【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコツ

【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコツ

Webライターは、在宅ワークが可能でプライベートとのバランスをとりやすい仕事です。
そのため、文章を書くのが好きな方はもちろんですが、Webライターになりたい方は少なくないでしょう。

Webライターになるには、正社員Webライターとして転職をするかフリーランスとして独立をするかのいずれかです。

「Webライターになって自由な働き方を確立したい」
「おすすめの転職方法を知りたい」

失敗しないコツもご紹介しているので、このようなニーズがある方は、ぜひこの記事を参考にWebライターを目指してみてください。

1.Webライターになるには転職と独立の2種類

Webライターになる方法は、大きく分けて2種類あります。

  • 転職(今の会社をやめてWebライターを募集している会社に就職する)
  • フリーランスのWebライターになる

それぞれどのような方法でWebライターになれるかを見ていきましょう。
各方法の特徴も併せてお伝えします。

1-1.Webライターを募集している会社に転職する

1-1.Webライターを募集している会社に転職する
Webライターになる方法の一つは、「Webライターを募集している会社に転職すること」です。

世の中にはさまざまな職業がありますが、Webライター要員を必要としている会社も少なくありません。

情報発信にインターネットを使うことが多い最近は、Webに掲載する記事コンテンツを必要とする企業が多く、Webライターの需要があるのです。
そのような会社の求人情報に応募します。

特定の会社に転職する場合、一定額の給料をもらえるため収入が安定します。
ただし、勤務時間や勤務地などの自由度はそれほど高くありません。

仕事内容に関しては、執筆テーマが会社に関連する特定の内容になる可能性があります。
作業内容も、会社側からそのときのニーズによって求められる作業を行うことになるでしょう。

ちなみに、未経験でもこの方法でWebライターになることは可能です。
実際、求人を検索すると「未経験可」で募集している会社は見つかります。

とはいえ一般的には、スキルや実績がないとWebライターとして転職するのは簡単ではありません。

1-2.フリーランスとして活動する

Webライターになる別の方法は、「フリーランスとして活動すること」です。

こちらの選択肢の場合、特定の企業に就職するのではなく自営でWebライターの仕事を行います。

具体的には、クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社などから割り当てられる仕事をこなしていきます。

企業に所属しないため固定給はもらえない一方、在宅ワークができるほか勤務時間の都合も自分でつけやすく自由度が高いです。

執筆テーマは、「医療系」「金融系」「美容系」など自身の得意分野を選ぶこともできますし、多方面のジャンルで活躍することも可能です。
※Webライターの執筆ジャンルについては、以下の記事も参照してください。

参照:Webライターが稼げるジャンルとは?狙うべき方向性を解説

作業内容についても、受注する案件を自分で決める分、「執筆だけなのか」「入稿も行うか」「取材はあるか」など作業範囲はその時々で変わります。

2. Webライター募集中の会社に転職するステップ

ここからは、Webライターを募集している会社に転職するステップについて解説します。
大まかには、以下の3ステップを踏みます。

  • 書類の準備と求人情報集めを行う
  • 求人に応募する
  • 退職手続きを行う

各ステップの詳細を見ていきましょう。

2-1.書類の準備と求人情報集めを行う

2-1.書類の準備と求人情報集めを行う
最初のステップは、「書類の準備と求人情報の収集」です。

このステップで行う具体的な作業は、以下のとおりです。

  • 転職目的の整理(なぜWebライターになりたいのか、何を目標にしたいかを決める)
  • 自己分析(自身のストロングポイントやスキル・キャリアなどの棚卸)
  • 書類作成(履歴書や職務経歴書の作成)
  • 求人情報のチェック

書類作成に関しては、どの会社に応募する際にも共通する項目(自身に関する基本情報や職務経歴など)を記入しておきます。
強みやPRポイントを書く欄については、応募先の募集要項に合わせて「アレンジ」できるよう、この時点では空白にしましょう。

求人情報の内容は、具体的にチェックすることが大切です。
給料や福利厚生などを現在の仕事と比較し、大幅な変動がないか確かめます。

また、勤務地も確認しておきましょう。
出社に関する記載を見て、在宅ワークが可能かチェックします。

さらに、求められているスキルや経験がないかも大切な確認項目です。

仮に「未経験」と書かれていても、優遇されるスキルや経験がある場合が少なくありません。
何かしら記載事項に合致する強みがあるなら、採用で有利になるでしょう。

2-1-1.Webライターの求人例①

Webライターを募集している求人例を2つご紹介します。
※「Indeed」より引用

1つ目の例は、医療系サイトの執筆や編集・校正の仕事です。

医療系Webライター求人例

参照:「Indeed

詳細に記載されているように、医療系ライティング経験者が優遇されており、未経験向けというよりはベテランライター向けと思われる求人です。

また取材も行うため、執筆だけでなくコミュニケーション能力の高さも求められます。

2-1-2.Webライターの求人例②

2つ目の例は、自社サイトや自社SNSに掲載する記事を執筆する仕事です。

Webライター求人例2

参照:「Indeed

雇用形態はアルバイトです。在宅作業が可能で、時給が高めに設定されています。

未経験者ではなく、「WordPress」の利用スキルやライティング実績が求められます。
またSEOのノウハウも必要で、ライティング初心者向きではありません。

2-2.求人に応募する

2番目のステップは、「求人への応募」です。

気になる求人が見つかったら、応募してみましょう。
前のステップでしっかり書類作成を終えておけば、スムーズに応募しやすいです。

新しい会社に応募するのは勇気のいることですが、「応募先の募集要項と自信のニーズや希望が合致している」と感じたら、できるだけ早く行動するようおすすめします。

会社が中途採用の募集をかける場合、できるだけ早く人材を欲しがっている可能性が高いです。
応募に時間をかけてしまうと、その間にほかの求職者が採用されてしまうかもしれません。

仮に採用されなくても、Webライターを募集している会社が求める人材イメージをつかむのに良い機会となるでしょう。

面接の段階に至ったら、ステップ1で棚卸しておいた自身のPRポイントや転職目的などをはっきり伝えます。

ワンポイントとして、オンライン面接の場合は、現地面接のときよりも雰囲気が伝わりにくいきらいがあります。
そのため、意識的に声のトーンの上下を明瞭にしたり、顔の表情で相手の話を聞いている雰囲気を出したりと工夫しましょう。

2-3.退職手続きを行う

2-3.退職手続きを行う
最後のステップは、「退職手続き」です。

内定をもらえて転職の決断がついたら、退職手続きに進みます。

「最低でも1ヵ月前までに退職願いを出すと良い」といわれることがありますが、現在の仕事の状況によりベストタイミングは異なります。

以下のような点に留意して、手続きのタイミングを決めてください。

  • 引継ぎ作業にかかる時間
  • 離職票の発行や保険の変更手続き
  • 貸与品の返却手続き
  • 有休の消化日数

3.転職でなくフリーランスWebライターとして独立するためのステップ

続いて、フリーランスのWebライターとして独立する際のステップをご紹介します。
大まかには、以下の2ステップだけです。

  • クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社に登録する
  • 退職手続きを行う

各ステップを詳しく見ていきましょう。

3-1.クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社に登録する

3-1.クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社に登録する
最初のステップは、「クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社にWebライターとして登録ないしは在籍すること」です。

このステップは、在職中に行えます。

クラウドソーシングサイト記事作成代行会社の場合は、会社がクライアントからの案件をWebライターに割り振ります。
※弊社「BRIDGEA」も経験・未経験問わずWebライターを募集しております。

これらのサービスに登録・在籍して、フリーランスとして活動する下地を作っておきましょう。

なお未経験の方の場合は、事前にWebライティングやSEOの知識を学習しておくと良いです。

3-2.退職手続きを行う

2つ目のステップは、「退職手続き」です。

手続きのタイミングや注意事項に関しては、先述の転職時のステップと同様です。

Webライターに関する基礎学習を終え、Webライティングの仕事を受注できるサービスに登録できたら、現在の仕事を辞めて執筆の仕事に集中します。

クラウドソーシングサイトで仕事する場合は、案件にどんどん応募して学んだことを実践してください。

記事作成代行会社で働く場合は、編集者の指示のもと、与えられる案件を誠実にこなしていきましょう。

学習量と案件数が増えるほど、収入を上げられます。

4.Webライターは転職・独立ともにスキル獲得が重要

ここまで、Webライターになる方法を2つご紹介しました。

転職の場合も独立の場合も、大事なのはスキル獲得です。

どちらの道を選ぶにしても、「現在の仕事を辞める前」にWebライターの下地を十分作っておくことがキーポイントです。

離職前に執筆の実績がなくても、仕事の概要や具体的な作業内容・そのテクニックなどについての知識に習熟しておけば、転職・独立は少なからずスムーズになります。

4-1.Webライターのノウハウを学ぶ

4-1.Webライターのノウハウを学ぶ
Webライティングの基礎や応用、SEOの仕組みやコツについて解説するメディアは多く存在します。

それらのメディアでベーシックな知識を取り入れることが、スキル獲得の第一歩です。

WebライティングとSEOそれぞれについて学べるメディアをいくつかご紹介しましょう。

4-1-1.Webライティングのイロハを学べるメディア

Webライティングのノウハウを学べる書籍を2つご紹介します。

「そもそも読みやすい文章の書き方がわからない」
「不特定多数の方にとって読まれやすい文章がどのようなものか、一から学びたい」

このような場合は、以下の書籍などを読み込んでテクニックを習得しましょう。

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生

こちらの書籍は、Webライティングビギナーにわかりやすい1冊です。

「一般社団法人 全日本SEO協会」の認定SEOコンサルタントとして活躍する福田多美子氏が著者の一人で、伝える技術や記事構成の作り方など、プロのテクニックを教えてもらえます。

「うまく書けない」「読んでもらえない」などの悩みがある方におすすめです。

100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60

こちらの書籍の著者は、フリーのコラムニストとして活躍している東香名子氏。
女性サイト編集長時代に、サイトアクセス数を650倍にした凄腕の持ち主です。

記事のテンプレートやターゲット設定・5W1H分析など、100倍読まれる文章の型枠を学びたい方におすすめです。

4-1-2.SEOの知識を深められるメディア

続いて、SEOの知識を深められるメディアについて見ていきましょう。

Webライターの仕事においては、企業のブログ記事が最も多い案件です。

企業はブランディングや商材PRのために、サイトに掲載する記事コンテンツを少しでも高く上位表示することを目標にしています。
そのカギとなるSEOを学ぶことで、Webライターとしての実力や信頼感がアップします。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方[MFI対応]

こちらの書籍は、図解が豊富なセミナー形式の解説書であり、SEOの考え方や対策ポイントを広く学べます。

著者はSEOのプロ集団である「アユダンテ株式会社」の代表取締役やSEOコンサルタントの面々。
エキスパートたちによる丁寧な解説で、SEOの実践ノウハウを習得できます。

ミエルカチャンネル

こちらはWebマーケティング会社「株式会社Faber Company」が運営するYouTubeチャンネルです。

対話形式の動画がメインで、SEO初心者の方でもわかりやすい構成になっています。
SEOの第一線で活躍する専門家たちが、SEOの最新情報やSEOの仕組み・記事の質を上げる方法などについて幅広く語ります。

「文章を読むよりも動画で見る方が頭に入りやすい」方におすすめです。

5.未経験者は副業から始めるのがおすすめ

先述ご紹介したステップを見ると、Webライターへの転職・独立の道はそれほど難しくないように見えるかもしれません。

しかし実際には、以下のような壁が待ち受けているものです。

  • Webライターを募集している会社への転職→スキルやノウハウがないとなかなか採用されない
  • フリーランスとして独立→ライバルのWebライターがいるため案件獲得が思うようにいかない

転職の場合は「採用の壁」、フリーランスの場合は「競争の壁」があります。

未経験でWebライターの世界に飛び込もうとしても、本業として確立するのは決して容易ではありません。

そこでおすすめなのが、「副業Webライター」です。

現職を辞めて本業としてスタートするのではなく、まずは副業として実力と実績を積んでから転職・独立の道を考えると、より現実的な目標になるでしょう。

副業Webライターのメリットには、以下の点が挙げられます。

  • 転職や独立の際に実績やスキルをアピールできる
  • 自分自身の適性を見極められる

現職をすぐに離れるべき事由がある場合は別として、現職とWebライター業をしばらく兼業するなら、より安定したキャリア設計をしやすいでしょう。

6.Webライター転職に関するQ&A

Webライターの転職や独立について、多くの方が気になる質問を3つご紹介します。

  • Webライターの年収はどれくらい?
  • 転職エージェントを使った方が良い?
  • Webライターに向いている人はどんな人?

離職する前の準備知識として、参考にしてください。

6-1.Webライターの年収はどれくらい?

特定の会社に勤める場合、Webライターの年収はおおよそ「400万円」ほどです。
また、フリーランスとして働く場合は「300万円」くらいをイメージしておけます。

ただし、Webライター数は非常に多く存在し、実績や実力には天と地ほどの差があります。
稼げるベテランライターは年収500万~1,000万円を手にしている場合がある一方で、年収200万円以下の方も多くいらっしゃいます。

どれほど実力と実績を高められるかが、年収を左右する大きな要素です。

6-2.転職エージェントを使った方が良い?

6-2.転職エージェントを使った方が良い?
転職エージェントを使うメリットは、さまざまあります。

  • 非公開求人情報や企業の内部情報を把握できる
  • 履歴書や職務経歴書の作成および面接対策などのサポートを受けられる
  • 企業と転職希望者との間で調整役をしてくれる(条件交渉やスケジュール管理など)

無料で利用できるため、初めて転職する場合などサポートが欲しい場合にお願いするのも手です。

6-3.Webライターに向いている人はどんな人?

以下のような点に該当する方は、「向いている方」といえます。

  • 「説明がうまい」といわれる人
  • さまざまなことに興味を持つ人
  • 気になることはとことん調べる人
  • 何事にも向上心がある人
  • 相手の話に耳を傾けられる人
  • 約束をしっかり守れる人
  • ネットサーフィンやタイピングに慣れている人
  • ガジェット好きな人
  • 物事を例えるのが好きな人

向き・不向きに関するより詳しい情報は、以下の記事が参考になります。

参照:【実は天職!?】ライターに向いている人の9の特徴を解説!

7.副業歓迎!「BRIDGEA」でWebライターになろう!

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「まずは副業からWebライターを経験したい」
「現職をキープしたまま少しずつ執筆スキルを高めたい」

そんなみなさま、弊社「BRIDGEA」で、Webライターノウハウとスキルを学びながら副業を始めてみませんか?

弊社では経験者・未経験者を問わず、Webライティングの仕事を始めたい方を募集しております。

みなさまのご都合の良い働き方で、執筆の仕事を割り当てさせていただきます。

実践経験がなくても問題ありません。
弊社の編集スタッフがWebライティングやSEOの知識を無料で指導するため、安心して仕事を始められます。

「いずれWebライティング一本で稼いでいきたい」方。

以下の募集ページで弊社サービスの概要や収入例などをご覧いただき、どうぞ積極的にご応募ください。

参照:Webライター募集ページ

8.まとめ

Webライターになるには、「Webライターを募集している会社への転職」と「フリーランスとして独立」の2つの方法があります。

どちらを選択するにしても、事前にWebライティングやSEOの知識を十分インプットしてスキルアップすることが必須です。

そのため、未経験者の場合や将来的に1人前のWebライターとして活躍したい場合は、まず副業Webライターになることをおすすめします。

弊社「BRIDGEA」もWebライターになりたい方を丁寧にサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

    Webライティングの外注費用相場は?予算決めに役立つ情報を伝授

  2. Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説

    Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説

  3. Webライティングの外注業者比較!外注する3つのメリットとは?

    記事作成を外注する3つのメリットとは?

  4. 未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

    未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

  5. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント

  6. Webライター初心者の収入はいくら!効率的に稼ぐ13の方法

    Webライター初心者の収入はいくら!?効率的に稼ぐ13の方法