【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

【初心者必見!】Webライターが高単価案件を受注する7つの方法

Webライターのなかに、以下のお悩みをおもちの方はいらっしゃいませんか?

  • 時間をかけているのに希望の収入が得られない
  • 仕事に追われていて時間の余裕がない

これらの悩みを解決する方法のひとつは、高単価の案件を受注することです。

しかしながらWebライターの全員が高単価案件を受注できるわけではありません。

本記事では、高単価案件を受注する一連の流れや、高単価案件のジャンルの特徴など、「今よりもっと稼ぎたい!」と思うWebライターが知りたい情報を網羅しています。

ぜひ参考にしてください。

1.Webライターが高単価を目指すべき理由

1.Webライターが高単価を目指すべき理由
Webライターが高単価を目指すべき理由…。
それは「効率的に稼げる」ようになるからです。

例えば、以下の2つのケースで比較してみましょう。

〈1日1万文字、20日執筆した場合の月収〉

  • 文字単価0.5円の場合……10万円
  • 文字単価1.5円の場合……30万円

文字単価だけで見るとたった1円の差ですが、1か月20日換算で見ると月収に20万円もの差が生まれています。

希望の収入はそれぞれ異なりますが、誰もが少ない労力で目標金額に届かせたいと思うでしょう。
そのためには、単価を上げるのが1番の近道です。

しかし単価を上げることは、そう簡単ではありません。
ですが1度スキルやコツを身につければ、将来的に継続して高単価を受注することが可能です。

効率よく稼ぎ、長くWebライターとして生き抜くためにも、高単価を目指して努力していきましょう。

2.Webライターの高単価案件3つの特徴

Webライターが効率的に稼ぎたいなら高単価案件を受注するのが1番ということがわかりました。
しかし、やみくもに探しても高単価案件は見つかりません。

Webライターの高単価案件には、大きく分けて3つの特徴があります。
その特徴が含まれた案件を狙うのがおすすめです。

今から紹介するので、ぜひ参考にしてください。

2-1.専門性の高いジャンル

2-1.専門性の高いジャンル
専門性の高いジャンルは、高単価の傾向が高くなります。
高単価ジャンルには、「YMYL」「ニッチな業界」の2通りがあります。

YMYLとは、「Your Money Your Life」の頭文字を取ったもののことで、医療や法律、お金など人間の生活に大きく影響を与えるジャンルをいいます。

高単価であるぶん記事の執筆が関連資格保有者に限定されることがありますし、たとえ限定されなくても実務経験がなければ案件獲得は難しいでしょう。

またニッチな業界の案件も高単価ですが、限られた小さな範囲の情報を正確に執筆しないといけないためかなり難しく、誰にでも書けるジャンルではありません。情報を網羅し執筆するには、多大な時間とスキルが必要です。

どちらにも共通しているのは、執筆できる人材が少ないことです。
そのため、単価が高くなる傾向にあります。

高単価案件を獲得したいなら、「自分ならこれ」という特化した専門分野を見つけて、専門性を高めていきましょう。

2-2.競争の激しい業界

Webで競争が激しい業界の案件も、高単価になりやすい傾向にあります。

競争の激しい業界では、クライアントのライバル企業も高品質な記事を作成しています。
ライバル企業に勝つには、同じく高いクオリティの記事が必要です。
クオリティの高い記事=ライターに求められるものが多いため、記事の単価も高くなります。

競争が激しい業界の案件はクライアントに採用される難易度も高いですが、採用されれば高単価受注はほぼ間違いないでしょう。

2-3.収益が上がっているクライアントの案件

2-3.収益が上がっているクライアントの案件
収益が上がっているクライアントの案件も高単価が期待できます。

Webライターの収益はクライアントからの報酬です。
クライアントが予算をどの程度組むかによって、報酬が変わってきます。

Webからの収益が上がっている企業だと、単価を上げてでも高いクオリティの記事を作成したいと考えます。
高単価案件を狙うなら、収益が上がっているクライアントを見つけるのも1つの方法です。

3.Webライターの高単価案件を獲得する7つの方法

ここからは実際に、Webライターの高単価案件を獲得する方法をご紹介します。

初心者Webライターの方が達成しやすいように、一連の流れを7つにわけてお教えします。
ぜひ、参考にしてください。

3-1.基礎的な文章力を身につける

3-1.基礎的な文章力を身につける
第一のステップは基礎的な文章力を身につけることです。
どんなに専門的な知識があっても、基礎的な文章力が身についていなければ単価を上げるのは難しいからです。

比喩や難解な文章表現など、そういったものを身につける必要はありません。
子どもが読んでも理解できるほど、わかりやすい文章が書ければ大丈夫です。

しかし、意外とわかりやすい文章を書くのは難しいものです。
自分では理解できても、他者から見たら専門用語が多いという場合もあります。

できるだけ専門用語は避け、老若男女問わず理解できる記事を書けるようになるのが理想です。

また基本的ですが、誤字脱字をしないことも大切です。
誤字脱字があるだけで、記事の評価はかなり下がってしまいます。

文章の基礎ができていないと感じるなら、まずはWebライティングの専門書を読むなどして勉強してみましょう。

3-2.SEOをマスターする

2つ目はSEOをマスターすることです。

Webコンテンツを作成するWebライターなら、SEO知識を習得するのは必須といえます。
せっかくいい記事が書けても、人目に触れなければ意味がないからです。

記事は上位に表示されるほど、読まれる機会が増えます。
クライアントも、読まれる記事を書いてくれるライターに発注します。

SEOの情報は、専門書はもちろんネットにもたくさん記載されています。
学んだことを自身のブログでアウトプットして結果を残せば、SEOの勉強にもなりポートフォリオにもなります。

Webライターを目指す方は、SEOの勉強がてら自身のブログを作ってみてはいかがでしょうか。

3-3.構成力を身につける

3-3.構成力を身につける
3つ目は記事の構成力を身につけることです。

論理的な構成で文章を作成できるようになれば、1記事5,000文字以上の執筆も可能になります。
「記事単価」という観点で見た場合、文字数は多い方が報酬は高額になります。

慣れていけば短時間でロングコンテンツの記事を書けるため、その分報酬は増えていきます。
高単価案件を目指すなら、構成力は必ず身につけておきましょう。

3-4.実績を重ねる

4つ目は実績を重ねることです。

最低限の文章力がついたら、どんどん案件をこなしていきましょう。
待っていても仕事はこないので、最初はクラウドソーシングやSNSなどを使って自分から営業していく必要があります。

実績がない最初は、高単価案件はもちろんのこと、案件自体も非常に取りにくいです。

しかし実績を作るときは、低単価でも積極的に受注することが大切です。
ただし0.5円未満の案件は稼ぎづらく疲弊しやすいため、極力避けることをおすすめします。

最低でも0.5円以上の案件を獲得し、実績を重ねてポートフォリオを充実させていきましょう。

3-5.専門分野の知識を身につける

3-5.専門分野の知識を身につける
5つ目は専門分野の知識を身につけることです。

Webライターとして活動している人のほとんどが、基礎的な文章力やSEOを学んでいるといっても過言ではありません。
そんな中でクライアントから選ばれるには、差別化が必要です。

専門分野の知識を身につければ差別化にもなりますし、それが人手不足なジャンルであれば需要も高まります。

「専門性がなくなんでも書けるライター」は一見すごく感じますが、悪くいえば個性がありません。

Webライターとして活動したての頃はさまざまなジャンルに挑戦し、書きやすいジャンルを見つけたら、専門性を高めていきましょう。それが、将来の高単価案件につながるかもしれません。

3-6.単価交渉をする

6つ目は単価交渉をすることです。

収入を上げるためには、仕事を増やすより、現在契約しているクライアントに単価交渉をする方が手っ取り早いです。
ただしタイミングが悪いと印象が悪くなるため、適切なタイミングを見極める必要があります。

交渉のタイミングは契約期間が半年以上であったり、新規の案件を提案されたりしたときがおすすめです。

また交渉をする際は、伝え方も重要になります。
せっかくいいタイミングでも、「単価を上げてください」というような直接的な言い方では印象が悪くなる可能性があります。

「仕事量を増やすので、単価をもう少し上げてもらえませんか?」
「他の編集や添削などの業務も承るので、もう少し単価を上げてもらえませんか?」

というように、適切な伝え方で交渉していきましょう。

3-7.直接交渉をする

3-7.直接交渉をする
最後のポイントは直接交渉をすることです。

Webライターを始めたての頃は、クラウドソーシングでの案件探しでいいでしょう。
しかし案件に慣れて、ある程度高品質な記事が書けるようになったら、直接企業に契約を求めて高単価を狙ってみましょう。

なぜならクラウドソーシングは、高額な手数料が発生するからです。
同じような案件でも、直接契約の方が高単価になる可能性があります。

ある程度実績を重ねたら、ポートフォリオを手に、実力のあるWebライターを探す企業に直接営業をかけてみましょう。

4.高単価Webライターを目指す方からよくある質問

Webライターとして活動していると、いくつか疑問が浮かんでくるでしょう。

その中で、よくある質問を3つまとめました。
高単価Webライターを目指す上で、必ず解消しておくべき問題です。

4-1.Webライターの高単価案件と年齢は関係ある?

4-3.Webライターの高単価案件が詐欺の場合もある?
一般の会社では年齢が若い方が重宝されやすい傾向にあるため、Webライターも同じく年齢が若い方が有利なのかと疑問に思う方もいます。

結論から言うと、Webライターに年齢は関係ありません。

Webライターは記事の質がよければ、年齢が若くても高齢でも構いません。
専門性があり誤字脱字のない文章が書ければ、年齢に関係なく採用され、高単価を目指せます。

Webライターが比較的どんな人でも始めやすいのは、年齢に左右されないのも1つの理由です。

4-2.Webライターの高単価案件はクラウドソーシングに存在する?

Webライター初心者の頃は、クラウドソーシングから仕事を受注する方が多いです。
しかし案件を獲得できるようになってきたら、高単価案件を受注したいと誰もが考えます。

もし確実に高単価案件をとりたいなら、クラウドソーシングで探すのはおすすめしません。
理由は、そもそもほとんどないことや、あっても詐欺まがいのものが多いからです。

クラウドソーシングにもたまに、単価10円以上の高単価案件があります。
しかし、それは詐欺まがいのものがほとんど。
「初心者でもOK」という記載があり、大量にWebライターを募集中の高単価案件は、詐欺案件だと思ってよいでしょう。

詐欺案件に当たらないためにも、ある程度実績ができたらネット検索などでWebライター募集中の企業を探し、直接契約に持ち込みましょう。
確実に高単価案件を狙いたいなら、この方法がおすすめです。

4-3.Webライターの高単価案件が詐欺の場合もある?

4-3.Webライターの高単価案件が詐欺の場合もある?
せっかく高単価案件を受注したのに、実は詐欺だったということも少なくありません。

詐欺案件だった場合、「記事を納品したのに報酬が支払われない」「マルチ商法やネズミ講に勧誘された」「仕事を受注したはずが逆にお金を請求された」といったことが起こります。

このようなトラブルを防ぐためには、受注前に以下の3点が当てはまっていないか確認しましょう。

  • 怪しい募集ではないか(誰でもできる・初心者は大歓迎など)
  • 報酬の価格が相場から外れていないか
  • 募集内容が詳しく記載されているか

これらに当てはまっている案件は詐欺案件の可能性が高いので、応募するのは止めておいたほうがよいでしょう。

5.高単価Webライターのスキルを学びながら稼げる! 「株式会社BRIDGEA」

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
株式会社BRIDGEA」では、随時Webライターを募集しております。

年齢や経験は不問です。

働く意欲がある方を歓迎いたします。

弊社では熟練の編集担当者がレベルに合わせて、Webライターの基礎や応用を無料で指導します。
また執筆した記事は、ディレクターや校正スタッフが記事構成や本文についてのフィードバックを行うため、Webライティングのスキルアップも可能です。

弊社はクラウドソーシングではなく記事作成代行会社ですので、文字単価が1円以下ということもありませんし、自ら仕事を探す必要がありませんので執筆に集中できます。

以下のページでは、報酬例やWebライターデビューするまでの流れをご紹介しています。
詳細をご覧になった上で、ぜひお気軽にご応募ください。

参照:「株式会社BRIDGEA」Webライター募集ページ

6.まとめ

Webライターが高単価案件を獲得するのは簡単ではありません。
しかし記事内でご紹介したコツやポイントをおさえ地道にスキルアップをすれば、短時間で高い報酬を得るのも夢ではありません!

高単価を獲得できるWebライターになるということは、企業に求められるWebライターになる必要があります。
そのためには高いスキルが必要で、スキルを得るには時間がかかります。

しかし一度スキルを得れば、高単価案件を継続的に獲得できます。
時間や場所に縛られず高い報酬を得られるのは、かなり嬉しいですよね。

一朝一夕で高単価Webライターにはなれませんが、目指す価値は十分にあります。
ぜひ今回の記事を参考にして、高単価Webライターを目指してみてください。

高単価案件を受注できれば時間にもゆとりができて、プライベートもより充実するはずです。

関連記事

  1. Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

    Webライティングの8割は構成作り!作り方とコツを解説!

  2. webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

    Webライター未経験者必見!始め方とスキルの磨き方を徹底解説

  3. 副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

    副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

  4. Webライターに必要なものは!必須&おすすめのもの12選を公開

    Webライターに必要なものは!?必須&おすすめのもの12選を公開

  5. 【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

    【体験談】Webライターがきついと思う時9選!楽しむコツを紹介

  6. Webライティングがスキルアップする3つのテクニック

    Webライティングがスキルアップする3つのテクニック