルや収入をアップする方法

Webライターとしてのスキルを上げると、収入もおのずと上がりやすくなります。
そこでここからは、スキルや収入アップにつながる以下の5つの方法をご紹介します。

  • SEOライティングのテクニックを学ぶ
  • 専門領域を持つ
  • ライティングに役立つツールを使う
  • 集中できる環境を作る
  • 上位サイトを参考にする

いずれの方法も、Webライターの始め方を知る上で大事な点です。
では早速、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

5-1.SEOライティングのテクニックを学ぶ

5-1.SEOライティングのテクニックを学ぶ

1つ目の方法は「SEOライティングのテクニックを学ぶこと」です。

「取得しておくと良い資格」の項でも強調したとおり、文章力を養い、SEOに関する知識を取り入れておくと執筆時に役立ちます。

とりわけSEOに精通することは重要です。
集客目的というよりもサイト内のコンテンツをシンプルに充実させるだけなら、特にSEOを意識したライティングは必要ないかもしれません。

しかし集客目的の場合、しかもそれが自然検索(ユーザーが特定の語句を検索にかけて検索結果から情報を探す検索)の場合、話は違います。

ユーザーにとって読みやすい文章を書くだけでなく、検索エンジンからしっかり認識される文章を書くことも意識しなければなりません。
具体的には以下のような要素に気を遣うべきです。

  • タイトルやディスクリプションの最適化
  • 見出しや本文における適切なキーワード使用
  • 重複コンテンツへの対策
  • 内部リンクを意識した構成案
  • altタグの最適化
  • 共起語を意識した文章
  • 「EAT(専門性・権威性・信頼性)」を踏まえた文章

SEOを学ぶことで、検索結果上位に表示されやすい記事コンテンツの特徴をつかめます。
書いた記事が上位表示されれば、ライター実績と評価が上がるでしょう。

なおSEOは奥が深いテーマで、文章の執筆からテクニカルな要素まで、さまざまな側面を持ちます。
文章作成に直接関係しない要素もありますが、全体的な知識を蓄積することで、文章作成に留まらないITスキルを伸ばせます。

知識が深まれば、いずれSEOに関するテーマを執筆したり、SEOに関連した周辺業務に守備範囲を広げたりすることもできるでしょう。

5-2.専門領域を持つ

5-2.専門領域を持つ

2つ目の方法は「専門領域を持つこと」です。

自分が精通している分野であれば、広く深い文章を書けます。
具体的なデータを数値で示したり、体験者でなければわからない詳細な点を含めたりできるでしょう。

誰かから伝え聞いた話や複数のサイトで「使いまわされる」情報には、さほど信頼性や希少性がありません。

しかし、その道のエキスパートが自身の知見や体験・観察から発信する一次情報は貴重です。
そのような情報はユーザーから感謝され、検索エンジンから評価されます。

ほかのサイトの運営者から参考にされ、被リンク(ほかのサイトから自サイトへ向けて張られるリンク)を獲得することにもつながりやすいです。
※被リンクはGoogleがサイトを評価する一要素です。

この点を例えで考えてみましょう。

ある人が断食ダイエットに挑戦しようと、やり方や注意点をいろいろなサイトで調べます。
ではもし医療従事者が監修するサイトと、断食ダイエットの体験者が書くブログ、そしていろいろなジャンルが混在しているサイトの3サイトがあるとしたら、どのサイトを見たいと思うでしょうか?

恐らく多くの方が医療従事者のサイトか、体験者による生の声がわかるブログを選ぶでしょう。
一方ジャンルが混在したサイトは専門的ではないため、あまり選ばれないはずです。

このように、専門領域を持つと有利な状況が生まれます。
もちろん医師や弁護士など第一人者になる必要はありませんが、いくつかのテーマに精通しておくと執筆の質は向上します。

5-3.ライティングに役立つツールを使う

5-3.ライティングに役立つツールを使う
3つ目の方法は「ライティングに役立つツールを使うこと」です。

ライティングそのものはWordなど文章ソフトを使って行うのが一般的ですが、文章の改善や校正・コピーチェックなどに使えるツールは数多くあります。
また記事のキーワード選定や構成案を作る際にも、ツールを使用するとスムーズです。

いくつか具体的なツールを挙げてみましょう。

【キーワードチェックツール】
Googleキーワードプランナー
Google Trends
ラッコキーワード
共起語検索
Ubersuggest

【コンテンツ作成支援系ツール】
ミエルカヒートマップ
見出し(hタグ)抽出(ラッコツールズ)
Yahoo!知恵袋
高評価

【文章校正・コピペチェック】
Enno
CopyContentDetector

ツールを使うと、ネットにある膨大な量の情報を効率的に整理できたり、文章の不備を一瞬で見つけたりできて便利です。

無料ツールは数多くあるので、いろいろ試してみるようおすすめします。
慣れてきたら、さらに便利な機能を持つ有料ツールを使うのも良いでしょう。

5-4.集中できる環境を作る

5-4.集中できる環境を作る
4つ目の方法は「集中できる環境を作ること」です。

騒音や生活音がうるさい環境だと気が散ってしまい、論理的な記事構成案が思いつかなかったり、文章の内容がまとまらなかったりします。

家の中であれば特に静かな場所で、外出先であれば話し声や交通騒音が聞こえない所で作業すると、はかどりやすいでしょう。
もしどうしても静かな環境が見つからないなら、耳栓をするなど実際的な工夫ができます。

テレビやネット動画を見ながら作業するのもNGです。
「ながら作業は得意」という人もいますが、実際はちっとも作業効率が良くありません。仕事のときは仕事、リラックスするときはリラックスと、メリハリをつけましょう。

また環境とは異なりますが、集中力を高める上で可能なら導入したいのが「セカンドモニター」です。

モニターが2台あると、1台のモニターで文章を書き、別のモニターでブラウザを開いて情報を調べることができます。
いちいち画面を切り替えなくて良いため、集中力が増します。

中古モニターなら3千円前後で手に入ることもあります。
効率がグンと上がるため、ぜひ試してみてください。

5-5.上位サイトを参考にする

5-5.上位サイトを参考にする
5つ目の方法は「上位サイトを参考にすること」です。

各記事は通常、1つのキーワードに基づいて執筆されます。
そのキーワードを検索にかけてみて、どのような記事コンテンツが上位表示されるかチェックしてみてください。

上位サイトは検索エンジンから高評価を受けているサイトです。
そのため記事の構成や文章の質を観察すると、必ず倣える点が見つかります。

そのままコピーするのはNGですが、どのような話題を入れるとユーザーに満足してもらえそうかアイデアを参考にしてください。
少し複雑なテーマについて書く場合は、用語や何かの仕組みについてどのようにわかりやすく説明しているかをチェックします。

上位サイトは競合サイトですが、倣えることは素直に倣うのが賢明です。

6.Webライターの始め方を教えてくれるメディア5選

Webライターの始め方を学ぶうえで役立つメディアはたくさんあります。
動画や書籍・サイトなどをいろいろな知識が身につくと、執筆をスムーズに始めやすいです。

おすすめのメディアを5つご紹介します。

  • Google 検索セントラル
  • 伝わるシンプル文章術
  • 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—
  • マナブ(YouTubeチャンネル)
  • 記事作成代行Pro公式サイト

それぞれのメディアについて見ていきましょう。

6-1.Google 検索セントラル

Google検索セントラルのTOP画像

参照:「Google検索セントラル

Google 検索セントラル」は、検索エンジントップシェアをほこるGoogleの公式サイトです。
※国内におけるGoogleの実質シェアは実質9割ほどであり、「SEO=Google対策」といっても過言ではありません。

こちらのサイトでは、初心者から上級者向けのSEOノウハウが数多く紹介されています。
例えば以下のような点を学べます。

  • Google検索の仕組み
  • 検索サービス関連の用語の意味(「インデックス」「クローラー」など)
  • 有意義なタイトルや見出しの付け方
  • コンテンツで扱うべき内容
  • 適切なaltタグの設定方法

ライティング作業に関する情報を含め、SEOの始め方について正確に学べます。

SEOに関する情報はネット上に溢れていますが、検索エンジンの王様ともいえるGoogleの公式サイトで学ぶなら、間違った知識を入れてしまうことはありません。

専門的な用語もいろいろ出てくるため、一度にすべてを理解することはできないでしょう。

しかし比較的理解が簡単なページも少なくありません。
「SEO=ライティング技術」ではありませんが、先述のとおりSEOへの理解は集客目的のWebライティングに役立つため、ぜひチャレンジしてください。

6-2.伝わるシンプル文章術

6-2.伝わるシンプル文章術

参照:「伝わるシンプル文章術(楽天ブックス)

伝わるシンプル文章術」は、国語辞典編纂者の「飯間浩明」氏が著した書籍です。

こちらの書籍は、考えを文章でわかりやすく伝える方法(「クイズ文」の型の習得)にフォーカスしています。
※「クイズ文」とは「問題」「結論」「理由」の備わった論理的な文章のこと。

論理的な文章を書くパターンを身につけることで、理解される記事を効率的に書くことが可能です。

国語辞典編纂者の著作だけあり、書籍自体が読みやすく書かれています。
図表も使われており、書籍を読むのが苦手な方にも安心です。

「いいたいことをスラスラ書けるようになりたい」という方におすすめの書籍です。

6-3.沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

6-3.沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

参照:「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—(Amazon)

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」は、SEOに強いライティングのイロハを学べる書籍です。

こちらの書籍の特徴は、マンガテイストでSEOライティングについて解説してくれることです。
SEOについて解説する登場人物と、それを学ぶ側の登場人物とが設定されており、あたかもマンガを読むようにして学習を進められます。

「どんな文章がユーザーの心に響くか」をしっかり解説し、より良い言葉の使い方や選び方を習得できます。

ストーリー形式で書かれているため、記憶の定着が促されます。
「活字が多い本は苦手」という方でもSEOやライティングの始め方を楽しく学べますよ。

6-4.マナブ(YouTubeチャンネル)

6-4.マナブ(YouTubeチャンネル)

参照:「マナブ(YouTubeチャンネル)

マナブ」は、SEOやアフィリエイトなどについて解説するYouTubeチャンネルです。

チャンネル主の「マナブ」さんは、ブログにて月収500万円ほどを稼ぎだす強者で、SEOの始め方やアフィリエイト・ランディングページの極意など、さまざまな情報を発信しています。

ライティングとは関係ない動画もありますが、文章で人を動かす方法やセールスライティングなど、執筆に役立つ情報も多いです。
以下はライティングに役立つ動画の一例です。

SEO対策の動画講義【SEO歴6年のノウハウを完全公開】
セールスライティングの完全ガイド
【保存版】わかりやすい文章の書き方講座【SNSを伸ばす為の文章術】
【結論】文章力を高める方法【ポイントは2つ/向き不向きはない】

動画で解説を聞くことで、書籍とは異なる雰囲気で文章力を養えます。
聞き流しながらSEOやライティングについて知りたい方におすすめです。

6-5.記事作成代行Pro公式サイト

「記事作成代行Pro」TOP
記事作成代行Pro公式サイト」は、弊社「BRIDGEA(ブリジア)」が運営するサイトです。

こちらのサイトには、Webライティングの始め方をはじめ、役立つコラム記事がたくさん掲載されています。
以下はその一例です。

SEOライティングとは?読まれる文章を書く15のコツをご紹介
【SEOに強い】文章の書き方!9つの重要ポイント紹介
SEOライターとは?6つのメリットと執筆のコツをご紹介

サイト内には多くのコラム記事があり、扱われているのは主にSEOを軸にしたテーマです。
各記事は以下の6つのカテゴリーに分かれていますが、ライティングについて学びたい方は2番目の「SEOライティング技術」から読んでみるようおすすめします。

  • SEOチェックツール
  • SEOライティング技術
  • SEO対策の基礎知識
  • SEO対策費用
  • 内部SEO対策
  • 外部SEO対策

SEOに強い弊社の記事作成代行サービスが手がけるコラム記事ですので、役立つ情報をたくさん発見できます。
コラム記事の一覧は以下のページよりご覧いただけます。

参照:コラム記事ページ

7.「記事作成代行Pro」でWebライターデビューしませんか!?

7.「記事作成代行Pro」でWebライターデビューしませんか!?
Webライターになること自体は難しくありませんが、ユーザーの心に響く記事を書くためには訓練が必要です。
始め方を知らない状態からWebライティングがうまくできる方は、ふつういません。

「Webライターでスキマ時間に働きたいけど、まだ始め方がわからない」
「最初から案件交渉をするのはこわいので、仕事を自動的に振ってほしい」
「いずれ自分で案件の交渉ができるようになりたい」
「クライアントから高単価案件の直接依頼が来るようなWebライターになりたい」

このような目標や悩みを持っている方、弊社「BRIDGEA(ブリジア)」でWebライターデビューしませんか?
弊社では随時Webライターを募集しております。

パソコンとネット環境さえ揃えていただければ、初心者の方でもWebライターとしてデビュー可能です。
弊社でWebライターになると、以下のメリットがあります。

  • 自由な時間で働ける
  • 地方でも海外でも好きな場所で働ける
  • 待機児童問題にお悩みの方が子育てと仕事を両立しやすい
  • 未経験や無資格でも働ける
  • ライティングの始め方を指導してもらえる

1日数時間からご自由に働いていただけます。
ちょっとしたスキマ時間に働くのも良し、お小遣い稼ぎ程度に執筆するのも良し、Webライターとして生計を立てるのも良しです。
文章を書くのが好きな方はもちろん、文章力を伸ばしたい方にもおすすめです。

気になる収入についてですが、働ける時間や案件により多少差はあるものの、おおまかには以下の報酬例が参考になります。

ブリジアの報酬例
執筆に慣れるとこなせる案件量が多くなるほか、執筆そのものを楽しめるようになります。

Webライターは以下のフォームより応募していただけます。

参照:在宅Webライター募集ページ

最初はみなビギナーです。
問い合わせてからいきなり案件を任されることはなく、始め方をしっかりレクチャーしますのでご安心ください。

どうぞお気軽にご応募ください。

8.まとめ

「Webライター」とは、「Web上で公開される記事コンテンツを書く人」です。

Webライターになるのに資格や特別な知識は必要なく、時間や場所を選ばずに仕事ができます。
昨今のテレワークが普及している時世において注目度の高い仕事であり、今後Webライターを目指す方も少なくないと思われます。

本業としても副業としても役立つほか、学生であっても気軽に始めることが可能です。

安定した収入を得るためには知識や慣れ・スキルが求められますが、ビギナーでも始めやすいのがWebライターの良いところです。

文章力が伸びると、仕事面だけでなく日常生活にも便利です。
スキマ時間を活用したい方も、新しい仕事を探している方も、一歩踏み出してWebライターデビューしてみませんか?

関連記事

  1. Webライティングの初心者が覚えておきたい5つの基礎知識

  2. Webライティングの練習とは?文章力がUPする練習法

  3. Webライティングで読みやすい文章の書き方

  4. 副業でWebライティング(ライター)を始めてみよう!必要なものや知識と…

  5. Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

    Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

  6. Webライティングの仕事とは?働き方や気になる収入をご紹介