【2023年最新】Webライタースクール厳選5選!メリット・注意点もご紹介!

【2023年最新】Webライタースクール厳選5選!メリット・注意点もご紹介!

スクールで学べば、Webライティングに必要な知識やスキルを身につけられます。
多くのスクールは、オンラインで気軽に受講できる仕組みになっているため、在宅で稼げる知識やスキルを身につけたいと考える方にとっては、選択肢のひとつになるでしょう。

ただし、多くのWebライタースクールがあるため、どのスクールにすればよいのか分からないと悩む方も少なくありません。

本記事では、Webライター未経験の方に厳選した5つのWebライタースクールをご紹介します。
さらにスクールのメリット・デメリットや選び方についても解説していますので、参考にしていただけたら幸いです。

1.Webライターおすすめスクール厳選5選

1.Webライターおすすめスクール厳選5選
Webライターは未経験からでも始められますが、「Webライタースクールである程度知識を身につけておきたい」と考えている方もいらっしゃいますよね。

しかし、スクールといってもたくさんの種類があるため、どれを受講すべきかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、5つに厳選してスクールをご紹介していきます。

各スクールによって特徴や価格が異なるため、この記事で比較してみて、ぜひ自分に合ったWebライタースクールを見つけてください。

1-1.Webライター養成講座

はやかわWebライター養成講座のTOP画像

参照:株式会社Hayakawaの「Webライター養成講座」

株式会社Hayakawaの「Webライター養成講座」には「スタートアップ」「スクールワーク・ライト」「スクールワーク」の3つのコースが用意されています。

3つのコースに共通する講座の内容

  • Webライティングの基礎
  • SEOに関する知識
  • 情報収集の方法

Webライターの業務は「80%情報収集、20%執筆」と言われており、時間を多く要するのがリサーチ業務のため、非常に実践的な部分まで学べます。

学習期間は6か月です。
ご自身のペースでしっかりとWebライティングに関する知識や技術を身につけられます。

特徴:プロのWebライターが専属で指導・個別の記事添削に対応
価格:3万9,800~29万8,000円(一括)
マッチする方:実践的な練習がしたい方、わからないことはいつでも質問できる環境で学びたい方

1-2.ライターカレッジ

1-2.ライターカレッジ

参照:「日本ライターカレッジ

ライターカレッジでは、ライティングの知識の他にも、構成の組み立てやタイトル設定の方法なども学べます。

オンライン講義は、何度でも繰り返し視聴可能であるため、理解して納得できるまで学習したい方におすすめです。

ライターカレッジには、卒業後であっても講師や仲間とコミュニケーションを取ったり、案件を受注できたりするコミュニティが設けられています。
Webライターは孤独になりがちですが、全国に同じ学びを受けた仲間を持てるのがライターカレッジの大きな特徴です。

特徴:受講者の執筆記事がライターカレッジのWebサイトに掲載される
価格:16万4,780円(一般価格)、10万9,780円(モニター価格)
マッチする方:Webライターを目指す仲間とつながりをもちたい方、短期間で学習を終えてWebライターになりたい方

1-3.たのまな

「たのまな」のWebライター講座のTOP画像

参照:「たのまな」のWEBライティング講座

「たのまな」では、オリジナルの教材で基本的な文章の書き方やSEO対策の知識を学べます。

また、ライティングの方法だけではなく、実際のWebライターとしての仕事の受注方法や進め方の指導もおこなっています。

「スクールで知識やスキルを身につけたものの、案件を受注できない」といった悩みをもつWebライターは少なくありません。
「たのまな」は案件の受注の部分についてもサポートしています。

学習期間はしっかり学べる6ヶ月です。

特徴:「WEBライティング実務士」の資格を取得できる
価格:3万2,000円(一括)
マッチする方:ライティングの資格が欲しい方、できるだけ出費を抑えて基本的なスキルを身につけたい方

1-4.宣伝会議

宣伝会議のTOP画像

参照:「宣伝会議

「宣伝会議」のスクールには、教室開催(2日間)・ライブ配信(2日間)・オンデマンド配信(7日間)の形式の講義があります。

教室開催またはライブ配信では、2日間合計で14時間以上もの講義時間が設けられており、読者に読ませる記事を執筆するためのコツやノウハウをしっかりと学べます。

講師陣は、有名なメディア本である「現代ビジネス」や「週間東洋経済」を執筆している方や、自身の書籍を出版している方など、ライティングに精通している方などの実力者ばかりです。

特徴:プロのライターが講師として活躍・コンバージョンにつながる記事のコツやノウハウを習得可能
価格:8万6,900‬円(教室開催またはライブ配信)、5万3,900円(オンデマンド配信)
マッチする方:既に多少の経験があり、さらなるステップアップをしたい方、少し価格が高くても短期間でレベルの高い講義を受けたい方

1-5.SHElikes

SHElikesのTOP画像

参照:「SHElikes

SHElikesは、キャリアアップを目指した女性のみが受講できるオンラインスクールです。
Webライティングを含む合計33種類の職種スキルを学べるコースを開設しています。

講師は女性の現役Webライターです。
実用的なスキルを身につけられるため、さまざまな分野の課題をとおして実践を積んでスキルを高められます。

特徴:女性を対象としたスキル習得スクール・さまざまなコースを開講
価格:16万2,800円(入会金)+1万780円(月5回プランの1ヶ月コース)
マッチする方:専門分野のライターを目指したい方、ライティングの基本はある程度身についている方

2.Webライタースクールに通う3つのメリット

2.Webライタースクールに通う3つのメリット
無料の動画や1冊2,000円以下の書籍にてWebライターに必要な知識を得られるなかで、費用を負担してスクールを利用する方が多いのは、スクールにしかないメリットがあるためです。

例えば、体系的な知識を実践的に学びたい場合には、スクールだからこそ得られるスキルや学びがあります。
この章では、Webライタースクールを利用するメリットを独学の難しいポイントをふまえながら3つご紹介します。

2-1.独学と比べて挫折しにくい

スクールを利用していると、講師や仲間から刺激があり、途中で挫折することなく継続できる可能性が高まります。

反対に独学の場合には、自分一人で目標を設定してスケジュールを管理しなくてはならないため、辞めたくなったときや困難を感じたときに自分で気持ちを奮い立たせなくてはなりません。

文章の書き方や情報収集の仕方などは正解がないため、Webライターの仕事は正解が分からない不安と向き合いながら仕事を続けなくてはならないこともあります。

Webライタースクールは、カリキュラムが設定されていたり、講師から課題や目標が提示されたりするため、挫折することなく目標に向かってスキルアップを図れるでしょう。

2-2.プロWebライターからのサポートを受けられる

2-2.プロWebライターからのサポートを受けられる
Webライタースクールでは、プロの講師やSEOの専門家から知識やスキルを学習できます。
しかも一方的な講義だけではなく、直接アドバイスを求めたり記事の添削を受けたりすることも可能です。

独学の場合には、Webライターとしての悩みを相談したり、記事の方向性が正しいか否かが分からないときに相談したり、質問したりする相手を見つけるのは困難でしょう。

プロによる直接的な指導をどれだけ密に受けられるかが、スクールでの学習の質を左右するといっても過言ではありません。

2-3.効率よくスキルを磨ける

Webライタースクールでの学習期間は、先ほどご紹介した通り、数日間のものから長くても6ヶ月ほどです。
終わりが見えているため、その期間みっちり学習に力を入れることができますよね。

独学は自分のペースで学習できる点は良いですが、「いつまでに終わらせる」というある程度の期間を設定して計画を立てなければ終わりが見えず、いつまでも惰性で続けることになる場合があります。

また、独学で多くの知識を身につけられたとしても、なかなか実践的なライティング方法を身につけることは難しいでしょう。

そのため、執筆の案件を受注できたとしても文字単価1円未満のものしか案件を獲得できず、たくさんの案件をこなしても思うように稼げないという壁にぶつかることがあります。

最初は受講料が高く、多少金銭的に厳しく感じるかもしれませんが、長い目でみるとスクールに通って短期間で学ぶほうがしっかり稼げるライターへの近道かもしれません。

3.Webライタースクールに通う前に押さえておきたい3つの注意点

3.Webライタースクールに通う前に押さえておきたい3つの注意点
この章では、ライタースクールに通う前に知っておいてほしい3つの注意点をご説明します。
先ほどご紹介したメリットだけを見ると、スクールに通ったほうが良いようにも思えますが、その前に抑えておくべき注意点があります。

「通い始めたけど、理想と違う……」と後悔しないよう注意点をよく確認したうえで、Webライタースクールに通うかどうか検討しましょう。

3-1.報酬が発生しない

Webライタースクールは有料です。
しかも、スクールの課題として記事を執筆する場合にも報酬を得られません。

Webライタースクールは、あくまでも「仕事」ではなく「学習」としてスキル習得のために先行投資をするという気持ちで受講する必要があります。
報酬を得るには、スクール卒業後やスクールの学びと並行してWebライティングの案件を獲得しなくてはなりません。

一定のスキルを獲得して仕事が受注できるようになった場合、報酬を受けられる仕事を優先してしまいスクールでの学びが後回しになりがちになるケースもあるため、スケジューリングや学習の質についても事前に慎重な判断をするとよいでしょう。

3-2.仕事の受注につながるとは限らない

3-2.仕事の受注につながるとは限らない
お金を払ってスクールに通うことで、「お金がかかっているから元を取らなければ!」と考える方もいるでしょう。

しかし、人によってはスクールに通っていること自体に満足してしまい、結局仕事につなげられるような知識やスキルを身につけられなかったという場合もあります。

スクールに通うことが大事なのではなく、自身が能動的にスクールに臨むことが大切だということになります。
また、スクールによって十分なライティングスキルや知識を身につけたとしても、必ず案件を獲得できるとは限りません。

受講後も案件が勝手に舞い込んでくることはないため、積極的にWebライターの募集サイトへ応募したり、クラウドソーシングサイトを使った案件の受注などが必要です。

3-3.詐欺にあう可能性がある

今回の記事でご紹介したスクールはいずれも定評があり、質の高い内容を教えてもらえますが、数あるスクールの中には悪質な詐欺まがいのものもあります。

多額のお金だけ払ってネットにも載っているレベルの内容しか学べなかったり、嘘の内容を発信しているということがあります。
詐欺にあわないためにも必要となってくるのが「情報収集」です。

Webライターにとってもたいへん重要なこの作業を、練習と思ってまずは信頼のできるスクールを探してみましょう。
多くのスクールを比較してみて、最終的には自分自身で安全なスクールを見極める必要があります。

4.ライタースクールの選び方

数あるライタースクールの中から、Webライターとして成長できる場所を一つ選ぶのはとても困難なことです。
判断基準は人それぞれかと思いますが、ここでは特に確認しておくべき項目をピックアップしてご説明します。

ぜひ、スクール選びの判断材料にしてみてください。

4-1.価格

4-1.価格
ライタースクールは受講できる期間や学べる内容によって、価格も変わります。

価格相場は3万~30万円とかなりの幅があります。
10倍の価格差がありますが、「とにかく費用を抑えて学びたい!」という気持ちだけで安いものを選んでしまうと、内容が充実しておらずあまり身につかなかったりするものです。

それに対して、受講料が高額なものはプロのWebライターが講師をしていたり、フィードバックがついているなどの充実したサポートが設けられています。

もちろん、最終的には自身のお財布と相談しつつ選ぶ必要はありますが、金額単体で見るのではなく、その金額に見合った価値のある講義内容になっているかという視点で選ぶことが大切です。

4-2.学べる内容

ライタースクールでまず自分が何をどんな形で学びたいかを考えましょう。

受講形式にも種類があり、手軽にすき間時間で学びたいのであればオンライン、直接質問できる環境で学びたいのであれば教室開催のものを選ぶなど選択肢はさまざまです。

内容的にも、基礎から学べる未経験者向けのもの、さらなるスキルアップを目的とした経験者向けのものがあります。
「なりたい自分像」をイメージしたうえで、足りない部分を補えるような内容のものを選ぶとよいでしょう。

4-3.運営母体の信頼性

4-3.運営母体の信頼性
スクール選びにおいて、そのスクールが本当に信頼できるのかといった視点で判断するのも非常に重要です。
例えば、運営元はどんな会社なのか、どのように実績をあげているのかなどは調べておいたほうがよいでしょう。
詳しく調べてみると、実績のない方や未熟な運営者が講師をされているなんてことも可能性としてあります。

十分に情報収集し、何かのメディアで実際に執筆している方や、ライティング関係の賞を獲得している方などを講師として招いているスクールを選ぶようにしましょう。

仕事につなげられるような正確なライティングの知識やスキルを学ぶためには、現役のWebライターから学ぶことが一番の近道です。

4-4.評判

ネガティブな要素や雰囲気など、スクール公式のWebサイトには通常記載されていないリアルな情報を得るために最適な方法は、評判を調べることです。

「どのようなレベルの方が受講して、最終的にどのレベルまで知識やスキルが身についたのか。」という点を確認しておくと、受講前と受講後で理想のギャップが生まれにくくなります。

インターネットやSNSでリサーチしてみると、受講者の声を聞けることがあるので、一度検索してみるとよいでしょう。

5.Webライタースクールに通わなくても「株式会社BRIDGEA」で学べる!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
株式会社BRIDGEA」では、先ほど挙げたWebライタースクールのデメリットを解消できます。
経験者・未経験者に関係なくWebライターを幅広く募集しており、担当のディレクターから丁寧なサポートを受けられるため、一人で悩むこともありません。

また、研修期間を終えて晴れて本採用となれば、文字単価1.0~2.0円(税込)の執筆依頼があるため、安定した報酬を得ながらSEO対策の知識やライティングスキルを身につけることが出来ます。

少しでも気になった方、まずはお気軽に下記リンクからご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」※Webライターの応募はこちらまで

6.まとめ

Webライターの仕事には明確な「正解」が存在しないため、独学ではなかなか実践的なスキルを身につけるのが難しいといわれています。
そんなとき、スキルアップの方法として、Webライタースクールに通うことが選択肢としてあがってくるかと思います。

しかし、スクールにはご紹介したような懸念点もあるため、今まで踏み出せない方もいらっしゃったのではないでしょうか。
ぜひ、今回の記事を参考にしながら自分に合ったライティング学習の方法を見つけてくださいね。

関連記事

  1. Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

    Webライター向け!リサーチ方法を極めれば収入アップを狙える?

  2. Webライターで年収1000万への道!8つの方法を徹底解説

  3. Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

    Webライティングの練習|記事作成代行業者による実力の上がる方法

  4. Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

    Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

  5. Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

    Webライティングの特徴を種類別に解説!おすすめ案件もご紹介

  6. 在宅ワークでwebライティング!ライター募集中

    Webライティングは内職or在宅ワークのどっち?