Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

今ではほとんどの企業やメーカーで自社のWebサイトが運営され、情報は常に更新され続けています。

そのWebサイトの運営には、当然コンテンツ(記事)が必要不可欠なもの。
しかし、そのコンテンツを作る人材が確保できないことから、現在重要視されているのが「Webライティング」の代行サービスなのです。

その際、おすすめは自社コンテンツの執筆業務を「委託」すること。

そこで今回は、弊社「記事作成代行プロ」のWebライティング代行サービスをご紹介しながら、執筆業務を委託するメリットをご紹介いたします。

1、そもそも「委託」とは?Webライティングでのメリットは?

委託という言葉を知っていても、概念までご存知の方は少ないのでは?

そもそも「委託」を国語辞典で調べてみると、『委ね任せること。人に頼んで代わりにやってもらうこと。』
つまり業務委託とは、ある業務を自社の社員ではない、外部の第三者に委ね託す契約を表しています。
アウトソーシング(外部委託)といえば分かりやすいでしょう。

人件費削減と業務効率UP

Webサイトを運営していく上で、自社でコンテンツを作成する人員を確保しようとすれば、その分の人件費や教育費が必要。そこで、Webライティングの執筆業務を委託することで委託費用は必要になるものの、人件費などの経費よりも安価で抑えられます。

また、ライティングするには当然かなりの時間を割かれてしまいますが、外部に委託すればその時間を他の業務に充てられますよね。その他にも、自社でライティングを行うよりも外部にライティングを委託した方が、確実に良質なコンテンツが作成できます。

基本的にWebライティングの代行業者では、1人のライターが担当する形になるので、クオリティのバラつきもなくなります。

一口にWebライティングといっても、基本的な知識やスキルが必要になり、自社の人員で行うよりも外部に委託した方が格段に安価でクオリティの高いコンテンツができるのではないでしょうか。

2、BRIDGEAのWebライティング制作代行

Webライティングは検索エンジンに正しく評価してもらい、検索順位の上位に表示してもらうこと。

つまり、Webライティングは、

  • Webサイトへの訪問者を集めること
  • 購入や会員登録といったレスポンス(行動)を促すこと

といった大きな2つの目的があり、その目的を常に意識した記事制作が求められます。

また、Webサイトはインターネット上の「店舗」。集客できなければ、いかに素晴らしいWebサイトを運営していても意味がありません。そこで、Webライティングに欠かせないのが「SEO対策」なのです。

Webライティングの5つの要素

弊社BRIDGEA(ブリジア)では、SEO対策に特化した上位表示されるのに必要不可欠な5つの要素を取り入れたライティングに取り組んでいます。

ユーザビリティ(使いやすさ、使い勝手)に配慮した構成

ユーザビリティに配慮することは、Webサイトでは検索するユーザーにとって ”分かりやすい作り” になっているかということ。

人の視覚運動は、アルファベットの「A」や「F」のように移動する特徴を持っています。
そこで、画像や文章をその特徴を意識した構成にすれば、読み手にとっても読みやすくて、分かりやすいと認識してもらえるのです。

滞在時間を長くしてもらう工夫

現在Web上に公開されている情報は、似たような記事がいくつも存在しています。
その際、検索エンジンのクローラーの評価では、”滞在時間が長い=詳しい内容、分かりやすい記事” という評価に繋がるのです。

ブリジアでは、平均滞在時間をなるべく長く滞在してもらえるよう、最低平均3,000文字/1記事ぐらいを目安に制作しています。

キーワードに関連する情報を集約

検索エンジンの利用する殆どのユーザーはキーワードで検索しています。

そこで、検索するキーワードに対して関連した情報が載せられた記事がサイトに多く存在すれば、ユーザーは別のサイトで再検索する手間が省けて便利。というように、”関連するキーワードを含めてサイトの構成” を行うのが重要になるのです。

ブリジアでは、SEOキーワード検索・月間アクセス数チェックを徹底して行い、メインキーワードを連想させる単語を関連キーワードとして取り入れたライティング制作を行っています。

内部SEO対策を的確に施す

”検索エンジンに正しく評価される” というのも、WEBライティングでは欠かすことのできない要素。

内部対策とは、ホームページそのものを修正する施策のことを表し、簡単には、

  • タグの中にあるキーワードそのものを修正
  • ソースコードそのものを修正

といった2つの施策があります。

ブリジアでは、「優しいサイト=適切に評価されるサイト=正しいコードで書かれたサイト」と、検索エンジンに優しいサイト作りを目指しています。

タイトル、meta discriptionの対策

まず、Webライティングにおいて ”「タイトル」が最重要”。
最初に目に入るタイトルで検索するユーザーに興味を抱かせることができなければ、内容まで見てもらうのは不可能。基本的に24文字~30文字のタイトルにも様々な対策を施す必要があります。

◆meta discriptionとは?
キーワードで検索した際に表示される124文字前後の説明文のことです。
ユーザーはキーワード検索したとき、最初にタイトルを見て興味を抱いてから記事を読むのが一般的。

その文章こそmeta discription。最終的にクリックしてもらうための最後のひと押しを促す文章なので、非常に重要なポイントの文章なのです。

このようにブリジアでは、Web上のもう一つの店舗である皆さまのWebサイトを、一等地(検索上位)に表示されるお手伝いをさせていただいております。

依頼から制作までの流れ

お問い合わせから制作までは以下の流れに沿って進めさせていただきます。

  1. メール・電話お問合せ
  2. 依頼内容の確認
  3. 制作内容のご提案・お見積り
  4. 制作開始
  5. ※キーワード検索→仮タイトル制作→記事制作→本タイトル制作

  6. ご納品
  7. お支払い
  8. ※末締めの翌末にご入金頂きます。

ブリジアでは、納品してお付き合いが終わりではなく、常時キーワード更新および追加執筆といったフォローもさせていただきます。

依頼料金

  • 記事作成代行プラン:3円/文字
  • 目視チェック・構成プラン:4円/文字
  • キーワード選定プラン:4.5円/文字
  • 現状調査・リライトプラン:5円/文字
  • 詳しくはこちら↓↓↓
    記事作成代行プロのサイト

ブリジアでは、SEO対策に特化したWEBライティングを低価格で提供しています。

3、まとめ

Webサイトの運営には、コンテンツ(記事)が必要不可欠なものです。
そこで、自社でWebライティングを行うよりも外部に委託する方が、コストや業務効率の面で大きなメリットが得られます。

「BRIDGEA(ブリジア)」では、皆さまのWebサイトを検索エンジンの一等地(検索上位)に表示されるお手伝いをさせていただいております。

ここでは簡単なご紹介で終りましたので、不明な点がありましたら「記事作成代行プロ」でより詳しい内容をご確認のうえ、”お問い合わせフォーム” からお気軽に問い合わせください。

関連記事

  1. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント

  2. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方

  3. Webライティングは副業におすすめ!

    Webライティングは副業におすすめ!文章を書くのが好きなら未経験OK

  4. Webライティングの外注業者比較!外注する3つのメリットとは?

    記事作成を外注する3つのメリットとは?

  5. ライティング代行費用相場はいくらぐらい?

    記事作成代行・Webライティング代行の費用相場チェック!

  6. Webライティングの執筆スピードを上げるには?

    Webライティングの執筆スピードを上げるには?タイピングスピードは不要…