Webライターは受注の安定がカギ!!仕事安定のための方法と対策

Webライターは受注の安定がカギ!!仕事安定のための方法と対策

これからWebライターを始めようとする方にとって、仕事を受注する方法はもっとも知りたいことの一つではないでしょうか?
同時に、それが安定した収入につながるのかどうか不安を感じる方も多いようです。

Web情報がビジネスチャンスに大きく関わる現代では、Webライターを必要とする企業は数多く存在します。

自社の商品やサービスをより多くの人々へより詳しく発信するために、Webライターの記事は重要な位置を占めるからです。

しかし、Webライターの仕事を安定して受注できるかどうかは、ライター自身がどのように活動するかで変わってくるでしょう。

この記事では、受注の方法だけでなく受注率を上げるための3つのコツをご紹介します。
併せて、受注を得るために必要なスキルについても体系的に解説いたします。

1.安定した受注がWebライターの収入の安定につながる!

Webライターとして安定した受注を得ることが、収入の安定につながります。

企業の社員やパート・アルバイトであれば、決められた時間働けば契約時の収入は確保できるでしょう。

しかし多くの場合、Webライターの業務委託契約では、記事納品完了時点に契約は終了してしまいます。

どんな契約をどのようなペースで受注するかによって、月々の収入は大きく変わります。
つまりWebライターとして安定した生活をするには、安定した受注がカギなのです。

1-1.Webライターが仕事を受注するための条件

1-1.Webライターが仕事を受注するための条件

Webライターが安定して仕事を受注する条件とは、クライアントの意向に沿う記事を書けるライターであること。

そのために必要なスキルは以下の2つです。

  • クライアントの意向を確実に把握する「理解力」
  • クライアントの意向に沿った記事を作成する「技術力」

Webライターの仕事はクライアントの意向に沿う記事を書き、クライアントの望む結果へとつなげることです。
たとえばクライアントが企業であれば、Webライターの記事には、自社の売上やブランディングに貢献することを期待されます。

これらのスキルを持つライターは仕事を安定的に受注できるのです。

1-2.Webライターの受注に関する現実!

Webライターの受注に関しては、個人差が大きいのが現実です。
希望する収入を得られないWebライターがいる一方で、高額を稼ぐライターも存在します。

こうした個人差は、個々のWebライターの実績やスキルの差をそのまま反映しています。

Webライターの案件はWeb上で募集されるため、一つの案件に複数の応募者が存在するのが一般的です。
すると、実績やスキルのあるWebライターにどうしても受注がいくでしょう。

クライアントが期待するのは記事が生み出す結果であるため、より良質な記事を作成できることが採用の決め手となるのです。

1-3.Webライターに営業は必要?

1-3.Webライターに営業は必要?

「受注を得るための積極的な行動」を営業活動とするならば、Webライターにも営業は必要です。
自身のブログやSNSなどでする「受注を促すアピール」のをするのはもちろんですが、多くのWebライターは併せて以下のような努力もしています。

  • 募集中の案件への継続的な応募
  • 企業や記事制作会社の求人への応募
  • 既存顧客への発注の依頼

クライアントから直接依頼がくるWebライターになるまでは、受注を得るための能動的な行動が重要です。

2.Webライターが仕事を受注するための方法

Webライターが安定して仕事を受注するためにもっとも大切なのは、受注方法です。

どんな方法を選ぶかによってその後の働き方が変わるため、自身の状況に合った方法での受注を考えましょう。

2-1.クラウドソーシングサイトで応募

2-1.クラウドソーシングサイトで応募

クラウドソーシングとはインターネットを利用して、不特定多数の人にWeb上でできる業務を委託するシステムです。

クラウドソーシングサイトでの受注は、豊富な案件の中から登録者が自由に応募できるのが特徴です。
以下に代表的な3社をご紹介します。

・クラウドワークス
業界最大手のクラウドソーシングサイト。
難易度や自分の状況に合わせて応募し、クライアントから採用されれば受注決定です。

・ココナラ
日本最大級のスキルマーケット。
個人のスキルやサービスを商品化して出品し、購入者が現れると受注となります。

・ランサーズ
クラウドソーシングサイトのパイオニア。
案件応募形式とスキル販売、両方の要素を併せ持つ大手サイトです。

2-2.企業での直接契約・雇用

一般企業でのWebライターの仕事は、インターネット事業部などに所属して自社サイトの充実をはかったり、自社製品の販促活動になる記事を作成したりするのがおもな業務です。

働き方は従業員としての直接雇用のほか、在宅ワーカーやリモートワーカーとして業務委託契約を結ぶ場合もあります。

直接雇用で働く場合は、月々の収入が安定していることが魅力ですが、在宅ワーカーやリモートワーカーも継続を前提とした業務委託契約のため、安定した受注を得ることができます。

ただし常に募集しているわけではないので、一般企業でのWebライターの仕事を希望する場合は、求人情報のこまめなチェックが必要です。

2-3.記事作成代行業者への登録

2-3.記事作成代行業者への登録

記事作成代行業者に専属Webライターとして登録することでも、受注の機会を得られます。

専属ライターの募集は経験の有無に関係なく行われますが、採用に当たってはテストライティングに合格する必要があります。
これは、誰でも無条件で登録できるクラウドソーシングサイトとの相違点の一つです。

記事作成代行業者の募集に採用されると、経験の浅いライターは記事作成の基礎から指導を受けることができます。
プロライターの実際の仕事を身近に見ながらスキルアップの機会を得られるので、応募者にとって大きなメリットがあるといえます。

働き方は、継続を前提とした業務委託契約です。

3.Webライター受注率アップのための3つのコツ

Webライターの受注率をアップさせるコツは、提示される案件をただ待つのではなく「積極的な受身」で待つことです。

受注契約が「クライアントから選ばれることで決まる」ため、ライター側はどうしても受け身になりがちです。
しかし「積極的な受け身」の姿勢であれば、受注の可能性が高まります。

この章では、受注率をアップさせる3つのコツをご紹介します。

3-1.実績を提示する

3-1.実績を提示する

過去の実績は、提示の仕方次第で受注率アップへつなげることができます。

一般的にはただ記事の題名とURLを貼って満足しがちですが、記事の状況や結果などについてもぜひ書き足してください。

可能であれば以下の情報があるとより具体的です。

  • 記事の検索順位やPV数
  • 記事を執筆した媒体

実績はあくまでも参考に過ぎませんが、高評価が得られれば受注への足掛かりとなります。

3-2.ブログを運営する

受注率をアップさせるために、ブログの運営はかなり有効な手段といえます。

なぜなら、ブログの作成そのものが記事作成スキルを磨くことになるからです。

多くの人に読まれるブログを書くためには、基本的な文章力だけでなく読み手を意識した構成やSEO対策も必要となります。
こうしたスキルはそのまま記事作成のスキルになり、受注率アップに貢献するのです。

もしもブログが上位表示されればスキルの証明にもなり、受注の可能性がさらに高まるでしょう。

3-3.Webライティングに必要なスキルを身につける

3-3.Webライティングに必要なスキルを身につける

Webライティングに特化したスキルを身につけることは、受注率アップに欠かせません。

  • 基本的な文章力
  • SEO対策に関する知識
  • 読者を引き付けられるコピーライティング力
  • 信頼できる情報を提供するためのリサーチ力

もしも受注率が伸び悩んでいるのであれば、基本に返って上記のようなスキルをしっかり身につけましょう。
それが現状より受注率をアップさせる3つ目のコツです。

4.多数の受注を得られるWebライターになるために必要なスキル

多くの受注を得ているWebライターが必ず身につけているWebライティングのスキルには、以下のようなものがあります。

  • 多くの人に読んでもらうためのSEO対策
  • 最後まで読み進めてもらうための文章力

また受注契約を多く結ぶためには、基本的なビジネス力も必要です。

4-1.SEO対策

4-1.SEO対策

SEO対策とは、検索時に記事を上位に表示させる工夫のことです。
代表的な方法は、次の3つです。

  • 良い記事を書く
  • キーワードを意識する
  • 自然な流れになる構成を考える

読者にも検索エンジンにもわかりやすい、自然な文章と構成で記事を書くことがSEO対策の基本です。

上位に表示されれば記事が読まれる可能性が高くなるため、多くの受注を得ているWebライターは必ず習得しています。

4-2.文章力

最後まで読んでもらうための文章力とは、読みやすい文章を書くスキルのことです。

  • 一文が長すぎない
  • 主語と述語がきちんと対応している
  • 項目の最初に結論がある
  • 論理に矛盾がない
  • 信頼性が高い

以上の点に配慮した文章は、読みやすいうえにSEO対策としても効果的です。

専門的な内容をのぞけば、小学校6年生でも理解できる文章の作成を目安にするとよいでしょう。

4-3.基本的なビジネス力

4-3.基本的なビジネス力

社会人として仕事を受注する以上、Webライターにも基本的なビジネス力は必要です。

どんな職業にも通じる一般的なビジネススキルには以下のようなものがあります。

  • 業務の確実な遂行
  • 円滑な対人関係
  • 問題点の冷静な見極め
  • 納期やレギュレーションの遵守
  • 状況に応じた報告、連絡、相談

社会人としてのルールを守って、クライアントと信頼関係を構築すること。
それが継続的な受注につながります。

5.Webライターが受注に必要なスキルを身につける方法

受注に必要なスキルを磨くには、学びと実践が欠かせません。

ではどのように学び、どのように実践すれば、効果が上がるのでしょうか。

この章では、これらのスキルを身につける3つの方法をご紹介します。

5-1.書籍を読む

5-1.書籍を読む

書籍を読む方法は、まずは知識からじっくり学びたい方におすすめです。

Webライターが学ぶべきスキルについてのすべての項目を網羅したものから、とくに必要なスキルに限定して解説したものまで、Webライティングに関する書籍は多数あります。

納得できる一冊を手元に置き、繰り返し読みながら実践することで学びが深まるのではないでしょうか。

5-2.ライティングスクールに通う

Webライティングに関するスクールや講座は、講師による添削指導を受けられるところが大きな魅力です。

講習料は学習期間によって大きく違いますが、一般的に3~6カ月程度で2~4万円前後。

学びたい項目を一日だけ、数千円程度で学べるものから、受講料は30万円程で期間は無制限、受講後の仕事がセットになったものまで、バラエティに富んでいます。

5-3.記事執筆を通じて学ぶ

5-3.記事執筆を通じて学ぶ

技術を習得するには、実際にやってみることが大切です。

ブログの開設がおすすめですが、難しいようならブログ風にテーマを決めて、まとまった文字数の記事を書いてみましょう。
書いた後は同じテーマの記事をネットから探して、上手だと思う記事と自分の記事を比較してみるとさらに勉強になります。

また記事作成代行業者への登録は、実際に記事を執筆しながら指導を受けられるため、おすすめの方法です。

6.まとめ

Webライターとして安定した生活をするカギは、スキルの充実と継続的な受注です。
具体的なスキルは以下のとおりです。

仕事を受注するためのスキル

  • クライアントの意向を把握する「理解力」
  • 求められる結果を導く「技術力」

多数の受注を得るためのスキル

  • SEO対策の知識
  • 文章力
  • 基本的なビジネス

こうしたスキルを手にするには独学で頑張ることも方法の一つですが、プロの指導が受けられれば飛躍的にスキルアップできるでしょう。

もしもあなたがWebライターとしてのスキルアップを希望しているなら、記事作成代行業者への登録という選択肢はいかがでしょうか。
株式会社BRIDGEAが運営する「記事作成代行Pro」では、専属Webライターを募集中です。

関連記事

  1. 月10万は射程圏内!Webライターが着実に稼ぐための6ステップ

    月10万は射程圏内!Webライターが着実に稼ぐための6ステップ

  2. Webライティングにおける文字数の重要性|記事の質にも影響!?

  3. Webライターで稼ぐのは大変!実情と儲からないときの対策を解説

    Webライターで稼ぐのは大変!?実情と儲からないときの対策を解説

  4. Webライターに必要なものは!必須&おすすめのもの12選を公開

    Webライターに必要なものは!?必須&おすすめのもの12選を公開

  5. 大学生はWebライティングで稼げる?収入事情と稼ぐコツを解説

    大学生はWebライティングで稼げる?収入事情と稼ぐコツを解説

  6. Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!

    Webライティングは主婦の在宅ワークにピッタリ!