Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例9選を公開

Webライターが学ぶべきSEO対策とは?実践したい施策例を公開

Webライティングでスキルアップしたい方。
クライアントに喜ばれる良質な記事を書けるようになりたい方。

ぜひSEO対策を学びましょう。
SEO対策のノウハウを学ぶと、ユーザーにも検索エンジンにも最適な記事を書きやすくなります。

この記事では、Webライターにとって重要なSEO対策について、以下の点を解説します。

  • SEO対策の基本情報
  • WebライターがSEO対策を学ぶべき3つの理由
  • SEO対策の具体的な施策

最後にSEO対策を実践的に学ぶ方法もご紹介しますので、ぜひ熟読なさってください。

1.WebライターがSEO対策を学ぶべき3つの理由

WebライターがSEO対策を学ぶべき理由として、以下の3つを解説します。

  • 安定的に質の高い記事を執筆できる
  • クライアントへのアピールになる
  • 高単価案件を狙える

各ポイントを詳しく見ていきましょう。

1-1.安定的に質の高い記事を執筆できる

1-1.安定的に質の高い記事を執筆できる

SEO対策の中にはWebライティングに役立つノウハウがあります。

例えば「SEOライティング」では、ユーザーの検索意図をしっかり踏まえることや、権威性・信頼性・専門性などを意識した文章を書くことなどが強調されています。
※「SEOライティング」とは、SEO対策を盛り込んだライティングのことです。

これらのノウハウを学習するなら、良質な記事コンテンツを書く力が育まれるでしょう。

1-2.クライアントへのアピールになる

SEO対策のスキルを身につけると、クライアントへのアピールになり、案件受注の機会が広がります。

すべての執筆案件がSEO対策を求めているわけではありませんが、Webライターの案件の多くは企業のブログ記事の執筆です。

当然企業は、自社サイトの記事コンテンツが検索結果に上位表示され、多くのアクセスが集まることを願っています。

後述するように、SEO対策の主な目的は「集客」にあるため、SEO対策を意識したライティングができるWebライターは企業にとって貴重な存在といえます。

クラウドソーシングを利用する場合、Webライターは実績を積み上げるとともに、プロフィール文やポートフォリオを通して自己アピールしなければなりません。

この点SEO対策のノウハウとスキルがあれば、一つの有効なPR材料となるでしょう。

1-3.高単価案件を狙える

1-3.高単価案件を狙える
前述の点と関係しますが、SEO対策に通じていると高単価案件を狙いやすくなります。

なぜなら、SEO対策に詳しいWebライターは企業にとって価値が高いからです。

SEO対策が施された記事コンテンツは、検索結果でよい検索順位を獲得しやすいです。
順位がよければアクセスが増え、アクセスが増えればブランディングが促されたりさまざまなコンバージョンが発生したりするため、クライアントは利益を得られます。

そのような良質な記事を書くWebライターは、当然Webライティング市場において価値があるため、報酬のよい案件を獲得しやすいでしょう。

あるいは、実績を積むことで報酬単価の交渉をしやすくなります。

2.Webライターに必須!「SEO対策」とは

ここからは、SEO対策の基本的概念を解説していきます。

SEO対策とは、「検索エンジン最適化」のことです。

簡単にいえば、「検索エンジンに好かれるサイト作りをすること」といえるでしょう。
※「検索エンジン」とは、インターネットユーザーが検索したキーワードに関するさまざまな情報を抽出・表示するシステム。代表的な検索エンジンに「Google」や「Yahoo! JAPAN」があります。

SEO対策の目的は、ずばり「集客」です。

検索エンジンから高い評価を受けると、検索結果で上位表示(最初の方に表示されること)されます。
上位表示されるサイトは目立つため、多くのユーザーからアクセスされやすいです。

このようにして集客が進むと、サイト運営者は多くのユーザーに自社商品・サービスをアピールしたり、認知度を高めたりできます。
つまり、サイト運営者の利益に直結するため、多くの企業や個人はSEO対策を強化したいと思っています。

2-1.SEO対策の基本は「Google対策」と「読者対策」

SEO対策の基本は、「Google対策」と「読者対策」といえます。

Google対策」といえるのは、Googleが検索エンジン業界で圧倒的なシェアをほこっているからです。

以下のデータによると、日本におけるシェアの約76%はGoogleで、Yahoo! JAPANは約15%です。
Yahoo! JAPANはGoogleの検索システムを採用しているため、実質的なGoogleのシェアは9割を超えます。

検索エンジンの使用率の図
出典:”statcounter

この点を踏まえると、「検索エンジンに好かれるサイト作り(SEO対策)」とは、「Googleに好かれるサイト作り」といっても過言ではないでしょう。

そのためSEO対策に成功するには、Googleの「アルゴリズム」について学び、それにもとづいた施策を講じることが大事です。
※「アルゴリズム」とは、検索結果の順位付けをする計算プログラム。

例えば、サイトURLの正規化により複数URLを整理したり、サイト構造を明確に伝えるXMLサイトマップを導入したりするなど、Googleが認識・分析しやすいようなサイト設計を心がけるべきです。

では、「読者対策」といえるのはなぜでしょうか?

それはGoogleが、「常に検索結果がユーザーにとって便利なもの」になるよう努力しているからです。

実際、Googleは記事の専門性や信頼性を分析したり、読者のサイト滞在率や離脱率などのデータを集めたりして、ユーザー満足度をチェックしています。

そのためサイト運営者およびWebライターは、ユーザーにとって読みやすく役立つ文章づくりも念頭に置くべきです。

2-2.SEO対策の主な種類

2-2.SEO対策の主な種類
SEO対策は、主に以下の3つのカテゴリーに分けられます。

コンテンツSEO(内部対策)
ユーザーの検索意図を意識した良質なコンテンツを公開し続け、上位表示&集客力アップを目指す施策

テクニカルSEO(内部対策)
URL正規化や構造化データのマークアップなどサイト構造&パフォーマンスに関する技術的な施策

外部対策
被リンク対策やサイテーション対策など、ほかのサイトやメディアからのよい評価を受ける施策

このうち特にWebライティングと関係が深いのは、コンテンツSEOでしょう。
コンテンツSEOでは、記事コンテンツの情報そのものに注意が向けられ、文章スキルと密接な関係があるからです。

一方、テクニカルSEOや外部対策の中には、文章の執筆とは直結しない施策があります。
そのため、「Webライターとして働く上でSEO対策をまんべんなく学習する必要がある」ということはありません。

とはいえ、一見執筆スキルと関係ないように思えて、実は関係する要素があるのも事実です。

例えばテクニカルSEOの施策には、タイトルやDS・見出しの付け方を意識したものがありますが、これらの箇所はユーザーが目にする部分でもあります。

また、被リンク対策(外部対策)の重要性や獲得方法について学んでおくと、記事コンテンツ作成時にどのようなことを意識すべきかがわかるようになるでしょう。

そのため、SEO対策を広く学んでおいて損はありません。

2-3.SEO対策の基本理念は「ユーザーファースト」

先ほど、「SEO対策の基本はGoogle対策と読者対策」と説明しました。

この点についてもう少しだけ補足すると、SEO対策において最重要なのは「読者対策」です。
というのも、Google対策の根幹を成すのは「ユーザーファースト」だからです。

以下の資料を見るとわかりますが、Googleは明確に「ユーザーの利便性が第一」としています。

参照:Googleが掲げる10の事実

そのためSEO対策について考える際はいつも、「ユーザー(読者)が満足する記事を書こう」というスタンスで臨みましょう。

3.Webライターに必要なSEO対策の施策例9選!

ここからは、Webライターが学ぶべきSEO対策の施策例を簡潔にご紹介します。

いずれも良質な記事を書くのに重要な点のため、ぜひ参考にしてください。

3-1.読みやすいテキストの記述

ユーザーがさらっと流し読みしても理解できる平易な文章を書きましょう。

結論は最初に書き、できるだけ専門用語は使わず、適度に改行を入れます。

誤字や脱字が多い、文中の漢字が多い、一文が非常に長いなどの読みにくい文章は嫌われます。

3-2.網羅性に優れた情報の提供

記事のキーワードに関する話題を幅広く扱うことが大切です。

例えば転職がキーワードの場合、その意味や難易度についての基本的な説明だけでなく、成功させるコツや役立つサービスについても解説します。

キーワードについて熟考し、「読者はどのような情報を欲するだろうか?」と考えましょう。

3-3.EEATの要素を取り入れた情報提供

EEAT(経験・専門性・権威性・信頼性)を重視した文章は高く評価されます。
EEATは難しい要素ですが、例えば以下のような施策を試せます。

経験」・・・実体験などの情報を載せることで実際どうなのか?具体的なことを理解できる(真実性アップ)

専門性」・・・専門知識が多い深掘りされた情報を載せましょう(専門性アップ)。

権威性」・・・良質な記事を量産して被リンクやサイテーションをできるだけ多くもらえるようにするのも大切です(権威性アップ)。

信頼性」・・・信頼できる情報のみ扱い、あやふやな情報は決して引用しないようにしましょう(信頼性アップ)。

3-4.独自性

Googleは独自性の高い情報を評価します。

どこのサイトにも書いてあるような表面的な情報でなく、「自分だけの情報」を入れてみましょう。

例えば体験談や独自のアンケート結果を入れたり、上位サイトに見られないアングルからのキーワードに関する話題を解説したりできます。

3-5.代替テキストの最適化

代替テキスト(画像に関する説明文)は、何かしらの理由で挿入画像が表示されない場合に、ユーザーに画像情報を伝達するテキストです。

もし記入する必要がある場合は、端的で明確な文を心がけ、読者が画像をイメージしやすいようにしましょう。

3-6.タイトルの最適化

タイトルが明快でキャッチーなものだと、Googleも読者もサイトの内容をイメージしやすくなります。

ポイントとして、「短いフレーズにすること(28文字前後)」や「記事のキーワードを入れること」「ユーザーの検索意図を踏まえた文章」を意識しましょう。

3-7.見出しの最適化

見出しは、記事の中で重要なポイントを端的にまとめる役割を果たします。

内容に応じて見出しでわかりやすく記事を小分けにし、ユーザーが話題の変わり目を簡単に把握できるようにしましょう。

h2の見出しには、自然な形で記事のキーワードを入れます。

理想は、「見出しを見ただけで記事全体の内容がイメージできる構造」です。

3-8.内部リンクを意識した文章作り

内部リンクとは、同一サイト内の異なる記事コンテンツ間で張られるリンクです。

関連性が高い記事同士で内部リンクをつなげると、Googleがサイト内のコンテンツをくまなく巡ることができます。

この記事でも内部リンクをいくつか張っていますが、関連性が深いのであれば、積極的に記事内にほかの記事への導線を張るようおすすめします。

3-9.論理的な構造

記事で解説する情報は、筋道だった順序で提供しましょう。

例えば、SEO対策の初心者に、SEO対策について説明する場合、論理的な記事だと以下のような流れになるはずです。

「SEO対策」という言葉の意味→SEO対策が重要な理由→SEO対策のやり方→SEO対策を学習する方法

もし記事が「SEO対策の学習方法」から始まるなど、いささか唐突な感じになると、ユーザーは読みにくさを感じます。

4.WebライターとSEO対策に関するQ&A

Webライターが意識すべきSEO対策について、役立つQ&Aをいくつかまとめました。

SEO対策の学習を始める予定の方は、ぜひ参考にしてください。

4-1.SEO対策はどうやって学ぶとよい?

4-1.SEO対策はどうやって学ぶとよい?
繰り返しますが、SEO対策はGoogle対策であり読者対策でもあります。

そのため、Googleのアルゴリズムとユーザーを引き付ける文章テクニックにフォーカスして学んでください。

Googleのアルゴリズムについて学ぶには、以下のサイトが役立ちます。

Google検索セントラル
Google公式のガイドラインのため、最初に読み込んでおくようおすすめします。

SEOラボ
実験やデータ分析にもとづく解説がわかりやすいです。

記事作成代行Pro
SEO情報に加えて、検索エンジンやユーザーから評価されやすいWebライティングのポイントを数多く解説しています。

4-2.コーディングは必要?

Webライターに専門的なコーディング知識は不要です。

WebサイトのデザインをするWebデザイナーにとっては必要ですが、SEO対策と文章作成がメインのWebライターには、特に求められるスキルではありません。

とはいえ、HTMLに関する知識を習得しておけば、将来的に役に立つのも事実です。
例えば記事コンテンツの入稿に広く使われているWordPressを使用する場合、HTMLの知識があると操作がスムーズになります。

Webに関するスキルが上がるほど、対応できる案件の幅も広がるため、キャリアアップを目指したい方はコーディングの学習もおすすめです。

4-3.SEO関連の資格は取っておくとベター?おすすめは?

4-3.SEO関連の資格は取っておくとベター?おすすめは?
資格は必須ではありませんが、持っておくメリットはあります。

例えば、SEO対策のノウハウがあることを、クライアントに対して客観的に示せます。

また、資格講座を受講する中でSEO対策についてのノウハウも蓄積され、それはWebライティングにも役立つはずです。

資格取得という目標を掲げることでWebライターとしてのモチベーションも上がるでしょう。

5.まとめ

WebライターにとってSEO対策は非常に関係が深いスキルです。

Webライティングの案件の多くは企業関連の仕事であり、SEO対策の強化に関心が集まる中、そのノウハウに通じているWebライターはそうでないライターよりも重宝されます。

SEO対策のすべてを学ぶ必要はありませんが、コンテンツSEOを中心に、まずは広く学習してみることをおすすめします。
WebライティングとSEO対策を効率よく学びたい場合は、ぜひ弊社「株式会社BRIDGEA」のサービスもご活用ください。

弊社では、随時Webライターの募集をしております。
在籍される方には、WebライティングとSEO対策についてのナレッジを共有していただきつつ、仕事の受注も可能です。

「学び」と「仕事」を同時並行的に行いながらステップアップできるため、早く「稼げるWebライター」になりたい方は、ぜひご検討ください。

詳細は、以下の募集ページよりご覧いただけます。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

関連記事

  1. 【ネットで副業】Webライティングとアフィリエイトの違いは?稼げるのはどっち?

    【ネットで副業】Webライティングとアフィリエイトの違いは?稼げるのは…

  2. Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

    Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

  3. 目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介

    目指せ専業Webライター!独立までの具体的な計画の立て方をご紹介

  4. たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

    たったの3ステップ!副業Webライティングの始め方を徹底解説

  5. Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

    Webライターの文字単価相場を公開!単価アップの方法8選も解説!

  6. Webライティングに効くSEO対策の方法とは?