Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

Webライティングの仕事内容とは?始め方や収入相場も解説

最近、副業や在宅ワークで人気の「Webライティング」。
稼ぎを増やしたい方や、リモートワークを始めたい方など、Webライティングの仕事に興味のある方は多いのではないでしょうか?

この記事では、Webライティングの仕事にフォーカスして、以下の点を解説します。

  • Webライティングの仕事内容
  • 収入事情
  • Webライティングに向いている人
  • 必要な環境と仕事の始め方

最後に、Webライティング初心者が仕事を始めるおすすめの方法もご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

1.Webライティングの仕事内容

Webライティングの仕事を始める方法や稼ぐコツについて知る前に、まずはWebライティングの仕事内容を簡単に解説します。

実際にある案件例を挙げながらご紹介しますので、仕事内容についてイメージをふくらませてみてください。

1-1.Web上に掲載する記事の企画・執筆がメイン

1-1.Web上に掲載する記事の企画・執筆がメイン
Webライティングの仕事内容は、「インターネット上に掲載するさまざまな記事コンテンツを作成すること」です。

インターネットサーフィンをしていると、さまざまなブログやコラム記事・広告記事・ニュース記事などが目に入ってきます。
それらの記事を企画・執筆・編集するのが、Webライターの業務です。

ほかにも動画のシナリオ作成や体験談の執筆など、細かく上げれば仕事内容は多岐にわたります。

Webライティングの仕事で最も一般的なのは、クライアント企業のサイトに掲載するブログ記事でしょう。
※ここでいうクライアント企業のサイトとは、公式サイトや自社メディアなどを指します。

クライアント企業は自社サイトに掲載する記事を検索結果で上位に表示させ、そこからサイトへの流入を増やすために、記事作成をWebライターに依頼します。

Webライターは少しでも良質でユーザーに役立つ記事を執筆し、クライアントサイトへの集客効果を上げるよう努めなければなりません。

1-1-1.案件例で見る仕事内容1

実際にある案件から、Webライティングの仕事内容を見てみましょう。
案件は、クラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」から抜粋しています。

案件名:写真やカメラに関連する記事
報酬:4,000円~(取引手数料込、1記事あたり4,000文字)
記事のテーマ:カメラ・写真
納品方法:WordPress
契約期間:半年~1年間

参照:“クラウドワークス”

こちらは、文字単価1.3円の記事例です。
最大1年ほどの長期契約が可能な案件で、カメラや写真に関して記事を作成します。

カメラに関する知識の有無は記載されていませんが、WordPressに関する知識は必要です。
※WordPressは、CMS(コンテンツ管理システム)の一つでサイト作成などに使われます。

1-1-2.案件例で見る仕事内容2

案件名:ルアー釣り&リールカスタムに関する記事作成
報酬:1,200円(1記事あたり1,000文字)
記事のテーマ:ルアー釣りやリールカスタム関連
納品方法:.docx/.xlsx
契約期間:長期

参照:“クラウドワークス”

こちらは、ルアーフィッシングやリールカスタムなどについて執筆する案件です。
文字数は少なめですが、文字単価は1.2円とまずまずの報酬単価です。

ただし、釣りの経験者であることが条件に設定されています。

2つの案件例を見るとわかるとおり、記事のテーマは案件によりばらばらです。
また、納品方法や文字数・求められる条件にも違いがあります。

1-2.基本は在宅ワークが可能

1-2.基本は在宅ワークが可能
Webライティングの仕事は、多くの場合「在宅ワーク」が可能です。

詳しくは後述しますが、Webライターは主に以下の3パターンでWebライティングの仕事を行えます。

  • クラウドソーシングでフリーランス
  • 記事作成代行会社でフリーランス
  • 特定の会社でバイトや正社員として就職

フリーランスの場合、基本は在宅ワークが可能です。
特定の会社に就職する場合も、ケースによっては在宅ワークが可能ですが、出社を求められる場合も少なくありません。

2.Webライティングの仕事の始め方

Webライティングの仕事の始め方ですが、就職する場合は就職先の会社の指示に従います。
一方フリーランスの場合、大まかには以下のステップを踏みます。

ステップ1.Webライティングの学習をする
ステップ2.作業に必要な環境を整える
ステップ3.プラットフォームを決める
※プラットフォームとは、クラウドソーシングや記事作成代行会社など仕事を受注するサービス。
ステップ4.仕事を受注して全力で書く

ステップ1と2はどちらが先でもかまいません。

基本的には、Webライティングの仕事やテクニックについて学んでから仕事を始めるイメージです。
作業に必要な環境ですが、基本はPCとインターネットがあればOKです。

上記のステップについてより詳しくは、以下の記事をご覧ください。

参照:初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

初めの一歩が肝心!Webライティングの始め方11ステップを解説

3.Webライティングの仕事を請ける方法

3.Webライティングの仕事を請ける方法
フリーランスのWebライターは、具体的にどのような手順で仕事を受注すればよいのでしょうか?

クラウドソーシングと記事作成代行会社のケース別にご紹介します。

3-1.クラウドソーシング

クラウドソーシング場合、以下のステップで仕事を受注します。

ステップ1.  「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスに登録する
ステップ2.  Webライティングの仕事を探す
ステップ3.  気に入った案件に応募する
ステップ4.  契約条件の相談をする(提案や見積もりなど)
ステップ5.  契約後記事を執筆する

クラウドソーシングのWebライティング案件には、プロジェクト形式やタスク形式などがあります。
それぞれ以下の特徴があります。

タスク形式
クライアントとの交渉なしに、比較的簡単なタスク(作業)をこなしてクライアントの承認を受けると報酬が発生する形式。
文字単価は0.1〜0.5円ほどと安価で、Webライター初心者向けです。

プロジェクト形式
クライアントと条件交渉をして記事執筆を請け負うタイプです。
文字単価はタスク形式よりも高めで、1円以上のものが数多くあります。

初心者は最初にタスク案件から始め、その後比較的難易度の低そうなプロジェクト案件を受けるとよいでしょう。

3-2.記事コンテンツ制作会社(記事作成代行会社)

記事コンテンツ制作会社(記事作成代行会社)は、クライアントから依頼を受けて記事作成を請け負う会社です。
※以下「記事作成代行会社」。

記事作成代行会社で仕事を受注する流れは、以下のとおりです。

ステップ1.  特定の記事作成代行会社を探して登録・在籍する
ステップ2.  会社から仕事の打診を受ける
ステップ3.  条件やクライアントの指示などを確認して受諾する
ステップ4.  執筆する

クラウドソーシングの場合はWebライター自身がクライアントと交渉を行いますが、記事作成代行会社に在籍する場合、会社側から仕事をアサインされます。
Webライターは自身で営業をかける必要がないため、「営業は苦手」な方が始めやすいです。

ただし、採用時にテストライティングが必要になる可能性があります。
また仕事をアサインされるときにも、クライアントからの正式依頼を受けられるか、テストライティングで決まることがあります。

4.Webライティングの仕事でどれくらい稼げる?【初心者の場合】

4.Webライティングの仕事でどれくらい稼げる?【初心者の場合】
Webライティングの仕事が初めての方は、どれくらい稼げるかが気になることでしょう。

大まかな収入目安と収入アップのコツをご紹介します。

4-1.本業なら「6~10万円前後」|副業なら「2.5~5万円前後」

Webライター初心者の場合、稼げる収入目安はおおよそ以下のとおりです。
シミュレーション条件とあわせて参考にしてください。

・本業:6~10万円前後

シミュレーション条件

  • 1記事あたり1,000円(2,000文字×文字単価0.5円)
  • 平日8時間(週40時間)×20日ほど稼働
  • 1日にこなせる記事数は3~5記事くらい(1日の収入は3,000~5,000円)

この場合、20日×3,000〜5,000円=6〜10万円です。

・副業:2.5~5万円前後

シミュレーション条件

  • 1記事あたり1,000円(2,000文字×文字単価0.5円)
  • 平日2時間と土日各5時間(週20時間)ほど稼働
  • 1週間にこなせる記事数は6~12記事くらい(1週間の収入は6,000~1万2,000円)

この場合、計算は「4週間×6,000~1万2,000円」となり、収入は2万4,000~4万8,000円です。

4-2.収入をアップさせるコツ

初心者の場合、最初は収入に伸び悩むかもしれません。

しかし、努力しだいで収入は着実にアップします。

意識したいコツを3つご紹介します。

4-2-1.WebライティングやSEOの知識をしっかり学ぶ

何よりもまず、WebライティングやSEOの知識を学びましょう。
※「SEO(検索エンジン最適化)」とは、Googleなどの検索結果で記事を上位表示させる対策全般を指します。

クライアントは、読み応えのある記事を求めています。
特定のテーマについてユーザーにわかりやすく説明し、かつ行動を促すような記事です。

そのような記事を書くには、文章構成力や読みやすい日本語を書くスキルが欠かせません。

また検索結果ページで上位表示させるために、SEOを加味した記事にすることも大切です。
※上位表示される記事は、ユーザーからアクセスされやすいため。

仕事を受注する前に、書籍やサイトなどでWebライティングとSEOの基本的な知識を学んでおきましょう。

4-2-2. 「作業時間・報酬単価・作業スピード」の向上を目指す

収入を左右する以下の3つの要素について、それぞれ向上を図るなら、収入がアップしやすいです。

・作業時間
仕事に費やせる時間が多くなれば、より多くの案件をこなせるため収入が上がります。
稼働時間をいかに多く確保できるか、スケジュール管理力やスキマ時間の有効利用がカギとなるでしょう。

・報酬単価(記事の質)
文字単価や記事単価が高いほど、同じ文字数・記事数でも多くの収入を稼げます。
報酬単価が高い案件は、高いWebライティングスキルが求められるケースが少なくありません。

・執筆スピード
作業スピードが早ければ、同じ時間内にこなせる記事数が多くなり、その分稼げます。
文章を書くことに慣れたり、ツールを使ったりすることで、作業効率はアップします。

収入アップに関するより詳しいアドバイスは、以下の記事を参照してください。

参照:Webライター初心者の収入はいくら!?効率的に稼ぐ13の方法

Webライター初心者の収入はいくら!効率的に稼ぐ13の方法

4-2-3.得意なジャンルがあれば活かす

得意なジャンルを活かすことも収入アップのコツです。

Webライターがよく知っているテーマであれば、より深掘りした情報をわかりやすく書けるでしょう。
そのようにして良質な記事を書けば、クライアントからの評価は高まり、よい実績が積み上がります。

そのテーマについて書けるWebライターが多くない場合、Webライターとしての希少価値も高まります。

これまで従事してきた仕事や趣味・学業で専攻した分野など、知識を活かせるテーマがないか探してみましょう。

ただしニッチすぎるテーマだと案件数が限られるため、得意なジャンルだけでなく、積極的にいろいろなジャンルに挑戦する姿勢も大事です。

5.Webライティングの仕事に向いている人

5.Webライティングの仕事に向いている人
Webライティングの仕事に向いているのは、以下のような人です。

  • 「説明がうまい」といわれる人
  • さまざまなことに興味を持つ人
  • 気になることはとことん調べる人
  • 何事にも向上心がある人
  • 相手の話に耳を傾けられる人
  • 約束をしっかり守れる人
  • ネットサーフィンやタイピングに慣れている人
  • ガジェット好きな人
  • 物事を例えるのが好きな人

それぞれのポイントについては、以下の記事で詳細を解説しています。

参照:【実は天職!?】ライターに向いている人の9の特徴を解説!

【実は天職!】ライターに向いている人の9の特徴を解説!

6.Webライティングの仕事に必要なモノや資格

6.Webライティングの仕事に必要なモノや資格
Webライティングの仕事には、どのようなモノや資格が必要でしょうか?

揃えるべきモノと揃えたいモノ、また余裕があれば取得したい資格について解説します。

6-1.PCとインターネットは必須

PCとインターネットは必須です。
もう少し詳しくいうと、文字入力ができるソフト(WordやGoogleドキュメントなど)が入っているものを用意しましょう。

逆にいえば、これだけ揃えればWebライティングは可能です。

スマホやタブレットをPC代わりにすることもできますが、画面サイズやタイピングのしやすさから、PCを推奨します。

6-2.快適な作業スペースは大事

作業能率を高めるために、快適な作業スペースを確保しましょう。

具体的には…

  • 十分な広さがあるデスク(可能ならモニターを2台置ける広さ)
  • 座りやすいイス
  • 静かな部屋(集中できるコワーキングスペースやカフェでもOK)

姿勢が悪い状態で作業すると、早々に疲れてしまいます。
騒音が多い場所での作業は集中力を欠きやすいです。

作業環境は効率的かつ長期的にWebライティングの仕事を続ける上で非常に重要です。

6-3.余裕があれば資格を取得する

Webライティングの仕事は無資格でも行えます。

ただしWebライティングの学習、また実力のアピールの意味で、資格取得を目指すのはよいことです。
例えば、以下のような資格を目指せるかもしれません。

  • WEBライティング技能検定
  • SEO検定

7.Webライティングの仕事を始めるなら学んで働ける「株式会社BRIDGEA」へ!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
これからWebライティングの仕事を始めるみなさま、弊社「株式会社BRIDGEA」でWebライターデビューしませんか?

弊社では、随時Webライターを募集しております。

株式会社BRIDGEA」の魅力は、ただ単に仕事をアサインして終わりではないこと。

在籍されるWebライターには、WebライティングやSEOをしっかり指導してから、仕事を受注していただきます。
未経験の方は、執筆のイロハを学んだ上で仕事に取りかかれるため安心です。

もちろん指導は無料です。

また仕事を始めてからも、弊社のディレクターが記事構成案についてアドバイスをしたり、校閲・校正スタッフが文章についてフィードバックをしたりなど、サポートが充実しています。

Webライティングを学びながら働きたい方、ぜひ以下の募集ページより詳細をご覧の上、お気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

8.まとめ

Webライティングの仕事は、インターネット上の記事コンテンツを作成する仕事です。

未経験の方でも、PCとインターネットさえあればできるため、気軽に在宅ワークを始めたい方に適しています。

ただしWebライティングスキルがないと仕事の受注は難しいほか、作業効率や稼働時間が十分でないと、多くの収入は得られません。

まずはWebライティングについて学び、簡単な案件から始めて少しずつスキルや実績を上げましょう。

関連記事

  1. Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

    Webライティングはお小遣い稼ぎに最適!

  2. Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

    Webライティングの書き方を伝授!稼げる記事を書く27のコツ

  3. Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

    Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

  4. Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

    Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

  5. 【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開

    【集客力↑】Webライティングでタイトルを作る10のコツを公開

  6. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?