記事作成依頼前にチェック!注意する5つのポイント

Webライティングを依頼するとき注意する5つのポイント

Webサイトのコンテンツ(記事)の作成を外部へ依頼する企業や会社が多くなりました。
最近では、クラウドソーシングを通じて簡単に依頼できるようになり、より記事作成の需要は高まっています。

そこで、記事作成を外部に依頼するとき、どんなことに注意していますか?

まずは、依頼する側と受ける側の意思疎通が重要。
記事作成を依頼する条件が正確に伝わっていないと、求めている記事の内容と違ったり、品質が悪かったり、最悪トラブルに発展してしまうケースもあります。

というわけで今回は、外部に記事作成(Webライティング)を依頼するとき注意するポイントを5つご紹介いたします。

1、記事作成を依頼するとき注意する5つのポイント

記事作成は、ただ依頼すれば良いというわけではなく、ポイントを押さえて発注する必要があります。
注意するポイントを5つに絞ってご説明いたしますので、もし外部に記事作成を依頼するとき、参考にしていただければ幸いです。

ポイント➀ 記事作成依頼をする会社をしっかり見極めて見積もりを提示してもらう

まず、記事作成について説明すると、コンテンツ(記事)を一般のユーザーはもちろん、検索エンジンから評価してもらうための文章を書くこと。さらに、SEO対策のため「キーワード」を意識した、検索上位表示させる工夫も必要になります。

その記事作成を外部に依頼する先として、以下の2つの選択肢があります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、コンテンツ(記事)を依頼する側と、仕事を探している方を仲介する役割を果たすサービスです。

特徴として、あらかじめ予算と納期などの条件を依頼者側で決められるので、低コストでスピィディな発注が可能。ただし、不特定多数の誰かに発注する形になり、担当するライターもプロが担当するとは限らず、記事のクオリティにはバラつきが出やすくなります。

記事作成依頼は専門業者へ

記事作成依頼を専門に請け負っている代行・外注業者です。

特徴として、料金は「1文字=◯円」で換算され、品質や条件など細かく設定すると、1文字=2円~3円程度が目安。
コストは高くなりますが、基本は1人のWebライターが担当するので、クオリティのバラつきが殆どなくなります。また、SEOのノウハウも持っているので、SEOに特化した記事作成依頼も可能です。

以上のように、どちらにもメリット・デメリットがあるので、コストや品質を考慮して選ぶ必要があります。

そこで、ある程度依頼先が絞れたら、もちろん見積書を提示してもらいます。
初めて依頼する方などは、見積もりを見ても馴染みのない項目があるので、しっかり内容を聞いて妥当な金額なのか確認しましょう。

ポイント➁ 記事作成依頼時は記事数と文字数はしっかり指示する

記事作成を依頼するとき、記事の内容はしっかり指示しているのに、記事数・文字数を決めずに発注しているケースがあります。

しかし、記事作成を依頼するときは、記事は◯記事、文字数は「◯文字以上、◯文字未満」と正確に伝えておくのが重要です。

まず、依頼する記事数を指示しておかないと、発注側は3記事でよかったのに、受注側が5記事作成すれば、記事数に差が発生してしまいます。文字数についても、「文字数は1,000文字程度」と決めておかないと、2,000文字もあれば500文字もある、というように記事によって文字数にバラつきが出てしまいます。

結果として料金に影響があるので、記事数はもちろん、文字数も正確に指示しておくのが大切です。

ポイント➂ 文章の文体を指示する

基本的な文章の文末表現には、一般的な「~です~ます調」、断定的なイメージがある「~だ~である調」、または会話感覚の口語調があります。

記事を作成する上で、文末表現は統一させるのが基本。
依頼するときは記事のイメージを考慮して、どの文末表現で統一するのか、依頼先に相談しながら決めておくのが大切です。

また、文字の装飾(網掛け、サイズなど)も指定しておくと、出来上がりの記事に統一感が生まれます。

ポイント➃ 画像の有無

イメージ画像や説明画像を記事内に挿入して欲しいときは、その旨を伝えておきましょう。
追加料金が発生するケースもありますが、記事の文章の出来が良くても、文字ばかり並んだ記事はユーザーに単調なイメージを与えてしまいます。

その際、画像の引用元の確認が重要。特に著作権・肖像権には注意が必要です。
万一、著作権・肖像権の侵害となる画像だと知らずに掲載してしまうと、損害賠償を請求されかねません。

クラウドソーシング、記事作成専門業者ともにチェック体制は整っていますが、画像に著作権・肖像権の侵害がない旨は確認しておきましょう。

ポイント➄ 単価と支払方法の確認

記事作成を依頼するとき、基本は「1文字=◯円」で計算されますが、稀に「1記事=◯円」という会社も存在しています。

この違いで、記事作成(Webライティング)の料金が全く異なるので、文字数単価なのか、または記事単価なのかを明確にしておきましょう。

また、支払い方法についても請求書をいつ発行してくれるのか、一般的には銀行振込になりますが、いつまでに振り込めばいいのかといった確認も必要です。

2、SEOに特化!記事作成依頼なら「BRIDGEA(ブリジア)」へ!

弊社ブリジアも、記事作成依頼を受付しています。
記事作成(Webライティング)専門業者として、内部SEOに特化したSEOライティングに力を入れ、検索上位表示される記事を執筆代行しております。

ご依頼をお受けする際には、流れに沿ってお客さまのご要望をしっかり伺い期待にお応えいたします。

  1. メール・電話にてお問い合わせ下さい。
  2. 依頼内容の確認
  3. 制作内容のご提案・お見積り
  4. 制作開始(キーワード検索→仮タイトル制作→記事制作→本タイトル制作)
  5. ご納品
  6. お支払い(月末締めの翌月にご入金頂きます。)

記事作成(Webライティング)費:1円~/文字
平均滞在時間をなるべく長く滞在してもらえるよう、最低平均3,000文字/1記事ぐらいを目安に作成いたします。

「サイトからの集客が少ない」「SEO対策を強化したい」などお困りの方は、「記事作成・Webライティング代行」で内容をご確認のうえ、お気軽にお問い合わせください。

3、まとめ

記事作成を依頼するにも、ただ依頼すればいいわけではなく注意するポイントがあります。
クラウドソーシング、または記事作成(Webライティング)専門業者に依頼するのかコストや品質を考慮して選び、

  • 記事数と文字数
  • 文章の文体
  • 画像の有無

といったポイントはしっかり指示しておくのが重要。また、単価や支払い条件も確認しておくと安心です。

弊社ブリジアでも記事作成(Webライティング)の依頼をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. Webライティングの外注業者比較!外注する3つのメリットとは?

    記事作成を外注する3つのメリットとは?

  2. Webライティングの執筆スピードを上げるには?

    Webライティングの執筆スピードを上げるには?タイピングスピードは不要…

  3. ライティング代行費用相場はいくらぐらい?

    記事作成代行・Webライティング代行の費用相場チェック!

  4. Webライティングの執筆業務を “委託” するメリット

    Webライティングの執筆業務を “委託” する…

  5. Webライティングは副業におすすめ!

    Webライティングは副業におすすめ!文章を書くのが好きなら未経験OK

  6. セールスライティングの書き方

    セールスライティングとは?他のライティングとの違いと基本的な書き方