副業Webライターの始め方を解説!収入増のコツと注意点もご紹介

副業Webライターの始め方を解説!収入増のコツと注意点もご紹介

「在宅でできる副業をやってみたい!」と思っているみなさん。

Webライターは副業に向いている仕事であり、始めるとさまざまなメリットを味わえます。
「副業解禁」の風潮が高まっている今、収入アップを目指してWebライターになってみませんか?

この記事では、以下の点をわかりやすく解説しています。

  • 副業Webライターになるメリット
  • 副業Webライターの始め方
  • 副業Webライターになる際に覚えておくべき注意点

最後に、気楽に副業Webライターを始められるサービスもご紹介します。
ぜひ副業Webライターの魅力に触れてみてください。

1.副業でWebライターをやる5つのメリット

副業でWebライターを始めることには、少なくとも以下の5つのメリットがあります。

  • 収入が増える
  • 在宅時間を有意義に使える
  • 収入経路を分散してリスクを軽減できる
  • 未経験でも始めやすい
  • プライベートに役立つことを学べる可能性がある

それぞれのメリットを見ていきましょう。

1-1.収入が増える

1-1.収入が増える
副業でWebライターとして活躍できれば、収入が今よりも増えます。

「本業だけだと余裕がない」
「将来のことを考えて貯金したい」

このようなニーズがある方にはぴったりです。

副業であればどの職種でも収入アップに直結しますが、Webライターの良いところは、頑張りしだいで収入を上げ続けられることです。

始めたばかりの頃は多くの報酬をもらえなくても、効率よくかつ良質な記事を書けるようになれば、2倍・3倍とアップします。

固定給ではないゆえに、工夫して働かないと割に合わない恐れもありますが、向上心がある方は大きな収入源になりえます。

1-2.在宅時間を有意義に使える

1-2.在宅時間を有意義に使える
副業Webライターには、在宅時間を有意義に使えるメリットもあります。

基本的に、Webライターに必要なものはインターネット環境とパソコンのみです。

そのためこれらのものが揃えば、どこでも好きな場所で働けます。
自宅はもちろん、カフェや旅行先でも問題ありません。

本業を抱えている方にとって、本業修了後に副業を行う特定の場所へ出社するのは、簡単なことではないでしょう。
自宅付近であればまだしも、移動だけで時間が取られてしまうこともあるはずです。

その点Webライターは自宅でリラックスしながら仕事に取りかかれるため、精神的にも身体的にも比較的楽だといえます。

1-3.収入経路を分散してリスクを軽減できる

1-3.収入経路を分散してリスクを軽減できる
副業を行うと、収入経路を分散してリスクを軽減できます。

副業を持つと、収入源が本業と合わせて2つになります。

仮に本業の業績が不調になり、給与が下がったり異動になったりしても、収入が0になることはありません。

副業のWebライターが軌道に乗っていけば、場合によってはWebライターを本業にする選択肢も持てます。
あるいは転職までの「つなぎ」として、生活費をカバーすることもできるでしょう。

終身雇用崩壊や非正規労働の拡大などが叫ばれている中で、本業への不安を抱えている方は少なくないでしょう。
リスクヘッジのためにも、副業Webライターを選択肢の一つに入れておくのは現実的なことです。

1-4.未経験でも始めやすい

1-4.未経験でも始めやすい
未経験でも簡単に始められることは、Webライターを副業として選ぶ別のメリットです。

先述のとおり、Webライターに求められる最低限の設備は、インターネット環境とパソコンだけです。

資格が必要なわけではなく、学歴や年齢が問われることもありません。
※中学生以下に関しては、法律上就労が難しい可能性があります。

ほかに必要なものといえば、文章力やユーザーの立場に立って物事を考える力・調査スキル・営業力などです。
これらのスキルやノウハウについては、地道に学習と実践を重ねて積み上げる必要がありますが、Webライターになること自体は誰でもできます。

1-5.プライベートに役立つことを学べる可能性がある

1-5.プライベートに役立つことを学べる可能性がある
Webライターの仕事では、ときに「プライベートに役立つことを学べます」。

記事を執筆するにあたって、Webライターはさまざまな情報を調査します。
調査する情報の中には、自身の生活や興味とはかけ離れたテーマもありますが、関係性が深いテーマを扱うこともしばしばです。

例えば女性のWebライターであれば、美容関連のテーマを執筆する機会があると、興味をひかれる情報に出会うかもしれません。
ポイ活をしている方であれば、クレジットカードやポイントサイトなどに関するテーマにあたると、役立つ情報を見つけられるでしょう。

Webライターの仕事で触れるテーマは多岐にわたるため、このように仕事のためだけではなく、自分自身にもためになる場合が少なくありません。

2.副業Webライターの収入事情

2.副業Webライターの収入事情
副業でWebライターとして働く場合、月給は~5万円くらいです。

これはあくまでおおまかな相場であり、Webライターの実力や稼働時間により、大きく変動する場合があります。

ベテランの有力ライターであれば、文字単価5円など高単価案件を獲得できる場合がある一方、初心者Webライターは文字単価0.5円ほどの低単価案件から始まるかもしれません。

この場合、同じ文字数の記事を書いても、報酬には10倍の差が出ます。
さらにいえば、ベテランライターの作業スピードが初心者より速いであろうことを考えると、時給換算ではより大きな差が生まれます。

仕事に慣れないうちは、数千円稼ぐのにも苦労するかもしれません。

しかしWebライティングについて学習し、実際の案件で実力をアップするにつれ、徐々に作業効率や文字単価も上げられます。
副業で10万円オーバーを目指すことも、決して不可能ではありません。

参照:副業Webライターの収入事情を公開!収入底上げのコツ7選

3.副業Webライターの始め方

ここからは、副業Webライターを始めるためのステップを解説します。

細かな点は割愛すると、以下の4ステップでWebライティングの仕事に着手できます。

  • まずは基礎学習でWebライティングのイロハを押さえる
  • Webライターを募集しているサービスを探す
  • 簡単な案件に応募してみる
  • 慣れてきたら得意分野を作る

各ステップを詳しく見ていきましょう。

3-1.まずは基礎学習でWebライティングのイロハを押さえる

3-1.まずは基礎学習でWebライティングのイロハを押さえる
最初のステップは「基礎学習でWebライティングのイロハを押さえること」です。

何を始めるにしても、肝心なのは基礎を学ぶことです。

書籍や初心者向け講座などを使って、WebライティングやSEOについて学ぶことから始めましょう。
YouTubeなどの動画サイトでも、役立つ情報を幅広く吸収できます。

なお初心者向けの講座については、以下の記事に詳しい情報があります。

参照:【初心者Webライター向け講座10選】高コスパなのはどれ!?

3-2.Webライターを募集しているサービスを探す

3-2.Webライターを募集しているサービスを探す
WebライティングやSEO知識が増えてきたら、「Webライターを募集しているサービスを探しましょう」。

代表的なサービスには以下のものがあります。

・クラウドソーシング
仕事をアウトソーシングしたいクライアントと、仕事を受注したいフリーランスとのマッチングの場です。
「ライティング」カテゴリーに進むと、さまざまな案件が募集されています。
ココナラ」「クラウドワークス」「ランサーズ」などが有名です。

・記事作成代行会社
クライアントのからの記事作成依頼を受ける会社です。
在籍ライターは記事を割り当てられ、編集者や校正者などと協調して働きます。

これらのサービスではさまざまな会社や個人の案件をこなしますが、もし「特定の会社に所属して働きたい」という場合は、副業ライターを募集している企業を探す手もあります。

3-3.簡単な案件に応募してみる

3-3.簡単な案件に応募してみる
クラウドソーシングサイトに登録した後は、「簡単な案件に応募」してみてください。
※記事作成代行会社に在籍する場合は編集者から案件を割り当てられますが、比較的ハードルが低いものになるはずです。

未経験者の場合、最初は文章を書くこと自体に慣れがないため、調査や執筆に多くの時間を取られるかもしれません。
そのため、無理なくこなせそうな案件から始めると気が楽です。

一例として、以下のような案件は比較的始めやすいでしょう。

ハウスクリーニングに関する記事作成
出典:“クラウドワークス”

3-4.慣れてきたら得意分野を作る

3-4.慣れてきたら得意分野を作る
仕事の受注や作業に慣れてきたと感じたら、「得意分野を作ってみること」も考えましょう。

得意分野があると、ほかのWebライターとの差別化を図れるため、高単価の案件を狙いやすいからです。
また内容が専門的かつ網羅的になり、良質な記事を書きやすいでしょう。

得意分野といっても、医師や弁護士など難関資格や免許を取るレベルまで目指す必要はありません。

記事コンテンツのテーマは幅広くあり、特定の資格がなくてもエキスパートになれる可能性があります。
例えば「趣味でDIYをやっていて多くの専門知識がある」とか、「旅行好きで各地の情報に詳しい」といった強みを活かせるかもしれません。

職業上詳しいことや、以前体験したことがあって詳しくなったことを活用するのも手です。

3-5.【番外編】文章力がついたらアフィリエイトに挑戦するのもアリ

3-5.【番外編】文章力がついたらアフィリエイトに挑戦するのもアリ
仕事に慣れてきたら「アフィリエイトブログを運営すること」を視野に入れるのもおすすめです。
※「アフィリエイト」とは、クライアントの商品やサービスをブログでPRして報酬を得るサービス。

自分のブログを開設して、得意分野の商材を中心にアフィリエイト記事を書いていきます。

アフィリエイトは、ユーザーが商品購入などコンバージョンが達成されて初めて報酬が発生するため、決して簡単な副業ではありません。

しかし自分のブログを持つことでモチベーション高く記事を書けますし、文章を書くのが好きな方には楽しくもあるでしょう。
また文章力を養う一環になるほか、うまくいけば自動的な収入を得ることも可能です。

4.副業Webライターで働く場合の注意点

副業Webライターとして働く場合、本業で働く場合とは異なる注意点があります。
例えば以下のような点です。

  • 本業に支障が出ないスケジュールにする
  • クライアントとの連絡のタイミングを考える
  • 本業として勤務している会社の規定を確認する

各注意点について詳しく解説します。

4-1.本業に支障が出ないスケジュールにする

4-1.本業に支障が出ないスケジュールにする
副業は、名前のとおり本業とは別に行うサブの仕事です。
本業と副業のライン分けをどのようにするかにもよりますが、基本的には本業により多くの時間や労力を費やすことになるでしょう。

本業に費やすエネルギーの残りで行うのが副業であり、副業がメインになってしまっては本末転倒です。

Webライティングの学習や執筆にいそしむのは素晴らしいことですが、あまりに多くのエネルギーを傾けてしまうと、睡眠不足になったり、疲れがたまったりする恐れがあります。
その結果、本業への集中力が失われてしまうのは良くありません。

バランスを取ることが大切です。
本業が終わった後すぐに始めた深夜まで執筆するのではなく、「1週間に数日だけ」あるいは「1日2・3時間だけ」など、最初は抑え気味に始めるようおすすめします。

実のところ、休息や休憩の時間を取り分けるのも仕事の一環です。

4-2.クライアントとの連絡のタイミングを考える

4-2.クライアントとの連絡のタイミングを考える
本業が忙しいと、クライアントとすぐに連絡を取るのが難しいかもしれません。

メールへの返信が遅れたり、そもそもフィードバックに気付かなかったりすることもあるでしょう。
ちょっとした遅れであれば問題ありませんが、1日近く経過してしまうと、クライアントから「レスポンスが遅い」と思われる可能性もあります。

少し乱暴な言い方をすると、本業でやっているか副業でやっているかは、クライアントからすると関係のないことです。
そのためWebライター側が、できるだけ速やかにレスポンスするよう工夫しなければなりません。

本業の休憩時間を活用したり、あらかじめ応答できる時間帯を伝えたりなど、円滑なコミュニケーションができるようにしておきましょう。

4-3.本業として勤務している会社の規定を確認する

4-3.本業として勤務している会社の規定を確認する
本業として従事している会社の規定には、「副業禁止」を銘打っているところもあるでしょう。

法律的なことをいえば、それはあくまで会社の規則であり法的拘束力はありません。

憲法第22条1項には以下の記述があります。

“何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する”

そのため、仮に禁止されていても副業Webライターになるのは問題ありません。
※公務員の副業に関しては、国家公務員法第103条と104条、また地方公務員法第38条により制限されています。

ただし以下のようなケースでは懲戒処分を受ける恐れがあるためご注意ください。

  • 副業が原因で遅刻や欠勤など本業に支障が生じるケース
  • 会社の重要情報が漏洩する危険があるケース
  • 副業と本業とが競合してしまうケース
  • 本業のネームバリューをおとしめる可能性があるケース

本業に何かしらの支障をきたすような働き方は良くありません。

余計な波風を立てないためにも、可能ならあらかじめ上司と副業について相談するなど、穏便に事が運ぶよう工夫しましょう。

5.副業Webライターに関するFAQ

これから副業Webライターとして活躍したい方は、さまざまな疑問を持っていることでしょう。

初心者の方が気になるであろうQ&Aを3つご紹介します。

ご自身のケースに当てはまるものがないか、参考にしてください。

5-1.Webライターの収入を確定申告すべき?

5-1.Webライターの収入を確定申告すべき?
基本的に、所得が20万円以上ある場合は必要です。

注意点として、納品した記事の報酬が「原稿料」の名目で支払われる場合、企業側で所得税が源泉徴収されます。

そのためWebライターはどれだけ所得があるかにかかわらず、確定申告を行う方が得といえます。

5-2.スマホだけでWebライターになれる?

5-2.スマホだけでWebライターになれる?
スマホだけでもWebライターになれます。

しかし現実問題として、スマホでは効率よく仕事するのは難しいでしょう。
画面が小さいですし、タッチ入力だとキーボード入力よりもスピードが落ちてしまいます。

そのため基本的には、パソコンを使うようおすすめします。

ただしスマホやタブレットでも、「Googleドキュメント」など優れた音声入力機能があるサービスを使えば、それなりにスピーディーな作業をすることもできます。
お昼休憩や通勤時など、パソコンを使いにくい場面でスマホを一時的に活用するのは便利です。

5-3.大学生でもWebライターは務まる?

5-3.大学生でもWebライターは務まる?
Webライターは学生でも問題ありません。
高校生でも大学生でも、年齢に関係なくWebライターとして働けます。

大学生がWebライターになるのにはメリットがあります。

例えば学生は、授業料や通学費用などさまざまな分野でお金がかかるため、在宅Webライターになると金銭面で助かるはずです。

Webライティングを行って文章力が鍛えられると、授業に関連したレポートを書く際にも役立つでしょう。

また大学で英語など外国語が必修な場合は、外国語を使ったWebライティングなど、作業範囲を広げるスキルを学べるかもしれません。
あるいは専攻科目の知識が執筆に活きる場面もありえます(経済学部→金融など)。

ただし大学生には「学業」という本分があります。
Webライターの仕事にエネルギーを使い果たしてしまわないようご注意ください。

またWebライティングでは、ビジネス経験や社会人としてのスキルが必要となる案件もあります。
社会経験が浅い大学生には難しいテーマもあることも把握しておきましょう。

6.副業にも本業にも対応!「BRIDGEA」でWebライターになりませんか?

ブリジアのライター募集サイトのTOP画像
「副業でお小遣いを稼ぎたい」
「在宅で好きな時間にできる仕事を始めたい」

このようなニーズがある方は、ぜひ弊社「BRIDGEA」のWebライターにご応募ください。

BRIDGEA」はクライアントからの記事作成案件を受注する、記事作成代行会社です。
弊社に在籍されるWebライターの方には、ご自身のご都合に合わせた案件をアサインさせていただきます。

副業として始めたい方も、本業として始めたい方も歓迎いたします。

「未経験者で文章力に自信がない」という方も積極的にご応募ください。
Webライティングのプロが記事執筆の基礎や応用技術をレクチャーいたしますので、準備ができた段階で仕事を始めていただけます。

より詳しい情報は、以下の募集ページからご覧ください。

参照:Webライター募集ページ

7.まとめ

Webライターを副業として始めることは簡単です。

収入が増えたり、在宅時間を有意義に使えたりなど、副業Webライターには多くのメリットがあります。
将来の生活設計に不安がある方や、いずれWebライターを本業にしたい方など、多くの方にとってWebライティングの仕事は魅力あふれるものでしょう。

まずは基礎学習を済ませ、クラウドソーシングサイトや記事作成代行会社などに登録し、少しずつ執筆の仕事に慣れることから始めましょう。

実力と実績が増し加われば、Webライティングはいずれ大きな収入源になります。

本業とのバランスも取りつつ、執筆の世界を楽しんでください。

関連記事

  1. Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説

    Webライターへの業務委託で集客アップ!委託先と手順を解説

  2. Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

    Webライティングの執筆業務を “委託” する…

  3. 未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

    未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

  4. 【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコツ

    【Webライター】転職かフリーランスか?オススメの働き方と失敗しないコ…

  5. Webライティングの執筆スピードを上げるには?

    Webライティングの執筆スピードを上げるには?タイピングスピードは不要…

  6. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント