リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?

リード文が超重要!たちまち読者が集まるWebライティングを極めるには?

「リード文の書き方がわからない」
「リード文の執筆に時間がかかる」
「そもそも本当に重要なの?」

などと悩んでいませんか?
毎回リード文を執筆するとき、時間がかかるのは大変ですよね。

リード文の文章は、読者に読んでもらうための重要な要素です。

本記事を読めば、リード文がなぜ重要か理解でき、すぐ使える文の型もわかります。
リード文の執筆で悩んでいる方は、ぜひ最後までお読みください。

1.Webライティングのリード文とは?

Web記事のリード文とは文章のはじめの部分をさし、記事全体の概要を読者に伝える役割を果たします。

リード文で「よい記事か」を判断されるほど重要な文章です。
リード文の上手な書き方を身につければ、読者にとって優良な記事が書けます。

リード文の執筆力は、Webライターにとって必須スキル。
しっかり自分のものにしましょう。

2.リード文を重要視すべき理由

2.リード文を重要視すべき理由
リード文が大切な理由は、以下の3つです。

  1. 読む価値のある記事か判断されるため
  2. 効果が高いSEO対策になるため
  3. リード文を疎かにしている記事と差がつくため

ここからは、それぞれの理由を解説していきます。

2‐1.読む価値のある記事か判断されるため

リード文は、読者が読むか決める判断基準になる文章です。
インターネットで検索をしている読者は「探している文章はあるか」「解決方法は書いてあるか」を探しています。

読者が、記事でまず読みはじめるのがリード文。
リード文で「自分の探している内容ではないな」「面白くなさそう」「文章が下手で読みづらい」などのイメージを与えてしまうと、記事全体を読んでもらえません。

インターネットで記事を読んでいる方は、最後まで目を通していない場合が多いです。
よくても自分の知りたい情報だけを読んでいます。

「読む価値がない記事」と判断されれば、簡単に離脱してしまうでしょう。

2‐2.効果が高いSEO対策になるため

2‐2.効果が高いSEO対策になるため

リード文を読んでもらえれば、必然的に読者の滞在時間がのびます。

なぜなら、「リード文で必要な内容」と思った読者は本文も読み進めていく確率が高まり、関連のコンテンツを見てもらえる可能性も上がるからです。

記事の訪問者がすぐ離脱する、滞在時間の短いリード文はよい文章とはいえません。

Googleからも、読者の滞在時間がのびることで「有益な情報を提供している」と評価が上がり上位表示がかなうかもしれません。
上位表示されることで、さらに記事の読者が増え、良質な記事と評価されるでしょう。

2‐3.リード文を疎かにしている記事と差がつくため

意外と軽く見られがちなリード文。
本文の内容には妥協をゆるさなくても、リード文をしっかり考えて書かないWebライターやブロガーは多いのが現状です。

もちろん、本文の構成や内容が作りこまれていないと、優良な記事とはいえません。
しかし、記事自体を読んでもらえなければ意味がないでしょう。

ほかのWebライターがそれほど意識していないからこそ、「読んでもらえるリード文」を書くことで競合記事と差をつけられます。

「Web記事にとってリード文は重要」と意識して書くようにしましょう。

3.読者の心をつかむリード文を書く手順

3.読者の心をつかむリード文を書く手順
つぎに、書く手順をご紹介します。

リード文の「流れがよくわからない」と、なんとなく書いていませんか。
相手に説明や説得をするとき、話す手順を意識することは重要です。

リード文にも相手に納得させるための手順があります。
これからご説明する手順に沿って、優良な記事を完成させましょう。

3‐1.読者の悩みを明確にする

まずは、読者が抱えている「悩み」を明らかにします。

読者は多くの場合、インターネット上で悩みや問題を解決するために検索をしています。
問題の解決策を探しているとき「〇〇でお困りではないですか?」と、同じ悩みの内容が表示されたらどうでしょうか。
「これこそ私と同じ悩みだ」と興味をもって閲覧してくれることでしょう。

反対に、「読者の悩み」がはっきり書かれていないと「私の悩みとは違う」「面白くなさそう」と思い、記事を離脱してほかの記事へうつってしまいます。

本記事のリード文でも、

「リード文の書き方がわからない」
「リード文の執筆に時間がかかる」
「そもそも本当に重要なの?」

と記述しましたが、「これを悩んでいた!」と同感してもらえたのではないでしょうか。

リード文にキーワードとなる読者の「悩み」を入れることで、読みすすめやすい文章になります。

3‐2.悩みに共感できる文を書く

3‐2.悩みに共感できる文を書く
読者の悩みに共感することで、読者との距離を縮められます。

悩みを明確にした後、共感すると読者は「私のことよくわかっている」「理解してくれている」と感じてくれます。
大きな悩みであればあるほど「共感してくれてうれしい」「わかる人がいるんだ」という気持ちが湧くでしょう。
すると、記事の離脱率が下がり、記事をじっくり読んでくれ、行動を起こすきっかけになってくれるでしょう。

悩みを明らかにするだけでは、読者は行動を起こしません。
共感を積極的にして、読者の行動を起こせるように促していきましょう。

本記事では、以下のように書きました。

毎回リード文を執筆するとき、時間がかかるのは大変ですよね。

この一文を読んで、「わかってくれている」と共感していただけたのではないでしょうか。
共感することで、読み手が「自分のこと」をいっている記事と判断してくれます。
そのため読みすすめてくれ、完読率が上がるでしょう。

3‐3.記事を読んで得られるメリットを書く

つぎに、記事を読んで得られるメリットをお伝えします。

読者は、「この記事を読めばどうなるのか」「悩みは解決するのか」が、とても気になるものです。
そのため、「この記事を読めば悩みは解決する」「理想の自分になる」など、希望ある未来を想像できる書き方にした方がよいでしょう。
自分に関係した明るい見通しの記事だと感じてもらえると、さらに読みすすめてくれます。

本記事の場合は、以下のように書きました。

本記事を読めば、リード文がなぜ重要か理解でき、すぐ使える文の型もわかります。

この記事で「どのようなことがわかるのか」を理解していただけたのではないでしょうか。

読者が、「記事が自分の益になる」と判断してくれるならば、本文も完読してくれます。
メリットを簡単にわかりやすく書くようにしましょう。

3‐4.誰でもかんたんに取り組めることをアピールする

3‐4.誰でもかんたんに取り組めることをアピールする
リード文にとって、「かんたんさ」のアピールも重要です。

「かんたん」「すぐできる」と書いてあると誰でも読んでみたくなりませんか。

本記事では、

すぐ使える文の型もわかります。

と書きました。
しかも「すぐできる」と書いてあれば、「ちょっと読んでみてもいいかな」と思う読者もいるでしょう。

現代人は、スマートフォンの普及などによって、短い時間でたくさんの情報を得たいと思う傾向があります。
少しの時間で楽に有益な情報が手に入るとわかれば、読みすすめてくれる確率はさらに上がるでしょう。

また、読めばすぐ書ける「リード文の型」についてもご紹介しました。
読むだけで「かんたんに書けるようになる」という期待感をもっていただけたのではないでしょうか。

かんたんさをアピールして読者の離脱を防ぎましょう。

4.リード文を書く4つのポイント

4.リード文を書く4つのポイント
ここからは、リード文を書く際のポイントを4つご説明します。

4つのポイントを押さえて書くだけで、リード文が書きやすくなることを実感していただけると思います。
かんたんに取り入れられるため、ぜひお試しください。

4‐1.記事を読んでほしい読者を想像する

リード文を書くときに考えてほしい点は、「読んでほしい読者を想像する」ことです。

伝えたい読者、つまりペルソナです。
ペルソナ設定をして、誰にとって有益な情報なのか明確にしましょう。

ペルソナを設けることで
「自分に向けた記事だ」「これこそほしい情報だ」
と読者に興味をもってもらえます。

ペルソナの設定方法は、まず大枠のターゲットを決めましょう。
「30代 Webライター 主婦」にするのであれば、その層について徹底的にリサーチをします。
SNSを活用し、調査のデータを参考にするなど、多くの情報を集めましょう。
インタビューやアンケートを実施するのもよいでしょう。

情報を集めたらグループ化し、1人の人間にイメージを絞ります。
そのとき、筆者の都合のよい希望や思い込みを入れないように気を付けましょう。
名前や見た目など設定すると、ペルソナがよりリアルな人物像となります。

ペルソナを意識してライティングすることで、「欲しかった情報」だけでなく読者が「関連した有益情報」も得られる記事が書けます。
ペルソナ設定によって、より読者に寄り添った記事が完成するでしょう。

4‐2.文字数は150文字から250文字

4‐2.文字数は150文字から250文字

リード文の文字数は、特には決められていません。
しかし、リード文が長すぎると訪問者が離脱してしまいます。

リード文は長すぎない300文字まで、150文字から250文字程度がよいでしょう。
読者に記事の内容を簡潔に伝えられる長さであることが重要です。

書く側の要約能力も必要ですが、ターゲットとなる読者がしっかり想定されていれば、それほど難しくはありません。
読者にわかりやすく伝えることをしっかり意識して書いていきましょう。

情報が多すぎると、読者の気持ちをつかむどころかかえって逆効果になります。

ほかにも、「冗長な表現になっていないか」気をつけてください。
文章がコンパクトにまとめられていると、読みやすくなります。
シンプルな文章を心がけましょう。

4‐3.キーワードを入れる

Googleの検索結果で上位表示を目指すには、検索内容と関連性が高い情報と認識される必要があります。
そのためには、リード文の中に関連させたいキーワードを入れることが大切です。

本記事では「Webライター リード文」をキーワードにしました。

検索結果の上位に表示されれば、アクセスしてもらいやすくなります。
キーワードを入れて、読んでもらいやすい記事にしましょう。
ただ、むやみにキーワードを入れようとせず、文脈や流れを意識して自然に含めるように気を付けてください。

4‐4.リード文を書いたら見直す

4‐4.リード文を書いたら見直す
リード文を書き終えたら、何度か見直しましょう。

リード文は、本文の要約です。
本文とリード文の内容に相違があると読者が混乱してしまいます。
本文執筆後にもリード文を読み、修正が必要であれば書き直しましょう。

また、リード文がすすまないときは、本文から書いてみるのもよいかもしれません。
リード文に悩んでいる時間はもったいないです。
悩んでいる時間があれば、本文を書きすすめていきましょう。

本文執筆後は、記事の重要な情報がしっかり頭に入っています。
記事内容が整理された状態でリード文を執筆すれば、思いのほかすらすらリード文が書けます。

5.2種類のリード文のパターン

ここからは、リード文のパターンをご紹介します。

リード文を書くときに、ある程度パターン化しておいた方が書きやすいでしょう。
今回ご紹介するのは、下記2種類のパターンです。

読者の悩みに共感し親しみを得る書き方
読者の悩みを明確にして理想を強調する書き方

どちらのパターンも真似すれば、Web記事のリード文が書けます。
簡単に取り入れられるため、ぜひお試しください。

5‐1.読者の悩みに共感し親しみを得る書き方

5‐1.読者の悩みに共感し親しみを得る書き方
まずは、読み手の悩みに共感し親しみを得る書き方からご紹介します。

「〇〇できない」「〇〇は必要なの?」などと悩んでいませんか。

〇〇したいのにうまくいかないと落ち込んでしまいますよね。
そのようなときは、□□がおすすめです。
□□することで、△△ができるようになりますよ。

本記事では、~~の方法をご紹介します。
○○でお困りの方は、ぜひお試しください。

上記のような書き方により、読者は「この記事は自分のことを考えている」「まるで相談を聞いてくれている」と感じ、親しみをもってくれやすいです。
親近感が増し、安心して読んでくれるでしょう。

5‐2.読者の悩みを明確にして理想を強調する書き方

つぎに、読者の悩みを明確にし、理想を強調する書き方をご紹介します。

あなたは〇〇のようなお悩みをもっていませんか?

〇〇といった悩みは、●●を引き起こし△△となってしまうかもしれません。

しかし、〇〇を解決するためには××をすればよいでしょう。

××をすれば、〇〇が解決され、理想の自分に一歩近づくはずです。
ぜひ、××を取り入れてください。

上記の書き方は、悩みを明確にしてその後不安に注目させるような表現をしました。
不安を感じた読者に解決方法を伝え、その後の明るい未来を想像させる書き方です。

強めに推す書き方ですが、本当に大きな悩みを抱えている方は素晴らしい解決方法を常に探しているものです。
「不安な部分も共感してもらえた」と感じ、必要なアクションに繋がりやすくなるでしょう。

どちらの方法も活用しやすい書き方です。
自分に合った方法または、そのときに書きやすい方法をご利用ください。

6.まとめ

リード文は、Web記事にとって重要な部分です。
リード文の質によって、よい記事か悪い記事かの目安にもなります。
せっかく素晴らしい内容の文章であっても、リード文で離脱されると、記事の本文は読まれません。

本記事の書き方の例を参考にして、リード文を書いてください。
はじめは難しいかもしれませんが、何度も書くことで少しずつ慣れてくるでしょう。
パターンをいくつか用意して、型にはめてしまえば、すらすらとリード文が書けますよ。

初心者Webライターは、つい手を抜いてしまいがちなリード文。
しかし、読者がはじめに読む、記事の主要部分と理解して書くことは大切です。

読者の気持ちを動かすリード文を習得して、Webライターとしてさらにステップアップしましょう。

関連記事

  1. Webライターに必要なものは!必須&おすすめのもの12選を公開

    Webライターに必要なものは!?必須&おすすめのもの12選を公開

  2. クラウドソーシングの記事作成(Webライティング)料金っていくら?

  3. Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

    Webライターで生計を立てられる!具体的な案件獲得方法も解説

  4. 未経験者(バイト)も稼げる!Webライティングの基本知識と収入を公開

    未経験者(バイト)も稼げる!Webライティングの基本知識と収入を公開

  5. Webライターの始め方ABC!効率的な取り組み方を徹底解説

    Webライターの始め方ABC!効率的な取り組み方を徹底解説

  6. Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選

    Webライティング指南|テストライティングに受かるコツ10選