Webライターとは?仕事内容と持っておきたい5つのスキルを解説

Webライターとは?仕事内容と持っておきたい5つのスキルを解説

Webライターとは、Web上の文章を作成する者のことを指します。

自由な働き方を求める人が増えている今、時間と場所にとらわれず働くことも可能なWebライターの仕事に興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、これからWebライターとして働きたいと考えている方が知っておきたい情報を、以下のポイントに絞って解説していきます。

  • Webライターの仕事内容
  • 注目されている理由
  • 必要な資格やスキルと身につけ方
  • ライターとして働く方法

多くの専属Webライターが在籍し、記事制作に関して多数の実績を持つBRIDGEAが解説するので、ぜひ参考にしてください。

1.Webライターとは?

Webライターとは、Web上にある記事を作成する者のことを指します。

インターネットやスマホの普及とともに、私たちの情報源は紙媒体からインターネット上の記事へと変化してきました。
検索すれば簡単に情報が手に入る現代。
求められている情報を正しく、わかりやすく、的確に文章にして伝えるWebライターの需要は、年々増え続けています。

1-1.仕事内容

Webライターの仕事は、シンプルに言えば「パソコンを使ってWeb上の文章を書くこと」です。
Web上で検索されるキーワードに対して、求められている内容をわかりやすく正確に、かつ魅力的に伝える記事を作成することが求められます。

Webライターと一口に言っても、執筆する記事はさまざま。
ニュースやブログ、ECサイト、企業広告など、Web上のあらゆるジャンルの記事の作成にWebライターが関わっています。

パソコンがあれば、時間や場所を選ばず作業できるWebライティング。
リモートワークや副業など、働き方の変化により仕事の仕方のバリエーションが増えた今、自由な働き方を求める人々から注目されています。

1-2.Webライターとして働くメリット

Webライターとして働くメリットとして、以下のことが挙げられます。

  • 在宅で仕事を受けられる
  • 自由な働き方ができる
  • 特別な資格なく未経験から始められる

Webライターの仕事は、ひとりパソコンに向かっての作業が基本です。
ミーティングがある場合も、Zoomなどのオンラインツールで行われることがほとんど。
記事の納期はあるものの、出社時間などの縛りがなく、時間と場所にとらわれない自由な働き方ができます。

また、特別な資格なく未経験でも始められることから、副業としての人気も高まっています。

1-3.未経験・初心者でもWebライターで稼げる?

未経験・初心者でも、Webライターとして稼げる案件は多数あります。
メリットの項目でも挙げたように、Webライターとして働くのに特別な資格は必要なく、始める際のハードルが低いことも魅力の一つです。

ただWebライターとして生計を立てていくためには、求められている記事が書けるライティングスキルを磨く必要があります。
資格がいらないことに甘んじてスキルアップを怠ると、いつまでも初心者の収入のまま。
Webライターとしての収入アップを目指す方は、必要なスキルを身につけることが不可欠です。

2.Webライターに必要な5つのライティングスキルとは?

特別な資格がいらないことから、未経験でも始めやすいWebライティング。
しかし、Webライターとしての仕事を充実させていくためには、以下の5つのライティングスキルを身につけることが重要です。

  • 最低限のPCスキル
  • 情報収集能力
  • SEOに関する知識
  • 修正依頼への対応力
  • 人の心に刺さる文章作成

必要とされるWebライターになるためのこれらのスキルに関して、詳しく解説していきます。

2-1.最低限のPCスキル

Webライティングの仕事を受ける際、最低限のPCスキルは身につけておくべきです。
依頼主によって異なりますが、記事の執筆には「Word」「Googleドキュメント」など、フォーマットの指定がある場合がほとんど。
ブログ記事作成の場合には、「WordPress」への直接入稿を求められることもあります。

また多くのライターを抱えるクライアントの場合、記事管理のため「Excel」「Google スプレッドシート」への入力が必要なことも。

パソコンを使う仕事が初めてという人にとっては、基本的なツールでも使いこなすのは難しいものです。
はじめは慣れないと思いますが、このようなツールの使い方を詳しく解説した記事がWeb上にはたくさんあります。
調べて身につけながら、いずれはショートカットキーやブラインドタッチなど、作業効率を上げるスキルも身につけていけるとよいでしょう。

2-2.情報収集能力

Webライティングでは、自分の知識にはないキーワードでの執筆を求められることが多々あります。
そんなとき必要なのが、ネットや書籍を使って記事に必要なことを調べる情報収集能力です。

多くの情報の中から、指定されたキーワードで記事を書くのに必要な情報を取捨選択していきます。
その際、情報源に信頼性があるもの、求められている内容に沿うものであることが大切です。

専門的知識を活かして書ける案件を探すというのも一つの手ですが、自分の専門分野のみでWebライターをし続けることはなかなか難しいです。
幅広い分野の記事に対応できる力は、Webライターとしての成長につながります。
情報収集を積極的に行い、わかりやすく整理して記事にできるスキルは、ぜひとも身につけておきたいものです。

2-3.SEOに関する知識

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を取ったもの。
「検索エンジン最適化」と訳され、Webページを検索結果上位に表示させるライティング手法を指します。

普段あなたはWeb上の検索機能を使うとき、検索結果のうち、どれくらいのページを開くでしょうか?
おそらく1ページ、多くて2ページ目までで十分な情報を得られるでしょう。
それもそのはず、検索結果の上位に表示されている記事は、検索エンジンにより有益なWebサイトであると判断されたものだからです。

SEOに関する知識とは、このように検索エンジンに優良サイト(記事)であると評価される記事を書くために必要なスキルのこと。
BRIDGEAではSEO対策に最も力を注ぎ、検索エンジンに正しく評価されるための“質”と“量”のバランスの取れた記事を専属ライターが執筆しています。

2-4.修正依頼への対応力

Webライターとして、修正依頼なく完璧な記事を執筆できるようになることは目標の一つ。
ただ、はじめから手直しのまったく必要ない記事が書けることはほぼありません。
大切なのは、修正依頼に対してきちんと対応できるかどうかです。

  • 修正依頼に素早く対応する
  • 指摘された内容を把握して文章に反映させる
  • 修正依頼を受けた点を次の記事に活かす

自分の執筆した内容のどこがいけなかったのかを把握し、それを踏まえて修正、次回同じ修正依頼が来ないよう努める必要があります。
同じ失敗を繰り返さないようにすることが、スキルアップへの近道です。
修正依頼が多いからと落ち込まず、自分の力を育てるために根気強く対応していきましょう。

2-5.人の心に刺さる文章作成

検索エンジンに優良サイトであると評価されるために必要な条件の一つ、それは「人の心に刺さる文章で訪問者に優しいサイトになっているか」ということです。
自分が知りたいキーワードを検索し、サイトにやってくる訪問者を惹きつけるには、記事を最初から最後まで読みたいと思えるような魅力がなければいけません。

  • 適切な文章量・文字サイズ・装飾で見やすく読みやすい
  • 日本語として正しく、自然な言葉づかいで書かれている
  • その記事を読むだけで悩みが解決する

これらは訪問者にとって魅力的なサイトであり、検索エンジンからの評価も高い記事の条件。
つまり、人の心に刺さる魅力的な文章を作成できることが、SEO対策をクリアするスキルとなるのです。

3.Webライターとしてのスキルを磨く方法とは?

Webライターに必要な5つのライティングスキルがわかったところで、次にスキルの磨き方について見ていきたいと思います。
ライティングを学べるスクールやオンラインサロンもありますが、ここで解説するのは自分でできる方法4つ。

  • SEOの知識などについてネットや書籍で勉強する
  • 上位表示されている記事を読む
  • 記事執筆・修正対応の経験を積み重ねる
  • ブログやSNSでの発信

未経験でも今すぐ始められる方法ですので、ぜひWebライティングの勉強に取り入れてみましょう。

3-1.SEOの知識などについてネットや書籍で勉強する

SEOの知識やWebライティング関連の情報は、ネットや書籍で多数公開されています。
SEOについて何もわからないという初心者のための記事や、漫画で優しく説明された書籍など、自分の知識や理解度に合わせて選ぶことが可能です。

また音声とあわせて勉強した方が頭に入りやすいという方には、動画配信サイトで学ぶ方法も。
実際にWebライターとして活躍されている方が、長年積み重ねてきた自身の経験を惜しみなく配信されています。

未経験・初心者が自分でSEOを一から学ぶ入り口として、利用しやすいネットや書籍はおすすめです。
ただしSEO対策は検索エンジンの方針転換によって変わっていくため、なるべく新しい情報を取り入れるようにしましょう。

3-2.上位表示されている記事を読む

上位表示を目指すなら、まず現在上位表示されている記事を読みましょう。

  • キーワードがどのように記事内に埋め込まれているか?テキスト
  • 読みやすさの工夫は?
  • 信頼できるポイントは?

など、その記事がなぜ評価されているのかを考えながら読み進めてください。

検索エンジンに評価されている記事を読み、ネットや書籍で学んだ知識と照らし合わせれば、より自分のライティングに落とし込みやすくなります。

3-3.記事執筆・修正対応の経験を積み重ねる

何事も経験が重要。
Webライティングも例外ではありません。
さまざまなキーワードでの執筆を重ねることは、情報収集能力の向上やライティング速度アップにつながります。
パソコンスキルに不安がある方も、数をこなすことで自然と使えるツールが増えていくでしょう。

修正対応は、自分に足りないものを可視化できる貴重な経験です。
修正内容を理解してインプット、次の記事で前回の修正点を意識しながらアウトプットすることで、ライティングスキルが磨かれていきます。

経験を重ねるごとに学びがある、そう思って、根気強くWebライティングと向き合っていくことが大切です。

3-4.ブログやSNSでの発信

とにかくWeb上の文章を書くことに慣れたいという方には、ブログやSNSでの発信がおすすめです。

Webライターの中には、自分のブログの運営やSNSでの発信に力を入れている方が多くいます。
目的はブログでの収益やWebライターとしての仕事の獲得などそれぞれですが、パソコンで文章を書くことを習慣化する方法として、初心者も簡単に真似できるよい方法です。

ブログやSNSでもSEOを意識した発信を心がければ、Webライターとしてのスキルアップにも役立ちます。
他のWebライターの発信から、Webライティングの知識を学べるよい機会にもなるでしょう。

4.Webライターとして働く方法とは?

Webライターとして働く方法は主に2つ。

  • 企業のライティング担当として働く
  • フリーランスのライターとして働く

副業として注目されているWebライター。
ここで働き方について整理しておきましょう。

4-1.企業のライティング担当として働く

Webライターとしての働き方の一つとして、企業のライティング担当になるという方法があります。
企業の正社員として就職、または派遣や契約社員として入社し、そこで広告やホームページ内の文章作成などを担当。
業務は当然Webライティングだけでなく、自分が所属する部署の他の業務にも携わることになります。

ライティングが専門というより、自分の業務にライティングも含まれているという表現が正しいかも知れません。
フリーランスという概念がなかった以前までは、Webライティングもこのように企業内の一部の社員により行われていました。

4-2.フリーランスのライターとして働く

「フリーランス」「副業」という働き方が浸透した現在、フリーランスのWebライターは一般的になりました。
フリーランスのWebライターとして働くには、以下の2つの方法があります。

  • Webライティング受注会社にライター登録する
  • クラウドソーシングサイトで案件を探す

時間や場所にとらわれず自由に働きたい方、副業としてWebライティングを始めたい方はこちらを参考にしてください。

4-2-1.Webライティング受注会社にライター登録する

フリーランスのWebライターとして働く1つ目の方法は、Webライティング受注会社に登録すること。
各会社のホームページから応募し、テストライティングや面接を経て採用されれば、晴れて専属ライターとしての仕事をスタートさせることができます。

Webライティング受注会社では、企業からのライティング案件を受け、登録したライターによって記事を作成。
専門的知識を持つライター、SEOに特化した記事が書けるライターなど、それぞれ特色のあるライターが在籍し、企業側は自分たちが求める記事の作成に特化した会社を選んで仕事を依頼できます。

BRIDGEAには、検索1位の獲得経験のあるSEOに特化した専属ライターが多数在籍。
在宅ワークなど、自由な働き方を求めるWebライターへの技術指導にも力を入れており、Webライターとしての活躍を夢見るフリーランスを応援しています。

4-2-2.クラウドソーシングサイトで案件を探す

2つ目は、クラウドソーシングサイトを利用する方法。
クラウドソーシングサイトとは、案件を提示する依頼主と、案件を受けたい受注者が集まる場所のことです。
Webライターになりたいと思えば、経験者・未経験者に関わらず誰でも登録することができます。

Webライターがよく利用しているサイトとしては、以下のものが挙げられます。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス
  • ココナラ

未経験者・初心者OKの案件からプロレベルを求めるものまで、さまざまな案件の中から自分で選び応募することができます。
これからWebライティングを始めようとする人にとって取り組みやすい案件も多くありますが、依頼主によっては指示がわかりづらかったり、質問がしづらいと感じる場合も。
依頼側のプロフィールや評価、身元がきちんと明かされているかを確認して、応募・契約をするようにしましょう。

5.まとめ

Web上のさまざまな記事の作成に携わるWebライター。
特別な資格なく未経験からのスタートが可能ですが、SEOの知識や執筆経験を重ねていくことで、より求められるWebライターへと成長することができます。

未経験からWebライターを目指す方、Webライティングに興味がある方は、5つのライティングスキルを身につけることを意識しながら、Webライターとしての道をスタートしてください。

BRIDGEAでは、自由な働き方を求めるWebライターを募集中。
初心者でも安心の技術指導で、企業から信頼されるライターの育成に力を入れています。
ご興味のある方はぜひ、BRIDGEAホームページ「お問い合わせフォーム 」に必要事項を記入のうえご応募ください。

関連記事

  1. Webライティングの初心者が覚えておきたい5つの基礎知識

  2. 副業でWebライティング(ライター)を始めてみよう!必要なものや知識と…

  3. クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金っていくら?

  4. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?

  5. Webライティングで読みやすい文章の書き方

  6. Webライティングはバイトでもできる!方法や収入は?