副業にも最適!Webライティングの魅力と仕事のポイントを伝授

副業にも最適!Webライティングの魅力と仕事のポイントを伝授

「副業で何万円か稼いで趣味に使えるお金を増やしたい!」
「本業だけだと生活がギリギリなので、在宅でできる副業を探している」

このような方は、PC1台とインターネット環境さえあれば始められる「Webライティング」を副業にしてはいかがでしょうか?

この記事では、Webライティング初心者の方向けに以下のポイントを解説します。

  • Webライティングが副業に最適な理由
  • 副業Webライティングの収入
  • 求められるスキルや注意点

副業Webライティングに関心がある方は、ぜひこの記事から仕事の全体像をつかんでください。

1.Webライティングが副業に最適な理由

1.Webライティングが副業に最適な理由
Webライティングが副業に最適といえる理由として、以下の点が挙げられます。

  • 自宅で仕事できる
  • 都合に合わせて仕事時間を決められる
  • PCとインターネット環境があれば始められる
  • スキマ時間を活用しやすい

それぞれのメリットを見ていきましょう。

1-1.自宅で仕事できる

Webライティングのよいところは、自宅やほかの好きな場所で仕事できることです。

インターネットとPCがあれば作業できるため、場所を問わず働けます。
Webライターの中には、海外在住社や旅行先で執筆している人もいます。

好きな場所でリモートワークできるので、本業から退勤後すぐに仕事を始められますし、通勤のストレスがない、リラックスして仕事できるなどのメリットもあるでしょう。

1-2.都合に合わせて仕事時間を決められる

Webライティングの別のメリットは、自分の都合のよい時間に働けることです。

フリーランスで働く場合、どれくらい案件を受注するか、どのようなスケジュールで働くかは、Webライター自身で決められます。

例えば、「平日は3時間だけで土日は5時間ずつ」など、フレキシブルな時間設定が可能です。

労働時間が固定されるバイトの場合、本業と時間帯が被ることが少なくありません。

Webライティングのように自由度が高いと、本業との折り合いをつけやすいでしょう。

1-3.PCとインターネット環境があれば始められる

前述のとおり、Webライティングの仕事に必要なものはPCとインターネットのみです。

多くの方は自宅に固定回線を引いているか、モバイル回線を契約しているでしょう。
PCを持っている方も少なくないはずです。

そのため多くの方は、新しく何かを揃えることなくWebライティングを始められるでしょう。
このハードルの低さも、Webライティングが副業に向いているといえる理由です。

1-4.スキマ時間を活用しやすい

Webライティングが副業に適しているといえる別の理由は、スキマ時間を活用しやすいことです。

Webライティングの仕事は、以下の作業に分けられます。

  • リサーチ
  • 構成案の作成
  • 執筆

作業時間の多くはリサーチや構成案の作成に費やされますが、このうち特にリサーチはスキマ時間で行いやすい作業です。

通勤時間やお昼休みなどのスキマ時間に、スマホで記事テーマの関連情報を調べられます。
そのテーマについて取り上げたサイトや動画をチェックすることで、記事に書く内容をイメージできるでしょう。

少し大きめのタブレットやモバイルキーボードなどを揃えれば、構成案の作成や執筆もスキマ時間にこなせるかもしれません。

このような働き方は、特定の場所に行かないといけない仕事では不可能です。

2.Webライティングの副業でどのくらい稼げるの?

Webライティングを副業で行う場合、どれくらいの報酬を得られるでしょうか?

イメージを鮮明にするために、収入モデルのシミュレーションをしてみましょう。

2-1.収入イメージをシミュレーション

2-1.収入イメージをシミュレーション
副業でWebライティングを始めたい方の中には、平日土日問わず働きたい方もいれば、週末だけ働きたい方もいるでしょう。
そこで以下の2パターンに分けてシミュレーションを行います。

  • 平日も土日も働くケース
  • 土日だけ働くケース

2-1-1.平日も土日も働くケース

最初に、平日も土日も働くケースです。
以下の条件で働く場合の報酬を計算していきましょう。

  • 作業時間:週合計18時間(平日2時間&土日各4時間)
  • 作業スピード:3時間で1記事作成可能
  • 記事単価:4,000円(文字単価1円×4,000文字)

この場合、毎週6記事作成できるペースなので、4週間で24記事書けます。
そうするとひと月あたりの報酬額は、24記事×4,000円=96,000円です。

2-1-2.土日だけ働くケース

続いて土日だけ働くパターンを見ていきましょう。
作業条件は以下のとおりです。

  • 作業時間:週合計12時間(土日6時間)
  • 作業スピード:3時間で1記事作成可能
  • 記事単価:4,000円(文字単価1円×4,000文字)

このケースでは、毎週4記事、4週間で16記事作成できます。
そのため月あたりの報酬額は、16記事×4,000円=64,000円です。

2-2.副業Webライティングの収入を左右する要素

副業でWebライティングを行う場合、収入を大きく左右する要素は、以下の3つです。

  • 稼働時間
  • 報酬単価
  • 執筆スピード

それぞれの要素について解説します。

2-2-1.稼働時間

2-2-1.稼働時間
仕事に費やせる時間は、執筆できる記事の多さに直結します。
多くの時間作業できれば、その分多くの記事を書けるため、収入は比例して増えます。

Webライティングが副業であれば、どうしても一日の大半は本業に充てなければなりません。
本業をこなしながらどれだけの時間をWebライティングに確保できるかがカギです。

少しでも多くの作業時間を確保するには、以下のような工夫が求められます。

  • 本業の効率を上げ早く終わらせるる
  • 通勤時間などのスキマ時間を活用する

2-2-2.報酬単価

2-2-2.報酬単価
報酬単価も収入を大きく左右します。
文字単価や記事単価が高ければ、当然1記事あたりの報酬は増えます。

先ほどのシミュレーションでは記事単価を4,000円にしましたが、仮に1.5倍の6,000円に設定したら、報酬も1.5倍です。

報酬単価は、案件によってかなり変動します。
1文字0.5円ほどの低単価案件もあれば、5円を超える高額案件もあります。

収入を増やしたい方は、できるだけ単価のよい案件を狙うとよいでしょう。

ただし、一般的に報酬単価の高い案件は、難しいテーマの記事である可能性が高いでしょう。
また条件のよい案件には多くのWebライターが応募するため競争率も高くなります。
そのため初心者は、なかなか高単価案件を獲得しにくいでしょう。

しかしWebライティングの勉強に励み、安い案件も着実にこなして執筆件数を蓄積していけば、いずれ高単価案件も獲得できる実力につながります。

2-2-3.執筆スピード

2-2-3.執筆スピード
執筆スピード(リサーチや構成案作成も含む)も大切な要素です。

1記事を仕上げるスピードが早ければ早いほど、作業時間内にこなせる案件数が多くなるからです。

先ほどのシミュレーションでは、3時間で1記事仕上げられる前提で計算しました。
では仮に、2時間で1記事仕上げられる場合はどうなるでしょうか?

こなせる記事数が1.5倍増えるため、収入も1.5倍になります。

単価や作業時間を増やす努力も大切ですが、執筆を効率的に行う訓練も大事です。
作業効率をよくするには、以下のような工夫ができます。

  • 文章のフレームワーク(PREP法やSDS法など)を学ぶ
  • Webライティング役立つツールを使いこなす
  • 「ポモドーロテクニック」など集中力を養う
  • サブモニターを導入して作業面積を増やす

3.副業でWebライティングを始める方法

3.副業でWebライティングを始める方法
副業でWebライティングを始めるには、以下の3ステップを踏みましょう。

  1. 必要な環境を整える(PCやインターネット・作業場所・スケジュールなどを整える)
  2. 必要なスキルを身につける(Webライティングの基礎を学ぶ・ツールの使い方を学ぶ)
  3. プラットフォームを選び仕事を始める(クラウドソーシングや記事作成代行会社など、仕事を受注する場を決める)

Webライティングの副業を始める方法について、以下の記事もご参照ください。

参照:たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

4.副業Webライティングで求められるスキル

4.副業Webライティングで求められるスキル
Webライティングを始めること自体は簡単です。
しかし安定した収入を得るには、Webライティングのスキルを伸ばす必要があります。

実績も実力もないWebライターは、どれだけ案件に応募しても、なかなか受注にこぎつけられない恐れがあります。
仮に受注できたとしても低単価の案件をずっと担当することになったり、それなりの単価の案件を受けられてもクライアントからすぐに切られてしまったりするかもしれません。

そのため継続的にスキルを伸ばす努力が大切です。

では具体的にどのようなスキルを伸ばすべきでしょうか。
大切な点をいくつかご紹介します。

4-1.WebライティングやSEOのノウハウ

WebライティングやSEOのノウハウは絶対に学んでおきましょう。
具体的には以下のようなポイントを学習してください。

  • リサーチ方法
  • 論理的な構成案の作り方
  • 説得力のある文章を書く方法
  • キャッチーなタイトルや見出しのつけ方
  • 文章のフレームワーク
  • Google検索の仕組み

これらは学ぶべきポイントの一部に過ぎません。

Webライティングのノウハウやテクニックについて解説した書籍やサイト・動画はたくさん存在します。
仕事を受注する前に、基本だけでも学んでおくようにしましょう。

その後、仕事をしながらも継続的に学習を続けてください。

4-2.営業力や積極性

営業力や積極性も、培うべきスキルです。

営業力については、クラウドソーシングの場合特に当てはまります。
クラウドソーシングでは案件に自分で応募しないといけません。

しかし競合のWebライターはたくさんいるため、営業力がないとなかなか案件獲得は難しいでしょう。
少しでも多く案件をこなして実績を高めるために、以下のような工夫をしましょう。

  • 知見のあるジャンルや自己PRをプロフィールに記載する
  • 複数の案件にどんどん応募する
  • 応募時に書く提案文で、クライアントの意向に沿った記事を書けることをアピールする

最初は、低単価であっても多くの案件を着実にこなしていきましょう。
クオリティーの高い仕事を誠実にこなしていけば、クライアントからの高評価が積み上がり周りからの信頼を得やすくなります。

積極性も大事です。
執筆したことがない新しいジャンルの記事や、少し難しそうなジャンルの記事にも挑戦するなら、Webライターとしての知見は増え、執筆力も養われていきます。

高単価案件を獲得するには、常に向上心をもって仕事に臨みましょう。

4-3.スケジュール管理力

スケジュール管理力も非常に重要です。

先述のとおり、副業でWebライティングを行う場合、収入は稼働時間に左右されます。

時間管理がきちんとできないと作業時間を確保できず、こなせる案件数は減ってしまうでしょう。
単価がよく執筆スピードが早くても、作業時間が短ければ収入は頭打ちになります。

スケジュールに沿って作業をするために、以下のようなポイントを意識しましょう。

  • タスクに優先順位をつける
  • タスクの所要時間を書き出す
  • 今できることは後回しにしない
  • プライベートや休憩時間も取り分けてストレスをためない

5.副業でWebライティングを行う場合の注意点

ここからは、副業でWebライティングを行う場合の注意点として、以下の2点を解説します。

  • 本業とのバランスを考える
  • 最初から順風満帆を期待しない

無理なく副業を続けるために、これら2点をしっかり意識しましょう。

5-1.本業とのバランスを考える

5-1.本業とのバランスを考える
1つ目の注意点は「本業とのバランスを取ること」です。

本業に支障が出るほど働くと、後々問題になります。

例えば夜遅くまでWebライティングをした結果、寝不足になり、本業で事故を起こしてしまうかもしれません。
あるいは休息が十分に取れず健康を害する恐れもあります。

仮に会社が副業OKだとしても(公務員は営利目的では副業できない)、本業に著しく悪影響が及ぶようなら周りに迷惑をかけてしまいます。

また就業規則で副業が明確に禁止されている場合、副業がバレると面倒なことになるかもしれません。
法律的に罰則はないですが、会社から懲戒処分を受ける可能性があり、場合によっては懲戒解雇もありえます。

しっかり休息を取り、本業も副業もベストな状態で行えるようにしましょう。

5-2.最初から順風満帆を期待しない

2つ目の注意点は「最初から順風満帆にいくとは思わないこと」です。

始める前はWebライティングの仕事が簡単そうに思える場合もあるでしょう。

「Webライティングを始めて2ヵ月で月収30万円!」

このようなフレーズをネット上で見ることがあるかもしれませんが、現実はそう甘くありません。
最初のうちは月に1〜2万円しか稼げないことも珍しくありません。

Webライティングで成功するにはスキルが求められます。
「努力なしに収入は上がらない」と肝に銘じ、Webライティングスキルのアップに励みましょう。

6.スムーズに副業が始められる!Webライティングを学んで働ける「株式会社BRIDGEA」

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「Webライティング未経験だけど副業にしたい!」と思っているあなた。
弊社「株式会社BRIDGEA」で、Webライターデビューしてみませんか?

株式会社BRIDGEA」は、さまざまなクライアントから記事作成を請け負う記事作成代行会社です。

在籍されるWebライターのみなさまには、弊社から仕事をアサインいたします。
そのためクラウドソーシングのように、自分で案件を獲得する手間なく仕事を始められます。

しかも弊社は単に仕事をアサインするだけではありません。
プロのスタッフが、WebライティングやSEOの役立つ知識を丁寧に伝授いたします。
そのため未経験の方であっても、準備してから仕事にとりかかることが可能です。

働く時間をフレキシブルに決めたい方、ぜひ一度弊社の公式サイトより詳細をご覧になり、お気軽にお問い合わせください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

7.まとめ

Webライティングは副業に最適な仕事の一つです。

働く場所を問わず、作業時間もフレキシブルに決められます。
「稼働時間」「報酬単価」「執筆スピード」の改善を意識し、Webライティングのスキルを上げれば、収入は着実にアップします。

本業とのバランスを取りつつ、副業でWebライティングを行うメリットをぜひ味わってみてください。

関連記事

  1. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?

  2. Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

    Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

  3. Webライターに適性はある?向いている人の特徴6つをご紹介!

  4. Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

    Webライティングの文字単価を確実に上げる6ステップを公開!

  5. リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?

    リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?…

  6. Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説

    Webライティングの研修・講座のおすすめ10選!選び方も解説