未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

未経験でも在宅Webライターになれる!月収10万円達成のコツを公開

「未経験でもインターネットで始められる仕事があるか知りたい!」
「子育て中であまり外出できないから、家でも簡単にできる仕事を始めたい」
「副業を始めたいけど、未経験者にもハードルが低い作業がいいな」

このような悩みや要望をおもちの方に人気の仕事がWebライターです。

Webライターは、特別なスキルや機器などがなくても自分1人でスタートできます。

今回は、未経験者が在宅でWebライターとして仕事をする場合のポイント・10万円以上を稼ぐためのポイントなどを解説します。

1.在宅Webライターは未経験者でもOK

在宅ライターになる上で経験は重要ではありません。
現時点で文章力に自信がない方でも、これまで物を書く仕事をしたことがない未経験者でも、問題なく始められます。

実際、「未経験歓迎」を掲げてWebライターを募集しているサービスは少なくありません。

下の画像はクラウドソーシングサイト「ランサーズ」にある募集の一例です。
※「クラウドソーシングサイト」とは、「仕事を発注したいクライアントと受注したいフリーランスとのマッチングサイト」です。
ランサーズの募集例

参照:「ランサーズ

もちろん文章に関連した仕事に携わった経験があると有利ですが、未経験者であるがゆえに「できない」と考える必要はありません。

1-1.バイトや副業にぴったり

1-1.バイトや副業にぴったり
在宅ライターの仕事は、バイトや副業を始めたい方にとって良い選択肢となります。
どこであれ自宅で都合の良い時間に働ける、学業や本業がある方でも空いた時間に働けるからです。

「専業主婦(主夫)だけど家計を助けるためにお小遣い稼ぎをしたい」
「日中は学校があるので働けないけど、夕方以降なら空いている」

このような場合にぴったりです。

もちろん、本業でWebライターになることも可能です。
一人前のライターの中には、月に20万円以上稼いでいる方も少なくありません。

1-2.年齢経験問わずチャレンジできる

1-2.年齢経験問わずチャレンジできる
Webライターになるのに年齢制限はありません。

高校生や大学生を含め、学生でも働けます。
※中学生以下に関しては労働基準法の観点からWebライターは難しいと考えられます。ただし例外もあるため、特別な家庭事情がある場合は、市役所や学校などに相談してください。

また、一般的には転職が難しいとされる40代以上の方でも問題ありません。
というより、これまでの社会経験がライターの仕事に活かせる側面があるため、むしろ「40代以上の方が活躍できる場」といっても過言ではありません。

「年齢ゆえに次の仕事が見つからないので在宅でできる仕事を始めたい」
「今の職場で正社員になれないのでWebライターで副収入を得たい」

このようなケースでも、Webライターは魅力的な仕事です。

2.未経験者が在宅Webライターになる2つの方法

未経験者がWebライターになる方法として、大きく以下の2つが挙げられます。

  • 記事作成代行サービスでWebライターになる
  • クラウドソーシングサイトに登録する

それぞれの方法について解説しましょう。

2-1.記事作成代行サービスでWebライターになる

2-1.記事作成代行サービスでWebライターになる
「記事作成代行サービス」とは、クライアント企業や個人のサイトに載せる記事を代行して書いてもらえるサービスです。

代行会社はクライアントからの依頼を受け、特定のジャンルや商品・サービスについて記事を書き納品します。

代行会社に在籍・登録すると、Webライターはいろいろな案件を渡されます。
指定された納期や執筆統一事項に沿って記事を書き、代行会社に納品して終了です。

このタイプの特徴は以下のとおりです。

  • 案件を代行会社から回してもらえる
  • ジャンルが異なる案件を受注することがある
  • 代行会社のディレクターや校閲・校正担当者たちと連携して執筆することがある

2-2.クラウドソーシングサイトに登録する

2-2.クラウドソーシングサイトに登録する
Webライターとして働く別の方法は、「クラウドソーシングサイト」に登録して案件を獲得することです。

記事作成の案件を獲得できるサイトはたくさんあります。
以下はその一例です。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • shufti
  • サグーワークス
  • Shinobiライティング

このタイプの働き方の特徴は以下のとおりです。

  • 報酬額は自分しだい(どの案件を獲得するか能動的に選べる)
  • 基本的に1人ですべての作業を行う
  • 案件への応募を自身で行う

3.未経験在宅Webライターが月収10万円を得るための7つのコツ

ここからは、未経験の在宅Webライターが、月収10万円を達成するのに必要な7つのコツをご紹介します。

身近に始められるものから、本腰を入れて取り組むべきコツを順序良く並べてあります。
「早く一人前のライターになりたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

3-1.基本的な文章テクニックを学ぶ

3-1.基本的な文章テクニックを学ぶ
まず大事なのは「基本的な文章テクニックを学ぶこと」です。

この点は「学校の作文くらいしかまともな文章を書いたことがない」などの未経験者に特に当てはまりますが、「文章を書くのは特に問題ない」と思っている方も意識すべき点です。
自分では「書ける」と思っていても、ほかの人が見ると「読みにくい文章」になっていることも…

「伝わる文章」「読みたいと思われる文章」を書くには、基本的なテクニックを押さえなければなりません。

テクニックの具体例を1つだけ挙げると、「PREP」法があります。
「PREP法」は論理的な文章を書く型で、以下のとおりに書き進めます。

  • 結論
  • 理由(上記結論に対する)
  • 具体例
  • 結論(最初の結論の繰り返し)

この順序で文書を書くと、知りたいことの結論(答え)をすぐに得られ、かつ疑問を解消しながら読めるため、読者は満足感を覚えます。

3-2.新聞や本を読む

3-2.新聞や本を読む
「新聞や本を読む」と、多方面に関する知見が広がります。
例えば、社会や経済・文化などのメジャーなジャンルはもちろん、普段はあまり意識しない小さな話題にも触れられます。

また、基本的にきれいな日本語が使われるため、語彙を増やしたり、正しい表現や言葉遣いを学んだりすることも可能です。

さらに本では、特定のテーマについて専門的に学べます。
紙媒体・電子媒体問わず読書の習慣をつけるのは、文章作りに慣れていない未経験者にとって良いことです。

3-3.集中して執筆できる環境を作る

3-3.集中して執筆できる環境を作る
文章を書くには集中力が必要です。
そのため、「脇目をふりにくい静かで整然とした環境作り」が大切です。

騒音やスマホの着信音・生活音などが常に聞こえる場所や、何かの映像が流れている場所、物が散乱したデスクなどでは気が散ってしまいます。

そうなると記事全体の流れを論理的に考えられなかったり、いちいち執筆の手が止まったりするでしょう。
同じことを重複して書いたり、文章のねじれが生じたりする可能性も高まります。

「ながら作業」はせず、周辺の音がうるさいときは耳栓やノイズキャンセリングイヤホンなどを使って対処してください。

デスクの上は、きれいに整理整頓しましょう。
プリンストン大学神経科学研究所によれば、作業環境が整然としていると、集中力と情報処理能力がアップし、生産性が高まります。

3-4.文字単価が安い案件で自信をつける

3-4.文字単価が安い案件で自信をつける
クラウドソーシングサイトに登録してWebライターになる場合、自分自身で案件を獲得する必要があります。

しかしWebライターの数は多いため、条件の良い案件には多くの「ライバル」が現れ、簡単には獲得できないでしょう。
未経験者で実績もスキルも限られたWebライターでは、競争に勝ち残れない可能性があります。

そのような場合は競争率が低い案件、例えば文字単価0.5円前後の案件など、比較的案件獲得のハードルが低いものを選ぶと良いでしょう。

文字単価が低いと報酬も低いですが、案件獲得して実際に働けるため、実践力を身につけるのに役立ちます。
ある程度良い仕事をすれば、クライアントから評価され実績となります。

実績と実力が少しずつ蓄積されれば、いずれもっと好条件の案件を獲得できるチャンスが生まれるでしょう。

ワンポイントとして、文章の書き方についてのマニュアル(指示)が明確な案件に応募すると、どのように書くべきかが未経験者にもわかりやすいです。

3-5.上位サイトを「お手本」にする

3-5.上位サイトを「お手本」にする
通常、一つの記事には一つのキーワードが設定されており、そのキーワードに沿って文章が書かれます。
設定されたキーワードを検索して、「検索結果で上位に表示されるサイトを手本」にしてください。

上位サイトは、検索エンジンから高く評価されているゆえにその位置にいます。
そのため上位サイトの内容を調べることで、どのような内容・どのような書き方の文章を書くべきか、ヒントが得られます。

ただし丸写しはいけません。

内容が一部重複することがあっても、可能な限りオリジナリティを出すことが大切です。
例えば上位サイトでは触れられていない項目や資料を含める、といった方法があります。

3-6.SNSやブログで積極的に投稿してみる

3-6.SNSやブログで積極的に投稿してみる
「SNSやブログで積極的に投稿してみること」も意識したいポイントです。

TwitterであれFacebookであれ、SNSに何かしらの文章を投稿することで、読者のリアルな反応に触れやすくなり、読者を意識した文章作りの習慣も身につきやすいでしょう。

投稿した内容に気持ちの良い反応が返ってくると純粋にうれしいですが、それが「物を書く」ことへの意欲を高めます。
「まずはSNSで短い文章を打ち、いずれ趣味でブログを始めて好きなテーマについて書く」といった方法を取れるでしょう。

なおブログに関しては、「WordPress」を使った運営をおすすめします。
※「WordPress」とは、ブログやサイトを比較的簡単に作成できるツールです。

Web ライティングの世界では、納品方式にWordPressが指定されることもあります。
WordPressの使い方に精通すると、案件獲得の幅が広がるでしょう。

3-7.「継続することが大事」と心得る

3-7.「継続することが大事」と心得る
Webライターとして月収10万円を達成するには、何よりも「継続すること」が大切です。

最初は案件獲得がうまくいかなかったり、報酬額の少なさにがっかりしたりするかもしれません。
しかしスキルや実績が上がり、「慣れ」も出てくると、だんだんスピーディーに案件をこなせるようになります。

多くのWebライターが経験しているように、費やした時間とエネルギーに比例して、報酬やモチベーションは上がっていきます。

4.在宅Webライターに関して気になる質問

ここからは、在宅Webライターに関して気になる質問をいくつか取り上げます。

未経験者の方が特に気になる点を挙げますので、ぜひ参考にしてください。

4-1.未経験者だと1記事にどれくらい時間がかかる?

4-1.未経験者だと1記事にどれくらい時間がかかる?
最初は1,000~2,000文字くらいの記事執筆に、数時間ほどかかることもあります。

記事のテーマが、自分の知っている点についてであれば、もっと早くなる可能性もあるでしょう。
しかし指定された文字数内で、関連する情報を複数の見出しに分けて論理的に説明する、という作業は思ったよりも複雑です。

そのため「時給換算すると最初は300円くらいの報酬」というケースも少なくありません。

とはいえご紹介した7つのコツを実践することで、作業スピードはしだいに上がっていき、報酬もアップします。

4-2.Webライターだけで生活は成り立つ?

4-2.Webライターだけで生活は成り立つ?
Webライターを本業にすることは可能です。
どれほどの案件をこなすかにかかっていますが、月に20万、30万と稼いでいる方は、ざらにいらっしゃいます。

弊社「BRIDGEA」で在宅Webライターとして働く場合の報酬例を挙げてみましょう。

例えば「文字単価1円で文字数が5,000文字」の案件の場合、40記事をこなせば月収は20万円です。
毎月20日間働くとして、1日あたり2記事(1万文字)をこなせば達成できます。

文字単価1円の案件獲得は必ずしも楽ではありませんが、先述のとおり実力をつけ、実績を積み上げれば不可能ではありません。

また慣れてくれば、文字単価が1円を下回っても、作業スピードの速さで生活を成り立たせることは可能です。

4-3.パソコンがなくても大丈夫?

4-3.パソコンがなくても大丈夫?
文章を打つこと自体はスマホやタブレットでも可能ですが、パソコンがベストです。
画面タップよりもパソコンのキーボードの方が速くタイピングでき、画面が大きく見やすいからです。

パソコンを持っていない方は購入する必要がありますが、中古なら安く見つかります。

なおパソコンを使う際は、Microsoftの文章作成ソフト「OFFICE(Word)」や、類似ソフトをインストールすると良いです。
Googleドキュメントなど、無料で使えるツールもあります。

4-4.ライティングの指導などは受けられる?

4-4.ライティングの指導などは受けられる?
クラウドソーシングサイトの場合は基本独学のみですが、記事作成代行会社の場合は、ライティングの基礎や応用を教えてくれるところがあります。

Webライティングの指導をオンラインサロンやWebライティングスクールで受けると、高額な費用が発生したり、運営者自体の実績が不明だったりすることがあります。

しかし育成をしてくれる記事作成代行会社に在籍・登録してWebライターになると、無料の指導と報酬とを同時に受けられます。

5.未経験歓迎!「BRIDGEA」で在宅Webライターになろう!

7.「記事作成代行Pro」でWebライターデビューしませんか!?
「未経験だけど、自宅でリラックスして働ける仕事を始めたい!」
「地方に移住してもネットで続けられる仕事がしたい」
「旅行しながらでも無理なくこなせる未経験歓迎の仕事はある?」

このようなニーズをおもちの方、BRIDGEAで在宅Webライターになりませんか?

弊社「BRIDGEA」では随時在宅Webライターを募集しております。
経験者・未経験者かは問いません。

子育てにより外で働けない方も、本業とは別に副業でWebライターになりたい方も歓迎です。
自由な時間で記事作成を楽しんでいただけるよう、「1日数時間だけ」など、一人ひとりに合った案件を依頼いたします。

また未経験者の方にはうれしい点として、「BRIDGEA」ではWebライティング指導も欠かしません。
報酬を得ながら、実績の上がっているノウハウ・執筆方法を学ぶことが可能です。

パソコンやネットなど基本的な環境さえあればすぐに始めていただけます。
「月収5万円くらいで良い」という方から「20万円以上をコンスタントに稼ぎたい」という方まで、幅広く応募していただけます。

下記の募集ページをご覧になり、ぜひお気軽にお問い合わせください。
参照:在宅webライター募集ページ

6.まとめ

在宅Webライターは未経験の方でも始められる仕事です。

経験や年齢・性別は基本的に不問で、どなたでも気軽に始めやすいため、バイトや副業にもぴったりでしょう。

もちろんWebライターになることと、Webライターとして期待どおりの月収を得ることとは別です。
最初のうちは案件獲得に苦労したり、うまく書けなくて報酬額が少なかったりするでしょう。

しかしこの記事でご紹介した7つのコツを実践すると、遠くない将来に安定収入を得られるようになります。

案件に応募するのに抵抗がある場合や、適切なWebライティング指導を得ながら作業したい場合は、弊社「BRIDGEA」をはじめ、記事作成代行会社でWebライターデビューをする方法もあります。

どこでも好きな場所で好きな時間に働けるWebライターになって、仕事とプライベートを充実させるのはいかがでしょうか?

関連記事

  1. Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

    記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント

  2. Webライティングの執筆スピードを上げるには?

    Webライティングの執筆スピードを上げるには?タイピングスピードは不要…

  3. Webライティングは副業におすすめ!

    Webライティングは副業におすすめ!文章を書くのが好きなら未経験OK

  4. Webライティングの外注業者比較!外注する3つのメリットとは?

    記事作成を外注する3つのメリットとは?

  5. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方

  6. ライティング代行費用相場はいくらぐらい?

    記事作成代行・Webライティング代行の費用相場チェック!